イク瞬間って?どんな事考えてる?女性がイク瞬間(絶頂)について徹底解説【快感スタイル】

イク瞬間について考えている女性

目次
最先端のラブグッズで「もはやセックス」の快感!
さくらの恋猫:ボイス連動ラブグッズ

「さくらの恋猫」は業界初のボイス・動画連動型のラブグッズ。

エッチなボイスや、女性向けのアダルト動画の内容に合わせて、自動で振動!全く意図しない動きをするから、まるで一人エッチではないような気分が味わえます!

妄想と現実が限りなく近接した「もはやセックス」な新感覚のオナニー体験してみませんか?

イク瞬間は人によってさまざまな感覚に襲われるもの。とはいえ、正確にイキそうになる感覚を分かっているという人は意外と少ないかもしれません。特に女性がイク瞬間は見た目にも分かりにくいため、女性のなかには自分でもイク瞬間が分からないと悩む人も。

そこで、ここでは女性のイク瞬間のメカニズムを場所ごとに解説。男性のイキ方との違いや、オーガズムについても説明していきます。

またオナニーとセックスにおけるイク瞬間の違いもまとめています。イク瞬間を知ることは、快適なセックスライフを過ごすための第一歩。イク瞬間の動画や体験談も載せていますので、合わせてチェックしてみてください。

女性がイク瞬間ってどういう状態?

イク瞬間のメカニズムについて知りたい女性

女性がイク瞬間というのは、いわゆる「オーガズム」に達する瞬間のこと。射精を伴う男性とは異なり、女性では内側からこみ上げるようなセックスでの絶頂体験のことを指します。

しかし、男性のように見た目には変化が分かり辛いのが、女性のオーガズムの特徴です。一言でイク瞬間といっても女性によって感じ方はさまざまで、一概にこれという感覚では言い表せません。

ただし、身体の反応にはある一定した特徴もあります。身体の変化と感覚の両面から、女性のイク瞬間のメカニズムについて探っていきましょう。

女性がイクときのメカニズム

女性がイクまでのメカニズムは、性器の触れ合いやキスやハグによる精神的な興奮によって生まれます。女性は特に男性よりも精神的な結びつきから幸福感を得て快感につなげるケースも多く、何でイキそうになるかは人によってさまざま。

また女性のイキ方には、クリトリスへの刺激でイク「外イキ」と、膣内の刺激でイク「中イキ」の二種類が存在します。どちらも射精のような生理現象は目に見えて起こりませんが、一般的にほとんどの女性が体験していると考えられるのはこの「外イキ」の方です。

クリトリスはいくつかある性感帯の中でも刺激に反応しやすい傾向にあり、初めての場合でもイクことができる場所といわれていますが「外イキ」と「中イキ」で身体の変化はほとんど変わりません。しかしより強い快感を得やすいのは膣内でイク「中イキ」。両方のイク瞬間のメカニズムを比較してみましょう。

外イキする瞬間のメカニズム

外イキでイクためには、クリトリスへの性的刺激が必要となります。クリトリスには快楽を得やすい神経が8000以上も密集しており、少しの刺激でも大きな快感を得ることができます。快感の種類としては、乳首をいじられるような感覚と似ているかもしれません。

クリトリスを刺激し続けると身体の性的興奮が高まり、クリトリス自体が膨張。全身を脈打つスピードも速まって、足先から頭へ一気に登りつめるような快感が走ります。この瞬間的に加速するオーガズムが、「外イキ」の大きな特徴です。感覚としては、

  • 身体がどんどん敏感になる
  • 電気が走ったみたいにビリビリする
  • 快感以外、何も考えられなくなる
  • 頭が真っ白になっていく

といったものが挙げられます。では身体の内側からオーガズムを迎える中イキはどうなるでしょうか。

中イキする瞬間のメカニズム

膣内からの刺激でイク「中イキ」は、Gスポットやポルチオへの刺激が必須。どちらも刺激を重ねていくことで快感を得られるようになるため、ほとんどの場合において開発が必要な性感帯です。

しかし一度開発してしまえば、その快感は「外イキ」にも勝る大きなものに。身体の中にあるパートナーのペニスも感じながらイクことのできる多幸感の強いオーガズムスポットです。

Gスポット

Gスポットは、もともとオーガズムを起こすことで精子をより受け入れやすくするための場所ともいわれており、刺激によって膣内も濡れやすくなるのが特徴です。刺激を与え続けることで膨張し、膣内でも愛液の分泌が始まります。興奮が頂点に達すると快感は一気に高まっていき、「おしっこしたい」ような感覚に陥るのがイキそうになっている合図。イク瞬間は、

  • 我慢していたおしっこが出てしまったような感じ
  • 急に身体から力が抜けてしまう
  • 身体がビクビクと痙攣する
  • ジワリと快感が身体に広がっていく
  • 身体の中から強い快感がこみ上げてくる

といった感じ方をする人が多く、急激に力が抜けやすい点や快感が広がっていく様子がGスポットでの中イキの特徴といえます。

ポルチオ

膣内の最深部にあり子宮の入り口にあたるポルチオは、異物感や違和感も覚えやすい非常にデリケートな場所。しかし開発を進めることで、ほかの性感帯とは比べものにならない強烈な快感を得られるともいわれています。

ポルチオでイクためのメカニズムはまず、刺激を快感と置き換えることから始まります。子宮の一部でもあるポルチオは刺激がダイレクトに伝わりやすく、身体全体が揺さぶられているかのような感覚が訪れるのが特徴です。この刺激を快感に変えると非常に大きな快感へとつながっていき、オーガズムでは全身に行き渡るような強い絶頂が短い間隔で何度もやってきます。感覚としては、

  • 意識が薄れそうになる
  • 天国に上るような感覚
  • 快感が大きすぎて怖くなる

というような意見が多く、かなり強く深いオーガズムが訪れることが分かります。

イク瞬間の身体の反応

イク瞬間を迎えている女性

とはいっても、これらの感覚はあくまで当人である女性がイク瞬間に感じているものであるため、イキそうになっていることは見た目にはハッキリと分かりません。しかし、実際にはどのオーガズムの際にも身体の中で膣や子宮または肛門括約筋などが激しく伸縮運動を続けています。

実はこの伸縮運動によって、イク瞬間の女性の身体はかなり激しい消耗を行っている最中。身体の状態からその変化を確認することも可能です。見た目にあらわれる身体の変化は、以下の通り。

  • 全身に力が入る
  • 身体やクリトリスが一気に熱くなる
  • 呼吸が早くなり乱れていく
  • 無意識に身体がビクビクと痙攣する
  • 膣内がギュッと締まる
  • 声が出せなくなってしまう

子宮の動きまでは分からなくても、セックスやオナニーの最中に身体が上記の状態に陥っていたら、イキそうになっている証拠かもしれません。刺激している場所ごとのイキそうな感覚も合わせて見てみると、自分のイキそうな瞬間が把握しやすくなります。

男性とのイキ方の違い

ここまでは女性のイキ方について解説しましたが、男性のイキ方となると女性とはまた異なった特徴が出てきます。

男性のオーガズムの最大の特徴は「射精」があることです。その瞬間に至るまでのメカニズムは女性よりも性的刺激によるものが大きく、男性の場合は物理的な刺激が快楽と興奮に強く関係しているといわれています。男性がイク瞬間は、

  • 溜まっていたものが一気に放出される直前の開放感
  • 絶頂の気持ちよさは一瞬で、すぐに平常心に戻っていく
  • 達成感がある

といった感覚に襲われるケースが多く、一気にピークに達する女性とはやや異なります。男性はイクまでの過程ではマラソンのように強すぎない一定の快感が持続し続けていることが特徴で、イク瞬間には「やっとイケそう」というような開放感が訪れるようです。

女性によくある全身の脱力は同じように起こるものの、快感の度合いは女性より男性の方が低め。男性は健康な精子をキープするために日常的に射精を行う必要があることも、その要因の一つです。女性よりも頻繁に射精を行ってオーガズムを迎える男性はイクこと自体に身体が慣れている場合が多く、女性のように強い脱力感や身体の痙攣が起こることがあまりありません。

オーガズムに達するまでの平均時間女性が20分ほど。それに対して男性は、もっと短い時間で済むといわれています。女性のイク瞬間が男性よりも激しい変化に襲われるのは、こうしたメカニズムの違いによるものといえます。

では、女性がイク瞬間のオーガズムについて解説しましょう。

女性のオーガズムについて

女性のオーガズムはもともと生殖機能をより強くさせるためにあると考えられています。主な理由は、

  • 排卵を誘発させるため
  • 膣内を潤して痛みを軽減させるため
  • スムーズな着床を促すため

といったもので、妊娠を手助けする役割がほとんどです。また「デリケートな膣内を刺激や摩擦から守るために体液を分泌するオーガズムが必要不可欠」という考えもあり、快適なセックスのためにオーガズムは欠かせないポイントといえます。

ずっと緊張状態にあった身体が一気に解放される瞬間を指すオーガズムは、前後の強い快感と力の抜けたリラックス状態も特徴の一つ。ストレス緩和や安眠効果もあるとされているため、セックス以外にも健全な生活をサポートしてくれる行為といえるかもしれません。

女性がイク瞬間、みんなはどんな感じになるの?

女性のイク瞬間について調べている女性
女性がイク瞬間の感覚は人によってさまざま。それでも他の人がどんな状態になっているのか知りたい方も多いかと思います。

女性を対象に「オーガズムを経験したことはありますか?」という質問でアンケートを実施したところ「はい」と答えた回答者に対してさらに、「オーガズム(イク瞬間)の感覚を詳しく教えてください」という質問を行いました。

オーガズムアンケート
出典:ラブリサーチ

すると、多少の感じ方の違いはあるものの、似たような感覚がいくつか寄せられる結果になりました。多く集まっていた代表的な例について見ていきましょう。

膣内が痙攣する

まず多く見られたのは、「膣内に痙攣を感じる」という意見です。これはオーガズムを迎えそうになっている身体の状態を考えると当たり前の感覚で、膣内の感覚が非常に敏感な人に見られます。

私の場合、イク直前、彼の愛撫で勃起した乳首やクリの快感が、急に子宮に集中したかと思うと、膣痙攣が始まります。膣の痙攣が始まると止めようがなく、さらに全身に電気が走って、体がのけぞり、手足がピクンピクンしだします。意識は朦朧として、30秒ほど経つと、全身の力が一気に抜けて動けなくなります。それ以上続くときは、完全に意識がなくなり、目を覚ましたとき、絶頂感の余韻のみ残っています。

女性の身体はイキそうになると膣内から子宮、その周辺にある筋肉が一気に収縮をスタート。すると膣内での収縮も激しくなっていき、イク瞬間はそのスピードはピークに到達します。イッた後には急激な伸縮のためビクビクとした痙攣が起こり、この動きは意識しなくとも起こってしまう余韻のようなものです。

イクまでの身体は全身の筋肉がまんべんなく刺激され続けている状態にあるため、身体に力が入りやすくなっている状態。これがイク瞬間に膣内が痙攣してしまう理由です。

身体の中から快感がこみ上げてくる

続いて特徴的だったのが「身体の中から何かがこみ上げてくる」という回答です。身体の中は深いところ、奥の場所と表現している人もおり、中イキだからこその快感の深さがうかがえます。

わたしの場合、内側から込み上げてくるゾクゾク感(もちろん気持ちいい方の)があり、無意識に息を止めていて彼のをキューっと締め付けてる感覚で、ほんとに何も考えられなくて感覚だけがあるような感じです。

こみ上げてくるものについては上記のようにゾクゾク感と例える人もいれば、「電気」「気持ち良い感覚の波」と例える人もいました。どちらにしてもオーガズムを迎える瞬間には、言いようのない快感が押し寄せてくる人が多いようです。早まっていく身体の収縮で、これから訪れる大きな快感を察知するがための感覚ともいえるでしょう。

頭が真っ白になる

また、ほかにも多かったのが「真っ白になる」という意見。実はこの状態になるにもしっかりとした理由があります。

頭が真っ白になり、ゾクゾクとした感覚がきてアソコがぎゅーって締まります。

セックスやオナニーの最中は、性感帯への刺激が続くことで血液が膣内や子宮に集まっている状態。一時的に頭に回っているはずの血液も、そこへ流れていくようになります。すると、血液も足りなくなり、一種の酸欠状態となってしまうのです。

もちろんこれはオーガズム前における一時的な状態ですので、身体自体に害のあるものではありません。しかし、イク瞬間になると他のことは考えられなくなり頭が真っ白になってしまうのには、こうしたメカニズムが働いています。

一般的なイク瞬間の特徴とは?

ここまではアンケートをもとにして代表的なものを紹介しましたが、一般的に見て多いイク瞬間の感覚は、他にもいくつか存在します。

身体や意識が急上昇する感覚

これは突き上げるような快感に合わせて、身体や意識も一緒に高ぶっていくような状態です。身体が一気に力みやすく、息もできないような感覚に陥ります。ジェットコースターで急降下するときのような感覚をイメージすると分かりやすいかもしれません。

身体がフワフワと浮くような感覚

これもエクスタシーを迎える前に起こりやすい状態。長く緊張状態にあった身体全体の力が一気に抜けていくことで、身体の重みが無くなったような感覚になるためと考えられます。「頭が真っ白になる」状態の身体バージョンで、そのまま眠ってしまう人もいるようです。

我慢していたものを解き放つ感覚

「もうだめ」「おかしくなりそう」という言葉が出てしまうときは、この感覚に近い状態かもしれません。我慢しているものは大きなオーガズムだったり、尿意に似た感覚だったりと人により異なります。射精を目指して男性がオーガズムに達するときの感覚と似ているようです。

オナニーでイク瞬間とセックスの絶頂って違いはある?

イク瞬間のシチュエーションには、「オナニー」「セックス」の2パターンがあります。この状況によるオーガズムの違いはあるのでしょうか。

実は同じオーガズムであっても、そのパターンによって「なにから刺激を受けているか」は異なります。つまり性的興奮を起こしている理由が微妙に異なるのが、シチュエーションによるオーガズムの違いです。また相手がいるかいないかで、イクための理由や目的が異なるのも重要なポイント

それぞれの目的や流れの違いから、「オナニー」と「セックス」両方におけるオーガズムの特徴をチェックしていきましょう。

オナニーでイクとは?

オナニーをする理由は最初からただ一つ、「オーガズムを得たいから」にほかなりません。自分の指やラブグッズで好きなだけ時間をかけて行うオナニーは、セックスでは上手くいかない流れもスムーズ。自分の好きなポイントを好きなように好きなだけ刺激することができます。

もちろん視覚的な興奮材料もオカズとして用意できますので、漫画や動画、写真などを使って行う女性も多いかもしれません。そこで必要になるのは性感帯への刺激と、自分が興奮するためのシチュエーションや相手への想像力。頭の中で好きな状況を思い浮かべられるのもオナニーの大きな特徴といえます。

そこで迎えるオーガズムはセックスと異なり、タイミングや刺激の強さ、スピードも思いのまま。自分が一番快楽の波が大きいと思える場所でイケる点もポイントです。

また、自分以外に誰もいないというのもオナニーの特徴でありメリット。相手がいたり予測のつかない動きで刺激されたりするセックスは、意外にも緊張で身体が強張りやすいもの。特にセックス初心者の女性やセックスに苦手意識のある女性は無意識で力が入ってしまい、痛みを生じやすくなってしまうケースもあります。オナニーでイク瞬間ではそういった緊張状態も緩和されやすく、身体も心もリラックスした状態で迎えやすいことが特徴です。

セックスでイクとは?

男性とのエッチで精神的に満たされながらイク女性

一方セックスはオーガズムを迎えるために行うオナニーとは異なり、さまざまな理由で行われます。主なものとしては、

  • 相手と一つになりたい
  • 相手を喜ばせたい
  • 愛情確認をしたい

といった理由です。セックスでは「相手がいること」が大きな特徴で、行為中はお互いのコミュニケーションが必要となります。

そこで迎えるオーガズムには「身体的な快楽」といえる性感帯への刺激のほか、相手からの愛撫や言葉、相手の表情や触れられる身体といった「精神的な快楽」が存在しています。

特に感情が性的興奮と結びつきやすい女性の場合、そういった相手がいることによる安心や喜びは大きく、オーガズムを迎えやすくしてくれるポイントです。実際に、セックスでイク瞬間には幸福感を得られるという女性も多く、身体と心の両方から快感を得られるのが特徴的な点といえるでしょう。

オナニーではイクけどセックスではイケないのは何故か?

たまに「オナニーではイケるのに、セックスになるとイケなくなる…」という女性がいます。たしかに、オナニーは自分で力加減やスピードなどが調整しやすく、セックスよりもイキやすいことが特徴です。

またオナニーはそもそも「オーガズムを迎えるため」に行われるので、気持ちの面でもイクことに対して前向きになっている点が挙げられます。一方セックスでは相手と動きを合わせる必要があるため、相手の気持ちいい動きと自分がイキやすい動きが必ずしも合致するとは限りません。男性側にリードしてもらう場合には刺激や動き方が予測できないことも多く、思わぬ刺激に驚いてしまうこともあります。

そこで必要なのは、まず身体と心をリラックス状態に置くことです。相手からの刺激に緊張して萎縮してしまうと、筋肉も強張り膣内も狭まりやすくなります。また、膣内に分泌するはずの愛液も不足してしまい、摩擦の痛みが起こる原因に。

オナニーでイケてもセックスではイケないとお悩みの方は、一度自分が主導権を握ってみたりパートナーに自分の気持ちいいところを重点的に攻めてもらったりするのもおすすめです。

ただし、セックスでイケない原因には、以下のような理由が絡んでいる場合もあります。

  • いつも同じオナニー方法でイっている
  • 前戯をほとんどしない

いつも同じ体勢や動きでオナニーをしている場合は、その体勢でしか身体がイケなくなっている可能性があります。全く同じやり方でオナニーを続けるのは、セックスでの不感症を招くNG行為。自分が好きなオナニー方法は一つにしぼらず、色んなやり方にチャレンジするようにしましょう。

また、前戯不足もセックスでイケない大きな原因です。そもそもセックスでオーガズムを迎えるためには、膣内の十分な潤いが必要不可欠。挿入するタイミングは男性ではなく、女性に合わせることが大切です。

イク瞬間を味わいたい女性のための動画をご紹介

実際に膣内でイク経験をしたことのある女性は、六割ほどといわれています。クリトリスを刺激して得る外イキに比べて中イキは開発までの時間がかかってしまうこともあり、経験者は意外と少ないようです。

ラブコスメでは「オーガズムの達し方」について解説した動画を紹介しています。動画内にも登場するセックススタイリスト佐野あゆみさんは、オーガズムの経験者。自身がイケるようになったときまでの経緯と理由を解説しています。

佐野さんの解説によると、女性がオーガズムを迎えるためには日々の自己研鑽が必須。自分の身体のイキ方を知ることが大切だとしています。反対にいえば、オーガズムは自分の努力で達成することもできる行為だということ。

動画内ではオーガズムに達しやすい箇所である「クリトリス」、「Gスポット」、「ポルチオ」の位置や特徴、オーガズムとエクスタシーの違いについても触れていますので、合わせて参考にしてみてください。

他の人のイク瞬間を見てみたい!そんな女性のためのセレクト動画

イク瞬間の身体の様子や変化をチェックするのには、動画で見るのが一番手っ取り早い方法となります。ここではセックスからオナニーまでのイク瞬間をとらえた作品を一挙ご紹介。

他の人がイク瞬間からその視覚的に分かる違いを見ていきましょう。ただし、いずれも全編視聴するためには無料の会員登録が必要ですのでご注意ください。

おもちゃで何度も

こちらは、膣とアナルを一気に攻められている女性の様子が見られる作品。膣内をペニスで犯されながらアナルをラブグッズで攻められて、ヘロヘロになっている女性が映っています。生活感のある部屋で男性にイカされまくっている様子が、何ともエロティックで生々しい動画です。

使われているラブグッズは直径が大きめのアナルビーズ。さらに空いているクリトリスは電マで刺激され、乳首も含めた四点責めが見られるのも作品のポイント。至るところから繰り出される快感に、気が狂いそうなほど身体を痙攣させる女性の様子が見られます。さらに、二点責めが始まる挿入シーンになると、連続イキする姿も。

  • 連続してイってみたい
  • おもちゃを使ってイカされたい
  • 二点責め、四点責めに興味がある

という女性におすすめの動画です。激しいセックスに興味がある方はぜひチェックしてみてください。


★動画の続きを見る★

いろんな体位で

こちらは、さまざまな体位のセックスが楽しめる作品。綺麗なホテルの薄暗い部屋の中で、騎乗位からバック、寝バック、正常位まで色んな体位を楽しむカップルの様子をみることができます。

膣内の気持ちいいスポットを自分で把握している彼女は、セックス中にも「そこいい」とつぶやいて自分の気持ちいい場所を相手にアピール。それを聞いた彼氏は、しっかりとその場所を攻め始めます。どんな体位であってもそうしたコミュニケーションを行う彼女は、甘え上手のテクニック上級者ともいえるかもしれません。

セックスでオーガズムを得るためには、こうしたアピールを欠かさないことが大切なポイント。

  • いろんな体位を見てみたい
  • セックス中にパートナーへ気持ちいい場所を伝えたい

という女性は必見です。イク瞬間の身体がビクビクと痙攣するオーガズムシーンも見られますので、ぜひ参考にしてみてください。


★動画の続きを見る★

中イキ体験

こちらはハイレグレオタード姿の女性が、Sっ気の強い男性に激しく突かれる2本立ての作品。綺麗なホテルでエッチな格好をした女性の姿が、官能的な動画です。

特に二本目の女性はセックス中も男性と会話を弾ませながら、快感を思う存分堪能している様子。初めての体位にもチャレンジし、最後の方にはそのまま初めて中イキする姿が映っています。

  • セックスでの緊張をやわらげたい
  • 自分からパートナーを攻めてあげたい
  • 会話しながらエッチしてみたい

という願望をお持ちの女性にピッタリの作品です。リラックスした状態で中イキする女性の姿から、オーガズムを迎えやすくするポイントを学びましょう。


★動画の続きを見る★

ローターオナニー

こちらはセックスではなく、オナニーでイク瞬間を捉えた作品です。

ホテルの一室でソファに腰掛けていた女性は、最初は恥ずかしがっていたものの、ゆっくりとオナニーを始めていきます。クリトリスへの愛撫を最初は指からスタートしますが、男性からローターを手渡されると次第に刺激もアップ。最後の方には思い切り快感に浸りながらオーガズムを迎える瞬間が映っています。

クリトリスはオーガズムを迎えるのにも最適な場所。特に細かい振動で優しく刺激することができるローターなどを使えば、誰でもイク瞬間がつかみやすいといわれています。

  • オナニーを誰かに見られたい
  • ローターを使ったオナニーに興味がある
  • クリトリスを開発したい

という女性はぜひ参考にしてみてください。


★動画の続きを見る★

脳イキ

最後に紹介するこちらの動画は、一風変わった頭でのオーガズム「脳イキ」を見られる作品です。脳イキとは、性器に刺激を与えることなく、気持ちだけで絶頂を迎える体験のことです。

動画内では外で待ち合わせをしている女性のもとに、一人の男性が近づいてきます。「何やってるの?」と声をかけて身体に触れると、女性は声を上げて、身体をビクビクと震わせている様子。そのままホテルに向かうのですが、普通のセックスのように身体を愛撫したり挿入したりすることもなく、女性の脳だけがゆっくりと快感に浸っていくのが分かります。

  • セックスがマンネリ化しているので変わったことをしたい
  • 「脳イキ」自体に興味がある

という方はまず動画を見ることをおすすめします。未知の絶頂体験「脳イキ」について動画で学んでいきましょう。


★動画の続きを見る★

イク瞬間のまとめ

イク瞬間の様子の女性

イク瞬間の感覚や身体の状態は、男女によって異なるもの。しかし感覚さえつかめれば、自分がイキそうになっている状態が自分でも分かるようになります。

イク瞬間が分かれば、パートナーとするセックスでの満足感もアップ。相手と合わせてイクこともできるかもしれません。自分がイク前の身体のサインを知って、セックスでもオナニーでもより充実した性生活を目指しましょう。


今夜、気持ち良くなれる情報をお届け♪

LC編集部の紹介画像



人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集


さくらの恋猫紹介

  • 夜のお道具箱