セックスのやり方とは?今さら聞けない正しい流れ・気持ちいい方法って?女性から誘う方法は?【快感スタイル】

セックスのやり方について調べる女性

目次

この記事を読んでいる方の中には、「まだ経験をしたことはないが、セックスの手順を知っておいて実際にエッチする際に活かしたい」と考えている方もいるでしょう。
どんなセックスが気持ち良いかは人それぞれ違います。しかし、何事もまずは基本を覚えるのが大切です。そこでこの記事では「基本的なセックスのやり方・流れ」を分かりやすい動画を使って紹介します。これをもとに初めてのセックス素敵な思い出にしていきましょう。

みんなの初エッチの年齢や初めてセックスをしたときの体験談を知りたいという人は、こちらの記事もチェックしてみてください。


初めてでも安心!正しいセックスの仕方と手順

正しいセックスの仕方が何か考えている女性

最初に基本的なセックスのやり方と手順を確認しましょう。セックスの手順はカップルにより異なりますが、一般的には以下の流れで進んでいきます。

  • 1.スキンシップ(キスや手を繋ぐなど)
  • 2.前戯(ハグや性感帯を触るなど)
  • 3.性器への愛撫(性器を触るなど)
  • 4.挿入(ピストンや射精など)
  • 5.後戯(キスやハグなど)

基本的には、上記のようにスキンシップから始まり後戯で終わるのが多いです。しかし、初めてだとセックスの用語だけではイメージしづらい行為もあるかと思います。そこで以下ではセックスのステップごとのやり方について一つずつ解説します。

セックスの準備

セックスをする際は、室内の環境を整えておくのが大切です。照明は表情が分かる程度に薄暗くして、室温は裸でも寒くないように設定しておきます。できればスマートフォンなど音が出る電子機器はOFFにしておくほうが、二人のラブタイムを楽しむことができます。
また、シャワー(髪の毛は乾かすのに時間がかかるので、体のみ洗う)・歯みがき・トイレなどは事前に済ませ、体毛が気になる人は処理しておきましょう。このような事前準備をしっかり行っておくことにより行為へと集中できますので、初めてでもリラックスした状態でセックスできます。

まずはキスから

相手への愛情を表現するのにぴったりな行為がキスです。最初はキスだけでも緊張してしまうことが多いので、あまり難しいことを考えなくても大丈夫です。唇と舌からは力を抜き、ふんわりと柔らかくして唇を重ねることだけ意識しましょう。また、興奮度に合わせて少しずつ舌を絡めるようにすると、自然と身体が熱くなってくるかと思います。

キスの様々なバリエーション

キスには

  • お互いに唇を閉じて軽く押し付けあう「プレッシャーキス」
  • 小鳥がついばむようにチュッチュッと何度も行う「バードキス」
  • 鼻と鼻を合わせる「スメルキス」

といったソフトなものから、

  • 一方が相手の口の中に舌を入れる「インサートキス」
  • 相手の歯の裏側や歯茎を舌先でなぞる「サーチングキス」
  • 軽く開いた唇どうしを合わせたまま舌を絡めあう「クロスキス」


のような「ディープキス」と呼ばれるものまでさまざまな種類があります。キスの正式名称は覚えなくても大丈夫ですが、キス一つとっても種類が豊富であることは覚えておくのがおすすめです。キスのテクニックを増やすことで、あなたも彼も気持ちラブタイムを過ごせます。

キスで気持ち良くなるポイント

キスで気持ち良くなるには、リラックスすることが大事です。リラックスした状態で大好きな彼とキスをしていると、自然と幸福感に満たされて気持ち良くなってきます。反対に「気持ち良くなろう」と意識するほど、身体は緊張してしまい気持ちよくなれない可能性が高いです。キスをする時には、「大好きな彼とキスできて嬉しい」くらいのイメージで問題ないでしょう。

ソフトキスからディープキスへ移行するコツ

初めてだとソフトキスからディープキスへの移行に不安を覚えることがあります。移行のポイントは「ディープキスを仕掛けるほうに合わせる」ことです。もし彼が舌を出してきたら、唇の力を抜いてあなたも舌を突き出してあげましょう。一方、なかなか彼が舌を出してこないなら、あなたから彼の唇の間に舌を滑り込ませるのがおすすめ。自然と男性も口を開けてくれます。

前戯でお互いに触れ合う

挿入前に抱きあったりお互いの体を触りあったりして、感度や興奮を高める行為を「前戯」と言います。前戯は自由にできることが利点ですが、初めてだと「どうしていいか分からない」という女性も多いです。最初は「濡らしてもらう」ということが大切になるので、彼に身体を委ねてリードしてもらいながら自分が気持ちいいと感じるように意識しましょう。

また、余裕があれば彼の背中にゆっくりと指を這わせて愛撫をしたり、耳や首すじにキスをしたりするのもおすすめです。ただ撫でるだけでも、触り方・触る場所・触るスピードなどで変化をつけることができます。相手の反応を見ながら、愛情をこめて触れ合いましょう。

前戯の様々なバリエーション

前戯にはさまざまな種類がありますが、主な前戯には、

  • ハグをする
  • 全身に触れたりキスをしたりする
  • 乳房や乳首を触る

といったものがあります。また、先ほど説明した「キス」やこのあと説明する「オーラル・性器愛撫」も挿入前に行う場合は前戯に含まれます。ほかにもアダルトグッズを使ったり、特殊なプレイを行ったりすることもありますが、まずは上記のような王道の前戯を行うと良いでしょう。

前戯で気持ち良くなるポイント

前戯で彼からの愛撫に快感を感じている女性

彼に性感帯を触れられたときには、「あんッ…」「イイッ…」と小さく喘ぎ声を出したり、「そこがいい」「もっとして」と伝えたりするなど反応をすることが重要です。これにより彼にあなたの感じるポイントを伝えることができます。

また、強くて痛かったら「もう少し優しくが良いな…」などのリクエストをしましょう。ただし、命令口調にはならないよう注意してください。

前戯中に洋服を脱ぐタイミング

前戯はキスの延長線上で行われるため、洋服を着た状態であることが多いです。最初は洋服の上から愛撫をしてもらい、それから洋服の裾から手の入れてもらいましょう。そのあとに洋服と下着を脱ぐのが一般的と言えます。彼が「直接触りたい…」と言ってきたら、勇気を出して脱いであげましょう。もし恥ずかしいなら、最初はお布団をかぶるようにするのがおすすめです。

性器への愛撫(オーラルセックス)

ハグやキス、全身への愛撫で気持ちが高まったら、性器愛撫へと移行します。初めてのセックスだとかなり緊張しますが、彼のことを信用して優しく触ってもらいましょう。女性器にはたくさんの性感帯がありますが、最初は尿道口の上についている「クリトリス」を愛撫してもらうのが基本です。
指先でコロコロ転がしてもらったり、押し込んでもらったりしましょう。
男性器を愛撫するときは、ペニスのまわりに人差し指と親指で輪を作り、上下に動かすようにしてしごきます。動かすのが難しいなら、女性は握るだけで彼に動かしてもらうのもアリです。乾いた状態でしごくと痛みが出るので、唾液やローションを潤滑剤代わりにしてください。

性器への愛撫のバリエーション

性器への愛撫には「男性が女性に行うもの」と「女性が男性に行うもの」の二種類があり、それぞれに手や口で行う方法があります。まず男性が女性に行うものには、

  • 手マン(手で女性器を触る行為)
  • クンニリングス/クンニ(口や舌で女性器を責める行為)


などがあり、女性が男性に行うものには、

  • 手コキ(手で男性器をしごく行為)
  • フェラチオ/フェラ(口や舌で男性器を責める行為)

などがあります。初めてのセックスでも手マン・手コキは行われることが多いですが、クンニやフェラに抵抗感がある場合は無理に行う必要はありません。「もう少し慣れてからがいいな」など、柔らかい言葉で断ると良いでしょう。もちろん興味がある場合は挑戦するのはアリです。

手マンやクンニで気持ち良くなるポイント

手マンで気持ち良くなるには「十分に濡らしてもらうこと」「優しく刺激してもらうこと」が重要になります。初めての男性はこの点が分かっていないことが多いため、「その強さがイイ」などと伝えたり、彼の手を取って「これくらいがいいな」と実演したりするのもおすすめです。また、十分クリトリスを触ってもらってから、膣内の愛撫をしてもらうようにしましょう。

また、初めてのセックスでクンニに挑戦する場合は、恥ずかしいですがM字開脚になるように足を大きく広げましょう。少なくとも彼の頭が、あなたの股の間に収まるくらいは広げる必要があります。クンニも基本的にはクリトリスを責めてもらってから、膣内に舌を入れてもらうのがベターです。なお、我慢できなくなったら「もうダメ…」などと言って中断を促しましょう

フェラチオで気持ち良くしてあげるコツ

初めてのエッチでもフェラチオを行うことはあります。フェラの基本は「舌でペロペロと舐める」「お口でペニスをパクリと咥える」などです。最初はペロペロと色々なところを舐めてみて、彼の気持ちいいスポットを探してみましょう。それからじっくりと舐めるのが良いです。フェラのやり方が分からない場合は「どうしたらいいの?」と彼に確認しながら行うと良いでしょう。

いよいよ挿入へ

ペニスが硬くなり、女性器がしっかりと潤ったらいよいよ挿入です。避妊が必要なカップルであれば、挿入前に必ずコンドームをつけておきましょう。また、セックス体位には数多くの種類がありますが、最初のエッチでは女性の満足感が高い「正常位」を行うのがおすすめです。

正常位のやり方をはじめ、詳しいセックス体位のコツは後述の「気持ちいいセックスのためのオススメ体位」で紹介しています。また、挿入に共通するポイントは以下のとおりとなっています。

うまく挿入してもらうコツ

男性主導の正常位などでは、基本的に女性はリラックスしている状態で待っていれば問題ありません。力を入れてしまうとペニスが入りにくくなりますので注意してください。また、男性も初めての場合は挿入位置・挿入角度が分からない場合もあります。そのような時には手を添えて膣口にペニスの先端を導いたり、「ゆっくり入れてね」と声をかけたりしておくとスムーズです。

挿入中に気持ち良くなるポイント

初めてのセックスだとどうしても緊張してしまい、気持ちよくなれないことが多いです。緊張や痛みで体が硬くなってしまうときは、ハグをしたり手をつないだりしてリラックスするように心がけましょう。また、恥ずかしいかもしれませんが、挿入中に自分で乳首やクリトリスへ愛撫すると愛液が増えて、ピストンによる刺激が痛みから気持ち良さへと変わります。

挿入時に痛みを抑える方法とは?

女性が精神的に緊張していると、愛液の量が足りなかったり途中で乾いてしまったりすることがあります。また、挿入時に痛みが出やすい女性の場合は、とにかく時間をかけてもらうことが重要になります。以下にまとめた、挿入時の痛みを抑える方法を試してみると良いでしょう。

  • ラブローションなどの潤滑剤を使って愛液を補う
  • 最初はペニスの先端だけを挿入して、慣れてきたら徐々に奥まで入れる
  • 奥まで入ってもすぐに動かさず、ペニスの形に膣を慣れさせる
  • ピストンもなるべくゆっくり行う

射精からの後戯

セックスは男性が射精することで終了します。そのため「射精=セックス終了」というイメージを持ってしまいがちですが、実際にはその後に「後戯」という愛撫の時間があります。特に女性は男性と異なり、オーガズムに達しても緩やかな興奮が持続する傾向があります。初めてのセックスを素敵な思い出にするためにも、セックス後はハグやキスで余韻を楽しみましょう

後戯のバリエーション

後戯の内容は

  • ハグをする
  • キスをする
  • 胸や性器に軽い愛撫をする
  • 愛情のこもった言葉をかけあう

といったことが主になります。内容自体はセックス前に行う前戯と同じようなものですが、後戯の場合は性的興奮よりも「セックス後の満足感を高める」ことが目的です。そのため、性感帯を集中的に責めるなどはせず、そっと置いたりして余韻を楽しむのがポイントになります。エッチ後のイチャイチャタイムだと考えると分かりやすいかもしれません。

後戯へはどう誘えばいい?

男性の背中に笑顔で寄り添う女性

射精後の男性はホルモンの関係で興奮と性的な感度が急降下し、俗に「賢者タイム」と呼ばれる状態になります。しかし、賢者タイムが存在するとはいえ、大好きな彼女に後戯を求められたらできるだけ応えたいと感じる男性も多いです。そこで、セックス後には女性側から

  • 「もうちょっとイチャイチャしたいな」
  • 「ぎゅってしてほしい」
  • 「腕枕してくれる?」

などのおねだりをして、彼を甘い雰囲気に誘ってみましょう。あなたからキスやハグをして「すごく気持ちよかった」「〇〇君のこと大好き」と伝えることで、甘い雰囲気になりやすく彼の満足度もアップします。また、初セックスでも、2回戦目につながる場合もあるかもしれません。

後戯を断られてしまったら?

セックスは体力を使う行為ですので、どうしても男性側は疲れてしまいます。そのため後戯に誘っても、断られてしまう可能性もあります。また、後戯に協力的でも、男性が疲れていたり眠そうだったりするときもあるでしょう。そのような時には、無理に後戯を行わずハグをしながら一緒に眠るなど、適当なところで休ませてあげるとよいでしょう。

セックスのやり方がわかる女性向けエッチ動画

ここまで基本のセックスのやり方について一通りひととおり解説してきましたが、さらに詳しく知りたいときは実際にセックスをしている様子を動画で確認するのが一番いちばんです。例えば、女性向けエッチ動画の【快感スタイル】には参考になる動画が数多くなるのでぜひチェックしてみましょう。

彼の愛撫に全身トロトロ…可愛く感じれば彼の興奮度もMAXに…!

こちらの動画では手マンから始まり、女性から男性への乳首愛撫・フェラチオ、さらには正常位での挿入と、性器への愛撫以降の一連の流れを確認できます。また、体位には正常位のほか、側位や騎乗位などもあります。声の出し方や目線の送り方なども学びたいテクニックですが、まずは「一つ一つのプレイのやり方」や「プレイとプレイのつなぎ方」をマスターしましょう


誘導バナー

彼がグッとくるかわいいエッチテク!マネするだけでなんだか私もドキドキして…

こちらの動画ではキス以前のスキンシップの段階から、ベッドイン後の愛撫までが収録されています。スキンシップの段階では女性のリードの仕方を、ベッドイン後にはどのように愛撫されればいいのかを学ぶことができます。AVとは異なり女性が見やすいように作られた『LOVE*48』というハウツーDVDですので、AV作品が苦手な人でも見やすいかと思います。


誘導バナー

彼とエッチしたい!女性からセックスを誘う時のやり方

セックスのやり方についてのアンケート回答キャプチャ
出典:ラブリサーチ

初めて彼をセックスに誘う時は、何て言ったら良いのか分からないという悩みは多いです。そこでラブコスメが行った「【女性に質問】セックスしたい時、彼を誘う方法はある?」というアンケートの回答から、皆さんがどんなふうにパートナーをエッチに誘っているかを紹介します。

誘い方1.スキンシップで伝える

はっきり言葉で伝えるのが恥ずかしい人や緊張してしまうのが不安という人は、特に言葉にはしないけれど、体を触ったりキスやハグをしたりといったスキンシップでセクシーな雰囲気にしていく方法がおすすめ。アンケートの回答には以下のようなものがありました。

スキンシップをたくさんして、首元や太ももなどを触る。ふざけてアソコにタッチしたり(笑)

欲求不満な時とか、私が彼の膝にのっかってちゅーします。それで彼のスイッチが入るみたいです(笑)

キスの時にいつもより舌を使って絡めて彼氏にボディタッチすると彼氏も私を触り始めて自然な形にエッチしています。

基本は彼から求められる事が多いですが、私から誘う時には、キスしまくったり、ベタベタ引っ付いたり、とにかく触りまくります☆

上記はやや大胆なものが多いですが、このように彼女にかわいく甘えられたりボディタッチをされたりすることで「エッチしてもオッケーなのかな」と気づいてくれる男性は多いです。彼がその気になれば、後はあなたが「してもいいよ…」などと言えば、そのままの流れで前戯に移行することができます。また、無理なく自然な流れで初めてのエッチに進むこともできます。

誘い方2.言葉で伝える

初めてだからきちんと言葉で伝えたい人やスキンシップの経験が少ない人は、直接伝えたり、メールやラインを使ったりしてみるのがおすすめです。また、「どう言うか」や「何を言うか」などは、以下のアンケートの回答を参考にしてみるといいでしょう。

はっきり言わないと旦那さんはわかってくれないので、「今日したいな」ってストレートにおねだりします。

耳元で「えっちなことしたいな♪」って恥ずかしそうにささやく

お互いに実家なので、エッチはホテル。誘うときは「ゆっくりしてく?」と言います。

「こんなの(彼の好きそうなランジェリーや下着など)買ったんだ、見に来て♪」とメール。他にも「これ、何だと思う?」とラブグッズなどは写メールで。

ただ、上記のように大胆に誘うのが恥ずかしいこともあるでしょう。そのような時には「お泊まりしたいな」など遠回しな言葉で伝えるのがおすすめです。遠回しの誘い方ならその場だけでなく、メールやLINEなどで伝えることもできます。誘ってからお泊りまでに時間がありますので、その間にあなたも彼も心の準備ができるはずです。

気持ちいいセックスのやり方!女性におすすめのテクニックや体位

基本的な知識が分かったところで、気持ちいいセックスをするための具体的な方法を見ていきましょう。

セックスは大きく分けると前戯と挿入、後戯の3つから成り立っています

それぞれのパートでおすすめのセックステクニックや詳しく解説した動画をご紹介していますので、気になる部分を参考にしたり、いろいろ試して合うものと合わないものを見つけたりして楽しんでみてください。

気持ちいいセックスのための前戯のやり方

前戯は男性から女性への愛撫が中心になりがちですが、いつも同じパターンではマンネリしてしまうものです。以下の3つの動画を参考に、気持ちを高めて快感をアップさせる前戯のやり方を学んでいきましょう。

ゆっくり愛撫で焦らし効果

「【Hテクニック】女性のための気持ちいいセックスのやり方/LCラブコスメ」と題されたこちらの動画では、彼と一緒に気持ちを高める愛撫の方法を紹介しています。

最初に彼に近づくときも、ためらいながらゆっくり。手にキスをしたり耳に息を吹きかけたりして焦らしたら、やっと本格的なキスに入ります。彼の胸からおへそ、下半身にかけて手を使った愛撫をした後に唇を使って刺激していきましょう。

何をしていいか分からないときは、ついオーラルや性器の愛撫に頼ってしまいますが、こんなふうに焦らしながらゆっくりと前戯を進めることで相手の気持ちを盛り上げることが可能です。

ラブソロジー(エッチなマッサージ)で新しい快感に挑戦!

しっかり前戯をするのはハードルが高いという人には、マッサージにセクシャルな要素を取り入れた「ラブソロジー」がおすすめです。

「【前戯 男性】LC前戯革命!/LCラブコスメ」の動画では、オイルを使ったラブソロジーの簡単なやり方を解説しています。

彼に触れながら自分の気持ちを高められるだけでなく、仕事や勉強でお疲れぎみのパートナーをエッチに誘いたいときにも「マッサージしてあげるね」と声をかければスムーズに進められるでしょう。

女性向けラブソロジーで気分を高めあう

体のすみずみまで愛撫されたり焦らされたりするのが好きなのは女性も同じ。しかし「いろいろなところをゆっくり優しく触ってほしい」と言ってもなかなか伝わらないものです。

ラブソロジーは男性に対してだけでなく女性に対して行うこともできますので、「【前戯 マッサージ】女性の性感帯を刺激して感度を磨く/LCラブコスメ」の動画を参考にして彼に試してもらいましょう。

ふたりきりの時間に彼にこの動画を見せて「こんなのがあるんだって」、「同じようにしてみてほしいな」とストレートにおねだりしてもいいですし、男性向けラブソロジーを彼に行った後に「私にもしてほしい」とお願いしてもよいでしょう。

気持ちいいセックスのためのオススメ体位

挿入中の気持ちよさを左右するポイントのひとつが体位の選び方です。どの体位が興奮しやすいか、快感を得やすいかは人によって違いますし、相手との相性もあります。

以下に挙げたのは、女性が気持ちいいと感じやすいおすすめの体位です。いろいろな体位を試して、自分たちに合うものを見つけるのがよいでしょう。

解説だけではピンとこないときは、漫画でイメージをつかむ方法もあります。大人のための漫画専門店「エルラブ」では定番の体位の様子がよく分かる漫画を集めた「体位特集」をしていますので、こちらもチェックしてみてください。

エルラブ体位特集

正常位

正常位がわかるイラスト

セックスの体位としては定番中の定番が「正常位」です。仰向けに横たわった女性が足を軽く曲げ、腰を落とした状態の男性が女性の足の間に入って挿入する方法になります。

お互いに感じている顔が見えるので興奮しやすく、安心感もあります。男性が体を前に倒すとハグやキスがしやすく、密着度も高くなりますので「正常位がいちばん好き」と感じる女性が多い体位です。

後背位(バック)


手のひらと膝を床につけて四つん這いになった女性の背後から、膝立ちの男性が挿入する体位が「後背位」です。一般には「バック」と呼ばれることが多く、深い挿入感とお尻を突き出す羞恥心から興奮するという女性もたくさんいます。

また、ベッド以外の場所でセックスをするときは、お互いに立ったまま男性が女性の後ろから挿入する「立ちバック」がよく使われます。場所を変えることでマンネリ防止や興奮度アップにつながりますので、こちらの記事を参考に試してみるのもよいでしょう。

密着度の高さとGスポットに当たりやすいことから密かに人気の体位が「寝バック」です。後ろからぎゅっと抱きしめられるバックハグが好きな女性も多いものですが、それに近い安心感と心地よさが得られます。

寝バックについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

騎乗位

騎乗位がわかるイラスト

仰向けに横たわった男性の腰の上に女性がまたがって挿入するのが「騎乗位」です。基本的に女性が動く体位で、体を前に倒せば抱き合ったりキスをしたりすることも可能です。

一見難しそうに思えますが、好きなように動くことができるため、やり方さえ分かればとても快感度の高いセックスができます。

こちらの記事では、騎乗位の動き方や練習方法、バリエーションなどをご紹介しています。

騎乗位について詳しく知りたい方にオススメ

座位

対面座位がわかるイラスト

愛情を感じられるセックスがしたいときのおすすめ体位は「座位」です。座った状態の男性に女性がまたがって行いますのでお互いの顔の位置が近く、見つめあったり抱き合ったりしながらの挿入を楽しむことができます。

男性の足の位置や女性の上半身の角度で挿入感に変化をつけることができますので、バリエーションを増やしたいときにもぴったりです。こちらの記事で詳しく解説していますので、試してみてください。

対面座位について詳しく知りたい方にオススメ

はじめてセックスするときに解決しておきたい疑問や注意点について

このようにセックスには基本のやり方や流れがありますが、たとえ十分な知識があったとしても心配ごとがたくさん出てきてしまうのは当然のことです。特にはじめてセックスをする前であれば、緊張や不安でいっぱいになっている人も多いでしょう。

ここからは初エッチの前に女性が悩んでしまいがちな疑問や、注意しておきたい点をまとめています。もし同じようなことが気になっている場合は、ぜひ確認してみてください。

緊張して拒否してしまう場合は?

緊張でセックスを拒みたいと考えている女性

初めてのセックスは誰でも緊張するものです。なんとなく甘い雰囲気になったものの、緊張のあまり断ってしまったという場合もあるでしょう。

このとき注意したいのは、断った後に必ずフォローをすることです。勇気を出して誘ったのに断られると、人によっては「自分のことが嫌いなのかな」と落ち込んだり傷ついたりしてしまうこともあります。

つい拒否してしまったときはまず彼に、セックスに踏み出せなかった理由をしっかり伝えましょう

「あなたのことは大好きだけど、緊張して怖くなってしまったの」などのように「相手を好きなこと」と「緊張して不安になってしまったこと」を同時に伝えると安心させることができます。

あとは

  • どうすればリラックスできるのかを一緒に考える
  • 最初からセックスを目標にせず、ゆっくり進める

といったように二人で解決していくと、お互いの信頼関係も深まるでしょう。「今日はハグだけ」「今日はキスまで」段階を踏んで進めるのもよい方法です。

服を脱ぐタイミングがわからない

服を脱ぐタイミングはそのときの状況やそのカップルによって違い、

  • シャワー後にタオルだけを巻いて出てくる
  • キスが終わったら脱ぐ
  • 体への愛撫をしながら脱ぐ

などいろいろな場合があります。一度にすべて脱いでしまったり、愛撫する場所に合わせて徐々に脱いでいったりこともあるでしょう。

服を脱ぐタイミングが分からないときは、自分で脱いだり彼の服を脱がせたりする必要はありません。彼のペースに合わせて、脱がせやすいように補助をする程度で十分です。

男性の中には服を脱がす行為や服が脱げかけた状態に興奮する人もいます。キスの後に「脱がせて」とおねだりすれば、スムーズにセックスに誘うこともできます。

「脱いで」と言われた場合は自分で脱ぐことになりますが、このときに注意しておきたいのは、一気に脱いでしまわないことです。

女性が恥ずかしがっている姿に興奮する男性は多いですので、胸や性器を隠すようにしながらゆっくりと一枚ずつ脱いでいきましょう。

ムードを出すには?

エッチなムードを出したいと考えている女性

普段からふざけあうことの多い友達のようなカップルの場合、なかなかエッチなムードにならないこともあるでしょう。

甘い雰囲気を作りたいときは、まず環境のセッティングから始めます。

照明はやや暗くするのが基本ですが、顔や体が見えないようにすると暗くなりすぎてしまうこともありますので注意が必要です。男性は視覚から得る情報によって興奮する人が多くなっていますので、真っ暗な中では気分が盛り上がらないという人もいます。

室内は相手の表情が分かる程度に薄暗くして、ゆったりとした音楽を小さくかけたり、アロマをほのかに香らせたりするのもおすすめです。

さらにムードをよくするために重要なのは、セックスに集中することと恥ずかしさを我慢することです。

セックスの前後や最中にムードが壊れてしまう原因は、

  • セックスに関係ないことが気になってしまう
  • つい笑ってしまう
  • 恥ずかしくて関係ない話題を出してしまう

などが挙げられます。

セックスに進みそうな雰囲気を感じたらスマートフォンや携帯電話の電源は切り、勉強や仕事、家事など日常生活のことは忘れて目の前の彼に集中するようにしましょう。

また甘いムードに慣れていない女性の場合は、恥ずかしさのあまり笑ってしまったり、沈黙に耐えられず雑談をしてしまったりしがちです。

これらは男性を萎えさせる原因になってしまいますので、ラブタイムは恥ずかしさを我慢してセクシーな雰囲気を作ったり愛の言葉をささやいたりするのがおすすめです。

恥ずかしくて声が出せない

エッチな動画では女優さんがかわいらしい声で喘ぐのが当たり前のようになっていますが、「あんなふうに声を出すのは恥ずかしい…」と悩んでしまう人もいるでしょう。

結論から言えば、声は無理に出す必要はありません。無理やり出そうとすると演技のようになってしまい、「本当は気持ちよくないのかな?」と相手に思わせてしまう可能性もあります。

恥ずかしくて喘ぎ声が出せないときに注意したいのは、無反応にならないことです。

声が出せなかったとしても

  • ぎゅっと抱きつく
  • びくっと体を震わせる
  • 相手の名前を呼んだり「大好き」とささやいたりする

など、喘ぎ声以外の方法で反応するようにしましょう。だからといって大げさにやる必要はなく、相手が「感じているんだな」と分かる程度を心がけると自然になります。

コンドームの付け方がわからない

コンドームは正しい付け方で装着するのが必須条件ですが、男性の中にも適切なタイミングや付け方を把握していない人はたくさんいます。自分の体を守るために、正しい使い方を理解しておくとよいでしょう。

こちらの動画では女性のためのコンドームの付け方が詳しく解説されています。この方法を参考に、挿入前には必ずつけるようにすると安心です。

最初から当然のようにコンドームをつけてあげると、セックスに慣れている印象を与えてしまう場合があります。「付け方を調べてみたんだけど私がやってもいい?」、「間違ってたら教えてね」などと伝えて、彼を立てながらやらせてもらうのが自然です。

コンドームを女性がつけてあげることには安心してセックスができると同時に、彼に愛情を感じてもらったり装着中に気持ちが冷めてしまうことを軽減させたりといったメリットもあります。

また、いざというときにコンドームがないと、せっかくの甘い雰囲気が台無しになってしまう場合もあるでしょう。セックスの可能性がある日には、女性もコンドームを持っておくのがおすすめです。

「ラブミルフィーユ ホットタイム(マカロン風コンドーム)」なら、かわいらしいパッケージで抵抗感なく使うことができます。

ラブミルフィーユ ホットタイム(マカロン風コンドーム)
コンドームの避妊を楽しむ発想!箱を開ける度にドキドキ、ワクワク♪まるでドルチェのようにトッピングを楽しめるコンドーム『ラブミルフィーユ ホットタイム』。そのままコンドームを使うのもよし!まるでドルチェにソースをかけるように、パウチ入りのローションをトッピングするもよし!ただ避妊のためだけにコンドームをするのではなく、つける行為さえも楽しむことができるオリジナルコンドームです。
ラブミルフィーユ ホットタイム(マカロン風コンドーム)の詳細はこちら
コンドームにありがちなヒヤッと冷たい感覚もなく、彼の体温をしっかり感じられる気持ちよさアップコンドームです。

エッチが終わったあとは一緒に寝た方がいい?

エッチが終わって眠りにつくとき、ふたりの布団は一緒ですか?それとも別ですか?
それぞれに、それなりの理由がありそうです。そこで、「ひとつの布団派”と“別々の布団派」の事情を調べました。


出典:ラブコスメ

「布団は別」が9割弱、特に20~24歳で高い割合

エッチの後に眠る布団は、「一緒」が12.5%「別々」が87.5%であり、別々の布団派の方が多いということが分かりました。「別々の布団派」には20~24歳、そして18~19歳が高い割合でみられます。この年頃は、学生だったり、家族と同居していたりと、外泊に対する制約が多く、エッチの後にお泊りできる人の割合が、年長の人たちに比べて少ないとも考えられます。

「別々の布団派」、最大の理由は…?

多数派である「別々の布団派」の理由をみてみましょう。目立つのは「一緒に寝ると熟睡できない/疲れが取れない」というものです。その背景にもいろいろな事情があるようで、ひとりに割り当てられる布団のスペースが狭い、隣に人がいると気になる、息苦しい、パートナーまたは自分の寝相が悪い、イビキが大きい、などが挙がっています。

いつも別々というわけではなく、「夏などの暑い季節以外は一緒に寝る」という人もいました。興味深いものとして、「彼氏が家で布団で寝ているため、(私の家では)ベッドの横に布団を敷いて、彼氏は布団で、私はベッドで寝ています」というように、習慣の違いにより、別々に寝ているケースもみられました。また「エッチは子どもたちのいない昼間にするので、(エッチの後に)一緒に眠ることはない」という人もいます。

エッチ(昼間)と睡眠(夜間)が、時間において分離している例です。それら以外にも、子どもが就寝してから、部屋を移動してエッチするという、エッチと就寝が空間面で分離しているケースもありました。それぞれのカップル、それぞれの家庭で、エッチと睡眠にまつわる流儀が違うことが大きく関係しています。

初めてでも正しいセックスのやり方を知って気持ちよくなろう!

男性に笑顔でキスしている女性

本来の正しいセックスとはテクニックや手順だけではなく、ふたりが心から気持ちいいと感じられるセックスのことです。

最初は緊張したり失敗したりすることもあるかもしれません。しかしそれをもとにしてお互いに自分の希望を相手にきちんと伝え、同時に相手の希望を尊重するセックスができるようになることが最高のセックスへの近道になります。

まずは基本の流れややり方を知って、そこからパートナーとふたりだけのセックスを作り上げていきましょう!


刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
さくらの恋猫GIFバナー



今、人気・注目のタグ

今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • フェラのテクニック
    フェラのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほしい...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介

  • 20201113夜のお道具箱