女性のイク感覚ってどんな感じ?まだイク感覚がわからない女の子のためテクニックとは【快感スタイル】

男性とエッチをしながらイク感覚について知りたい女性

目次
最先端のラブグッズで「もはやセックス」の快感!
さくらの恋猫:ボイス連動ラブグッズ

「さくらの恋猫」は業界初のボイス・動画連動型のラブグッズ。

エッチなボイスや、女性向けのアダルト動画の内容に合わせて、自動で振動!全く意図しない動きをするから、まるで一人エッチではないような気分が味わえます!

妄想と現実が限りなく近接した「もはやセックス」な新感覚のオナニー体験してみませんか?


女性のイク感覚は個人差が大きく、男性の射精のような視覚的変化がないこともあって「イクというのがどういうことか分からない」という女性はたくさんいます。

実際に50%弱の女の子が「イク感覚がわからない」と答えているアンケート結果もあり、オーガズムを体験したことがない女性が意外に多いことがよく分かるでしょう。

しかし女性のイキやすいポイントやイクためのコツを把握しておけば、セックスやオナニーでイク感覚を理解することは十分可能です。

セックスやオナニーで快感を得やすくするポイントも解説していますので、これらのコツを押さえておくことでイキやすくなるだけでなく、より深くイク感覚を目指すことができます。

「まだイッたことがない」という人や「オナニーではイケるけれどセックスではイケない」という人はもちろん「もっと気持ちよくイキたい」という人も、ぜひチェックしてみてください。

そもそも女性がイクってどういう事?

イク感覚についてスマホで調べている女性

男女問わず、性的な刺激や興奮によって快感が絶頂に達することを「イク」「オーガズムに達する」などと言います。性的絶頂を迎えると骨盤周辺の筋肉がぎゅっと収縮し、けいれんを繰り返した後に弛緩するという点が特徴です。

男性がイク瞬間には多くの場合射精がともないますので見た目にも分かりやすいのですが、女性のオーガズムは視覚的に分かるものではありません。そのため「自分がイッたのかどうかよく分からない」と感じる女性もいるほどです。

また、女性が一度のオーガズムによって得られる気持ちよさの度合いは、

  • どんな環境で行ったのか
  • セックスなのかオナニーなのか
  • どこを刺激したのか
  • どんなふうに刺激したのか

などのような細かい要素によって大きく変わってきます。

例えば「オナニーでイクよりセックスでイクほうが興奮するから気持ちいい」という女性もいますし、「集中できるオナニーのほうが自分の好きなようにイケる」という女性もいます。

クリトリスやGスポット、ポルチオなど刺激をする場所や刺激のしかたによってもイッたときの快感の強さは変わりますので、「クリトリスでイクよりもGスポットでイクほうがより気持ちいい」と感じる人もいるでしょう。

単に「イク」と言っても女性の場合は個人やその日の状態による差が大きく、一概にこういうものだと定義するのは難しいというわけです。

女の子でイク感覚がわかる人ってどれくらい?

では実際に女の子の中で、イク感覚をわかっている人はどれくらいいるのでしょうか?

女性に対して行った「イク感覚を知っていますか?」というアンケートに対して、「知っている」と答えた人は532名の回答者のうち275名でした。

イク感覚アンケート
出典:ラブリサーチ

この結果は割合にすると約52%に当たります。「知らない」と答えた女性よりはやや多いものの、半分ほどの女性しかイク感覚が分からなかったということになりました。

さらに特徴的だったのは「オナニーでしかイッたことがない」「彼とはイケない」というコメントがいくつか見られた点です。

このアンケート結果からは、オナニーが好きな女性・エッチが好きな女性に関わらず、

  • セックスやオナニーをしていてもイッた実感が得られているとは限らない
  • セックスよりオナニーのほうがイク感覚を得やすい

という傾向があることが分かりました。

セックスの方がオナニーよりイキやすい大きな理由のひとつは、オナニーでは自分の気持ちいい場所を好きなペースで刺激することができるという点です。

このことから、自分のイキやすい性感帯や触り方などのポイントを理解することで、オナニーでもパートナーとのエッチでもイキやすくなると考えられます。

またこのアンケート結果でイク感覚を「知ってる」の回答から多い意見をまとめてみました。

ひとりHでしかイカないけど…ぎゅーって感じ?上手く言えない!

一気に脱力して下半身に力が入らない。頭がボーッとします

何とも形容しがたいのですが、頭の中が真っ白になって天国に昇る様な感覚

たぶん..いった後は力が入らない感じです

頭が真っ白になって、気が遠くなるような感覚。

このように女性の場合は男性の射精感覚とは異なり
「頭が真っ白になる」「ボーっとして脱力する」
そんな表現をする女性がほとんどでした。

女性がイキやすいポイントを動画で解説

ではここからは、女性がイキやすいポイントについて見ていきます。

以下はどれも定番の性感帯ですが、最初は刺激をしてもあまり気持ちよさを感じられない人もいるかもしれません。どこがイキやすいか、どこでイク感覚が好みかはその人によって違いますので、これらのポイントに当てはまらない性感帯がある人もいるでしょう。

自分が気持ちいいと感じる場所を探すようなつもりで、ゆっくりひとつひとつ試してみるのがおすすめです。

女性のオーガズムについて解説したこちらの動画と合わせて、確認していきましょう。

クリトリス

クリトリスの位置がわかるイラスト画像

女性器のいちばんお腹側、尿道口のすぐ近くにあって小陰唇(ビラビラしたヒダの部分)の上端に包まれているのがクリトリスです。「陰核」とも呼ばれ、男性器で言うと陰茎(ペニス)に当たります。

体の外側にあるため自分でも触りやすく、比較的簡単にオーガズムを得られるポイントです。最初から強く刺激すると痛みが出てしまう人もいますので、はじめは優しく、興奮度に合わせてだんだんと強くしていくのが良いでしょう。

クリトリスでイク感覚の特徴は、絶頂の時間が比較的短いことが挙げられます。じわじわと押し寄せていた快感があるとき急に高まり、頂点に達したところですっと引くようなイメージだと感じる人が多いようです。

また一度イッた直後に続けてオーガズムを得ることを「マルチプルオーガズム」「連続イキ」と言いますが、クリトリスではこの現象は起こりにくいとされています。

続けてイケるのは多くても2~3回程度で、人によっては一度イッた後はクリトリスを触られたくないという人もいます。

Gスポット(中イキ)

AGスポットの場所

Gスポットは女性の膣内にある性感帯のひとつで、膣口から2~5センチ程度奥に入ったお腹側の壁にあります。他の部分よりザラザラしているのが特徴で、大きさは10円玉程度です。

自分で指を入れて探すときは、まず手のひらをお腹側にした状態で中指を膣内に挿入し、グッと指を曲げたときに指先に当たった場所がだいたいの位置になります。

人によってはそれより奥や左右にずれていることもありますので、見つからない場合は周辺も触って確かめてみましょう。

Gスポットは膣内にあるため普段は性感帯として意識しにくく、開発が必要な場所です。最初は刺激しても気持ちよくないだけでなく、尿意に近い感覚や不快感がある人もいますが、根気よく刺激を続けることで快感が得られるようになっていきます。

Gスポットでのオーガズムは「中イキ」と呼ばれていますが、絶頂の時間が比較的長く、全身に心地よさが広がると感じる人が多いようです。

「ふわっと空に浮かぶような感覚が長く続く」と感じる人や「体全体に電流が走るような快感が持続する」という人もいます。

Gスポットではマルチプルオーガズムが起こりやすい場所でもありますので、連続イキをしたい人にもおすすめなポイントです。

ポルチオ(奥イキ)

裏Gスポットやポルチオの位置がわかるイラスト

ポルチオとは、子宮の一部のうち膣に飛び出している部分のことです。中央には子宮口と呼ばれる、子宮と膣をつなぐ小さな穴が開いています。

膣口から指を挿入したとき、突き当たり周辺にコリコリ、プルプルといったまわりと違った感触の部分があったり、突起のようなものに触ったりするようならそこがポルチオである可能性が高いでしょう。

しかし膣の長さは平均で8cm~10cm程度ですので、ポルチオに触ることができる女性は少ないと言えます。

排卵日前後や生理前、オーガズムに達した後などは子宮口が膣側に下りてきますので、場所を確認したいときはそういったタイミングを狙って行うのがおすすめです。

ポルチオでのオーガズムは「奥イキ」と呼ばれ、「考えられないような快感が長時間続く」と表現されるようにクリトリスやGスポットよりもはるかに大きい快感が得られるとされています。

慣れないうちは刺激をしても痛みや不快感をおぼえることが多く、開発に時間のかかる性感帯ですが、挑戦してみる価値はあるでしょう。

こちらの動画ではポルチオについて分かりやすく解説していますので、チェックしてみてください

そのほかのイキやすいポイントは?

以上は代表的な女性がイキやすい性感帯ですが、それ以外のポイントでイクことができる人もいます。興味があれば試してみるのもおすすめです。

乳首

「上半身のクリトリス」と言われるほど敏感な乳首ですが、ここを刺激することでオーガズムに達することも可能です。イクときの感覚はGスポットに近く、全身に広がるようなじんわりとした気持ちよさを感じる女性が多いようです。

アナル

女性の直腸内には性感帯がありませんので、他のポイントに比べてアナルでイクのは難しいでしょう。

しかし、アナルセックス独特の排便に近い感覚を気持ちいいと感じたり直腸内の刺激が膣に伝わることで快感を得られたりした場合はオーガズムに達することもあります。

妄想(脳イキ)

体に刺激を与えることなく、性的な妄想だけでイクことを「脳イキ」と言います。自分の好きなシチュエーションで快感を得ることができますので、イク感覚はその人それぞれで違ってきます。

イッた経験があり、なおかつ集中力や妄想力が高い人におすすめの方法です。

セックスでイク感覚を知りたい!イクためのポイント・コツとは?

彼とのエッチでイク感覚を知りたい女性

先ほどご紹介した「イク感覚を知っていますか?」というアンケートで、「知らない」と答えた人は48%弱で、ふたりにひとりの女性がオナニーやセックスをしていてもイク感覚が分からないと感じているという結果になっています。

それと同時に「オナニーではイケるのにセックスではイケない」と悩んでいる女性が多いこともよく分かりました。

オナニーでオーガズムを得られるのであれば、セックスでイケるようになるまではあと少しです。以下のようなポイントやコツを押さえて、挑戦してみましょう。

セックスに没頭できる環境を整える

オーガズムを得るためには、セックスに没頭できる環境を整えることが重要です。

声が外に漏れないような部屋で、室内の照明や温度を調整して快適にエッチができる状態にしておきます。どうしても緊張してしまう場合は好きなアロマを使ったり、ムードのある音楽を小さくかけておいたりする方法もあります。

仕事や家事、勉強などが気がかりで集中できない事があると、ムードを整えても集中できない事があります。また、汗やニオイ、ムダ毛が気になってしまっても、セックスに集中できなくなる要因となるので、なるべくケアできるところは事前にしておくことが望ましいです。

そして、性欲の低下しやすい満腹時や寝不足のときを避けるのも、気持ちを高めるのに効果的です。

前戯は丁寧にしてもらう

愛撫はそこそこに濡れたらすぐ挿入というエッチが定番になっているカップルも多いものですが、時間をかけた丁寧な前戯を行うだけでもイキやすくなります。

前戯を丁寧にすることには

  • 相手からの愛情を感じることでリラックスできる
  • 焦らされることでその後の快感が強くなる
  • 手や口のほうがイキやすい場合がある

といったメリットがあります。

女性がオーガズムを得るためには興奮と安心を同時に感じられる状態が必要ですが、前戯に時間をかけることでパートナーからの愛情を強く感じられ、リラックスしながら快感を得ることができます。

このときは性感帯を刺激することに重点を置くよりも、抱きしめあってお互いの体温を感じたりゆっくりとキスを楽しんだりするのがポイントです。

感じる場所をあえて触らないことで焦らし効果が生まれ、性感帯に触れたときや挿入したときの気持ちよさをさらに高めることができます。

挿入してもあまり気持ちよさを感じられない女性の場合は、手や口を使ってクリトリス、乳首などを愛撫してもらうのもひとつの方法です。ここでも時間をかけて、ゆっくり優しく行うようにしましょう。

要望はしっかり伝える

「そこはもっとゆっくりしてほしい」「それはちょっと痛い」など、セックス中に小さな要望や不満を感じた経験がある人もいるでしょう。

そんなとき、『でも彼は気持ちよさそうだし「こんなふうにしてほしい」なんて言いにくい…』と何も言わずに我慢してしまう人もいるかもしれません。しかし希望や要望があれば勇気を出してパートナーに伝えるのも、セックスでイクためにはとても重要です。

とはいえ、セックス中の不用意なダメ出しは相手を傷つけてしまうことがあります。行為の最中は

  • もっとして
  • そこ気持ちいい
  • ここ触って

など、褒める言葉や簡単な指示をする言葉を中心にして上手にパートナーを誘導しましょう。このような言葉を女性が発することで「自分とのセックスを楽しんでくれている」「彼女が気持ちよくなってくれている」と感じ、さらに興奮を高める男性も多く見られます。

触り方が強すぎたり、痛みがあったりする場合はセックス後に「ここを触るときはもうすこし優しくしてくれると気持ちいい」というように柔らかく希望を伝えるのがベストです。

イクことにこだわらない

イケないながらもセックスを楽しむ男女

自分がイケないことに悩んでしまう女性は多いのですが、イカなくてはいけないと焦る気持ちはプレッシャーになり、それが高じるとセックスを楽しむこともできなくなってしまいます。

女性の中には肉体的な快感より精神的な快感を重視する人が多く、「彼と裸で抱き合っているだけで充分幸せ」と感じる人もたくさんいます。現在のセックスである程度の満足感を得られているのであれば、焦る必要はないでしょう。

イケないことを逆手に取って、彼と「次はこんな方法を試してみたい」「こんな方法はどうかな?」と、いろいろなセックスのしかたを試してみるのも楽しいかもしれません。

シチュエーションや刺激をする場所、順番などに変化をつけてセックスのバリエーションを増やすことは、マンネリ防止にもつながります。

イケないのは悪いことではありませんし、女性がイカないのはダメなセックスというわけでもありません。まずは気持ちを楽にして彼との時間を楽しむのがポイントです。

膣トレをする

オーガズムに達するときに骨盤内部の筋肉が収縮することはすでにお話しましたが、具体的には膣や肛門の動きをつかさどっているのは「骨盤底筋群」という筋肉です。この筋肉は鍛えることでイキやすくなり、イッたときの快感も大きくなります。

それ以外にも骨盤底筋群を鍛えるメリット

  • 挿入時のフィット感が増す
  • 膣の締まりが良くなって彼の快感がアップする
  • 尿モレなどのトラブルが軽減する

といったものが挙げられます。

骨盤底筋群を鍛えるときには膣トレーニング、略して「膣トレ」が効果的です。最も簡単なやり方のひとつは

  • ①姿勢を良くしてまっすぐ立ち、お腹とお尻の力を抜く
  • ②肛門と膣をキュッキュッとリズミカルに3回締めたりゆるめたりする
  • ③尿道口と膣を同じように3回締めたりゆるめたりする
  • ④肛門と膣にギュっと力を入れて10秒強く締める
  • ⑤同じように尿道口と膣を10秒強く締める

という流れで行います。

このような簡単な膣トレなら時間が空いたときに気軽に行うことができますが、より高い効果を目指すならトレーニング用のラブグッズもあります。
下記のは、膣トレにぴったりのアイテムです。インナーボールだけでは物足りないという方にはラブグッズとしても使える「さくらの恋猫NUKUNUKU」がおすすめですよ!

LCインナーボール
デリケートゾーンの引き締めが気になるという人を応援する、膣のエクササイズ・グッズ『インナーボール』!彼に『もっとギュッとして』と言われた経験はないですか?どうにかそれをエクササイズで改善できないかと考えられたのがこの『LCインナーボール』です。
内側からきゅっきゅっとエクササイズをして、インナーマッスルをケア!ウエストのエクササイズにもなり、憧れのボディラインも目指せます♪女性の美しさを内側から磨いて、パートナーも離れられない魅惑のボディを目指しませんか?
LCインナーボールの詳細はこちら
さくらの恋猫NUKUNUKU
膣トレってどうすればいいの?と悩んでいる女性にピッタリ!
NUKUNUKUならスマホとボイスが連動して、振動の合図に合わせて膣トレが簡単にできます! 一人エッチしながら楽しく肌の引き締めを体験できる『さくらの恋猫 NUKUNUKU』。 キュッと引き締めて深い快感を堪能する…膣トレ&感度磨きアイテム!
さくらの恋猫NUKUNUKUの詳細はこちら

また、下記の動画は膣トレにも役立つ骨盤底筋のトレーニング動画です。合わせてチェックしてみてくださいね!

オナニーで慣れておく

セックスをしていてもなかなかイケないという人の場合、「どうすれば自分が気持ちよくなるか」を分かっていないこともよくあります。

例えば

  • どんなシチュエーションが興奮するか
  • どんな触り方が気持ちいいと感じるか
  • どこを触られると気持ちいいのか

といった点を理解しておけば、それに沿ったセックスをすることでイキやすくなります。

自分の好きなセックススタイルを理解するためには、普段からオナニーをして慣れておくのが最適です。自分がオナニーをするときの妄想や触り方、触る場所などを彼と共有してセックスに応用してみましょう。

オナニーをすることに抵抗感のある女性もいるかもしれませんが、セックスの練習だと思って積極的に行うのがオーガズムへの近道です。

まだイッた経験がない場合はオナニーで感覚をつかむのが◎

ひとりエッチでイク感覚を身に着けようとしている女性

ここまでセックスでイクためのコツを紹介してきましたが、オナニーでイッたことがない人がセックスでオーガズムを得るのは難しくなります。まずはオナニーでイク感覚を体験してから、セックスでイクことを目指してみましょう。

セックスの経験がない女性でも、オナニーでイク感覚をつかんでおけばセックス時にイキやすくなり、恐怖心や不安感を薄めることができるというメリットがあります。

以下に挙げたのは、オナニーをする際にイキやすくなるコツです。これらのポイントに注意して試してみてください。

女性のオナニーの仕方が知りたい場合は、こちらの記事に詳しくまとめられています。

リラックスした状態で行う

セックスと同様、オナニーでもリラックスした状態で行うことはオーガズムを得やすくしてくれます。自分ひとりだからと軽く考えず、適度な室温や明るさになるように気を配りましょう。

イクときは性器の周辺が充血した状態になりますので、体温を少しだけ上げておくと絶頂に達しやすくなります。ゆっくりとお風呂に入った後やセルフマッサージの後に、そのままオナニーをするのもおすすめです。

イクことを目的にするのではなく、まずは自分の性感帯や感じる方法を探すつもりで気軽に行うのが良いでしょう。

オナニーに集中する

オナニーはセックスと違い、相手がいないため集中力が途切れやすいという問題があります。そのため途中で気を散らしそうなものはそばに置かず、気になっていることは片付けてから行うのがポイントです。

具体的には、

  • 携帯電話やスマートフォンの電源は切る
  • 時計は見えない位置に置く
  • 目覚ましやアラームは切っておく
  • ラブグッズは手に取りやすい位置に置いておく
  • 仕事や家事、勉強などで気にかかることがないときにする
  • 声を出しても問題ない場所でする

などに気をつけておくと集中しやすくなります。

特に携帯電話やスマートフォンは、音が出ない状態にしていても画面が光ったり表示が出たりすると気になってしまうものです。オナニー中だけは電源を切って集中力を高めておきましょう。

自分の好きなシチュエーションやプレイを妄想する

オナニーならではのイキやすくなるコツに「自分の興奮しやすいシチュエーションを妄想しながらする」というものがあります。

彼とイチャイチャしながら楽しむエッチだけでなく、拘束や言葉責めなどのSMプレイや屋外での痴漢プレイ、複数プレイなど実際にはできないようなセックスも妄想の中なら自由に行うことができます。

自分の好きなプレイを探すときには、アダルト動画や小説、漫画などの内容を自分がされているところを想像して興奮するかどうかがポイントです。

オナニーをするときの興奮材料にするものを俗に「オカズ」と呼びますが、ただ性感帯を刺激するだけよりも自分の好きなオカズを使って妄想することでよりイキやすくなります。

「こんなプレイで気持ちよくなるの?」という内容でも、実際に妄想してみると意外に気分が盛り上がる場合もあります。いろいろなシチュエーションやプレイを想像して、好みのものを探してみましょう。

最初はクリトリスオナニーから始める

女性の体には刺激をすることでイキやすい場所がたくさんありますが、中でも特にイク感覚をつかみやすいのがクリトリスです。

クリトリスには

  • 刺激してすぐに快感が得られる
  • どこにあるかが分かりやすい
  • 指だけで手軽に刺激できる
  • 刺激してからイクまでの時間が比較的短い

といった特徴があります。膣内に触れる必要がないため、セックスの経験がない処女の女性でも気軽に試せるスポットだと言えるでしょう。

今までイッた経験がない人はまずクリトリスオナニーから始めて、その後にGスポットやポルチオなどの性感帯に移行するのがおすすめです。

こちらの記事では、クリトリスオナニーのやり方や注意点、参考になる動画の紹介などをまとめています。ぜひチェックしてみてください。

クリトリスオナニーのやり方が知りたい方におすすめの記事はこちら

ラブグッズを使ってみる

オナニーの経験があまりない女性の場合は、手指をどう動かせば気持ちよくなるか分からない人も多いものです。ある程度の快感が得られてもイクまではいかないということもあります。

そんなときにぴったりなのがラブグッズです。ラブグッズには様々な種類がありますが、最初は「ローター」と呼ばれる手のひらサイズのものが良いでしょう。

一般に「ピンクローター」と呼ばれるカプセル型の本体とリモコン部分がコードでつながっているタイプのグッズなら、見た目がかわいらしく価格も安いため手に取りやすくなっています。

ICピンクローター
一人で使えば、自分のボディを「もっと感じるカラダ」に導くことができ、ラブタイムに取り入れれば、二人で盛り上がれること間違いなし♪
こちらは、『IC』という名前の通り、通常のローターよりも高機能!振動の種類が豊富。3種の感じ方を楽しめます!下着の上からバイブレーションを感じたいとき、直接の刺激で官能的に乱れたいとき等々、気分に合わせて振動を使い分けて楽しんでください。
ICピンクローターの詳細はこちら

イク感覚を知ってオーガズムに備えよう!

イク感覚を身に着けようとしている女性

セックスやオナニーでイク方法はある程度のパターンや基本の方法がありますが、同じやり方をしても実際にイク感覚は人それぞれ違います。その時の興奮度や相手に対する愛情の度合いによってもまた変わってくるでしょう。

より気持ちいいオーガズムに達するために必要なのは、自分のイキやすいやり方を見つけることです。「これならイケる」という定番の方法が見つかれば、あとはセックスでもオナニーでもイケるようになりますので、いろいろな方法を試してみて自分のイキやすいやり方を見つけてみましょう。



今夜、気持ち良くなれる情報をお届け♪

LC編集部の紹介画像



人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集


さくらの恋猫紹介

  • 夜のお道具箱