【最新】女性のオナニーまとめ!女性のオナニー方法15種類、女性がオナニーでイク方法等

two fingers in a grapefruit isolated on a blue background top view sex concept

目次

「もっとオナニー(ひとりエッチ)を楽しみたいけど、どうすればいいんだろう?みんなはどうしてるんだろう?」そう思ったことはありませんか?

よくあるお悩みの声

  • 「みんなはどれくらいオナニー(ひとりエッチ)しているんだろう?」
  • 「みんなはオナニー(ひとりエッチ)でイケてるの?」
  • 「どうすればオナニー(ひとりエッチ)でイケるんだろう?」
  • 「どんなオナニー(ひとりエッチ)の方法があるの?」
  • 「ラブグッズってどうやって選べばいいの?」

今回は、そんな女性のオナニー(ひとりエッチ)の疑問について、画像で解説しながらまとめました!
まずは「実際みんなはオナニーしているの?」「どれくらいの頻度でしているの?」など、気になる女性のオナニーのアレコレについてのアンケート結果を大公開!

【アンケートしてみた!】女性のオナニーのアレコレ

〈女性に聞いた〉オナニーしますか?

女性のオナニー

〈女性に聞いた〉どれくらいの頻度でオナニーしてる?

女性のオナニー
毎日。日課になっている

週1くらい。彼とのセックスを思い出したときや、彼の声を電話で聞いたとき
週1くらい。恋人と会えない寂しさを埋めるため

月1~2回。排卵日前後や生理前にしたくなる

〈女性に聞いた〉オナニーにかける平均時間は?

アンケート結果
10分くらい。寝る前の布団のなかでパパッとするのが習慣
彼とのエッチでイケなかったとき

30分以内。具体的に妄想をしたり、AVを見たりして楽しんでいる

〈女性に聞いた〉オナニーでイク?

アンケート結果
イケる。クリトリス集中攻撃で毎回イっちゃう

イケない。イキにくいからこそ、感度磨きのためにひとりエッチしてる

〈女性に聞いた〉初めてオナニーしたのはいつ?

最も多かった回答:中学生~10代後半

たまたまシャワーを当てたら気持ちよくなった
雑誌に「ひとりエッチの仕方」が書いてあって、試してみた

意外に多かった回答:小学生

お兄さんやお父さんのエッチな漫画や本を読んだら何となくムラムラして、自分の体を触った
偶然当たって気持ちよく感じたのがきっかけ
生理が始まったタイミングで興味を持って…

20代以降の方もいました

当時付き合っていた彼と会えない日が続いたから
彼氏に勧められて、教えてもらった
パートナーとのエッチではイケなくて、イクという感覚なのか知ってみたかったから

オナニー(ひとりエッチ)による5つのメリット

女性オナニーのメリット

女性オナニーのメリット(1)ムラムラ解消

オナニーをすれば、三大欲求の1つである性欲を満たすことが可能。欲求を満たしたことで散漫していた集中力が戻ったり、作業効率が上がったりするといったメリットも期待できます。

女性オナニーのメリット(2)ストレス軽減

幸福感をもたらす「β-エンドルフィン」という脳内物質が分泌されることで、ストレスが軽減されます。また、オーガズムが得られれば、幸せホルモンである「セロトニン」や「オキシトシン」も分泌されるため満足感の向上も期待できます。

女性オナニーのメリット(3)安眠

オナニーをすると、寝つきが良くなると言われています。理由は複数ありますが、オーガズム(イク)することで副交感神経が優位になり、分泌されるセロトニンが睡眠ホルモンの材料になり、安眠しやすくなるそうです。

また、オナニーは体力を使うので、適度に疲労感が溜まって眠りやすくなるとも考えられています。

女性オナニーのメリット(4)美肌

女性がオナニーをすると、軽い運動をした時と同じように体温が高まり、血流が良くなります。すると、栄養や酸素などが体の隅々にまで行き渡り、新陳代謝がアップして皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)も良くなり、綺麗な肌を保つことに繋がります。

女性オナニーのメリット(5)感度上昇

女性がオナニーをすると、性感帯の感度が高まったり、イキやすくなったりします

実は、女性がイキにくい原因の1つに、「そもそもどのように性感帯を刺激されたら気持ちいいのかわからない」という悩みがあります。このような場合、自分で触ることで気持ちよさを体で理解できるようになるのです。これは、セックスで気持ちよくなることにも役立ちます。

気持ちいいひとりエッチ(女性オナニー)のやり方15種類

タイトル画像

女性オナニーのやり方(1)クリトリスオナニー

クリトリスオナニー

性感帯のクリトリスを刺激するオナニーです。触りやすく、刺激しやすく、オーガズムが得やすいため初心者にもおすすめです。膣内を刺激しないため処女の方にも向いており、別名「処女オナニー」とも呼ばれています。

リトルペンギン ピンク
コンパクトで可愛いデザインが嬉しい充電式の吸引ローター。女性の手にしっかりフィットし、吸引口の角度もクリトリスにもあてがいやすく、初心者の方にもおすすめです。静音設計なので、秘密の時間にぴったり!
リトルペンギン ピンクの詳細を見る

女性オナニーのやり方(2)Gスポットオナニー

Gスポットオナニー
膣の奥にあるポルチオ(Pスポット)を刺激するオナニーです。ポルチオは一般的に開発が必要であり、触りにくい場所にあるので、上級者向けです。しかし、ポルチオで得られるオーガズムは深くて強く、最高の快感が得られると言われています。

マリンビーンズ
女性開発者が設計した、女性のためのラブコスメオリジナルバイブです。中イキを経験したい、Gスポットの感度を磨きたい、奥で感じたい方におすすめ。今までにないパワフルな動きで、様々な快感レベルをアップしませんか?
マリンビーンズの詳細を見る

女性オナニーのやり方(3)ポルチオオナニー

ポルチオオナニー

膣の奥にあるポルチオ(Pスポット)を刺激するオナニーです。ポルチオは一般的に開発が必要であり、触りにくい場所にあるので、上級者向けです。しかし、ポルチオで得られるオーガズムは深くて強く、最高の快感が得られると言われています。

女性オナニーのやり方(4)乳首オナニー(チクニー)

乳首オナニー

乳首を刺激するオナニーです。実は、女性は乳首でもイクことができます。十分な開発が必要ですが、優しく丁寧に乳首の刺激を続けることで、徐々に体の奥から快感がこみ上げてオーガズムを体験できるようになる場合があります。

女性オナニーのやり方(5)指オナニー(指オナ)

指オナニー

指で性感帯を刺激する最もオーソドックスなオナニーで、オナニーの初心者から上級者まで誰にでもおすすめできます。
※乳首責め、クリ責め、Gスポット責めなどは向いていますが、膣奥(ポルチオ)やアナルを責めるのにはあまり向いていません。

女性オナニーのやり方(6)アナルオナニー(アナニー)

アナルオナニー

お尻の穴を刺激するオナニーです。女性のアナルオナニーでは、強い排泄感(スッキリ感)を体感でき、それによりオーガズムが得られる場合もあります。ただし、アナルは愛液がなく傷つきやすいため必ずローションを使うなど、注意点も多くあります。

女性オナニーのやり方(7)電マオナニー

電マオナニー

ハンドタイプの電動マッサージ機(電マ)を使ったオナニーです。他のやり方との違いは「モーターが大きく刺激が強いこと」「面積が広く押し当てて刺激できること」などです。

市販の肩こり用などでもできますが、最近はアダルトグッズ用の商品も増えています。最初から市販用の強い刺激に慣れるよりは、刺激がソフトなオナニー用の電マから始めるのがおすすめです。

女性オナニーのやり方(8)バイブオナニー

バイブオナニー

ラブグッズのバイブを使ったオナニーです。バイブの特徴は「細長くて膣奥も攻められること」や「振動機能で刺激できること」などがあります。また、指で刺激するのと異なり、太さがあり挿入感を味わえます

主な形には「ストレートタイプ」と「ラビットタイプ(二股タイプ)」があり、長さや太さもさまざまあるため、自分に合った機能・性能・見た目から選ぶのがコツです。

女性オナニーのやり方(9)ディルドオナニー

ディルドオナニー

ペニスの形をしたディルドを使ったオナニーです。ディルドはバイブと異なり「振動機能がないこと」「ラビットタイプがないこと」などが特徴です。しかし、見た目も挿入した感じも本物とそっくりな点が長所となっています。

また、吸盤を使って立てれば、騎乗位の練習などにも使えます。見た目に苦手意識を持つ人も多いですが、ラブグッズとしては根強い人気があります。

女性オナニーのやり方(10)角オナニー(角オナ)

角オナニー

机や箱などの「角(かど)」を使ったオナニーです。他のやり方と異なり「背徳感を楽しめること」「丁度いい固さの刺激を楽しめること」などの特徴があります。

女性オナニーのやり方(11)シャワーオナニー

シャワーオナニー

シャワーの水圧を使ったオナニーです。お風呂場で行えるため「家族の目を気にしないですむこと」「清潔な状態でできること」「後片付けが簡単なこと」などのメリットがあり、シャワーのお湯をクリトリスに当てるだけなので、簡単です。

女性オナニーのオナニーのやり方(12)綿棒オナニー

綿棒オナニー

綿棒で刺激して行うオナニーです。市販の綿棒でできるため気軽で、管理がしやすいことが特徴。また、衛生的でソフトなアイテムなので、アナルに使えることも特徴と言えます。

やり方はシンプルで、綿棒を性感帯に当てるというものです。また、複数本まとめて使うことで、刺激する範囲を広げることもできます。なお、綿棒は折れやすいので無理に動かすのは控えましょう

女性オナニーのやり方(13)妄想オナニー

妄想オナニー

妄想しながら行うオナニーです。AVや漫画を見て興奮するのではなく、「妄想」で性的興奮を得ながらオナニーを行います。自由に想像できるので、大好きな人とのひとときや非現実的なシチュエーションを満喫することも可能です。

妄想オナニーを極めると、手やラブグッズを使わない「脳イキ」というオーガズムを体験できることもあります。

女性オナニーのやり方(14)催眠オナニー

脳イキ

催眠ボイスなどを使い、暗示にかかった状態で行うオナニーです。催眠オナニーの特徴には「いつも以上の快感が得られること」「非日常の世界観を味わえること」などがあります。

現在は有料サイト以外にもYouTubeなどで簡単に催眠ボイスを聴くことができます。最初は不安で慣れないかもしれませんが、声優さんの声を信じてその通りに思うと自然と気持ちよくなれます。

女性オナニーのやり方(15)見せ合いっこオナニー

見せ合いっこオナニー

彼と見せ合いながら行うオナニーです。「性感帯をいじっている姿を見られる」と言う羞恥心が性的興奮へ変わるため、通常よりも強い快感が得られるようです。また、彼が遠方に住んでいても、電話をしながら行うことが可能。遠距離カップルにもおすすめのオナニー法です。

女性がひとりエッチ(オナニー)でイクようになる近道

女性がひとりエッチ(オナニー)で中々イけない原因はいくつかありますが、「イク感覚が分からない」「性感帯が十分に開発されていない」という場合が多いです。

その原因を解決に近づけてくれるのが、ラブグッズです。ラブグッズによって、自分の気持ちいい触り方や場所を見つけながら、性感帯を開発することができます。

バイブ、ディルド、電マ、ローターなどさまざまなアイテムがあるので、ご自身に合ったものを選んでみてください。

ラブグッズの選び方や種類一覧は下記記事をご覧ください。

ひとりエッチの注意点

注意点(1)性感帯を意識しないオナニー

意図的に焦らすのは感度がアップしますが、性感帯以外だけに時間をかけを触っていると、膣が乾いたり、疲れが先に来ることがあります。オナニーをする際にはできる限り乳首・クリトリス・Gスポットなどの性感帯を意識して刺激するようにしましょう。

注意点(2)強過ぎる刺激ばかりのオナニー

強い刺激によるオナニーを繰り返していると、その刺激がなければイキにくくなったり、セックスでもイキにくくなることがあります。予期せぬ怪我や炎症に繋がる恐れにもなりますので、強過ぎる刺激を続けることは避けましょう。

注意点(3)特定の姿勢がクセになっているオナニー

脚を伸ばす「足ピン」など、決まった姿勢を習慣にしてしまうことも、セックスでイキにくくなる原因になります。

注意点(4)不潔な状態でのオナニー

オナニーは指やラブグッズで行うことが多いですが、これらは清潔な状態にしておくことが重要です。細菌などが付いた手指やおもちゃで女性器を触ると、性器の皮膚や粘膜などを傷つけてしまうことがあります。

オナニーする前後は、手やデリケートゾーンを洗ったり道具を拭いたりして、清潔に保ちましょう。

注意点(5)長い爪でのオナニー

女性器を傷つけると、そこから細菌が入り込んで感染症を引き起こすことがあります。女性器に手で触れる場合は爪を短くしておき、ネイルも落とすことが重要です。

もし「爪を切りたくない」「ネイルを落としたくない」という場合には、ローターやバイブなどのラブグッズや、指用コンドームを使うのがおすすめです。

生理中や妊娠中などのひとりエッチについて

生理中や妊娠中などのひとりエッチ

生理中のオナニーについて

生理中は免疫力が低下しており、感染症を引き起こす可能性が高くなっています。手やラブグッズを清潔にして、女性器を傷付けないように十分注意しながらクリトリス中心にオナニーをします。

なお、オーガズム時に起こる膣のけいれんによって、経血が子宮内に逆流してしまうことがあります。子宮内膜症などの病気を引き起こすこともあるため、何度もイクような激しいオナニーは避けましょう

妊娠中のオナニーについて

妊娠するとホルモンバランスが変化して、性欲が増すことも減退することもあります。

つわりがひどい場合や、出血やお腹の張りなどの異常がある場合は避けましょう。体の様子によって避けたほうが良い場合もあるため、必ず産婦人科で相談してください。

風邪を引いた時のオナニーについて

風邪を引いている時でもムラムラすることはありますし、食事の代わりに飲んだ栄養ドリンクやサプリメントなどの成分で性欲が高まることもあります。

風邪を引いている時でもオナニーをして問題はありません。しかし、風邪の時は抵抗力(ウイルスなどから体を守る力)が落ちていたり、感染症を引き起こす恐れも高まっているため、手や道具などを清潔に保ち、女性器を傷付けないように注意してください。

適度な回数にとどめておき、高熱などのように症状がひどい場合は安静にして体調を回復させることを優先させましょう。

 

 

人気のコラムカテゴリ

  • Masturbation
    ひとりエッチ(オナニー)のやり方や種類、豆知識をご紹介!素敵な「わたし時間」を過ごすために...
  • Reviews
    ラブグッズやひとりエッチ・ラブタイムでのテクニックなどの実体験レポートコラム記事特集♡
  • Sex toys and porn
    女性におすすめAV・ラブグッズ情報。実際に体験したレポートなども更新中♡

さくらの恋猫紹介

下部固定バナー240216