【女性向け】オナニーの体勢で気持ちよさが変わる!?おすすめの姿勢8選

オナニーの体勢で快感度合いが変わるか気になっている女性

目次

オナニーの体勢は、気持ちよさを左右する大切な要素です。女性のオナニーでは、可愛らしいグッズで気分を盛り上げたり、理想のシチュエーションに浸ることも大切ですが、イキやすい体勢も気持ちよさに影響するもの。

ひとりエッチの体勢の種類は意外と多く、立ったままの姿勢でするオナニーもあれば、椅子の上でする体勢もあり、それぞれ刺激するポイントが異なります

また、ローターやバイブといったラブグッズを使うことで、同じスタイルであっても、いつもと違った気持ちよさを得ることもできるでしょう。

その他にも、ちょっと変わった刺激的なシチュエーションでひとりエッチをすれば、いつもと違った気持ちよさを得ることもできます。

本記事ではいつもと違った気持ちよさを感じられるひとりエッチの体勢や方法を、体験談も交えてわかりやすく解説していきます。

オナニー時の姿勢で快感度合いは変わる!?

日頃からオナニーを楽しんでいる女性は、少なくありません。しかし、体勢や角度に変化をつけず、いつも同じ姿勢でのひとりエッチになっていませんか?

ひとりエッチは体勢を変えると、快感度合いが変わることがあります。体勢を変化させることで、刺激したいところにきちんと手指が届いたり、いつもと違った角度から気持ちいいポイントに触れられたりするためです。

膣の位置や形に個人差があるように、イキやすい姿勢や感じるポイントも人それぞれ異なります。いつものひとりエッチに満足していても、体勢を少し変えてみるだけで、もっと深く激しく感じるポイントを発見できるかもしれません。

毎日同じ姿勢でオナニーをしていませんか?

女性がオナニーをするタイミングは、寝る前や起きた瞬間など、リラックスできるベッドタイムが多くなっています。しかし、毎回同じタイミング、同じシチュエーションでひとりエッチをしていると、無意識に体勢も同じままなことが多くなります。

いつも同じひとりエッチをしていると…

  • 慣れから性感帯で感じにくくなる
  • オナニー自体が億劫に思えて性欲が減退

といったデメリットを引き起こすことに繋がるでしょう。

そうとは言っても、ひとりエッチのタイミングをガラリと変えるのは難しいものです。時間やタイミングを変えられないのであれば、オナニーの姿勢で変化をつけてみましょう。

ひとりエッチの姿勢を変えてみるだけで、いつもと違った性感帯を発見できるかもしれません。さらに新鮮な気持ちから性欲アップにも繋がり、マンネリなオナニーから脱却できそうです。

姿勢を変えるだけで気持ちよさが変わる!?

姿勢を変えると気持ちが変わるだけでなく、実際に刺激できるポイントや範囲も変わっていきます。体は同じ刺激に慣れやすい性質もあるため、姿勢を変えるだけでそのデメリットをなくすことも可能です。また、

  • オナニーしていてもあまり感じない
  • 上手く動かすことができない
  • 性感帯が分からない

という女性は、オナニーの姿勢が体に合っていない可能性があります。

気持ちいいと感じる動きや角度は人によって異なりますので、「いつもイマイチ気持ちよくなれない」という場合は、姿勢を変えてみてはいかがでしょうか。自分が1番リラックスできる体勢を見つけて、体をじっくりと愛せる位置を探してみてください。

自分のベストポジションを見つけてみよう

気持ちいいオナニーには、自分に合った体勢で行うことが欠かせないポイントです。自分だけのベストポジションが見つけられれば、オナニータイムの充実感もグッとアップします。

寝転んだり座ったり立ったりといろんな体勢を試しながら、快感が最も高まるポジショニングを知って、快適なオナニーライフを目指していきましょう。

イラスト画像で紹介!おすすめのオナニー姿勢・体勢

オナニーでの姿勢は、快感の大きさを左右する大切なポイントです。また、気持ちよさ以外にも、ラブグッズの使いやすさや、部屋やお風呂など場所ごとでのやりやすさも、姿勢によって変わっていきます。

クリトリスを愛撫するのか、膣内のGスポットを攻めるのかはもちろん、やりたいオナニー方法や場所も含めて、その状況に合わせた体勢を知っていくことが、より充実したオナニーライフを楽しむコツです。

ここでは、5種類のオナニー体勢について、詳しく解説していきます。せっかくオナニーをするのであれば、不完全燃焼に終わらないよう、1番自分が気持ちよくなる体勢を見つけていきましょう。

寝て行うオナニーの体勢

寝て行うオナニーは、経験したことのある女性も多い、最もオーソドックスなタイプのオナニー体勢です。体を床に預けることで気持ちもリラックスしやすく、快感に集中してオナニーを楽しむことができます。

寝転び方によってできる体勢の種類も多く、さまざまなオナニー方法が挙げられます。

体勢(1)仰向けに寝てM字開脚

仰向けでM字開脚してオナニーする女性
仰向けでM字開脚をするオナニーは、正常位と同じような体勢になるため、クリトリスの愛撫だけでなく膣内への挿入オナニーもおすすめです。ラブグッズや指の挿入がしやすいので、自分の気持ちいい場所も探しやすく、オナニーをしながらセックスの疑似練習も楽しめます。

また、足元に鏡を置いて自分の姿を見ながらオナニーしたり、顔の横にスマホを置いて動画を流したりと、興奮要素を取り入れやすい点も仰向けオナニーのメリットです。そのまま眠ることもできる体勢ですので、寝る前のオナニータイムとして楽しむ女性も多いようです。

人によっては、クリトリスや膣に指が届きにくいというデメリットもありますが、数ある体勢の中でも比較的取り組みやすい姿勢ですので、まずはこちらからトライしてみてはいかがでしょうか。

体勢(2)うつ伏せ(床オナニー)

うつぶせでオナニーする女性
床オナニー」とも呼ばれるうつ伏せでのオナニーは、クリトリスを床に押し付けて刺激するオナニーのやり方です。指やラブグッズよりも刺激が優しいため、クリトリスが敏感で痛くなりやすい女性でも、比較的楽に快感を得られます。

また、布団の中で静かに行えるので、朝起きたときや夜眠れないときなど、少しムラっとしてしまった瞬間に取り入れてみるのもおすすめです。激しく動くことなくできる上、体が布団に包まれているような状態となりますので、安心感に包まれながら快感を得ることができます。

ただし、普段あまりしないような体勢で性感帯を刺激するため、体の緊張が高まってしまい変なところに力が入ってしまうこともあります。下半身や足が筋肉痛になる可能性もありますので、初めてチャレンジする際は、翌日に大きな予定のない日を狙ってトライするようにしてください。

他にも、うつ伏せでは体が床側に向いた状態になるため、濡れやすい女性の場合はタオルなどを準備しておくと安心です。汚れなどが気になると、オナニーに没頭するのも難しくなります。うつ伏せでのオナニー前には、汚れても平気なよう敷物を準備しておきましょう。

また、刺激が足りなくなってきたらうつ伏せのままお尻を高く突き上げて、後背位のような体勢でオナニーするやり方もあります。ラブグッズを挿入しながら指でクリトリスを愛撫する、といった上級者テクニックも実現できますので、より興奮するオナニーを楽しみたい女性はぜひチャレンジしてみてください。

体勢(3)横向きになり足を上げてみる

横向きで開脚してオナニーする女性
横向きになって足を上げるオナニーは、仰向けやうつ伏せよりも少し姿勢のキープが必要になりますが、意外な快感を得ることができるオナニー方法です。いわゆる側位のような体勢となり、仰向けのときと同じようなリラックス状態で体が丸められるため、仰向けよりもクリトリスを刺激しやすくなります

また横向きに寝転ぶことで、漫画や動画、写真なども見やすくなるので、好みのコンテンツを見つけた際にもぜひトライして欲しい体勢です。クリトリスにも膣内にも届きやすく、動きのコントロールもしやすいため、ラブグッズや指での愛撫を駆使しながらのロータープレイや挿入オナニーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

体勢(4)足を下にピンと伸ばす

足ピンの体勢でオナニーする女性
ほとんどの女性が快感を得ることができる足を伸ばしての足ピンオナニーは、クリトリスへのオナニーとして1番ポピュラーな体勢です。

女性がイクときには足や下半身に力が入りやすく、足をまっすぐ伸ばすことで膣内にも力が加わり、オーガズムを感じやすくなります。クリトリスへの快感でそのまま達することができるので、クリトリスオナニーの初心者におすすめしたい体勢です。

ただし、足ピンはあくまでオナニーだからこそできる体勢であり、男性の体が間に入るセックスでは再現できない体位がほとんど。足ピンオナニーばかりに集中し、足ピンすることがイク条件になってしまうと、今度はセックスでイケなくなってしまうリスクが起こり得ます。

足ピンオナニーを楽しむ際は、それだけに終始せず、今回紹介したようないろいろな体勢を取り入れながら柔軟にオナニー方法を楽しんでいくことが大切です。

椅子に座って行うオナニーの体勢

椅子に座ってオナニーをする女性
少し変わった姿勢が、椅子に座った状態でのオナニー方法です。椅子やソファーに座ってのオナニーは、自分が楽な姿勢をとりやすくなるため、寝転んでのオナニーだと上手く動けないという方におすすめです。

テレビやパソコンを見ながらのオナニーもしやすいので、リビングや部屋など、場所をあまり選ばず楽しむことができます。

また、椅子に座っている姿勢であればできる体勢のため、お風呂場やトイレといった、少し非日常な空間でのプレイも可能です。周りに迷惑がかからないようにだけ注意すれば、アブノーマルなオナニープレイとしてチャレンジすることもできます。

ただし、椅子でのオナニーは膣口が閉じやすい姿勢になるため、愛撫する際にはリラックスすることを意識して無理に挿入しないことが肝心です。座った姿勢でのオナニーなら、バイブや指での挿入よりも、クリトリスを愛撫するクリトリスオナニーにトライしてみてはいかがでしょうか。

体勢(5)椅子に座った体勢で片足を椅子に乗せる

椅子に座った体勢でのオナニーは、膣口が閉じやすい姿勢になってしまうことがデメリット。クリトリスでの外イキではなく、膣内を刺激して中イキしたい場合は、座った体勢で片足を椅子に乗せてみましょう。

片足だけ上げて椅子に乗せると膣口が開き、膣内が性感帯の方も指やバイブを使って椅子オナニーの体勢を楽しむことができます。体勢が安定するように、椅子は壁際にしっかりとつけるのがポイントです。

立ったまま行うオナニーの体勢

立ったままでのオナニーは、お風呂場でするときに人気のオナニー方法です。鏡に映っている自分の姿も興奮要素にしながら快感に溺れる、大胆なオナニータイムが楽しめます。

体勢(6)立ちオナニー

立ち姿勢でオナニーする女性
立位のような体勢となるこのやり方は、足の置き方や支え方がポイントです。足を上げたり自分で支えたり、もしくは浴槽に足を置いたりしながら、膣内の角度や当たる位置を調整していきます。

足を大きく広げた状態でのクリトリスオナニーや、バイブを挿入しての疑似セックスなど、いろいろな楽しみ方ができる点もポイントです。お風呂場という自分1人だけの空間で、自分が1番興奮するオナニー方法を開拓してみると、新しい快感を知るきっかけになるかもしれません。

ただし、このオナニー姿勢は立ちっぱなしになる上に、自分で足を支えたり手やラブグッズを動かしたりする必要があるため、意外と体力がなくなりやすい点がデメリットとなります。長時間になると足がつってしまうリスクもありますので、疲れが快感を上回ってしまったら無理はせず止めることも大切です。

体勢(7)角オナニー

角オナニーは、初めてのオナニー方法として知ることが多い、初心者向けのオナニー姿勢です。机などの角にクリトリスを擦るつける方法となるため、「机オナニー」とも呼ばれています。

そんな角オナニーは、指やラブグッズとは違った感触と、本来ラブグッズではないものを活用している背徳感が人気の理由。普段作業をしている机や恋人と使っているテーブルなどを使うと、興奮度もよりアップします。

リビングや人がいないオフィスで簡単にできる方法である分、こういった場所では人目につく可能性もありますので、周囲には十分に注意して行うようにしましょう。

四つん這いで行うオナニーの体勢

四つん這いの体勢でオナニーする女性
四つん這いの体勢は、足がピンと伸びてしまうことを防いでくれるメリットがあります。セックスでの体位とも似た体勢になるため、感度アップやセックスタイムの充実にも効果的です。

オナニーの体勢にしては少し目立つ姿勢ではありますが、そんな恥ずかしい状態になっている自分を意識してみるのも、新しい興奮要素になります。体は床につかないため、うつ伏せでのオナニーよりも自由度が高い点もポイントです。

ラブグッズも使いやすい体勢になりますので、クリトリスオナニーに飽きたら疑似セックスのようにバイブを挿入して楽しんでみるのもおすすめです。腰の高さを調整することで膣口が開きやすい場所を探ることができますので、自分の体を知るチャンスにも繋がります。

ただし、目立つ体勢かつすぐにごまかせない状態になりますので、人目につかないよう、場所や時間帯には十分注意しましょう。1人の夜や誰もいないリビングなど、快感に完全に集中できる環境で取り組めると気持ちよさも倍増します。

あぐらで行うオナニーの体勢

あぐらの体勢でオナニーする女性
意外と知られていないのが、あぐら姿勢でのオナニーです。基本的には男性に多いオナニー姿勢ではありますが、実は女性にもメリットが多く、快感も得やすい体勢と言われています。

あぐらでのオナニーは、足ピン状態を防げることはもちろん、足を広げる体勢となることで膣内も開きやすく挿入もスムーズにいきやすい体勢です。クリトリスへの愛撫もしやすく、中イキも外イキも好きなようにトライすることができます。

ただし、この体勢でオナニーをする際には必ず背もたれを使用することが、気持ちよくなるためのポイントです。あぐら姿勢は元々安定感が少なく、愛撫するために前屈みになることで、よりふらつきやすくなるデメリットがあります。

快感を逃さないためにも、あぐらオナニーをするときは体を支えてくれる背もたれのある場所でチャレンジするようにしましょう。壁でもOKですが、柔らかい方が体もリラックスしますので、ソファーや椅子がおすすめです。

場所やラブグッズとオナニーの姿勢を組み合わせてみる

オナニーは、体勢を変えることで、新しい性感帯の発見や背徳感を楽しむことができます。さらに、場所×ラブグッズ×やり方といった別要素を自由に組み合わせれば、ひとりエッチであっても、まるで誰かに触られているような新しい刺激を味わえるかもしれません。

いつものひとりエッチの体勢を変えて、好きなシチュエーションも取り入れ、より気持ちよくなれるオナニータイムを目指していきましょう。

誰もいないリビングのソファー×ローター×ソファーに座って着衣のままオナニー

リビングのソファーは、生活の中心ともなる日常的な場所です。当然ですが、恋人や家族と住んでいるのであれば、誰もいないタイミングを見計らいます。

リビングのソファーですから、日常生活の延長線上で、着衣のままひとりエッチするのがおすすめ。「誰かに見られるかもしれない」「こんな場所でひとりえっちしている」というドキドキ感と背徳感が合わさって、より感度を高めてくれるでしょう。

  • 背徳感のあるオナニーを楽しみたい
  • 少しだけアブノーマルなオナニーをしてみたい
  • 座った体勢でのオナニーをまだしたことがない

という方に、ぜひチャレンジして欲しい組み合わせです。

ソファーに座った体勢でのオナニーなら、クリトリスを刺激した外イキがしやすい姿勢になれます。膣内で中イキしたいなら、ソファーに片足を乗せて膣口を開いた体勢や、寝転がって指やラブグッズを使う姿勢でオナニーを楽しみましょう。

下記のオススメローターも、ぜひチェックしてくださいね。

LCピンクローター
ラブグッズ初心者にもおすすめの、定番ピンクローター。女性が手に取りやすい、可愛らしいデザインです。振動は好みの強さに自由に調整できます。1人で使えば感度磨きに、2人で使えば興奮度アップに!複数使いや、他のグッズとの組み合わせもおすすめです。
LCピンクローターの詳細はこちら

ベッド×バイブ×M字開脚で全裸オナニー

オナニーをする機会が多いベッドでは、リラックスした寝転んだ体勢でオナニーを楽しむ女性が多いかもしれません。

いつものひとりエッチに変化をつけたいのならば、全裸でのM字開脚の姿勢がおすすめです。1人とは言え、下着をつけずに大きく脚を開く体勢は恥ずかしいと感じるかもしれませんが、その羞恥心もひとりエッチの感度を高めてくれるでしょう。

さらに、M字開脚の姿勢ならば膣口も大きく開くため、指やローターではなく、バイブに挑戦しても良いかもしれません。恥ずかしい体勢でバイブでひとりエッチをすれば、まるでセックスをしているかのような興奮と満足感を得られるでしょう。実際のエッチで感度を上げる練習にもなります。

  • ちょっと恥ずかしいシチュエーションが好き
  • 思い切りオナニーを楽しみたい
  •  セックスの時に近い体勢でオナニーをしてみたい

という女性におすすめの組み合わせです。

まだバイブを持っていない方には、奥とクリトリスをしっかり刺激してくれる下記のバイブがおすすめです。

マリンビーンズ
Gスポットをピンポイントで刺激するとがった形状のヘッド部分に、クリトリスへの快感を逃さない大きめのクリバイブ!本体とクリバイブだけでなく、ヘッド部分にまで搭載されたモーターで、奥への振動を直接感じることができます。中イキを体験してみたい方にもおすすめです!
マリンビーンズの詳細はこちら

キッチン×キッチンの角×料理をするフリをしながら角オナニー

料理をするシチュエーションでしか使わないキッチンは、オナニーをする場所としては不向きなイメージもあります。

しかし、キッチンには丸みのある安全な角も多く、角を使ったオナニー、いわゆる「角オナ」を楽しむには絶好のスポットです。キッチンの角オナならば服を脱ぐ必要もなく、さらに立ったままの自然な体勢でひとりエッチをすることができます。

  • 相手がいるシチュエーションでのオナニーを試してみたい
  • 背徳感の強いオナニーシーンに興奮する
  • 立った姿勢でのオナニーを試したことがない

という女性は、ぜひこちらの組み合わせも取り入れてみてください。

椅子×クリトリス吸引バイブ×疑似クンニオナニー

椅子に座った体勢でのオナニーなら、疑似クンニを体感できる吸引バイブがおすすめ。

手指での刺激や普通のローターでは味わえない「誰かに吸われる感覚」のひとりエッチは、いつもより感じてしまいそうです。さらに、脚を少し開いた体勢になれば、まるで開脚している体勢で丁寧にクンニされているような興奮を味わうこともできるでしょう。

Clice(クリス)
コンパクトサイズで可愛い、リス型の吸引バイブ。シッポ部分にはパワフルなモーターが内蔵されているので、挿入するバイブとしても使えます。本物のリスみたいなリアルなサイズ感で使いやすく、滑らかな触り心地が女性の心もしっかりと掴みます。
Clice(クリス)の詳細はこちら

好みの体勢×優れモノバイブ×連続オナニー

人によって、膣の形や性感帯には微妙な違いがあります。いつものオナニーでイケていても、「実はもっと感じる体勢やポイントがあった…」という方もいるようです。

自分にとってどの体勢がベストなのか知りたい方は、中・Gスポット・クリトリスに対応し、持ち手で角度を調節できるバイブにチャレンジしてみましょう。

挿入した体勢・角度によって、自分が1番感じるポイントがわかり、ひとりエッチだけでなく、セックスの時間もより楽しめるようになりそうです。

ラブグッズコンテスト受賞作『ラブザウルス』は、実際にラブグッズを使う女性の声から生まれたスペシャルなバイブです。

ラブザウルス
淡いブルーカラーが可愛い、恐竜のようなカギ型の上級者向けバイブ。Gスポットにしっかりフィットし、パワフルな振動とスイングが味わえます。中をしっかり開発したい時や、寝る前5分スピーディーに気持ちよくなりたい時に!のけぞるような快感がせまってくるはず。
ラブザウルスの詳細はこちら

いつもと違う姿勢でオナニーした体験談

付き合っている彼氏はいるもののオナニーの快感もわりと好きで、彼とのセックスとは別にオナニーも週3~4回のペースで楽しむ生活を送っていました。ただ、ワンルームの部屋なので、オナニーするとなったらいつもベッドの中で同じ体勢ばかりになってしまい、正直ここ最近はマンネリ化してしまっていたのが、オナニー姿勢を変えたきっかけです。

オナニーが好きといっても、始めた頃から姿勢ややり方は大体いつも一緒で、変わることといえばうつ伏せになったり横向きになったり、姿勢の向きを変えてみるくらいでした。でもある日、お風呂に入っている最中にムラっとしてきて、立ったままシャワーをクリに当ててみたんです

そんなに強い刺激もなさそうだし「少し気持ちよくなれたら良いな」くらいの感覚だったんですが、それが思った以上に気持ちよくて、無意識に声を出してしまうくらいでした。いつもは指でクリトリスを愛撫したり、バイブでGスポットを刺激したり、指やラブグッズを使ってのオナニーだったので、シャワーの心地よい刺激とむずがゆいようなじれったさが最高に気持ちよくて、そのままハマってしまいました

ユニットバスの中なので誰にも見られる心配もないし、オナニーをしてもそのまま体を洗うことができたので後処理が楽だったのも、ハマったポイントです。強い刺激ばかりに慣れていたところで、新しい快感を知ることができました。

それから場所やシチュエーションも変えてみようと思って、トイレでのオナニーにも挑戦してみました。普段は寝転んだ状態でのオナニーばかりだったので、座った姿勢でのオナニー自体がかなり新鮮だったんですが、トイレで座ってバイブを挿入してみたらこれもまたすごく気持ちよかったんです。

トイレの密室具合もなんだか背徳的で、目をつぶるとトイレで犯されているようなシチュエーションが妄想できたのも刺激的で最高でした。座ってバイブを挿入するから、寝転んで挿入していたときには当たらなかった場所にも当たるようで、膣内の知らない性感帯も見つけることができました。

気持ちよくなったときには背中をのけぞらせて背もたれに体重をかけたり、少し前にズレて、後ろから挿入し直してみたりできるのも良かった点です。

基本的には、これまでのオナニー姿勢に加えて、ユニットバスで立ったままするお風呂場オナニーをするようになりましたが、疲れている時や中イキを楽しみたい時にはトイレでのオナニーも楽しんでいます。

ユニットバスではそのまま体やバイブが洗える上に、立ったり四つん這いになったり足を上げたりしていろんな姿勢にもチャレンジできるので、本当に最高です!

オナニーの体勢まとめ

オナニーは自分で自分の体を愛してあげる大切な行為です。せっかく誰にも邪魔されず快感を求めることができるのであれば、より気持ちいい場所を探っていき、刺激的なオナニーを楽しみましょう。

さらに刺激や感度をアップしたいのであれば、ラブグッズを使ってみるのも良いかもしれません。ラブコスメの可愛らしいデザインのローターやバイブは、初心者でも手に取りやすいものばかりです。

リラックスした最高の快感を得られるオナニーでは、女性ホルモンを活性化させたり、ストレスを発散させたりする効果も期待できます。ぜひお好みのオナニーの姿勢を探して、メリットいっぱいのオナニーライフを楽しんでください。

おすすめのラブグッズを見てみる

刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
さくらの恋猫GIFバナー

人気のコラムカテゴリ

  • Masturbation
    ひとりエッチ(オナニー)のやり方や種類、豆知識をご紹介!素敵な「わたし時間」を過ごすために...
  • Reviews
    ラブグッズやひとりエッチ・ラブタイムでのテクニックなどの実体験レポートコラム記事特集♡
  • Sex toys and porn
    女性におすすめAV・ラブグッズ情報。実際に体験したレポートなども更新中♡

さくらの恋猫紹介

下部固定バナー240216