• ブーケ

アナルの開発方法とは?男女で違う?開発出来るグッズや体験談を紹介

アナルを開発したいと考えている女性

目次

アナル開発は膣と違った気持ちよさがあると聞いたことはあるけれど、興味本位で触るのはちょっと危険…とイメージしている女性も多いかもしれません。

確かにアナル開発は慣れや準備に時間を要しますし、刺激に敏感でデリケートな場所でもあることから何も気にせず開発すると予期せぬトラブルが起こることもあるでしょう。男女ともにアナル開発をしたい場合は、確実な知識と下準備が必要です。

正しい知識でお尻を開発すれば、初めての挿入でも肛門への痛みや違和感を抑えながら気持ちよくなることも可能です。今まで感じたことのない快感に興味があれば、アナル開発にチャレンジしてみましょう。

今回は、実際にアナル開発をした女性の体験談や、必要なグッズを紹介。お尻の穴を開発をしたい女性に役立つ情報をまとめたので、ぜひチェックしてくださいね。

アナルの開発とは?

アナル開発とは、本来排泄するための部分であるアナル(お尻の穴)を、指やラブグッズなどを用いて快感を得られるようにしていく方法のことを指します。

アナルの性感帯を開発すれば、アナルへの刺激を快感として受け取ることができる体になります。男性であれば「前立腺」での快感が得られ、女性であれば排泄するときのような独特の快感が得られます。

また、アナル開発専用のバイブやディルドといったラブグッズも多く販売されており、段階を追って拡張していけばアナルセックスも可能になります。

ただし、デリケートで繊細な場所でもあるアナルは拡張し過ぎると緩みや切れ痔に繋がるというデメリットも。また雑菌の多い場所でもありますので、衛生面での注意も必要です。

女性のアナル開発のやり方

「アナル開発に興味はあるけれど、どうやってすればいいのかわからない…」とお悩みの女性、実は意外と多いのではないでしょうか。それもそのはず、アナルは本来生殖器ではありませんので、いきなり快感を得られる場所ではありません。アナルでの快感を得るためには、準備や開発にとても手間がかかります。

とはいえ、一見面倒そうに思えるアナル開発も正しく無理なく進めていけば、快感を得ることが可能です。そのためにも、まずはアナル開発への不安や恐怖をなるべく取り除くことが大切。アナル開発に挑戦する際は、少しでもスムーズに進められるようリラックスできる環境を用意するようにしましょう。

指でのアナル開発方法

アナル開発ではまず、アナルへ挿入する違和感を和らげ、快感を覚えやすくすることが基本です。絶対に無理はしないことを念頭に置いて丁寧に進めていきましょう。必需品として用意するのはコンドーム、ローション、浣腸の3点。それぞれの利用用途について説明していきます。

アイテム(1)コンドーム

アナルの中は雑菌が多いため、挿入するのがたとえ指であってもコンドームは必需品です。また、アナル自体も非常にデリケートな場所であるので、小さな傷でも炎症が起こったり雑菌が入りやすくなったりするリスクも。

さらに、指の爪もアナルを傷付けてしまう原因の1つです。それを防ぐためにも、アナルに指を挿入する際には必ずコンドームを装着するようにしてください。

指専用ビューティーサック フィンドム(12個入り)
アナルの開発方法をチェックしていると「肛門付近を指でほぐす」といった、お尻の穴に指を持っていく過程があります。しかし、素手のままでは危険です。アナルはデリケートかつ衛生面が大切な部位。ゼリー付きの指につけて使用するコンドーム風のフィンガーグローブで、アナル開発を清潔&快適に!
アナル開発に役立つ!指用コンドーム

アイテム(2)ローション

スムーズな挿入を手助けしてくれるローションも、アナル開発では欠かせないアイテム。アナルには、膣のように自然に濡れる機能がないためです。

特に初めての場合は緊張で力みやすくなっていて、アナル全体も固く閉じてしまいがち。緊張で固くなってしまったアナルは、ちょっとした刺激でも切れやすくなってしまいます。リラックスした状態になるよう、ローションを使ってゆっくりと刺激に慣れさせていくことが大切です。

LCハーバルローション
アナルの皮膚は薄くデリケート。お尻の穴はローションでたっぷり潤いを与えてから開発するのが鉄則です。アナル開発には、潤い成分アロエ・ハチミツを配合した自然派ラブローションがおすすめ!サラッとしているのにトロトロしたテクスチャで潤いは抜群!女性のアナル開発にぴったりです。
アナルにも使える!自然派ラブローション

アイテム(3)浣腸

アナル開発で特徴的なのが、この浣腸を行わなければいけない点です。浣腸とはアナルから直接、腸内に液状の薬剤を注入する医療行為のこと。つまり腸内や肛門を洗浄するための行為になります。

何もしていない状態の肛門内には、当然ながら便が残っている可能性があります。これはいわゆる雑菌の塊のようなものです。

パートナーと自分の安全のためにも、アナル開発前には必ず浣腸で腸内洗浄を済ませておくようにしましょう。腸内洗浄のやり方は以下の通りです。

  1. 市販の浣腸を説明書通りに使用する
  2. 便意がでてきたらトイレで排泄
  3. 肛門にぬるま湯100~120ccを注入
  4. 排泄とぬるま湯での浣腸を数回繰り返す

一通り終えたら、すぐにプレイに入ろうとせず便意が残っていないか15分ほど様子見します。特に問題ないようでしたら、いよいよ指での挿入を始めていきましょう。指で開発するための手順は、

  1. 挿入する指にコンドームを装着する
  2. コンドームと膣内にローションを塗る
  3. 膣内や体を愛撫しながら、全身をほぐしていく
  4. リラックス状態になったらアナルに指を第一関節まで挿入
  5. お腹側の壁をメインにアナルをほぐしていく
  6. 指を2本に増やし、円を描くようにして愛撫
  7. アナルが柔らかくなっているのを感じたらピストン運動開始(1往復20~30秒かけて)
  8. 最後ゆっくりと指を奥まで挿入してピストンを行っていく

というような、非常に丁寧な扱いが必要となります。ここで重要なのは全ての動きを丁寧にゆっくりと行うこと。触れながらじれったく感じてしまうかもしれませんが、焦らないことが重要です。

アナル専用バイブを使ったアナル開発方法

続いて、アナル開発の専用バイブを使った方法を紹介します。ここでもやはりコンドームとローション、浣腸は必須アイテム。使い方も指の時と変わりません。バイブにはコンドームを装着し、挿入前にはローションを使って滑りを良くしておきましょう。バイブでの開発手順は以下の通り。

  1. バイブにコンドームを装着する
  2. コンドームと膣内にローションを塗る
  3. 膣内や体を愛撫しながら、全身をほぐしていく

ここまでは指と同様です。どちらにしても、体が緊張しないための前戯は丁寧に行うようにしましょう。続いて、

  1. リラックス状態になったらアナル入り口にバイブを当て、刺激していく
  2. 入り口の違和感が少なくなったらバイブをゆっくりと挿入
  3. 挿入し切ったら動かさず、入っている状態に慣らしていく
  4. まずは円を描くようにして、バイブを周りに優しく当てていく
  5. アナルが柔らかくなっているのを感じたら前後でのピストン運動開始(1往復30秒以上かけて)

といった手順になります。

アナルにバイブを使う場合、最初からいきなり大きなタイプに挑戦するのは、トラブルを防ぐためにも避けましょう。まずは無理のない小さめサイズのアナルバイブを使って、少しずつ慣らしていくのをおすすめします。

入口の違和感が少なくなったら、ゆっくりとさらに奥へと挿入してみましょう。そのままお尻の穴の中を慣らしたあとは、円を描くようにバイブを優しく回していきます。アナルが柔らかくなっているのを感じたら、前後でのピストン運動をして、快感を味わってください。

「アナルバイブはちょっと苦手」「お尻にバイブを入れるのは不安」といった女性には、アナルパール(アナルビーズ)の方が向いているケースもあります。アナルバイブよりも細いものが多いので、まずはアナルパールから試してみるという選択もあります。

アナルスウィート(ピンク)
アナルバイブの太さにはまだ気後れしてしまう、という初心者さんから中級者さんにおすすめ!アナルバイブやディルドよりも扱いやすく、柔らかい鎖のようなかたちになっているため挿入もスムーズ。さらに持ち手付きなので、出し入れしやすくなっています。丸洗い可能な素材で、清潔に保てるところもポイント!
アナル初心者でも試しやすいアナルビーズ!

アナル開発に役立つおすすめグッズ!

アナル開発をスムーズに行うためには準備が必要です。さらに気持ちよく、楽しんでアナルの快感を味わう方法として、専用ラブグッズの活用もおすすめです。

お尻専用のラブグッズをうまく使えば、肛門を開発する時間もパートナーとの刺激的な時間になるはず。もちろんひとりエッチでアナルを開発するときでも、これまでにない気持ちよさを発見できるでしょう。


ずっしりしたアナルバイブも良いれど、凸凹としたアナルグッズの方が好み…など、アナル開発を始めて中級者から上級者になると、快感の好みが出てくるはず。さまざまな形状や機能のアナルグッズが販売されているので、好みに合わせて選んでみましょう。

もっと詳しくアナルバイブについて知りたいという方は下記からチェックしてみてくださいね!

アナルバイブ一覧
アナルバイブの機能別、タイプ別一覧はこちら。通常のバイブとは違い、アナルに挿入しやすい形状で作られていて、振動するタイプやビーズのようなものが連続してあるタイプなど、その使用用途や使い方はさまざまです。アナニーでラブグッズを使ってみたい方はぜひチェックしてみてくださいね!
▶アナルバイブ一覧の詳細はこちら

アナルの開発経験がある女性はどれくらい?

アナル開発の先にはアナルセックスがありますが、実際に経験したことのある女性がどのくらいいるのか気になる方も多いはず。

ラブコスメが女性を対象に行った「アナルセックスをしたことはありますか?」というアンケートでは、約38%の人が「ある」と答える結果になっています。アナルセックスの経験者は少ないように見えて、意外にも3人に1人以上が経験していることが明らかとなりました。

アンケートキャプチャ
出典:ラブコスメ
さらに「感想を教えてください」という質問では、アナルセックスに至るまでの経緯が語られている回答が多数。特にセックス前のアナル開発を丁寧に行った人ほど、アナルセックスに対して好意的な人が多いようです。印象的な回答を見ていきましょう。

(1)丁寧なアナル開発で気持ちよくなった

まずは、パートナーからの丁寧な愛撫や時間をかけた開発を経て、アナルで感じられるようになったという女性の意見です。意外にも、最初に痛みや不快感を覚えていても、手間と時間をかけた丁寧な開発によって徐々に快感を得ていくケースは少なくないようです。

最初の彼氏に、前処理・アナル拡張・アナルセックスまで調教されました。最初は抵抗あったけど、排泄時の快感に似て、膣挿入とは異なる快感が得られ、次第に忘れられなくなり、彼と会う時は必ず事前に浣腸・腸洗浄をして挿入されることを期待していました。特に3Pの時は、同時に異なるリズムで攻められて女性としては最高の気分です。2Pではバイブを併用していますし、1人の時はアナルだけのオナニーもします。

初めは抵抗もあり、指を入れられるのも渋々でしたが、彼が何か月もかけながら徐々にほぐしてくれました。初めての時は、痛みはないものの、ものすごい違和感がありましたが、今では割とすんなりとできるようになり、気持ちよくなりました。

若い頃は、よく夫としました。指1本から始まり数本になり、細めのおもちゃから徐々に太くなり、結構日数をかけ、夫に開発され、いつの間にか夫の性器を受け入れるようになりました。気持ちよくて、私からおねだりをするほどでした。

(2)開発無しで進めてしまった

反対に、あまりしっかりとした開発もせずセックスに及んでしまったという意見では、ローションを使わず及んだことで違和感や痛みが走り、一気に萎えてしまったという声も。中には手術をするほどの痔になってしまったケースもありました。

安全で快適なアナルセックスのためには、丁寧な開発と正しい手順が欠かせないことがわかります。

痛かった。小さめな彼だったけど、まだセックスにも不慣れな頃にローションもなしにされたので、いつまでも違和感があり、二度としたくない!と思いました。

友達がやったと話してて私もやってみた。一言で言うと痛い

最初は痛くて無理って思ったし切れたりしたけど(笑)キチンとローションやら使ってくれる人とは変な快感だったけど「ドMなのかも?気持ちいい!」って思ってしまった。やっぱり好きな人で優しく扱われるのと、雑な人とは全く感じ方が違うと思いました。

最初の彼が強引に挿入したため、手術をしなければならないほどの痔になってしまいました。次の彼は生理のときに前でのセックスを拒否したため、強引ではないものの暗黙の了解でアナルを使いました。いまではすっかり慣れていつでも挿入できるように開発されてしまいましたが、今の夫はアナルには興味がなさそうです。前にバイブ、後ろにペニスが入る快感は今でも忘れられず、やや困っている状況です…

このように下準備なしでの挿入は、痛みや怪我を負いやすい危険な行為となります。あまりの痛みに快感どころかトラウマになってしまったという女性も多く、経験した上で二度としたくないという意見も多く見られました。

ただでさえ柔軟性が乏しく外的刺激に弱いアナルは、まず刺激自体に慣らすことが第一。刺激に慣れてからもすぐに挿入せず、拡張させてピストン運動の動きにも慣らしていく必要があります。

アナルセックスの前には、必ず入念なアナル開発を行なっておくことを覚えておきましょう。

アナルは男女どちらも気持ちいい?

アナルの開発は、男女ともにトライすることができる行為であることをご存知でしょうか。男性の体には、女性にはない前立腺という場所があり、そこを刺激することで女性以上の快感が得られるとも言われています。

反対に、女性がアナルで感じやすいのは膣やGスポットを裏側から擦ることで起こる快感。男性と女性ではアナルで得る快感にも違いが存在しているのです。

ここでは、男女におけるアナルの快感の違いから、体のメカニズムについて解説していきます。スムーズに快感を得やすくするためにも、体の仕組みについて詳しく知っていきましょう。

男女におけるアナルの快感の違い

まず女性の場合は、排泄時のような快感と、アナルから膣内の気持ちいいポイントを擦られる快感があります。そのため、膣内で感じやすい人ほどアナルでも気持ちよくなれる場所は見つけやすいようです。

しかし、中には「膣内ではなかなか感じられないのにアナルセックスで初めて快感を得られた」という女性も実在します。

本来、便を出すところであるアナルは中から外への動きに対して敏感であることが多く、ペニスを出し入れされる感覚はそれにも近い快感が生まれるとされています。アナルへの挿入を重ねることによって膣側の性感も高められるのが、女性特有のメリットです。

対して男性は膣を持たないため、女性のような裏側から性感帯を擦られる快感は得ることができません。その代わり、男性だけに存在する性感帯が「前立腺」。この前立腺でのオーガズムは、射精の何倍もの快感が得られるとされており、さらに男性のほとんどが最初から快感を得やすいと言われています。

射精を伴わずに絶頂を迎えることができるため「ドライオーガズム」と呼ばれ、この絶頂を目指して行う自慰行為を「前立腺オナニー」「前立腺攻め」と呼びます。アナルの刺激による単純な快感度で言うと、女性よりも男性の方が大きいことが男女における違いと言えるでしょう。

男女で異なる体のメカニズム

女性は膣とアナルが体の中で隣り合っているため、それぞれへの刺激によってどちらも感じやすくなります。特に、アナルの最も奥の場所にあたる直腸部分は子宮のちょうど後ろ側に位置するため、ポルチオを攻められている時のような快感が走ることがあります。膣側への圧迫と刺激が、女性のアナル開発でのポイントです。

一方、男性が快感を得る箇所の前立腺とは、男性が持つ身体器官のことで、いわゆる生殖器にあたります。肛門から8~10cmほどの膀胱の真下にあるため、指で刺激することができ、丸みを帯びた形状が特徴です。男性だからこその性感帯になりますので、新しいプレイ方法として女性側が開発してあげるのも刺激的でおすすめです。

アナルでのエッチに興味のあった夫からお願いされたのがきっかけで、アナル開発をスタートしました。最初はアナルセックスどころか、アナルに指を入れるなんて気持ちいいと考えられず、すごく緊張して不安でした。

プレイ前の浣腸も、慣れない上に夫の前でするのがとても恥ずかしかったのですが、夫は私に言葉をかけながら、お風呂場で何度も一緒に行ってくれました。

1番最初にアナル開発をした時は、最初にローションでアナルのまわりをヌルヌルにされ、入り口付近を指で何度もほぐされていきました。最初は恥ずかしいやらくすぐったいやらヘンな感じだったのが、だんだんと気持ちよく感じてきました。

そうしている間に、夫の指がゆっくりとアナルに入ってきました。気が付くと、夫の指は付け根まで入っていて、静かに動かされるたびに感じてしまいました。

最初は指1本でアナルの中をほぐされていきましたが、徐々に慣れてくるにつれ2本、3本と指の数が増えていき、その度に私もアナルで感じてきているのがわかりました。

指が3本入るようになったころから、アナルバイブも使うようになりました。指とはまた違った振動や、引き抜くときの引っかかり具合が快感となってきて、この頃にはすっかり、私自身がアナルでの快感の虜になっていたのかもしれません。

アナル開発を始めてから3か月ほどで、ようやく夫とアナルセックスをしました。夫のペニスがアナルに入った瞬間に、その温かさや脈打つ感じ、そしてアナルバイブとは比べ物にならない圧迫感に驚きました。そして「やっと夫のを受け入れられたんだ」という感動と快感ですごく嬉しかったです。圧迫感があり苦しさもあるのですが、今までに感じたことの無い快感が押し寄せてきて、そこからはもう無我夢中のセックスでした。

今では、私からおねだりをするほどアナルセックスが好きになりました。丁寧に手間と時間をかけてアナルを開発してくれた夫も、私とのアナルセックスに満足してくれてとても幸せです。

事前に知っておきたい…アナル開発の注意点

デリケートなアナルを開発する際には、いくつか守らなければならない注意点があります。これを怠ってしまうと、思わぬ病気や怪我の原因にもなります。手間や時間はかかってしまいますが、パートナーと自分の体を守るためにも、必ず行うようにしましょう。

注意点(1)開発には時間がかかる

アナル開発は、ポルチオやGスポットといったほかの性感帯よりも時間がかかります。そもそもアナルは性器を受け入れられるようにはできていないため、膣内よりも柔軟性がなく、刺激にも非常に敏感な場所となっています。

アナル開発では、「ゆっくりと丁寧に」が意識するべきキーワード。焦って挿入を早まってしまうと、柔軟が足りず切れ痔になってしまったり、直腸が傷付いてしまったりする原因となります。

人によって差はありますが、それでもアナルの開発には数週間から数か月かかります。体が強張りやすい人やアナル自体が狭い人になると、途中で断念しなければならない場合もあります。開発は無理をせず、急がずゆっくり丁寧に行うようにしていきましょう。

注意点(2)肛門や直腸はデリケート

アナルの入り口にあたる肛門や、最も奥にある直腸は、かなりデリケートな場所です。外部からの刺激には拒絶反応を起こすようになっているため、少しでも刺激を与える際は無理のないよう優しく行うように心がけることが肝心です。

肛門は、柔らかい状態になるまでほぐすのが、アナル開発成功のコツ。ここで無理をしてしまうと、挿入はもちろん指やバイブの出し入れでも常に痛みが生じる状態になってしまいます。

奥に位置する直腸は、最後まで刺激を強めないことが大切です。挿入をクリアするとどうしても動かしてみたくなってしまうものですが、焦りは禁物。直腸は内臓であることを忘れずに、ゆっくりと動かしていきましょう。

注意点(3)ローションは必要不可欠なアイテム

アナルと膣の大きな違いとして、体液が分泌するかしないかという点が挙げられます。最初からペニスを受け入れる場所となっている膣の方は、刺激や快感に合わせて愛液が染み出します。これによって、スムーズな挿入がしやすくなります。

一方、アナルからは体液が染み出すことはありません。そのため、挿入やピストン運動による摩擦が生じやすく、傷みを感じる原因となっています。そうならないためにも、アナル開発ではローションが必要不可欠なアイテム。いつもよりも多いくらいの量でたっぷりと潤し、摩擦を和らげてあげましょう。

注意点(4)アナル開発の際の衛生面

最後に注意したい点は、アナル開発での衛生管理です。肛門や腸の内部には多くの雑菌が存在しており、それらは炎症や病気を起こす要因となります。アナルを開発する際は、

  • 必ずコンドーム越しに触れること
  • 挿入した指やバイブでほかの部位(特に膣)に触れないこと
  • プレイ後はしっかりと洗浄すること

を徹底して守るように気を付けましょう。

アナルの開発まとめ

安全にアナル開発をするためには、正しい知識と方法を知ることが大切です。文章でイメージしづらい動きがあるときは、アナル開発の動画を見てみるのもおすすめ。まずはデリケートな場所であることを念頭に置いて、丁寧に進めることを心がけましょう。


刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
さくらの恋猫GIFバナー

人気のコラムカテゴリ

  • Masturbation
    ひとりエッチ(オナニー)のやり方や種類、豆知識をご紹介!素敵な「わたし時間」を過ごすために...
  • Reviews
    ラブグッズやひとりエッチ・ラブタイムでのテクニックなどの実体験レポートコラム記事特集♡
  • Sex toys and porn
    女性におすすめAV・ラブグッズ情報。実際に体験したレポートなども更新中♡