会陰オナニーは本当に気持ちいい!?女性向けのやり方や注意点について

会陰オナニーについてスマホで調べている女性

目次

女性の性感帯と言ったら乳首や膣、クリトリスなどが代表的。しかし女性の体は本来、性感帯を開発すればさまざまな部位で気持ちよくなれるものです。

以下では、そんな部位の1つ「会陰部(えいんぶ)」について見ていきましょう。

会陰部は男女ともに存在する部位ですが、特に男性だと会陰オナニーでドライオーガズムを迎えることもあるため、それなりに有名です。しかしドライオーガズムが存在しない女性の間では、あまり知られていないようです。

実は、女性でも会陰部で気持ちよくなることは十分可能です。オナニーはもちろん、セックスで男性にクンニしてもらうと新たな性感帯を発見出来るかもしれません。

そこで今回は「気持ちいい場所を増やして性生活をより豊かにしたい」という女性のために、会陰オナニーのやり方や注意点などをご紹介していきます。

会陰部はそもそもどこにある?


会陰部(えいんぶ)とは、人の性器とお尻の穴の間に位置する部分のことを言い、「蟻の門渡り(ありのとわたり)」とも呼ばれます。
長さなどの多少の違いはありますが男女ともに存在する部位で、女性の場合は大陰唇からアナルの間の部分を指します。

女性の会陰オナニーは気持ちいい?男性にはドライオーガズムがあるが……

会陰オナニーで感じる快感が男性と女性で違うことについて気になっている女性

会陰オナニーとは、名前のとおり上でご説明した会陰部を刺激するオナニーのことです。

人の性感帯と言えば胸や性器などが代表的ですが、実は男性にとっても女性にとっても、会陰部は性感帯になる可能性があります。

しかし、男女で性器周辺のつくりは違いますから、感じ方にも差が現れます。そこで会陰オナニーがどのように気持ちいいのか、性別ごとに分けて見てみましょう。

男性の場合:ドライオーガズムによる強い快感

会陰オナニーで特に強い快感を得られるのは、女性よりも男性だと言われています。

その理由は、会陰部を刺激することで、同時に前立腺も刺激されるためです。前立腺は尿道を囲むように付いている器官で、精子の保護や栄養供給などの役割を持っています。

会陰オナニーによって前立腺が刺激されると、射精を伴わずにイクことがあります。男性器に触れないどころか射精すらもしないので、ノーハンド射精とも違う感覚です。

このようなオナニーをドライオナニーと呼びますが、このときのドライオーガズムは普通に射精するよりもずっと気持ちいいと言われています。

女性の場合:ドライオーガズムはないがじんわりとした快感

前立腺はあくまでも精子に関わる役割を持った器官ですから、女性の体にはありません。また、そもそも射精自体しないため、ドライオーガズムという概念も存在しません。

それでも女性が会陰オナニーで感じることは可能です。

その理由は、会陰部の近くに女性器があり神経が密集しているためです。会陰オナニーをすると、それらの神経にも刺激が届いて気持ちよくなれるというわけです。

男性のドライオーガズムと比べると「強烈な気持ちよさ」というわけにはいきませんが、体の中からじんわりと気持ちよくなるような感覚を楽しむことができます。

会陰部オナニーの正しいやり方

会陰オナニーをしている様子の女性

会陰部は乳首・膣・クリトリスなどと違って分かりやすい性感帯ではありません。そのため、何となく触るだけでは気持ちよくなるのは難しいかもしれません。

会陰部オーガズムを迎えるためには、しっかり手順を踏んで性感帯を敏感にさせていく必要があります。実際にやってみて「こんなところ触っても気持ちよくないよ」と諦めてしまわないように、気持ちいいオナニーのやり方を予習しておきましょう。

最初にほかの性感帯で気持ちよくなることを意識する

初心者が会陰オナニーをするときにとても重要なことは、会陰部だけに固執しないということです。

初心者がいきなり会陰部を触っても、ほとんどの場合は気持ちよくなれません。まずは乳首・膣・クリトリスなどの感じやすい部分を触っていき、エッチな気分が盛り上がってきて初めて会陰部に触れましょう

また会陰部に触れ始めた後も、ほかの性感帯を一緒に触るように心がけましょう。単独で触ってもあまり気持ちよくなくても、乳首・膣・クリトリスなどの分かりやすい快感に引っ張られる形で会陰部も気持ちよくなる場合があります。

これを続けていれば性感帯として徐々に開発されていき、やがて会陰部だけでもオーガズムを迎えられることがあります。

会陰部に触れるときは優しい刺激から

会陰部に触れるときは、いきなり強く触ると痛いことがあるため、まず優しい刺激から始めます。

基本は指先が軽く触れるぐらいのフェザータッチ。直接触ると刺激が強い場合は、下着越しに触っても良いでしょう。

最初はくすぐったく感じるかもしれませんが、このような「焦らし」を取り入れることで性感帯を効果的に昂ぶらせることができます。

くすぐり、指圧、振動など、いろいろな刺激を試してみる

心も体も昂ぶってきて「もっと強い刺激が欲しい」と思い始めたら、いよいよ会陰部を強めに触っていきます。

自分にとって気持ちいい触り方をするのが1番ですが、会陰部の触り方というのは意外とたくさんあります

以下に触り方のヒントをまとめてあるので、自分にピッタリのやり方を見付けてみてください。

指先でくすぐってみる

フェザータッチの延長線上にある、ゾクゾクした刺激を楽しめます。強く引っかくと会陰部を傷付けてしまう恐れもありますので、爪が長い方は特に気を付けましょう

指圧してみる

会陰部の奥にある神経が圧迫され、じんわりとした気持ちよさがあります。また会陰部をマッサージすることで、女性器周辺の血流が良くなって便秘や頻尿などの改善効果があるとも言われています。

ラブグッズで刺激する

ローター等の振動するラブグッズを使って、会陰部表面をなでたり、グッと押し込んで奥にある神経を刺激するのも効果的です。

会陰オナニーを楽しむための3つの注意点

会陰部分がデリケートなのでスマホで注意点を調べている女性

会陰オナニーは正しく行わないと、気持ちよくなれなかったり、体を傷付けたりすることがあります。

安全に気持ちいいオナニーを楽しむためにも、必ず注意点を確認しておいてください。

会陰部への愛撫は根気よく

会陰部は乳首・膣・クリトリスなどと違って、直接的な性感帯ではありません。気持ちよくなるためには、根気よく開発を進めていく必要があります。

1回のオナニーで頑張って触ってもあまり効果はないかもしれませんので、日々のオナニーにて「会陰部も一緒に触る」という感じで、日常的に繰り返して開発していくのが良いでしょう。

清潔な状態でオナニーに臨む

お尻の穴に触れた指で女性器に触れてしまうと、菌が膣内に入って感染症を引き起こす恐れがあります。

特に会陰オナニーでは、会陰部を愛撫している内にうっかりお尻の穴と女性器の双方に触れてしまいがちです。

普段のオナニーでも大切なことですが、特に会陰オナニーをするときは、体を清潔にしてから臨むよう心がけましょう

ローションでケガ防止&さらに気持ちよく

会陰部は皮膚が薄く柔らかい部位で、強く触りすぎるとヒリヒリ痛くなってしまうことがあります。優しく触れば良いのですが、気分が昂ぶっているときにずっとソフトタッチを心がけるのも難しいです。

そこで、ぜひとも使っておきたいのがラブローションです。会陰部をヌルヌルにしておくことで、摩擦をなくして痛みを軽減。またヌルヌルという新しい快感を楽しむこともできます。

ラブローションにはさまざまな種類がありますが、中でもおすすめは以下のアイテムです。


ラブスライド
濡れにくい、感じにくい悩みがあり、なんとなく気持ちが重い…そんな悩みに答えてくれるアイテムです。
スライド」という言葉のとおり、滑るような感触でベタベタとしないのが特徴。保湿・美容成分が含まれていて、オナニー後のヒリヒリを最小限に抑えます。
ラブスライドの詳細はこちら

会陰部オナニーのまとめ

男性が女性の会陰を触っている様子

じんわりとした気持ちよさが魅力の会陰部。胸や女性器ほど分かりやすい性感帯ではないため、人によっては盲点だったかもしれません。

しかし性感帯を多く知っていれば知っているほど、オナニーはもちろんセックスも楽しくなるものです。会陰部は男性にクンニで攻めてもらう部位としても非常におすすめです。

性生活を豊かにするためにも、日々のオナニーで性感帯を磨いておいて損はありません。会陰部は人によって気持ちよくなるのに時間がかかる部位のため、くれぐれも焦らず、じっくりと開発を進めていきたいましょう。


刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
さくらの恋猫GIFバナー

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • フェラのテクニック
    フェラのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほしい...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介