アナルビーズとは?オナニーやセックスでの気持ちいい使い方【快感スタイル】

アナルビーズに興味がある女性のおしり


目次

アナルビーズとは、球状のビーズがいくつかつながった形をしたアナル用のラブグッズのことです。

大きいものや小さいもの、柔らかいものや硬いもの、電池で動くものなどさまざまな素材やデザインのアイテムがあり、自分に合ったものが選べることからアナルで気持ちよくなりたい人には定番のグッズとなっています。

アナルビーズの写真

この記事ではそんなアナルビーズについて、基本的な知識使い方だけでなく他のグッズにはない魅力や知っておきたい注意点も詳しくまとめました。実際にアナルビーズを使っている様子がよく分かるおすすめ動画の紹介もしています。

まだアナルビーズを使ったことがない初心者さんから使い方のバリエーションを増やしたい上級者さんまで、ぜひ参考にしてアナルでの新しい快感を見つけてみてください。

アナルビーズとは

アナルビーズは、いくつかの玉がつながった形をしたラブグッズです。「アナル」が肛門を指すことからお尻で楽しむのが基本的な使い方で、もとは真珠が使われていたことから「アナルパール」と呼ばれる場合もあります。

まずはアナルビーズについて、基本的な情報を見ていきましょう。

アナルビーズは初心者向け?上級者向け?

アナルビーズについてはアナル向けのラブグッズとしては比較的初心者向けです。上級者向けのアナルグッズには他に「アナルバイブ」「アナルプラグ」などがあります。

一方でアナルビーズの玉の大きさは、1~5cmとかなり幅広く選べます。そのためアナルの開発度に合わせてサイズを選べば、初心者さんだけでなく上級者さんまで幅広く楽しむことができるグッズだと言えます。

まずアナルへの刺激に慣れていない初心者のは、直径1cmほどの小さなビーズが連なったものから始めます。

たとえばこちらの「アナルスウィート(ピンク)」のように、女性の人差し指ほどの太さであればそれほど抵抗なく使うことができるでしょう。


OLIKA アナルスウィート(ピンク)
程よいスリム形状で、初心者も上級者も納得のアナルグッズです。
かわいいハート型のミニハンドルが付いてるので引き抜きやすく、使った後は洗って清潔に保てるのが嬉しい。
程よいスリム形状で、初心者も上級者も納得のアイテムです。
OLIKA アナルスウィート(ピンク)の詳細はこちら

慣れてきたら2cm、その次は3cmと徐々に太くしていくのが基本の使い方です。

アナルセックスのトレーニングとして使うのであれば、日本人男性のペニスの平均値と言われる直径3.5cm付近が目安です。それ以上が上級者向けのアナルビーズということになります。

アナルビーズの太さ(直径)
初心者向け直径1cm程度
中級者向け 直径2~3cm
上級者向け 直径3.5cm以上

アナルビーズの形状

アナルビーズには大きく分けて2種類のタイプがあります。

ひとつはビーズとビーズの間隔が空いているもので、引き抜くときのお尻への負担が少ないことと中に入れる個数を調整しやすいことから初心者さんでも比較的使いやすい形です。

もうひとつは数珠のように玉が連続して配置されているタイプで、刺激が強い上級者さん向けのアイテムです。

間隔が空いているアナルビーズと玉が連続して配置されたアナルビーズ

それぞれ長いものと短いものがありますので、奥まで圧迫される感覚が欲しいときは長め入り口付近を重点的に楽しみたいときは短めと使い分けるのも良いでしょう。

また、アナルビーズは端の部分を必ず体の外に出して使用します。

出し入れがしやすいように持ち手やリングがついているのが一般的ですが、グッズによっては吸盤がついていて壁や床に固定できたり、しっぽがついたかわいらしい見た目になっていたりするものもあります。

アナルビーズの感触、素材

現在、主に使われているアナルビーズの素材には、

  • シリコンやゴム(ラテックス)
  • プラスチック
  • ガラスやアクリル
  • 金属

などがあります。

シリコンやゴム(ラテックス)はプニプニとした感触が特徴で、柔らかく体に負担をかけにくいのがメリットです。経年・傷などによる劣化が見られやすい素材ですので、アナルビーズも消耗品と考えると良いでしょう。

プラスチックは硬く存在感のある感覚が楽しめますが、あまりに安価なものはバリが出ているなど粗雑な作りになっている可能性があります。購入時は実際に手に取ってよく確認するのがおすすめです。

硬さと独特のつるりとした感触、冷たさが好まれているガラス・アクリルは透明度が高いことも特徴です。そのため使用中は体の中まで見えてしまいますので、セックス時の使用に向いた素材だと言えます。

金属もガラスと同様に硬く冷たい触感が特徴的ですが、不透明でずっしりとした重みがあります。内部の圧迫感を味わいたいときにはぴったりの素材です。

アナルビーズの魅力

このように多種多様なデザインや素材、質感を持つアナルビーズですが、実際に使ったときにはどんな良さがあるのでしょうか。

他のラブグッズにはないアナルビーズならではの魅力をまとめました。

アナルビーズの魅力(1)排泄に近い気持ちよさ

アナルに興味がある女性の写真

基本的に人間の体は、眠る、食べる、セックスをするなどの生命活動を維持するための行為を行うと気持ちよさを感じるようにできています。

アナルはもともと排便のための器官ですが、いらないものを体外に出す排泄行為も人間の体にとって必要なことから、快感が得られる仕組みになっています。

また、アナルの入り口周辺は便意を感じるための末梢神経が密集する敏感な部分でもあります。まわりの皮膚を優しく刺激されたり肛門内部に入れたアナルビーズを引き抜いたりすることで、排泄に似た快感を味わえるのが大きな魅力です。

アナルビーズの魅力(2)肛門内の圧迫感

アナルビーズに慣れて大きめのビーズを入れられるようになると、引き抜く刺激だけでなく直腸への圧迫感からも性的快感が得られます。

男性は直腸内に性感帯である前立腺がありますが、女性には目立った性感帯はありません。しかし直腸と膣は非常に近い位置にありますので、Gスポットやポルチオといった膣内の性感帯に快感を与えることも可能です。

体内への刺激をアップさせたいときはビーズのサイズを大きくするほか、スティックタイプのアナルビーズを使う方法もあります。

たとえば「ベイビーバニーウェイブビーンズ」はウサギをモチーフにしたかわいらしいデザインが特徴ですが、全幅が約4.2cmと太めで存在感たっぷりのアイテムです。

中に入れて感覚を楽しむほか、優しく出し入れしたり振動させたりと幅広い楽しみ方ができますので、いつものアナルビーズとは違うものを選びたいときにぴったりです。

ベイビーバニーウェイブビーンズ
ベイビーバニーウェイブビーンズは、アナルで新たな快感を感じたい方をサポート!
優しいシリコン素材に、振動パターン10種類!音も静かな静音設計。
通常のバイブとしても、アナルバイブとしてもお使いいただけます。
ベイビーバニーウェイブビーンズの詳細はこちら

アナルビーズの魅力(3)羞恥心や背徳感

アナルに興味がある女性の写真

生殖器ではない上に排泄をする場所であるアナルをセックスやオナニーに使うことは、人によってはとても抵抗を感じる行為です。

「お尻に物を入れて気持ちよくなっているなんて恥ずかしい」、「いけないことをしている気がする」と、羞恥心や背徳感をおぼえる人も多いでしょう。

さらにセックスでのアナル刺激は「相手に汚いところを見られたり触られたりしてしまう」という恥ずかしさを感じる人もたくさんいます。

しかしそこがアナルビーズの大きな魅力です。

Mっ気のある人はもちろんですが、それ以外の人でも非日常感や背徳感と一緒に性的な刺激を得ることで強い快感や興奮につながりやすくなる傾向があります。

アブノーマルな行為ではあるものの、そのせいで気持ちよさがアップしている面もあると言えるでしょう。

アナルビーズの魅力(4)自分に合ったアナルビーズが見つかる

先ほどお話したとおりアナルビーズにはさまざまなサイズのものがあり、素材や質感のバリエーションも豊富です。

最初はアナルのトレーニングを兼ねて細め・柔らかめのアイテムがおすすめですが、それ以降は太めのものや圧迫感の強いもの、冷たさを感じるものなど自分の経験値や好みに応じて自由に選ぶことができます。

一見アダルトグッズに見えないようなかわいらしいデザインのものから機能性が高くバイブとしても使えるアイテムまで揃っていますので、比較的簡単に自分に合ったものを見つけられるのが大きな利点です。

アナルビーズのオナニーでの使い方

アナルビーズの特徴や利点が分かったところで、今度は実際のアナルビーズの使い方を見ていきましょう。まずご紹介するのは、オナニー時に使用して楽しむ方法です。

強い刺激に慣れていない初心者さんだけでなく、アナルの拡張をしたい人や自分のペースで快感を得たい人はオナニーに取り入れるのが向いています。アナルビーズをセックスで使用する前に、オナニーで練習してみるのもおすすめです。

アナルビーズのオナニーでの使い方(1)アナルに出し入れして楽しむ

アナルビーズをオナニー時に使うときに基本になるのが、アナルに出したり入れたりする感覚を楽しむ使い方です。

乳首やクリトリスなどの性感帯で興奮を高めたら、指にローションを塗ってアナルまわりを優しくマッサージしていきます。刺激に慣れてきたら、アナルビーズを一粒ずつゆっくりと入れてみましょう。

このとき痛みを感じるようなら、ほぐし方が足りないかビーズのサイズが大きすぎる可能性があります。ローションをたっぷりと使って、時間をかけて行うのがポイントです。

中に入れたら、

  • 入れたまま肛門をゆるめたり締めたりして感触を味わう
  • 入れたビーズをゆっくり引き抜く
  • 便を出すときのようにお腹に力を入れて排出する

などの方法で刺激していきます。最初は気持ちいいと感じられないこともありますので、無理なく気長に行いましょう。

アナルビーズのオナニーでの使い方(2)ほかの性感帯と併用する

刺激をしても性的な気持ちよさを感じられないときにおすすめなのが、ほかの性感帯と併用しながら開発していく方法です。

乳首やクリトリスなどの敏感な場所を刺激しながら同時にアナルビーズを使うことで、肛門への刺激が性的な快感になると脳に覚えさせることができます。

アナルが性感帯になっている人にとっては、より大きな快感が得られるというメリットがあります。

アナルビーズを中に入れた状態で、他の部位を手もしくはローターやバイブといったラブグッズなどで愛撫するのが基本的なやり方です。

ミニ電動アナルパール(ピンク)」のようにスティック状で持ち手のあるアナルビーズを使うと、抜き差しがしやすいためオナニー時でも手軽に強い快感を得ることができます。


ミニ電動アナルパール(ピンク)
スティックの中には大粒のパールが4粒入っており、指で曲げることが可能!男性の小指ほどの太さの小型サイズなので、「初心者だけど強い刺激がほしい」という方にもおススメです。
ミニ電動アナルパール(ピンク)の詳細はこちら

アナルビーズのオナニーでの使い方(3)入れたまま生活してみる

アナルで快感を得られるようになった人には、アナルビーズを中に入れたまま生活するという使い方もあります。この場合のビーズはシリコンやラテックスなどの柔らかい素材で、細めのものを選ぶのが基本です。

お尻に異物を入れながら普段通りの生活をするというアブノーマルさや非日常感、背徳感は強烈なものです。じわじわとこみ上げる快感精神的な興奮度の高さに、はまってしまう人も多いでしょう。

アナルビーズのセックスでの使い方

次に知っておきたいのが、アナルビーズをセックスに取り入れるときの使い方です。

セックスでもオナニーと同様、最初はあまり気持ちよく感じなかったとしても何度か繰り返すことで快感に変わりやすくなります。パートナーとよく相談しながら、焦らずゆっくりと進めていきましょう。

アナルビーズのセックスでの使い方(1)前戯中に使う

アナルビーズをセックス時に使うときの定番は、前戯の一環として使用する方法です。

キスやハグ、性感帯への愛撫でじゅうぶんに興奮したら、アナルのまわりにローションを塗ってマッサージしてもらいます。緊張していると肛門付近が固くなってしまいますので、リラックスした状態で行うのが重要です。

アナルが柔らかくなってきたらアナルビーズを入れていきます。細いビーズであればそのまま入れても構いませんが、ビーズが大きめの場合は相手の人差し指や中指を先に入れて慣らすと良いでしょう。

あとはオナニーと同じように、中に入れたアナルビーズを引き抜く、出し入れする、ビーズが中に入った状態でほかの性感帯を愛撫するなどの方法で前戯を行います。

好きな人にアナルを見られ、刺激されるのは羞恥プレイの要素もありますので、精神的な興奮度を高めたいときにもぴったりです。

アナルビーズのセックスでの使い方(2)挿入中に使う

アナルに興味がある女性の写真

アナルにビーズやバイブを入れたまま膣を刺激するのは「2穴責め」と呼ばれ、アダルト動画などでは人気のあるプレイです。

やり方はアナルビーズを入れた状態で膣に挿入するだけとシンプルですが、女性にとってはペニスの圧迫感とアナルへの刺激で強い快感が得られ、男性にとってはビーズのゴツゴツした感触が普段と違う刺激になります。

お互いに肉体的な気持ちよさをアップさせることができるだけでなく背徳感や非日常感から来る興奮も高まりますので、マンネリなセックスを変えたいときには効果的な方法だと言えるでしょう。

慣れてくれば、後背位(バック)や背面騎乗位のときにアナルビーズを引き抜いたり出し入れしたりすることも可能になります。肛門への快感と羞恥心がさらに強くなる刺激的な方法です。

アナルビーズ使用の注意点

アナルビーズは初心者さんから上級者さんまで幅広く使えるラブグッズですが、安全に気持ちよく使用するために注意しておきたい点もいくつかあります。

代表的なものを以下に挙げましたので、アナルビーズを試す前にぜひ確認してみてください。

アナルビーズ使用の注意点(1)ローションを使う

膣と違い、アナルには滑りを良くするための液体を出す仕組みがありません。そのままの状態でアナルビーズを挿入するのは難しく、プレイ中に体を傷つけてしまう可能性が高くなります。

ビーズに限らずアナルを刺激する際にはローションを使うようにすると体への負担を減らすことができ、ぬるぬるとした感触で感度アップも狙えます。

アナルビーズを使う際のおすすめローションは「LCハーバルローション」です。アロエとハチミツを配合した自然派素材で、人によって便意を催すことがあるグリセリンは使用されていませんのでお尻にも使うことができます。

さらっとした質感のためアナルで長時間のプレイをするときにはこまめにつぎ足す必要がありますが、お肌に優しく使いやすいアイテムです。


LCハーバルローション
アロエの保湿感&ハチミツで潤いプラス♪マッサージにも使えてラブ度アップ!
潤い不足の潤滑ゼリーとしても、2人で楽しむためにもおすすめのLCオリジナルの自然派ラブローション。
イク感覚を探りあうため、ラブタイムが長くなってもラブローションを使ったマッサージのしあいっこで乾かないで楽しむことができます。
LCハーバルローションの詳細はこちら

アナルビーズ使用の注意点(2)準備は念入りに行う

アナルビーズに使われている玉の直径は小さいもので1cm以下と、指より細くなっています。普段それより太い便を排泄していることを考えるとすんなり入りそうなイメージもありますが、だからといっていきなり入れるのは厳禁です。

肛門は便が予期せぬタイミングで出てしまわないようにストッパーの役割をしていますが、軽く力を加えただけで傷ついてしまうデリケートな部分でもあります。

そのためビーズを入れるときには、

  1.  リラックスして楽な体勢になる
  2.  ローションをつけた指でアナル周辺を優しくマッサージする
  3. マッサージしながら軽く指先を入れる
  4.  無理なく入れられる指を根元まで入れる
  5. 小指から薬指、中指と入れる指を徐々に太くする
  6. アナルビーズをひとつずつゆっくり入れる

という順で行うのが基本です。慣れてきても手順はなるべく飛ばさず、痛みや違和感がある場合はひとつ前に戻って丁寧に行いましょう。

アナルビーズ使用の注意点(3)やりすぎない

アナルの性感が発達していない時期は、「たくさんやれば気持ちよくなるのでは」と考えてしまいがちです。快感を覚えるとついやりすぎてしまうということもあるでしょう。

しかし肛門や直腸はもともと何かを入れるのに適した場所ではないため、刺激しすぎるとダメージを受けてしまいます。強い快感が欲しいからと拡張をしすぎると、排泄に支障が出る可能性も考えられます。

痛みや違和感がない場合もあまり頻繁に行わず、適度なサイズのアナルビーズを選ぶようにするのがポイントです。

また、トラブルの例として興奮のあまりアナルビーズを肛門内に全て入れてしまったというケースもあります。この場合は病院で抜いてもらわなくてはいけない事態になってしまいますので、ビーズの端は必ず体外に出しておくようにしましょう。

アナルビーズ使用の注意点(4)清潔に気をつける

雑菌の多い場所であるアナルを刺激するときには、清潔に細心の注意をはらう必要があります。

アナルビーズは使用前と使用後に洗浄や消毒をきちんと行い、シリコンなどで全体がコーティングされていないものや電動品はコンドームをつけるのがおすすめです。

アナルを触る前には市販のシリンジ(針のない注射器のようなグッズ)や浣腸などで直腸内をきれいにしたのち、シャワーを浴びて肛門周辺をよく洗っておきます。より安全に行いたい場合は薄手の使い捨て手袋をするのも良いでしょう。

快感スタイルで人気のアナルビーズ動画

ここまでアナルビーズについてまとめてきましたが、「もっと詳しく知りたい!」、「実際に使っているところを見てみたい!」という人にはアダルト動画でチェックするのがおすすめです。

アナルビーズと彼の挿入で同時責めされるエッチ動画

快感スタイルではアナルビーズを使ったシーンがある動画を多数配信していますが、中でも人気が高いのは「巨乳美女をバックで突く!アナルビーズで2穴挿入の同時責めされ連続イキ」という作品です。

女優さんがアナルと膣の2穴責めでイカされ、ビーズを挿入したまま騎乗位で絶頂に達する様子は興味がある人ならぜひ見ておきたい内容になっています。

巨乳美女をバックで突く!アナルビーズで2穴挿入の同時責めされ連続イキ

 

彼からアナルビーズでアナルを開発されるエッチ動画

また、「極太バイブでアナルオナニー!バイブやアナルビーズを挿入しお尻を開発するカップルのエロ動画」では、彼にアナルビーズを出し入れされたり電マとの同時責めをされたりするシーンが描かれています。

女優さんと男優さんがコミュニケーションをとりながらアナルを開拓していくシチュエーションは、これから彼とアナル開発をする際の参考にもなります。

極太バイブでアナルオナニー!バイブやアナルビーズを挿入しお尻を開発するカップルのエロ動画

アナルビーズで新たな気持ちよさを発見しよう

アナルビーズに興味がある女性の写真

デリケートなアナルは刺激のしかたを間違うと傷つけてしまうことも多く、怖いイメージがある人もたくさんいるでしょう。

しかしアナルには独特の背徳的な気持ちよさがあり、アナルビーズだけでイクことができるほどの強い快感を得ることもできます。

アナル刺激を安心・安全に楽しむためには、事前の準備自分に合ったアナルビーズを選ぶことがとても重要です。ゆっくり無理なく挑戦して、新しい快感を発見してみてください。


刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
さくらの恋猫GIFバナー


今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • masturbation
    ひとりエッチ(オナニー)のやり方や種類、豆知識をご紹介!素敵な「わたし時間」を過ごすために...
  • Sex toys and porn
    女性におすすめAV・ラブグッズ情報。実際に体験したレポートなども更新中♡
  • Tips and advice
    お手テクやフェラなど、彼を気持ちよくさせるためのテクニックをお届け。もっと彼の可愛い表情を...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介