背面座位でのセックスは気持ちいい?椅子を使った体位のコツやキスの仕方を動画でチェック【快感スタイル】

背面座位について調べる女性

目次

「背面座位」はセックスにおける体位の一種です。女性が男性の上に座り込む状態になる座位の一種で、男性から女性の顔が見えないという特徴があります。

体重をかけて座るため、コントロールの主導権を持つのは女性側。Gスポットやポルチオなど膣内の性感帯を、女性が動きながら探ることができます。

ただ男女が同じ方向を向いて行う背面座位では、キスがしづらくなるのではと思う女性も多いかもしれません。
そこで今回は背面座位でのやり方とキスをする方法を動画で解説。メリットとデメリットにも触れながら、背面座位の魅力について迫っていきます。

背面座位がもっと気持ちよくなる方法として、椅子で行うコツについても紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

背面座位ってどんな体位?

背面座位をしている男女

背面座位とは女性が男性に背を向けて座り、男性が女性を抱きかかえるようにしながら挿入するSEXの体位のことです。他の体位に比べるとややマイナーな体位ではありますが、江戸時代から伝わる四十八手の中では「乱れ牡丹」という名称で親しまれています。

現代では「座りバック」とも呼ばれており、正面から見ると挿入部位が丸見えとなる非常に過激な体位でもあります。その見た目的なエロティックさから、アダルトビデオなどでもよく用いられる体位です。

背面座位は男女が同じ方向を向いたまま顔を合わせずに行うため、恥ずかしがり屋の女性でもチャレンジしやすく初心者のカップルにもおすすめ。数ある体位の種類の中でも、深く挿入されるので、男女ともに刺激を得やすく感じやすいといわれています。

また背面座位は密着度が高く、向き合わないとはいえお互いの顔の距離が近くなります。声や吐息も聞こえやすい上、男性に包み込まれているような体勢となるため、女性の安心感が高いこともポイント。背中越しの体温や太ももの触れ合いなども楽しめますので、相手の熱を感じられる新鮮な快感が味わえます。

そんな背面座位ですが、まだあまり一般的に知られている体位ではありません。知識としては持っていてもやり方が分からないという女性はまだまだ多いようです。

いつもと違った体位に変えるとセックスのムードは一気に高まります。「セックスで顔を合わせるのがまだ恥ずかしい」という女性はもちろん、「セックスがマンネリ気味」「倦怠期に入ってしまった」という方も、安心感と新しい刺激が楽しめる背面座位にぜひチャレンジしてみてください。

背面座位でのセックス、そのメリット・デメリット

背面座位は、精神的にも身体的にも距離の縮まる気持ちいい体位といわれています。女性が動きをリードできるため女性側の快感を探りやすい点も人気の理由といえます。

また正面で向き合わないという特徴は、体形にコンプレックスのある女性でもメリットとして活かすことができます。バストサイズに自信がなかったりお腹周りを相手に見せたくなかったりする場合は、積極的に背面座位を活用していきましょう。

そのほかにも背面座位には

  • 精神的な満足度が高い
  • 膣の奥深くまで挿入できる
  • いつもより積極的になれる
  • 狭い場所でも楽しめる
  • 相手の声が聞こえやすい

といった多くのメリットがあります。

精神的な満足度が高い

背面座位の体位で満たされている様子の女性

男性との密着度が高く触れ合う面積が大きい背面座位では、バックハグのようなドキドキ感が味わえます。顔は見えなくても相手の身体に背中を預けることで、守られているような安心感が生まれるのも背面座位のポイント。

挿入しながらパートナーと手を絡ませたり首元につかまったりすると、より相手の存在が近くに感じられます。女性はリラックスすればするほど身体の緊張がとけて感じやすくなる傾向にあります。安心感はリラックスにも繋がりますので、背面座位ではなるべく相手に身を任せるよう心がけましょう

膣の奥深くまで挿入できる

男性に腰掛ける背面座位の姿勢は、女性の膣にペニスが深く挿入しやすくなります。膣の奥にあるポルチオまで届くことも可能なため、「奥イキ」「中イキ」も叶えられるかもしれません。

Gスポットが開発済みの場合は、挿入する角度を女性側が調整して、当たる所を刺激してもらいましょう。まだ膣内での刺激を感じにくいという方は、男性に空いている両手でほかの性感帯を刺激してもらうのもおすすめ。女性側が動きをリードできる背面座位は、中イキを練習するにもぴったりの体位です。

男性を気持ちよくさせたい場合は、女性が少し前傾姿勢になって動いてあげるとグッド。この時に女性が太ももを閉じてあげると膣も締まって男性がより快感を得やすくなります。

顔が見えないのでいつもより積極的になれることも

顔が見えないことでいつもよりアクティブになれる点も背面座位がもつメリットの一つ。一般的な体位の正常位や騎乗位は女性の身体や顔が相手にはっきりと見えてしまうため、緊張や不安を感じてしまう女性が少なくありません。

背面座位の最中は男性からは女性の背中しか見えないため、女性が羞恥心を取り除くことができます。動き方も上に乗る女性がコントロールしやすくなりますので、いつもより大胆なセックスを仕掛けてみるのも良いでしょう。

狭い場所でも楽しめる

男女が重なって座る背面座位はとてもコンパクト。女性の身体は男性の中にすっぽりと納まる形になりますので、男性一人が座れるスペースさえあればどこでもチャレンジすることができます

普段は使わない車内やリビングのソファー、トイレなどでのセックスにもぴったり。いつもとは違ったスリルと非日常感で、二人のムードもより高まること間違いなしです。

相手の声が聞こえやすい

背面座位で相手の声を近くに感じる女性

背面座位では相手の顔がすぐ後ろに来ますので、声や吐息がいつもよりも鮮明に聞こえる特徴があります。背面座位をしている最中は相手の表情が見えないため、女性の意識は耳に集中し、相手の声や吐息に敏感になっている状態です。

そのためちょっとした言葉や刺激でもゾクゾクとした快感に変わりセックスでの興奮要素になります。「大好き」「愛している」といった言葉は女性から存分に掛けていきましょう。男性の不意打ちにも無防備な状態ですので、返事がきただけでも耳元で新しい快感となるかもしれません。

一方背面座位では男性側にも

  • 両手がフリーになる
  • 腰の負担が少ない
  • 征服欲が満たせる

といったメリットがあります。

女性の全身が見える上に、女性がピストン運動をしている間両手がフリーになる男性は、女性の身体を好きなように愛撫することができます。正常位や後背位に比べて腰への負担も軽減されるため、腰痛持ちや腰に不安のある男性にはぜひ試してほしい体位です。

反対に背面座位のデメリット

  • 激しくすると抜けてしまう
  • 男性に体重がかかりやすい
  • ベッドを汚しやすい
  • フィニッシュまで達しづらい

という点です。具体的に説明しましょう。

激しくすると抜けてしまう

背面座位では膣に対してペニスが斜めに挿入されるため、動きを激しくし過ぎてしまうと途中で抜けてしまう恐れがあります。動きがコントロールできるまではゆっくりと慣らしていき、早める際は前傾姿勢になるなど工夫をすることが大切です。フィニッシュに近付き始めたら、できるかぎりペニスと膣が垂直になるよう注意して動きましょう

男性に体重がかかりやすい

また男性の上に座り込む体勢となる背面座位では、女性の体重が男性にかかりやすくなります。男性の負荷を軽減するためには、なるべくやわらかい材質や背もたれがある場所で行うことがポイント。女性側も時々腰を浮かせるようにして、お互いに楽なスタイルを探ってみてください。

ベッドを汚しやすい

背面座位ではペニスの向きが垂直になるため、射精時に精液がこぼれやすくなります。もし背面座位のままフィニッシュにいく際は、汚れてもいい場所を選びましょう。

場所を選ぶ以外に、あらかじめ大きめのタオルを敷いておくのもおすすめです。やわらかくクッション性のある材質のタオルを使えば、男性かかる負担もやわらげる効果も期待できます。

セックスでの後処理が面倒だと気分も萎えてしまうもの。最後までの手間を考えておくのも気持ちいいセックスをするための秘訣です。

フィニッシュまで達しづらい

ペニスへの刺激が少ない背面座位では、男性側が気持ちよく感じられるかは女性の動き方次第。お互いに気持ちよくなるためには、強めの刺激を取り入れてみることも大切です。

ピストン運動をする際は、気持ちいい角度や動き方、スピードなどを二人で確認していくようにしましょう。コミュニケーションを取りながら好きな体位を増やしていくのもセックスの醍醐味です。

動画で学ぶ背面座位の正しいやり方

とはいえ、実際にどのように動けばいいのか分からないという女性がも多いかもしれません。特に背面座位の時にキスをするには、ちょっとしたコツが必要です。ここでは背面座位の正しいやり方とキスの仕方を載せた動画を紹介します。

背面座位では難しいキスのやり方も動画のビジュアルで理解することができますので、ぜひ参考にしてみてください。

エッチ動画も参考に…!「立ちバック、背面座位…次々変わる体位と激しいピストンに興奮が止まらない…!」

実際のセックスでの背面座位の動きが気になる方はエッチ動画も参考に…!
謎の小部屋で男性の指示を受けながら正常位から立ちバック、足をついたバック、そこから座位へと変わり、背面座位と次々にかわる体位。
彼女の悲鳴のような喘ぎ声も刺激的です。

誘導バナー

椅子を使ってより背面座位を気持ちよく

椅子を使って背面座位を楽しむ男女

男性と同じ体勢をとる背面座位は、椅子やソファーを使って行うこともできます。この場合膝下の部分を床に下ろすため、床で座る背面座位よりも動きやすくなる点がポイント

女性は椅子の肘掛け部分で身体を支えることで前傾姿勢が取りやすくなり、男性は背もたれに体重を預けながら動くことで腰を上下に突き上げやすくなります。床での背面座位だと中々上手くいかないというカップルはぜひ試してみてください。

また椅子を使った背面座位では、いつもはセックスで使わない場所でやってみるのもおすすめ。キッチンの椅子やトイレの椅子など日常的な場所でするセックスは、興奮も高まり開放的な気持ちよさが楽しめます。

キスがしにくい?背面座位でのキスのコツ

背面座位では相手の顔が見えないことがメリットではありますが、

  • キスがしにくい
  • 相手の顔が見えず不安

という点があります。

また、「相手の顔が見えるのは恥ずかしい」という女性にとってはメリットでも「相手の顔が見えないのは不安」という女性にとってはデメリットに変わってしまうケースもあります。特に、キスをするのが難しいのでコツが必要です。

まずは相手に「キスがしたい」ということを伝えて協力してもらうようにしましょう。男性が顔を前に出し、女性が首を傾けるようにして振り向くと、キスがしやすくなります。難しくても無理やりキスをすることで二人の興奮もアップしますので、ぜひ今回ご紹介したコツを取り入れてチャレンジしてみてください。

背面座位のまとめ

背面座位でラブタイムを楽しむカップル

背面座位はいつもと違った刺激が楽しめる、魅力的な体位。相手の体温や声を感じながら、パートナーと深くまで繋がることができます。開放的になれる背面座位なら今まで体験したことのない快感が味わえるかもしれません。

体形にコンプレックスのある女性や、恥ずかしがり屋な女性でもトライしやすい体位ですので、ぜひ一度トライしてみてください。


刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
さくらの恋猫GIFバナー


人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • フェラのテクニック
    フェラのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほしい...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介

  • 20201113夜のお道具箱