処女膜は処女にしかない?形や位置を画像でチェック!破れる痛みや再生の疑問について【快感スタイル】

処女膜について調べている女性

目次
最先端のラブグッズで「もはやセックス」の快感!
さくらの恋猫:ボイス連動ラブグッズ

「さくらの恋猫」は業界初のボイス・動画連動型のラブグッズ。

エッチなボイスや、女性向けのアダルト動画の内容に合わせて、自動で振動!全く意図しない動きをするから、まるで一人エッチではないような気分が味わえます!

妄想と現実が限りなく近接した「もはやセックス」な新感覚のオナニー体験してみませんか?

処女膜とは、性的経験のない女性にあると考えられている膣内の組織のことです。処女膜が破れることは文学的表現で「破瓜」とも呼ばれ、処女膜は処女性を表す純潔なものとして考えられてきました。

しかし実際の処女膜は、セックス経験の有無はもちろん、出産しても残ったり再生したりしていることもある個人差の大きい器官です。その形や厚さも人それぞれで、一概に一つのイメージに当てはめることはできません。

ここではそんな個性あふれる処女膜について画像を交えながら、位置や種類について紹介していきます。痛みを避ける方法も解説していますので「処女膜を破るのが怖い…」という女性はぜひ参考にしてみてください

そもそも処女膜とは?どこにある?セックスの経験で破れる?

処女膜がどこにあるのか考えている女性

セックス経験の有無や神聖なものとして扱われることの多い「処女膜」ですが、その詳しい内容については意外と知られていません。広く知られている「処女であれば初セックスの際に出血をする」という考えも実は医学的根拠はない迷信のようなものです。

また「膣内をふさいでいる膜がある」という認識も間違ったイメージになります。しかし、女性の膣内に処女膜があるというのは事実で、セックスによる影響があることもまた本当の話です。処女膜の形や大きさには個人差があり、人によってセックスの際に出血したり痛みが走ったりすることもあります。

ここでは処女膜の正体からセックスとの関連性、痛みや出血が起こる理由について解説していきます。「セックス未経験で処女喪失が怖い…」という女性は、安心して初体験にのぞむためにも、ぜひチェックしてみてください。

処女膜とはどんなもの?

「処女膜」は名前の響きから膣内に張っている膜のようなイメージを持たれがちですが、実はその形状は膜ではなく粘膜のヒダであり、破れるようなものではありません

たしかに見た目的には薄い膜が張っているようにも見えますが、中央には小さな穴がいくつか開いていることが特徴です。ほとんどの人は中央に鉛筆一本分、直径2cm程度の穴が開いており、そこから月経血やおりものが出てきています。タンポンを入れられるのも、この穴が開いているからこそ可能な行為です。

形や厚さには個人差があり、厚みの平均は大体1mmほど。形にはドーナツ状や半月型、二つ穴や三つ穴が開いたものなどが挙げられます。

処女膜は処女にしかないもの?

処女膜がある=処女である、という医学的な定義はありません。処女膜とは女性の膣内にある薄いヒダを指しますが、伸び縮みする性質を持ち合わせている点も特徴です。

その伸び方は人によってさまざまで、あまり伸びず厚みも薄い人であった場合には初セックスの前に処女膜が無くなってしまっているケースもあります。この原因として起こりやすいのが、コンスタントに行う激しい運動や、バイブなどを挿入したオナニーです。

また反対に、伸びやすい性質であったり運動やタンポンの使用で処女膜が伸びやすく広がりやすくなっていたりする場合には、セックス経験後にも残っているケースがあります。つまり処女膜はセックス前に無くなっていることもあれば、出産を経ても残っていることのある、非常に個人差の大きい組織です。

処女膜はどこにある?

初めのころ処女膜は外陰部に飛び出していることもありますが、日数の経過によって次第に膣内へと収納されていきます。そのためその位置はかなり浅く、入り口から約1~2cmのところにあります。

以下のラブコスメのSNSでは、処女膜の基本知識を解説した投稿を紹介しています。処女膜にまつわる間違いを指摘して、本来の正しい知識を画像と合わせて紹介しています。

画像では、膣を正面から見たときの処女膜の形や場所がイラストで分かりやすく描かれています。初体験における痛みや出血の原因についても詳しく解説していますので、処女膜の位置を確認するとともにその仕組みについても知っておきましょう。

処女膜は破れると痛い?必ず血が出る?

処女膜の出血や痛みについて不安そうな女性

「初めてのセックスは痛いもの」、そう思っている女性は意外と多いのではないでしょうか。しかしその理由が「処女膜が破れるから」というものであれば、実は少し異なります。

膜ではなくヒダにあたる処女膜は形や厚さ、伸び方など人によってさまざまですが、どんな形状であっても出血を起こす直接の原因にはなりません。デリケートで繊細な膣内は小さな刺激でも痛みを感じやすい場所でもあるため、初体験時の痛みは色んな要因が合わさって生まれるものです。

一般的に「処女膜が破れる」と表現される、初体験時の痛みや出血の理由について知っていきましょう。

初体験が痛い理由

処女膜が破れるというのはつまり、処女膜とされるヒダが激しい運動やセックスの挿入によって損傷し、粘膜が裂けてしまうことを指します。そのため、破れるというよりは切れる、裂ける、というのが正しい表現といえるかもしれません。

初体験が痛くなるのは、まだ挿入したことがない狭い膣内に無理やりペニスを入れるから起こる現象です。
処女膜が裂けるからというよりは、初めての挿入で

  • 膣内部が損傷する
  • 潤い不足で摩擦が起きる
  • 膣内が圧迫される

といったことが起こるため、強い痛みが生じるとされています。しかし、なかには痛みを感じなかったという女性も一定数いるため、初体験時の痛みはパートナーとの相性やセックス時の環境によっても左右されるといわれています。

また、処女膜が破れる瞬間は運動中でも訪れます。セックスと違い、膣内の摩擦や圧迫などがない運動中ではそのこと自体に気付かないケースも多く、処女膜の喪失は必ずしも痛みを伴うものとは言い切れません

初体験で出血する理由

初体験で出血してしまうのは、処女膜が破れるためではなく初めての挿入によって膣内の柔軟が足りず膣内が傷付いてしまうために起こります。そのため、初体験では必ず出血するというのも誤った考え方です。まれに「出血しない=処女ではない」と考えてしまう人もいますが、ラブコスメでのアンケート調査では、200人中の約半分、53%の女性が初体験のときに出血しなかったとするデータも出ています。

処女膜は思春期になると弾性になっていく傾向があり、ほかの組織と比べても比較的柔軟性のあるパーツです。そのため初体験やスポーツで裂けたとしても一度伸びきってから、限界を超えて裂けてしまったというケースが多く、出血することはほとんどありません

「処女膜が破れる=必ず血が出るわけではない」というのも、正しい処女膜の知識として覚えておきたいポイントです。

いつ処女膜はできるの?確認できるの?

謎や疑問が多い処女膜ですが、その形成期にも意外な事実が隠れています。ここでは、処女膜の謎や疑問について解説している動画をご紹介します。

処女膜ができる時期について動画でチェック

女性の身体特有のメカニズムである処女膜がいつからあるものなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。実は処女膜ができるのは、まだお母さんのお腹の中にいる胎児時代にさかのぼります。

お腹の中で男の子か女の子かに変化する身体の成長は第一次性徴と呼ばれ、このときに子宮や卵巣とともに作られるのが処女膜です。第一次性徴では膣なども形成されるので、処女膜はその一部として形成されます。

処女膜ができるタイミングについては、ラブコスメによる「【LCエッチ動画】処女膜はいつできるのでしょうか?」で詳しく解説されています。相談しにくいセクシャルな悩みについてトークする動画内では、出演する女性陣による処女膜の知識なども語られていますので、自分の性知識と比べながら鑑賞してみるのもおすすめです。

処女膜の確実な確認方法はない

形状に個人差があり、人によっては無くなっていることもある処女膜ですが、それを確認してみたいと考える女性は多いかもしれません。しかし確実に有無を判断できる処女膜の確認方法はなく、その判定は医師であっても難しいといわれています。

指を通して確認する方法もありますが、処女膜にはもともと穴が開いているため指一本程度であれば挿入することが可能です。それ以上の本数に増やすと初めてのセックス時に起こるような膣内の摩擦や圧迫、痛みが生じますので、無理な挿入はしないように注意しましょう。

また、膣前に手鏡などを置き自分で膣を広げて見る方法というのがあります。しかし、こちらの方法だと小陰唇のヒダに隠れていたり目視できる距離になかったりしますので、確実とはいえません。いずれにせよ、処女膜の有無について基本的には確実に確認できる方法はないものとして考えた方がよいでしょう。

初体験の際に処女膜が切れる痛みを避けるには?

初体験の時に痛みの対策方法が知りたい女性

とはいえ、処女膜が切れる痛みと初体験時の痛みはなるべく軽減しておきたいものです。ここでは処女膜が切れるのを恐怖に感じる女性のために、おすすめのラブグッズやその使い方について紹介していきます。

ローションの使用

初体験では緊張やプレッシャーのあまり、身体が必要以上に強張ってしまうことがよく起こります。この身体の強張りは膣内にも及び、膣内が緊張して硬くなると本来潤滑剤として分泌されるはずの体液が分泌されないという事態を引き起こします。すると通常よりも刺激や摩擦に敏感になってしまい、初めて挿入されるペニスの圧迫感や刺激を痛みと感じてしまう原因に。

そんなときには、ラブコスメの「LCハーバルローション」がおすすめです。アロエやハチミツなどの植物原料を配合したナチュラル仕様のこちらはローションにありがちなベタつきが少なく、ウォーターベースの独特なとろみによる滑らかな使用感で、初心者でも安心して使うことができます。

使うときには彼のペニスや膣の入口へと塗りこんで、痛みを和らげるためにもたっぷりと使いましょう。使用後は水で簡単に洗い流すことができますので、そのままお風呂でイチャイチャするのもおすすめです。

LCハーバルローション
アロエの保湿感&ハチミツで潤いプラス♪マッサージにも使えてラブ度アップ!
潤い不足の潤滑ゼリーとしても、2人で楽しむためにもおすすめのLCオリジナルの自然派ラブローション。
イク感覚を探りあうため、ラブタイムが長くなってもラブローションを使ったマッサージのしあいっこで乾かないで楽しむことができます。
LCハーバルローションの詳細はこちら

オナニーで慣らしておく

処女膜が切れる痛みを和らげるには、セックスの予行練習としてラブグッズでの挿入に慣れておく方法もあります。ラブコスメでは処女用バイブとして、タンポンサイズのバイブも販売しています。

人気の処女用バイブ「メシベ」は、未経験で使いやすい最大直径1.5cmの細さが特徴です。長さも4.5cmとタンポンと変わらないサイズになりますので、挿入そのものに慣れるためのバイブとして活用することができます。

また先端のフォルムはあえて少し斜めになっており、未経験の狭い膣口でもスムーズに入りやすい設計。さらに先端部分はバイブレーション機能も備えているため、中から伝わる刺激を体感することも可能です。セックス未経験者はもちろん、

  • 初体験の予行練習をしておきたい
  • 挿入の刺激や快感を知りたい
  • 挿入に慣れた身体を準備しておきたい

という方にもおすすめのラブグッズです。

ラブデビューシリーズ メシベ
直径1.5cmでもしっかり震えて携帯にも便利なラブグッズ♪
ヒダを傷つけたり、無理に広げる心配もないのでセックス未経験でも安心してご利用いただけます、タンポンサイズで比較的手に取りやすいイメージのラブデビューシリーズ!
ラブデビューシリーズ メシベの詳細はこちら

処女用バイブについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック

性経験がなくてもラブグッズを使って良いの?

セックスの経験がないのにラブグッズを使うことに抵抗がある、という女性は意外と多いかもしれません。しかし、身体を守るためにラブグッズで慣らしたり、性欲をラブグッズで解消したりすることは性別に関係なく誰しもが行っていい正しい行為です。

女性の身体はデリケートである分、女性自身が自分の身体について知っておくことは満足度の高い性生活を送る上での大切なヒントになります。

ラブコスメのラブグッズを通した女性のセルフケアの重要性を唱える「女性のためのセクシュアルヘルスケア」の取り組みを「パレットーク」さんのnoteでもご紹介をいただいています。Twitterやnoteから女性の体験談などもチェックするのができますので、ラブグッズに抵抗のあるという女性はぜひ一度のぞいてみてください。

処女膜の形や種類によっては痛みを感じることも

処女膜が破れる際の痛みはローションやオナニーで軽減することができますが、処女膜の形によっては、痛みを感じてしまうこともあります。

処女膜の形には個人差がありますが、大きく分けて二種類。「開口部の形によって分類されるもの」「損傷によって分類されるもの」に分かれていますので、それぞれの特徴について解説していきます。オナニーで痛みを感じた時にも原因として考えて病院で診断を受けることができますので、どんな種類があるかについても、ぜひ知っておきましょう。

開口部の形によって分類される種類

開口部の形によって分類されるのは以下の8種類です。

開口部の形によって分類される処女膜のイラスト1

開口部の形によって分類される処女膜のイラスト2

環状処女膜

中央部に小指ほどの穴が開いた「環状処女膜」は処女膜で最も多いパターンです。基本的には挿入に何の問題もなく、セックスによって穴が裂け広がっていきます。

分葉状処女膜

環状処女膜と同じく中央に穴が開いており、さらにそこから広がっているのが「分葉状処女膜」です。形状のために環状処女膜よりもやや裂けやすくなっています。

剪裁状処女膜

「剪裁状処女膜」はY字に切れ目が入っているような形をしています。穴というよりも線状に開いているため広がる際には痛みを伴うこともあります。

垂直状処女膜

縦方向に一本の筋が入ったような形をしているのが「垂直状処女膜」です。こちらも線状に開口している処女膜になりますので、痛みを感じる可能性は高いといわれています。

篩状処女膜

「篩状処女膜」は小さな穴がいくつか開いているような処女膜のことです。膜の一部はつながっていますので、希望すれば婦人科で切ってもらうこともできます。

二ツ孔状処女膜

大きめの穴が左右に一つずつ存在する「二ツ孔状処女膜」は、穴を分けている中央の膜がポイントです。ここが裂ける際に痛みを感じるかどうかが、初体験で痛みがあるかどうかの基準となります。

半月状処女膜

「半月状処女膜」は、横に寝かせた半月のような形をした処女膜です。環状処女膜よりも均一に広がっているため、痛みはあまり生じないといわれています。

さく状処女膜

半月状処女膜よりも横に広がった形で開いているのが「さく状処女膜」です。こちらも比較的痛みが少ない形状といわれています。

損傷によって分類される種類

損傷によって分類される処女膜のイラスト

損傷によって分類されるのは以下の3種類です。

破綻処女膜 

セックスや激しいスポーツなど外部からの力によって損傷したパターンが「破綻処女膜」です。

処女膜痕

「処女膜痕」は出産などを経て、処女膜が完全になくなった状態です。周囲にかろうじて残った処女膜の痕が見られます。

閉鎖処女膜

「閉鎖処女膜」は完全に膣内がふさがってしまっている処女膜のことです。こちらは本来排出されるはずの月経血なども溜まってしまうため、場合によっては処女膜切開術が必要になる症状でもあります。

処女膜は再生するの?

セックスや外部からの力で裂けてしまう処女膜ですが、実は手術で再生する方法や自然再生してしまう例もあります。

処女膜を再生する手術

「処女膜再生」と呼ばれるこちらの方法は、裂けたり切れてしまったりした処女膜を、細い糸で元通りに縫い合わせる手術のことです。処女膜の形に個人差があるように裂け方や切れ方も人によって異なるため、女性の処女膜の形を確認しながら臨機応変に施術されます。

自然再生してしまう例

まれに、手術などをしなくても処女膜が勝手に再生してしまうケースもあります。これは身体がケガをしたとき修復しようとするのと同じように、裂けた処女膜を元に戻そうと身体が勝手に治癒させてしまうために起こると考えられています。

しかし、これは大変珍しい症例です。基本的には処女膜は自然再生するものではありませんので、そういうものとして捉えておきましょう。

処女膜のまとめ

処女膜について不安が解消した様子の女性

処女膜は女性の身体に必ずある器官でありながら、誤解も意外と多い組織です。処女膜は処女を意味するものではありませんが、女性にとって膣内の清潔を守ってくれる大切な器官でもあります。

ラブグッズやオナニーを活用すれば初体験の痛みも抑えることができますので、痛みや出血を怖がるだけでなく自身の身体の仕組みについて詳しく知っておきましょう。


今夜、気持ち良くなれる情報をお届け♪

LC編集部の紹介画像




今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集


さくらの恋猫紹介

  • 夜のお道具箱