オナニーでカロリーはどれくらい消費してる?ダイエット効果は?

オナニーでのカロリー消費についてスマホで調べている女性

目次

「オナニーはカロリーを消費するから痩せる」という情報を聞いたことがある人もいるでしょう。
確かにオナニーをしたときは運動後のように汗をかいたり体が熱くなったりすることがありますので、カロリーを消費しているというのもうなずけます。運動や食事制限をしなくても、オナニーでダイエットができるなら試したいと思う人も多いかもしれません。

しかし、体をあまり動かさず短時間でイクだけのオナニーをするだけで、人は本当に痩せることができるのでしょうか。

今回はオナニーダイエットについて、男性・女性それぞれの標準的な消費カロリーだけでなく、効果の出やすい方法や注意点もまとめました。「辛いダイエットはなかなか続かない…」、「楽しくできるダイエット方法が知りたい!」というときはぜひ参考にしてみてください。

オナニーでの消費カロリーは?

オナニーでの消費カロリーを調べる女性
一般的なダイエットは消費カロリーを増やすことで体の脂肪を燃やし、スレンダーな体を目指すのが基本です。オナニーをしている最中は運動したときと同じように体が熱くなって汗をかいたり息が荒くなったりすることから、カロリーを消費してダイエットができるというイメージがある人も多いでしょう。

しかし、オナニーでは他の運動やスポーツなどに比べて、体を大きく動かしたり声を出したりする頻度は少なくなっています。「ほとんど寝ているだけなのにカロリーを消費できるの?」と疑問に思う人もいるかもしれません。そこで、男女別でのオナニーをしたときの平均的な消費カロリーをチェックしていきましょう。

一回のオナニーでの消費カロリーはどのくらい?

体に触りはじめてからオーガズムに達するまでを一回のオナニーとすると、男女ともにカロリー消費量は約60~70kcalと言われています。これは標準的な茶碗一杯ぶんの白ご飯の四分の一程度。そう聞くと、意外と少ないと感じる人もいるでしょう。

ちなみに2013年にカナダのケベック大学で行われたセックス中のエネルギー消費についての研究の結果、30分のセックスをした場合のカロリー消費量は平均で男性が101kcal、女性が69kcalという結果が出ています。

これには個人差や状況に応じた差がありますので、必ずしも毎回この程度だとは言えません。たとえば激しく体を動かしながら行った場合と、ベッドの中でほぼ動かずに行った場合では大きく差が出てきます。先ほどの研究結果でも、カロリー消費量の最も多かった人と少なかった人の差は女性の場合で約150kcal、男性の場合では約300kcalもありました。オナニーもセックスと同様、やり方によって消費カロリーには大きく差が出ると言えそうです。

ではなぜ「一回のオナニーで約60~70kcalを消費する」という数字が出てきたのか、男女それぞれのオナニーでの消費カロリー計算式から見ていきましょう。

女性のオナニーのカロリー計算方式

まずは、女性のオナニー時のカロリー計算式について見ていきましょう。女性の消費カロリーは

体重(kg)×0.0464×時間(分)×0.87(補正係数)

という計算式で求められます。

この式だけを見ると、「0.0464ってなに?」と疑問に思ってしまいますが、これはアイロンがけをするときの消費カロリーと同じ数字です。

アイロンがけは腕を上下させる動きがオナニー時と似ていることから、消費するカロリーも近いと考えられています。そのためアイロンをかけたときの「体重に対する1分間あたりの消費カロリー値」である0.0464がオナニー時のカロリー計算にも使われているというわけです。

そして「補正係数」という項目がありますが、これは男性に対して女性の方が体重や筋肉量が少ないことから、数値をより正確にするために設定されています。成人女性の平均体重は約53kg程度ですので、この体重の女性が30分間オナニーしたときの消費カロリーは、

53(kg)×0.0464×30(分)×0.87=約64.2(kcal)

となります。

男性のオナニーのカロリー計算方式

次に、男性がオナニーをするときの消費カロリーですが、

体重(kg)×0.0464×時間(分)+射精に使われるカロリー

という計算式で求められます。

男性の場合は、射精をしたときの筋肉の動きによって6~15kcalの消費カロリーが追加されます。射精の消費カロリーは精液の量によって決まりますので、「精液がたくさん出たときはカロリーも消費している」と考えると分かりやすいでしょう。

この計算式から、たとえば成人男性の平均体重に近い70kgの男性が15分間オナニーをしたとすると、

70(kg)×0.0464×15(分)=48(kcal)

を消費することになります。

これに射精時の消費カロリーが加わると、1回のオナニーで54~63kcal程度を消費しているという結果が出ます。
一般に言われている「オナニーのカロリー消費量は60~70kcal」という数字とも大きなズレはなく、オナニーでの消費カロリー計算の根拠となっていると言えそうです。

この結果からも分かる通り、単純な手の動きだけでするオナニーは平均すると男女ともに60~70kcal程度のカロリー消費量に落ち着くと言えます。

1回のオナニーと同じ消費カロリーの運動って?

1回のオナニーでどれくらいの運動量になるか知りたい女性
1回のオナニーで消費するカロリー量が60~70kcalと分かったところで、今度はオナニー1回分と同量のカロリーを消費するにはどのくらい運動量が値するのかをチェックしていきましょう。今回は厚生労働省が2013年に発表した「健康づくりのための身体活動基準」をもとに、先ほどの例と同じ53kgの女性が65kcalを消費するにはどの程度体を動かせばよいのかを調べました。
(参照:厚生労働省が2013年に発表した「健康づくりのための身体活動基準」

以下に挙げたのは身近な運動の例です。これらと比べることでオナニーでの消費カロリーをより具体的に把握することができます。

ウォーキングの場合

ウォーキングで1回のオナニーと同等のカロリー消費をする場合、平らな道で犬の散歩をする程度の「普通歩行」(67m/分)なら約25分、それよりやや速度を上げた「歩行」(75~85m/分)では約21分かかります。さらにジョギングに近い「かなり速歩」(107m/分)だと、15分ほどで1回分のオナニーと同等のカロリーを消費することができます。

ジョギング・ランニングの場合

ジョギングやランニングで1回のオナニーと同等のカロリー消費をする場合、会話をしながら走れる速度のジョギングなら約21分ランニング(139m/分)では8分程度かかります。

水泳の場合

水泳にはいろいろな泳法がありますが、中でも消費カロリーが多いのがクロールです。普通の速さとされる46m/分未満で泳いだときには、9分程度でオナニー1回分と同等の65kcalを消費します。長く続けやすいゆっくりとした平泳ぎの場合は、14分ほど泳ぎ続ける計算になります。

ヨガの場合

しなやかな体づくりを目指せることから、ダイエットを目指す女性に人気のヨガでは、大体29分ほどでオナニー1回分と同等の65kcalを消費することになります。

オナニーの消費カロリーだけでダイエットはできる?

オナニーだけで痩せられるかを考えている女性
ここまで、オナニーをすることである程度のカロリー消費が期待できると分かりました。ごく軽い運動と比べれば、同じ時間でオナニーをしたほうがダイエットに効果がありそうだと感じた人も多いでしょう。では実際に、オナニーをするだけで痩せることができるのでしょうか。
消費カロリーだけでなく、さまざまな視点からオナニーダイエットの有効性を探ってみました。

オナニーの消費カロリーだけではダイエットは難しい

まずはオナニーでダイエットが可能かどうかを、消費カロリーの面から考えてみましょう。

すっきりした体型を目指すためには、日常生活の中で体内の脂肪をエネルギーに変えて消費しなくてはなりません。体内の脂肪を消費するときには、1gにつき9kcalのエネルギーが必要です。しかし体の中にある状態の脂肪細胞には水分などの物質も含まれていますので、実際にかかるのは7.2kcalほどだと言われています。

このことから、オナニーの消費カロリーを65kcalとすると1回で約9gの脂肪を消費できる計算になります。これは1kgの脂肪を減らすのに111回のオナニーが必要になるということです。

運動より楽で快感が得られるというメリットはあるものの、毎日オナニーをしたとしても3ヵ月以上もかけてやっと1kg減では効果的なダイエット方法とは言いにくいでしょう。オナニーの消費カロリーだけで劇的に痩せるのは、難しいと言えそうです。

それでもオナニーがダイエットに効果があるといわれる理由とは?

では、なぜオナニーがダイエットに効果的だと言われるのでしょうか。それには以下のような理由が考えられます。特に女性にとってはダイエットのサポートをしてくれるポイントがたくさんありますので、美ボディを狙うときは積極的にオナニーをしてみるのもひとつの方法でしょう。

食欲を抑えることができる

脳の中にはさまざまな欲求をコントロールする場所がありますが、女性の場合、食欲と性欲をつかさどる部分がとても近くに存在しています。そのため一般に、性欲が満たされているときは食欲も起こりにくいとされています。夜中など「なんとなく小腹がすいたな」と感じたときにオナニーをしてそのまま寝てしまうというのは、無理なく摂取カロリーを抑えるのにとても効果的な方法です。

また、ストレスがたまるとつい食べてしまうという人の場合も、オナニーで気持ちをスッキリさせることで暴飲暴食の機会を減らす効果が期待できます。

基礎代謝がアップする

基礎代謝とは、何もしていないときでも体の維持活動によって消費されるエネルギーのことです。基礎代謝を上げれば黙っていてもカロリーを消費しやすい体になり、効率の良いダイエットを目指すことができます。定期的なオナニーで体温を高めに保つことは、体の血流をうながして内臓の動きを活発にしたり、余分な糖質や脂質といった不必要な栄養素の排泄をサポートしたりすることにつながります。

また体を動かすような激しいオナニーで筋力をアップさせれば、さらに基礎代謝を上げる効果が期待できます。

気になる部分の引き締め効果が狙える

オナニー中には二の腕や腰まわり、背中などについ力が入ってしまう人も多いものです。しかしこの瞬間的な筋肉への負荷は筋トレに近く、続けることでその部分がほっそり引き締まる効果が狙えます。あまり力を入れすぎると終わった後にぐったりしてしまったり筋肉痛になったりしてしまいますが、ダイエットに役立つと思えば嬉しく感じるかもしれません。

女性ホルモンの美容効果が期待できる

女性がオナニーやセックスで快感を得ると、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の分泌が促進されます。このエストロゲンは女性らしい体を作ると言われており、髪や肌を美しく保つ効果が期待できます。
さらに脂肪を燃焼させてダイエットのサポートをする効果を感じられる人もいますので、すっきりしなやかなボディラインを目指したい人にはぴったりでしょう。

質の高い睡眠がとれる

オーガズムを得ると、ホルモンの作用でだるさや眠気を感じる人が多くなります。リラックス感や幸福感が得られるホルモンも同時に分泌されますので、ストレス解消になり、オナニー後は深い睡眠に入れるという人が増えるのです。

睡眠不足は体の代謝機能を弱め、必要な物質の吸収や老廃物の排出を遅らせるとされています。オナニーをしてゆっくり眠ることで、ダイエットをスムーズに進めやすくなるでしょう。

オナニーでカロリーを大量に消費してダイエットする方法とは?

オナニーで高いカロリーを消費する方法をPCで調べている女性
このようにオナニーには、ダイエットをサポートしてくれるさまざまな働きが期待できます。ではそのダイエット効果をさらにアップさせるためには、どんなオナニーをすればよいのでしょうか。オナニーダイエットで成果を出すためにポイントになるのは、カロリーの消費量を上げることです。以下にカロリーを消費しやすいオナニーの方法をまとめました。

①時間をかけてゆっくりオナニーする

オナニーの消費カロリーの計算式を見ると分かるとおり、消費カロリーをアップさせるポイントになるのは「時間」「運動の強度」です。最初は普段と同じオナニー方法を長時間続けることから始めて、カロリー消費を狙ってみましょう。

すぐに性感帯を刺激せず首筋や脇腹などに触れて焦らしたりイキそうになったら動きを止める寸止めオナニーをしたりするのが効果的です。また、一度イッたあともやめずに続けることで時間を長引かせる方法もあります。普段の1.5~2倍程度を目安に、なるべく時間をかけてゆっくり行うのがポイントです。

②全身を使ってオナニーする

オナニーをするときは、リラックスした体勢で主に腕や指を動かして行う人がほとんどでしょう。しかしそれでは運動強度が低く、あまりカロリー消費にはつながりません。そこで全身を動かして、筋トレに近い状態でオナニーをすれば消費カロリーを増加させることが可能です。

手をペニスやクリトリスなどの性感帯に固定した状態で腰を動かして刺激したり、実際にセックスをするときに近い体勢で行ったりすることでカロリー消費量がアップします。たとえば女性の場合は、膝立ちで上下に動きながら、立ってスクワットをしながらなどの姿勢でオナニーをすると、ダイエットだけでなく騎乗位の練習にもなります。男性ならオナホールを使って下から腰を突き上げるように動かすのも、効果が出やすい方法です。

③体温を上げた状態でオナニーする

カロリー消費も考慮に入れたオナニーをするなら、体温を上げて代謝を高めてから行えばさらに大きな効果が期待できます。

  • お風呂に入った後に行う
  • 室温をやや高めにしておく
  • 布団の中など温かいところで行う

といったポイントに気をつければ、体温を保ったままでオナニーをすることができます。

体温が1度上がると基礎代謝量は12~15%も上がると言われていますので、体温が上がりやすいオナニータイムは絶好の代謝チャンスです。風邪などの体調不良を起こさないためにも、体を冷やさずに行うことを心がけましょう。

④脳を興奮状態にしてオナニーする

「興奮がどうしてカロリーに影響するの?」と不思議に思う人もいるかもしれません。

大人の脳の重さは1200~1500g程度と、体全体から見ればほんのわずかな重量です。しかしその消費カロリーは大きく、基礎代謝の2割以上を占めると言われています。脳を使えば使うほど消費カロリーは大きくなりますので、細かい妄想や想像で興奮するオナニーをするほどスリムに近づく可能性が高くなるというわけです。

さらに興奮は心拍数の上昇をもたらし、心臓の消費カロリーもアップさせる効果が期待できます。ドキドキするだけでダイエット効果が期待できるのは嬉しいポイントでしょう。

⑤ラブグッズを使ってオナニーする

ラブグッズを使ったオナニーも、興奮や快感を高めてダイエットのサポートをしてくれる効果が期待できます。ラブグッズにはいろいろな種類がありますが、気持ちよさとスリミングを同時にかなえたい女性におすすめなのが実際のセックスに似た動きで楽しむアイテムです。先ほども解説したとおり、オナニーに全身の動きを取り入れることで筋力アップやカロリー消費につながります。セックスの練習にもなりますので、一石二鳥だと考える人も多いでしょう。

オナニーでカロリー消費を狙うときにぴったりなのが、吸盤で好きな場所に貼り付けて使えるディルドです。床にディルドを貼り付けたら、膝立ちや足裏を床につけたM字開脚の状態で挿入します。

あとは挿入したまま

  • 腰を前後左右にグラインドさせる
  • 縦や横に8の字を描くように腰を動かす
  • スクワットのように上下運動する

といった動きを行います。

苦手な女性も多い騎乗位ですが、このようにオナニーで筋力を鍛えながら自分の気持ちいい場所を探していくことで、彼とのセックスで快感を得られるようになる可能性がアップします。吸盤つきディルドの中でもおすすめなのが、「LCポイントバー ピンクアングル」です。

ピンク色の本体はコロンとかわいらしいフォルム。ディルドにありがちないやらしさはなく、使いやすいデザインになっています。ぷにぷにの柔らかい触感ですが中には芯があり、軽く曲げて使うことで自分の気持ちいいところにぴったりフィットさせて使用できるのがポイントです。

柔らかくて使いやすい!気持ちいい部分を刺激できる「LCポイントバー ピンクアングル」
壁や床などに貼り付けることができる吸盤付きで、さまざまな角度から腰の動かし方を学べるラブグッズです。
ポキポキと曲げて、好みの角度にすることもできます。感触はぷにぷにとして柔らかく、たまらなく気持ちよい感触の素材を感じながら内側を刺激することができます。自分の気持ちいい部分を刺激するのはもちろん、騎乗位の練習にもおすすめです。
挿入を楽しむオナニーをしてみる!

オナニーダイエットの効果アップには膣トレもおすすめ

直接的なオナニー方法ではありませんが、オナニーのダイエット効果をさらにアップさせたいときには膣トレと併用するのもおすすめです。

膣トレとは、膣のまわりにある「骨盤底筋」という筋肉を鍛えるトレーニングのことです。

骨盤底筋はインナーマッスルのひとつですが、体の中心にあるため他の大きな筋肉にも影響を与えることが知られています。骨盤底筋をしっかり鍛えることで、全体に女性らしいくびれのある体に近づくことができるというわけです。

さらに膣トレには、膣内の感度がアップさせてより気持ちのいいオナニーができるようになるという効果も期待できます。快感度や興奮度が上がればそれにともなって消費カロリーの増加も狙えますので、オナニーダイエットと一緒に試してみるとよいでしょう。

膣トレをすることにはダイエット以外にもさまざまなメリットがあります。詳しく知りたい場合はこちらの記事もチェックしてみてください。

膣トレにおすすめのラブグッズは?

膣トレにメリットがたくさんあることは分かっても、「どうやってトレーニングしたらいいかわからない…」という人もいるでしょう。そんなときは膣トレに適したラブグッズを使うことで、鍛えたい部分にしっかりアプローチすることができます。

膣トレにぴったりなアイテムには以下のようなものがあります。それぞれに特徴がありますので、お気に入りのものを探すだけでなく気分によって使い分けるのも良い方法です。

LCインナーボール
本格的に膣トレを始めたいときにおすすめなのが、「LCインナーボール」です。1日10~15分の簡単ケアでキュッと締まったデリケートゾーンを目指すことができます初心者さんはひとつ、慣れてきたらふたつと、段階に応じた膣トレができるのもポイント。自分で成果が分かるので、楽しみながらチャレンジできます。

膣の締まりにアプローチできる「LCインナーボール」
デリケートゾーンの引き締めが気になるという人を応援する、膣のエクササイズ・グッズ「インナーボール」!
内側からきゅっとエクササイズをして、インナーマッスルをケア!ウエストのエクササイズにもなり、憧れのボディラインも目指せます♪女性の美しさを内側から磨いて、パートナーも離れられない魅惑のボディを目指しませんか?
引き締まった膣を手に入れる!

さくらの恋猫NUKUNUKU
「さくらの恋猫NUKUNUKU」は、インナーボールとしても使える多機能型ローター。かわいいピンクの猫デザインで、気軽にお部屋に置いておけます。スマホアプリと連動させれば、専用の膣ケアプログラムや動画・コミックなどのコンテンツに合わせた振動が楽しめるのも大きな特徴です。特に膣トレはトレーニングボイスに合わせて行うことで、より大きな効果が期待できます。


コンテンツとの連動でもっと感じる膣トレを!「さくらの恋猫NUKUNUKU」
NUKUNUKUならスマホとボイスが連動して、振動の合図に合わせて膣トレが簡単にできます! 一人エッチしながら楽しく肌の引き締めを体験できますよ。 キュッと引き締めて深い快感を堪能する…膣トレ&感度磨きアイテムです。
エッチボイスや動画でオナニーしながら膣トレする!

スカイワラビー
「膣トレをしながらオナニーも楽しみたい」というときにおすすめなのが「スカイワラビー」です。内側にしっかりフィットするデザインは、キュッと締め付ける感覚を覚えたいときにぴったりの形になっています。広範囲のクリバイブはゆっくり焦らされる快感を楽しめますので、長時間のオナニーでカロリー消費を狙いたいときにも最適です。

小さいのにクリトリスと中を刺激する「スカイワラビー」
小さなサイズで、初めてでも手にしやすい可愛いデザインのラブグッズ。広い部分でクリトリスを刺激する特徴的なデザインとGスポットも同時に刺激して絶頂を味わえるバイブ機能付きです。医療用にも使用されるプニプニした感触が特徴的なエストラマーを採用し、クリトリスやGスポットに吸い付くような新感覚の快楽を体験できます。中を刺激するので、膣を締めるような快感を味わえて膣トレにもおすすめです。
オナニーしながら膣トレも楽しむ!

オナニーダイエットでの注意点

オナニーダイエットで注意することをスマホで調べている女性
このようにやり方を工夫すればオナニーでダイエットをすることもじゅうぶん可能ですが、注意しておいたほうが良い点もいくつかあります。

オナニーダイエットを試すときは、以下のようなポイントに気をつけて行いましょう。

水分不足に注意する

消費カロリーをアップさせるために体温や室温を上げると、汗をかきやすくなります。その状態で長時間のオナニーを続けると脱水症状などの体調不良を起こしてしまう可能性がありますので、水分補給はこまめに行うようにしましょう。

適切な水分補給は体の血行を良くして代謝を高める効果も期待できます。そういった意味でも、オナニー前にはしっかりと水分を摂るのがおすすめです。

無理なオナニーで体を痛めないようにする

オナニーがダイエットになるからと、無理に行うのは体への負担になります。あまりに頻繁すぎたり激しすぎたりするオナニーは、性器を傷つけてしまう可能性がありますので控えましょう。

また、辛い体勢を長時間続けることも体を痛める原因になります。筋力を鍛えるためにはある程度の負荷が必要ですが、楽しんで行える範囲にとどめるのがダイエットを成功させるコツです。

食事は亜鉛を積極的に摂る

オナニーダイエットをしているときは、食事も見直すことでさらに効果アップを目指せる場合があります。

おすすめの栄養素は「亜鉛」亜鉛は筋肉の元になっているタンパク質を合成する酵素の材料になります。人の体内では作れない栄養素ですので、食事やサプリメントで積極的に補給すると良いでしょう。
「どんなサプリがいいか分からない」というときには、「LCラブサプリ ムクナスイッチ」がぴったりです。

ラブタイムの活力UPにも!「LCラブサプリ ムクナスイッチ」
亜鉛のほかにも「男女ともにやる気と愛情を高める」と言われるムクナや豊富な栄養が含まれるマカなど、さまざまな原料が配合されています。オナニーだけでなくラブタイムにも活用することで、彼と一緒に楽しみながらダイエットを目指すことができます。
オナニーの時に栄養素を取り入れるだけでなく、さらに最近彼の元気を感じなくて心配で何とかしてあげたい、ラブタイムの『力強さ』に物足りなさを感じる、そんな人にもオススメです。
亜鉛をサプリメントで取り入れる!

オナニーの消費カロリーをアップさせて美ボディを目指そう!

オナニーでカロリー消費を高めてダイエットしようとしている女性
普段のオナニーをそのまま続けているだけでは、劇的なダイエットは難しいものです。

しかし、やり方しだいでは痩せるだけでなく引き締まった美しい体を目指すこともできます。楽しく気持ちよくカロリーを消費することを目標にしていけば、きつい運動や食事制限といったほかのダイエットより続けやすい方法だと言えるでしょう。

また、オナニーだけでなくセックスでもダイエットは期待できます。
女性の場合、セックス1回で消費するカロリーは150キロカロリーと言われており、茶碗にやや少なめのごはん1杯分と同等のカロリーです。
セックスでの消費カロリーについてもっと詳しく知りたい!という人は、こちらのTwitterもチェックしてみてください。

刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
さくらの恋猫GIFバナー


今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • フェラのテクニック
    フェラのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほしい...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介