おっぱいや乳首への愛撫でもっと気持ちよく!感じるやり方を動画や画像で解説【快感スタイル】

おっぱいで気持ちよくなる方法が知りたい女性

目次
最先端のラブグッズで「もはやセックス」の快感!
さくらの恋猫:ボイス連動ラブグッズ

「さくらの恋猫」は業界初のボイス・動画連動型のラブグッズ。

エッチなボイスや、女性向けのアダルト動画の内容に合わせて、自動で振動!全く意図しない動きをするから、まるで一人エッチではないような気分が味わえます!

妄想と現実が限りなく近接した「もはやセックス」な新感覚のオナニー体験してみませんか?

おっぱいへの愛撫というと、乳房をぎゅっとわしづかみにして揉みしだいたり、乳首を勢いよく舐めたり吸ったりするシーンが定番です。

しかし、実際に男性からバストを刺激されたときに「あまり気持ちよくない…」と感じてしまったことはないでしょうか。胸には乳首以外にも多数の性感帯があるものの、感じるようになるためには開発が必要な場所も多く、間違った方法で愛撫をしても快感を得にくいのがその理由です。

性感帯となる場所や愛撫の仕方を覚えれば、愛撫のバリエーションを増やすことができるだけでなく乳首や乳房で感じられる気持ちよさをさらにアップさせることも可能です。乳首でオーガズムを得る「乳首イキ」を目指すこともできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

おっぱいや乳首への愛撫のやり方がよく分かる画像や動画の紹介もしています。これらを参考にバストの感度を高めて、さらに気持ちいいセックスやオナニーを楽しみましょう!

男性からのおっぱいや乳首への愛撫はあまり気持ちよくない?

おっぱいで感じないことに悩んでいる女性

おっぱいは上半身の性感帯の中でも代表的な部分ですが、「彼に胸を触られても気持ちいいと思えない…」「私はおっぱいでは感じないのかも…」と思っている女性は意外に多いものです。

ではなぜセックス時に、男性からのおっぱいや乳首への愛撫が気持ちよくないと感じてしまうのでしょうか。それには以下のような理由が考えられます。

そもそも乳房は感じにくい

ふわふわと柔らかい女性の乳房は、「触っているだけで興奮する」「揉んでいると癒される」と感じる男性も多いもの。そのため比較的長い愛撫をする人がたくさんいる部分です。

しかし乳房は母乳を出す器官である乳腺が1割ほど、残りの9割が脂肪などの皮下組織からできています。大きな性感を得られるような神経はありませんので、ただ触ったり揉んだりしただけでは気持ちいいと感じにくいパーツだと言っていいでしょう。

乳房で感じられるようになるためには、定期的に愛撫をして開発をしていくほかに興奮しているかどうかなどの精神的な要素も重要になります。

乳首の感度は人それぞれ

乳首は「上半身のクリトリス」と言われるほど敏感な部分ですが、実はその感度は人によって大きく違います。

特に乳首愛撫を始めたばかりの人は、「あまり気持ちよくない」「くすぐったいだけ」と感じることもあるでしょう。この場合はセックスやオナニー時に刺激をしていくうちに、脳が乳首を性感帯だと認識して快感を得られるようになることもあります。

また、同じ人でも生理の前は特に敏感になるなど感度が日によって違うことも重要です。「今日は感度が低い気がする」と感じたら、別な性感帯を刺激するなど柔軟に対応するのが良いでしょう。

その男性のやり方が自分に合っていない

アダルト動画には、おっぱいをわしづかみにして揉みしだいたり、いきなり乳首を強く吸ったりといったやや強引なシーンも見られます。

しかし乳房や乳首は、少しでも強く触られると痛みを感じやすいデリケートな場所です。優しく触られるのが好きな女性の場合、このような方法で快感を得るのは難しいでしょう。反対に強めの刺激が好きな人は、ソフトタッチの愛撫では物足りないかもしれません。

なかなか胸で快感を得られないときは、パートナーに触り方を変えてもらうだけで改善する可能性も十分あります。「もっとこうしてほしい」という希望があれば、恥ずかしがらずに伝えてみましょう。

乳首だけじゃない?おっぱいの性感帯の場所と愛撫の仕方を画像でチェック!

乳首だけでなくおっぱい全体で感じてみたいと思う女性

では、おっぱいでもっと気持ちよくなるための方法について解説していきます。

まず知っておきたいのは、胸部周辺の性感帯の場所です。胸の性感帯と言えば乳首ですが、実はそれ以外にも気持ちいいと感じる場所はたくさんあります。

こちらのTwitterではおっぱいの性感帯が分かりやすくイラストで解説されています。これを参考にどこが感じるかを自分で確認したり、ラブタイムに彼に気持ちいい場所を教えてあげたりするのもおすすめです。

ここからは、各部位と刺激の仕方について紹介します。こちらの内容もぜひパートナーに伝えてみてくださいね!

バスト全体

おっぱい愛撫:バスト全体の刺激方法

バスト全体はほとんどが脂肪でできているため、比較的鈍感な部分だとお話しました。

しかし「彼に胸を触られている」という感覚から精神的に興奮するという女性は多いものです。乳房を手のひらで包み込んで肌をそっと撫でたり、乳輪まわりに指先や舌先をツーッと軽く滑らせたりするとゾクッとするような感覚を味わうことができます。

「乳首に触れてほしい」と思いながらバスト全体を刺激され続けることで焦らし効果が生まれ、その後の乳首攻めでは感度がさらに上がるという特徴もあります。

下乳(アンダーバスト)

おっぱいの愛撫:アンダーバストの刺激方法

胸の下側にあってブラジャーのワイヤーが当たる部分を下乳(アンダーバスト)と言います。ここは神経が近くにあり、比較的敏感な部分です。

ただ触るだけでは性的な刺激として感じにくく「全く気持ちよくない」「くすぐったいだけ」という女性も多い場所ですが、他の性感帯への刺激と併用することで徐々に開発されていきます。

マッサージをするような感覚でキスをしながら撫でたり、乳首をいじりながらアンダーバストに指を滑らせたりといったプレイを続けると、しだいにこの部分を触られただけでも性的な快感を得られるようになるでしょう。

乳首

おっぱいの愛撫:乳首の刺激方法イラスト

乳首はおっぱいの中で最も感度のいい性感帯です。いきなり強い刺激を与えると痛みが出てしまうことがありますので、愛撫のときは乳首以外の部分から始めるようにしましょう。十分に興奮が高まってから行えば、多少強い刺激でも痛いと感じにくくなります。

乳首の頂点の部分と側面の部分では得られる感覚が違いますので、乳首を刺激するときは、乳輪に近い側面の部分から行っていくのがポイントです。

側面をつまんだり指先で円を描くようにくるくると刺激したりして感度を高めていけば、頂点の部分は指先や舌先をごく軽く当てるだけでも大きな快感が得られます。

慣れてきたら、「乳首の側面を唇で、頂点を舌先で舐めて刺激してもらう」、「頂点に人差し指を当てながら親指と中指で軽く側面をつまむ」など、両方を同時に責める方法も試してみましょう。

乳腺

おっぱい愛撫:乳腺の刺激方法がわかるイラスト

乳首から胸の端に向かって放射状に連なっている、母乳の通り道が乳腺です。ここもバスト全体と同じくやや鈍感な部分ですが、開発をしたり興奮度が高まったりすることで性感帯になることがあります。

乳腺を刺激したいときは乳房全体を軽くつかんで持ち上げ、おっぱいの奥まで振動が伝わるように優しく揺らしたり揉んだりしてみましょう。痛みが出るようであれば強すぎますので、力を加減して気持ちいいと感じる程度にするのがコツです。

スペンス乳腺

乳房の横の付け根、ちょうど脇の下との境目に当たる部分がスペンス乳腺です。存在すら知らない女性が多いものの、「胸のGスポット」「胸のクリトリス」と言われるほど強い快感が得られる部分です。

スペンス乳腺の場所や特徴については、下記のTwitterの画像が参考になります!

スペンス乳腺を刺激するときは下から上へ押し上げたり、谷間を作るように背中側から胸の中央に寄せたりして行います。リンパマッサージのようなイメージでゆっくり優しくさすっていきましょう。

この動きはバストをほぐす効果も期待できますので、オナニー時にバストアップを狙ってみるのもいいかもしれません。

最初はくすぐったさを感じる人も多いのですが、何度も繰り返すとしだいに性感が高まってきます。乳首を触りながら刺激するなど他の性感帯と併用するのも効果的です。

ミルクライン

脇の下のくぼんだ部分から乳首を通り、恥骨までゆるやかなカーブを描くのが「ミルクライン」と言われる性感帯です。もともと人間の乳房はこのミルクライン上に複数存在していましたが、進化の過程で左右ひとつずつになったと言われています。

ミルクラインは全体が性感帯というわけではなく、ライン上の数か所に気持ちいいと感じる部分が点在しています。快感を得られる場所は人によって違いますので、マッサージをするように軽く押したり、撫でさすったりして探してみましょう。

おっぱい(乳首や乳房)への愛撫の流れを解説!SNSの投稿も参考に

バストに存在する性感帯の位置と基本の触り方が分かったら、実際に愛撫をしていきますが、その際にだいたいの愛撫の流れが頭に入っているとスムーズに進めることが可能です。

たとえばこちらのツイートで紹介されている順番どおりに行うと、おっぱいの性感帯をまんべんなく刺激することができます。

1か所につき最低でも2分程度が目安ですが、オイルやローションを利用してゆったりと行うのもバストマッサージ効果が期待できますのでおすすめです。

①右の脇

脇はくすぐったいと感じやすい部分ですが、そのくすぐったさが性感に変わるという人も多いものです。オナニーの際は誰かに触られているようなイメージをしながら、そっと撫でていきましょう。

②スペンス乳腺(右)

脇が終わったらそのままゆっくりと右のスペンス乳腺に移動します。手のひら全体を使って背中に近い部分から乳輪のそばまでを撫でたり軽く揉んだりすると、ゾクゾクするような感覚を味わえるでしょう。

③アンダーバスト

左右のアンダーバストは下から上へ撫で上げたり、バージスラインに沿ってサイドから撫で下ろしたりすることで徐々に感覚を鋭くしていくことができます。乳輪に向かって外から内へ刺激するのがポイントです

④乳輪(左)

ここまでくるとそろそろ乳首を触りたくなってくる人も多いのですが、乳輪も気持ちよさを感じやすい場所です。

乳房の付け根から乳輪まで、ゆっくりと細かいうずまきを描くようにして徐々に乳首に近づけていきます。乳首には触れずに乳輪だけをつまんで軽く揉むのも快感を得やすい方法です。

⑤乳首(左)

ここまでしっかりと焦らされていれば、ほんの少し触れただけでビクッとしてしまうほど乳首は敏感になっているはず。最初は優しく、物足りなくなってきたらつまんだり引っ張ったりしてやや強めに刺激していきましょう。

⑥乳輪(右)

右の乳輪も左と同じように、乳房の付け根から徐々に近づくように刺激していきます。左の乳首の感覚が残っているうちに右の乳輪を刺激することで、「乳首を触りたいのに触れない」という焦らし効果を強く感じることができます。

⑦乳首(右)

先ほどと同様に最初は優しく、だんだんと激しくなるように刺激していきましょう。痛みがなければつねったり指先ではじいたりといった強めの刺激や、乳房を揉みながら乳首を振動させるといったテクニックも有効です。

⑧ミルクライン

乳首の後は、恥骨にかけてのラインに指先を滑らせながら快感を得やすいポイントを探していきます。くすぐったいところやなんとなくゾクゾクする部分など、他と違う感覚があれば重点的にさすったり撫でたりしてみましょう。

⑨おへそ

おへそ周辺は敏感な部分なだけでなく、刺激することで振動が伝わってクリトリスや膣にうずくような快感を与えてくれる場合もあります。バストの後に性器でオナニーをしたい場合は特に丁寧に撫でると快感をアップさせることができます。

⑩スペンス乳腺(左)

最後にもういちど胸付近まで撫で上げ、左のスペンス乳腺をなぞるようにして刺激していきます。もっと刺激が欲しいときは空いている手で乳首を触ったりして性感を高めるのも良いでしょう。

もっと気持ちよくなるために開発したい…自分でできるおっぱいの愛撫方法とは?

自分でできるおっぱいの愛撫方法を知りたい女性

ラブリサーチが女性に対して行った「乳首を愛撫されるのは好きですか?」という質問には、

指先で乳首の先端を転がされるのが好きです。指先でいっぱい感じさせてもらった後に舌でたっぷり舐めてもらったら、トロトロに濡れます

といった定番の方法から、

胸を優しく揉まれながら、乳首をあまがみされるのがすごく気持ちがいいです

という「ちょっと痛い系」の方法、さらに

Tシャツやキャミソールなど、薄手の洋服の上からじらすように触られるのが好きです

という「焦らし系」まで、さまざまな乳首愛撫の方法が寄せられました。

ここからはこちらのおっぱい愛撫についてのツイートを参考に、自分でもできる胸の触り方を解説していきましょう。触っているうちに感じる場所をつかんだり、感度がアップすることも…!ぜひ参考にしてください!

ノーブラで服の上から触る

服の上から自分でおっぱいを刺激する女性

皮膚の表面は汗や凹凸などで意外に滑りが悪いものです。服の上から触ることで指の動きがスムーズになり、快感を高めることができます。

薄手のタンクトップやキャミソール、Tシャツなどを着て、布越しに触るのが基本です。このときブラジャーは外しておきましょう。光沢のあるシルク素材などなめらかな布地の衣類を選ぶと、さらに気持ちよさがアップします。

乳輪まわりや乳首などの敏感な部分を刺激するときにぴったりの方法です。

バージスラインをなでるように

バージスラインとは胸の輪郭のことで、脇から胸の下にかけての胸と胴体の境目部分を指します。先ほど取り上げた下乳(アンダーバスト)とほぼ同じ場所と考えて良いでしょう。

外側から内側に向かって撫でるように手のひらや指先を滑らせると、

  • 焦らされるような感覚
  • 安心感
  • ドキドキ感

など、人によってさまざまな感覚を味わうことができます。敏感な部分を刺激する前に、気分を高める目的で刺激するのもおすすめです。

服の上からひっかくように

服の上から撫でるのに慣れたら、少し強めの刺激にチャレンジしてみましょう。先ほどと同じように薄い下着だけの状態で、胸の上側から下側、下側から上側へと往復するようにゆっくりと指先を動かします。

このときのポイントは、途中で軽く乳首に触れるようにすることと、服を優しくひっかくようにほんの少しだけ爪を立てること。焦らされるような快感を味わいたいときは、なるべくゆっくりと往復させるようにしましょう。

乳首を指ではじく

「撫でるだけじゃ物足りない!」と思ったときは、指の爪の先や爪の甲を使って、パチンと乳首をはじいてみましょう。強めの刺激が好きな人や軽い痛みで感じる人にはたまらない快感になります。

敏感な乳首は痛みが出やすい部分でもありますので、興奮度をしっかり高めてから行うのがポイントです。クリトリスなどほかの性感帯への刺激と併用するのもおすすめです。

乳首をひねるように

親指と人差し指、親指と中指など2本の指で乳首の側面をつまんだら、そのまま優しくひねる方法もあります。

乳首は肌表面だけではなく内部にも性感帯がありますので、ひねる動きをすることで乳頭の奥の神経に刺激を伝えることができます。右にひねったら元に戻し、今度は左にひねってまた戻す、という動きをゆっくりと繰り返して乳首全体を気持ちよくしていきましょう。

乳首を2本の指でつまんで揉みしだく

乳首と胸全体のふたつを一度に刺激できるのがこの方法です。親指と人差し指で乳首をつまんだら、そのまま残りの指を乳房に沿わせて揉みしだきます。

スペンス乳腺などの広い範囲を刺激したいときは、指先だけでなく手のひら全体や手首を乳房に当てて揉むようにするとやりやすくなります。

乳首をつまんだ指は無理に動かす必要はありませんが、撫でたりこすったりするとさらに刺激を強くすることができるでしょう。

親指・中指で乳首を挟んで、人差し指でなでる

乳首をしっかり刺激したいときにおすすめなのがこの方法です。親指と中指で乳首の側面をつまみ、人差し指で頂点を撫でます。

乳首で感じる人にとっては手軽で快感度の高いやり方ですが、強くしすぎると痛くなってしまうこともあります。様子を見ながらつまむ強さや撫でる速さを変えて自分の好きな触り方を探してみるのがおすすめです。

乳首をつまんで引っ張って離す

軽いMの女性にぴったりなのが、親指と人差し指の二本もしくは中指を加えた三本で乳首をつまみ、引っ張ってからぱっと離すテクニックです。

乳首への刺激と離したときのバスト全体への刺激、さらに引っ張られてゆがんだ乳房で視覚的にも興奮度を高めることができます。

慣れないうちは乳首を軽くつまんで優しく引っ張るところから試してみましょう。痛みや不快感がなければ強めに引っ張ったり、引っ張った状態で乳首を揉んだりしてから離すのもおすすめです。

バスト全体をわしづかみにして指の付け根で乳首を挟む

「乳首への刺激も欲しいけど、胸全体を揉まれるのが好き!」という人にぴったりなのがこのやり方です。

乳房を手のひらでわしづかみにしたら、人差し指と中指の間の付け根部分で乳首を挟みます。最初はバスト全体を揉むようにして、気分が高まってきたら乳首を挟んで刺激するのも良いでしょう。

自分で乳首を舐める

バストが大きな女性の中には、自分で乳首を舐めることができる人もいます。胸を口に向けて下から持ち上げ、首を曲げて顎を引いたら乳首に向けて舌を出しましょう。

寝ている体勢では難しいですので、立っているもしくは座っている体勢になるといくらかやりやすくなります。あと少しで届きそうなときは、上半身を曲げて背中の脂肪を胸に戻した状態で行う方法もあります。

乳首への愛撫で乳首イキするには?

このように胸や乳首への愛撫にはいろいろな仕方がありますが、乳首でオーガズムを得ることを「乳首イキ」と言います。性器への刺激でイクのとはまた違う感覚を味わうことができ、クリトリスでのオーガズムより気持ちいいと感じる女性も多いのが乳首イキです。

しかし乳首でイッたことがある人はあまり多くありません。スムーズにオーガズムに達するようになるためには乳首オナニー(チクニー)で開発をするのがおすすめです。

乳首イキについてのさらに詳しい解説や、オナニーで乳首を開発する方法についてはこちらの記事でまとめていますので、是非参考にしてみてください。

乳首イキのためのラブグッズ

乳首の開発をしたいならぜひチェックしておきたいラブグッズが「ピンクラブカップ」です。バストにかぶせて使うタイプのローターで、柔らかい突起が乳首に心地いい振動を与えてくれます。

ピンクラブカップ
バストに当ててマッサージしているような感覚になるバストローター。
お風呂上がりにいつも使用しているジェルや、ローションを塗った後、自分のハンドマッサージとは違う刺激で楽しく、そして気持ち良くケアしてみませんか?プニプニと柔らかい素材がバストを包み込み、バストトップを3段階で刺激します。
ピンクラブカップの詳細はこちら
乳首オナニーに役立つ乳首バイブ・おっぱいバイブについてはこちらの記事で詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

おっぱいや乳首への愛撫を動画でチェック

「おっぱいの愛撫のバリエーションを増やしたい!」「みんなはどんなふうにしているのか知りたい」という場合は、エッチな動画を参考にするのもおすすめです。

気に入ったシチュエーションややり方が見つかったら、オナニーをするときに妄想しながら同じように触ってみたり、彼と一緒に動画を見てまねをしてもらったりするのも良いでしょう。

今回はバストをじっくり愛撫するシーンのある動画の中から、ふたつをピックアップしました。

彼のスイッチが入ったら急に激しく攻められて…じっくり舐められたらどうしようもなく感じちゃう…!

いやらしいキスと言葉でぎこちない彼をリードしていく彼女。ブラを外した彼は感触を確かめるようにゆっくりと乳房を揉みあげ、乳首をつまんで刺激します。

「おっぱい、むちゃくちゃに触って…」という彼女に興奮が止まらず、乳房を揉みしだき、乳首を乳輪ごと口に含んで激しく舐める彼のしぐさは見ているだけでドキドキしてしまう女性も多いでしょう。

最初はゆっくりと、女性の興奮に合わせて激しくなっていくおっぱい愛撫の基本がよく分かる動画になっています。


★動画の続きを見る

制服&メガネで甘えてみたら…激しく突かれて腰が砕けちゃう…!

制服姿でバストをあらわにした彼女は乳首をきゅっとつねられて「気持ちいい…」と甘い声を漏らします。

彼に人差し指の側面と親指で乳首をつままれ、そのまま乳房ごと揺すられるとすぐにオーガズムに達する彼女。その後も乳首を揉まれ続けて、またイッてしまいます。乳首イキが気になる女性にぴったりの動画です。


★動画の続きを見る

おっぱいの愛撫でもっと気持ちいいカラダを作ろう!

微笑みあっている様子の男女

普段のセックスやオナニーでは乳房を軽く揉む程度で、あとは乳首しか触らないという女性は多いものですが、おっぱいにはこのようにたくさんの性感帯があります。
スペンス乳腺やアンダーバスト、ミルクラインなどの性感帯は開発することで気持ちいいポイントが増えるだけでなく、愛撫のバリエーションも広がります。
「最近ちょっとマンネリしているかも…」と感じたら、乳首イキを目指しておっぱい愛撫を試してみるのがおすすめです。


今夜、気持ち良くなれる情報をお届け♪

LC編集部の紹介画像



人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集


さくらの恋猫紹介

  • 夜のお道具箱