エロいディープキスのやり方って?テクニックやコツ、種類を動画で解説【快感スタイル】

彼とディープキスをしてみたいと考えている女性

目次

ディープキスとは、舌を使って相手とキスをするやり方のこと。そのバリエーションは幅広く、舌だけを使って舐め合うものから、口を開けたまま舌で口内を愛撫し合うものまで実に沢山のプレイテクニックが存在しています。

そんなディープキスの魅力は、エロティックに雰囲気を盛り上げられる点。相手とデリケートな場所を探り合うことで、より深い愛情表現を行うことができる点です。今回は、そんなディープキスの多様なプレイスタイルや上手く行うコツについて、動画やイラストなどを使いながら紹介していきます。

またディープキスの注意点についても解説。ディープキスを行う際に思われがちな性病リスクとの関係性についても触れていますので、ぜひチェックしてみてください。

こんなにあるの?ディープキスのやり方と種類を紹介!

ディープキスについて調べている女性

ディープキスというと、舌の絡み合った濃厚キスをイメージする人は多いかもしれません。しかし一口にディープキスといってもその種類はさまざま。初心者向けのソフトなものもあれば、激しいキスでセックス前のムードを盛り上げるものもあります。

そのバリエーションの豊富さもディープキスの魅力の一つ。状況によって使い分けることができるため、マンネリを打破したり、より親密な関係に発展させたりと、カップルにとって嬉しいメリットが沢山あります。パートナーとのラブタイムを深めるためにも、ディープキスの種類について知っていきましょう。

ニプルキス

「ニプルキス」は、唇をメインで愛撫していくディープキス。自分の舌先を相手の唇に沿わせ、端から端までなぞるようにして触れていきます。舐め方やスピードは自由、相手の吐息を感じながら焦らすように動かしていくため、濃厚なディープキスにうつる前の助走として使えるキスのやり方です。

ただし一定のペースになると、せっかくのディープキスでも落ち着いてしまうというデメリットも。なるべくペースは変化させながら動かして、相手に動きを予想されないようにしていくのが、快感を得やすくするコツ。あまり長時間行ってしまうと摩擦で唇が荒れてしまったり、ディープキスの段階で疲れてしまったりする恐れもありますので、他のテクニックと並行して行うようにしましょう。

反対に、パートナーからニプルキスをされる場合には唇の準備を整えておくことがポイントです。プルプルつやつやの唇に仕上げておけば、パートナーの興奮度もアップ。リップクリームを常備して潤いのある唇をキープしておくよう心がけることも大切です。

タングトレインキス

「タングトレインキス」は、自分と相手の頭を動かしながら口内へ舌を出し入れするキスの仕方です。一方が口内に入ってくるもう一方の舌を吸ったり、お互いに舌を行き来させたりするため、パートナーとの呼吸を合わせることがポイントとなります。

やや難易度は高いものの、息が合うようになってきたらスピードや快感も上がり、タイミングを合わせる楽しさも増えていきます。他のテクニックを習得してより相手との空気感を楽しみたいときにおすすめの、ゲーム感覚の強いディープキスです。

バインドキス

「バインドキス」は相手の口全体をホールドするディープキスの方法。唇全体を包み込みながら、舌先で唇を舐めたり愛撫したりしながら楽しむキスの方法です。

一方が唇をホールドしている間もう一方はされるがままの状態になるため、攻守がはっきりしているキスプレイともいえます。交代してお互いに攻め合えば二人の口元はお互いの唾液でべちゃべちゃになるため、視覚的にも興奮したいときにぴったりのディープキスといえるでしょう。

ピクニックキス

ピクニックキス1_イラスト

「ピクニックキス」は唇を触れないようにして、お互いの舌を触れ合わせるディープキスのこと。数あるテクニックの中でも特殊なプレイ方法になるため、マンネリ化しているカップルにもおすすめの方法です。

しかし、舌のみで刺激し合うため、最初は緊張で力が入ってしまい硬くなりやすいというデメリットも。口は開いたままで行えるキスになりますので、リラックスして行うことが上手く楽しむポイントです。

ピクニックキスに慣れていくと舌が感覚に敏感になっていき、快感を得やすくなるというメリットも生まれます。舌先が敏感になれば他のディープキスの快感もグッと上がっていきますので、並行して習得していくようにしましょう。

また、ピクニックキスでは唇を離す分、相手の表情がよく見える点もポイント。普段はあまり見ることのないキス中の相手の表情も確認することができます。お互いの表情をチェックしながら、いつもと違うキスの感触を思う存分楽しんでみるのもおすすめです。

ストローキス

「ストローキス」は、その名の通り相手の舌をストローのように吸い上げるディープキスの方法。力加減やリズム感が大切で、ディープキスの中でもテクニックが必要になるやり方です。相手の舌を吸いながら愛撫する方法のため、力加減は優しく始めることがポイント。そこから相手の反応を伺いつつ徐々に強めていきましょう。

ただし、強い力で吸い上げるのはNG。痛みや苦しさが伴ってしまうと、相手の快感はもちろんムードも一気に冷めてしまう可能性があります。あくまで愛撫という意識を忘れずにエロティックな動きで相手の舌を自分の口内に誘い込んでいきましょう。

リザードキス

「リザードキス」は舌を高速で動かすディープキスのこと。リザードとはトカゲを意味しており、トカゲのように舌先を上下に細かく動かして相手の唇を舐めるところから名付けられたテクニックです。

快感も得やすく興奮度も高いテクニックですが、見た目がやや変態チックなためある程度仲の深い相手と行うことがおすすめです。ムードを壊してしまわないよう、注意して取り入れていくようにしてください。

インサートキス

「インサートキス」は、パートナーと交互に口内へ舌を入れ合うディープキスのこと。深く濃厚なキスというよりは優しく確かめ合うようなキスとなるため、まだディープキスに慣れていないカップルに試してほしいテクニックです。

基本的なルールは二つ。一方的な攻め方ではなく舌を入れる動きは交互に行うこと、そして入れられた側は口内の空間をなるべく無くすことです。お互いに舌を入れ合い包み込むディープキスを繰り返すことで、パートナーとの親密度をアップさせる効果が期待できます。

口内の空間はなるべく無くしておくことで、舌と口の密着度がアップ。お互いのやわらかい部分を上手く触れ合わせていき、ディープキスの快感をより得やすくすることができます。緊張をほぐしながらムードや愛情をゆっくり深めていきたいときにぴったりの方法です。

リズミカルキス

リズミカルキスを試している男女

「リズミカルキス」は、自分の舌をいろんな方向からリズミカルに動かしていくディープキスのこと。その方法は比較的自由で、唇を重ねたまま唇の上に転がしたり、上下左右に動かしながら口内に出し入れしたりすることで相手の口全体を舌で愛撫していきます。

スピードやリズムは自分の気持ちに合わせて調節することができるため、ディープキステクニックのなかでも取り入れやすいことがポイント。ほかのテクニックを試す前の練習として活用してみるのもいいかもしれません。

カクテルキス

カクテルキス_イラスト

「カクテルキス」とは、舌を絡ませたり唇を甘噛みしたりお互いに舐めあったりと、何でもありの自由なディープキス。自分の好きな動きや愛撫を組み合わせて動かせるため、ディープキステクニックのなかでも人気の高い方法です。

ポイントは、口を開けたまま行うという点。舌も口内も見える無防備な状態で行うため、不規則にいろんな愛撫方法を実践することができます。ここでの注意事項は、熱中しやすいあまり相手が痛がるような動きや苦しそうなペースになりやすいことです。

ルールのない自由なディープキスではありますが、相手の反応はしっかりチェックして痛がらせないよう注意しながら行っていくようにしましょう。また、口を開けた状態をキープするのは疲れやすいため、途中でシンプルなキスを取り入れていくのもおすすめです。

オブラートキス

「オブラートキス」は、相手が出した舌を口内に吸い込んでオブラートのように優しく包み込むディープキスの方法。舌を包み込んだあとは軽く吸引したり、口内全体で包んだりしながら、相手の舌を愛撫していきます。

オブラートキスでは、最初から最後まで優しく包み込んでおくことがコツ。舌全体が口内で愛撫される感覚には独特の気持ちよさがあり、その感触に病みつきになる人も多いようです。どちらか一方が愛撫し続けるのではなく、交代しながら吸ったり吸われたりする感覚を思う存分味わってみましょう。

サーチングキス

サーチング-キス_イラスト

「サーチングキス」は、お互いの歯茎部分を舌先で舐めあうディープキスの方法。実は歯の神経がつながる歯茎が性感帯という人は少なくありません。舐め方や触れ方によっては、歯茎への愛撫だけで大きな快感を与えることもできます。

舌でゆっくりとなぞり、相手の反応が大きい場所を見つけたら集中的に舌先で攻めていきましょう。最初は焦らず、少しずつ舐めるだけでOK。中には「歯茎まで舐められるのは抵抗がある…」という男性もいますので、反応に注意しながらゆっくりと攻めていくことが大切です。

相手が喜んでいる反応を見せたら、歯茎の裏側や口内の上顎辺りといろいろな場所を積極的に探っていきます。目を閉じて探っていくと舌先の感覚も敏感になりますので、相手の感度の高い場所をリサーチするような感覚でトライしてみてください。

クロスキス

「クロスキス」は、口を開けた状態で唇同士をしっかりとくっ付けて舌を愛撫し合う、テクニックの中でもかなり激しいタイプのディープキス。唇を付けたり離したりして行うカクテルキスに対して、クロスキスは唇を完全に密着させたまま行うため、鼻で呼吸することになるほどの情熱的なキステクニックです。

唇を付けたあとの動きはほとんど自由。舌を吸ったり甘噛みしたりしながら、唇が離れないようお互いにむさぼり合っていきます。かなり激しいだけあって快感も大きく、ディープキスのクライマックスとして活用されることの多い方法です。それまでに高まっていたムードや高揚感を味わうようにしてチャレンジしてみましょう。

チョコレートキス・キャンディキス

「チョコレートキス」「キャンディキス」はその名の通りチョコレートやキャンディを使ったディープキスの仕方。クリスマスやバレンタインといった特別な日にぴったりのディープキステクニックです。

やり方はいたってシンプル、二人で一つのチョコレートかキャンディを口移ししながら味わっていきます。体温で溶けるお菓子は徐々に小さくなっていきますので、口からこぼれないようにして舐めていくことがポイントです。いつもとは違う非日常感に浸りながらお菓子の甘さとエロティックなキスに興奮すること間違いなしの変わったディープキスになります。

動画で見る!ディープキスの種類

ここまで紹介したディープキスの種類ですが、実際のシチュエーションやキスのやり方については、下記の動画でもチェックできます。ぜひこちらもご覧ください!

また、ラブコスメでは「【ディープキスの種類】クイズ!ディープキスではないのはどのキス?」というタイトルの動画を配信。クイズ形式でディープキスの種類の豊富さについて触れています。

動画内では全部で五種類の「○○キス」を紹介。四つのディープキスを見極めて、ディープキスでないキステクニックを当てるといった内容になっています。正解できるか挑戦してみてはいかがでしょうか!

ディープキスのエロいやり方って…?エッチ動画でチェック!

ディープキスの方法はバリエーション豊かに存在しているものの、その違いについては「文字で見てもいまいちピンと来ない…」という方もいるかもしれません。そこで、ここでは動画で学ぶディープキスの方法と攻め方をご紹介。唇や舌の動かし方はもちろん、ディープキスをしているときの手の位置や身体の使い方なども見ることができますので、ぜひチェックしてみてください。

お手本のようなセクシーなキス…恥ずかしがりながらもディープなフェラで攻めて…

何気ないおしゃべりから始まるこちらの動画は、セクシーなキス顔やキスの仕方が分かる作品。ゆったりとした雰囲気でおしゃべりをしていたシーンから、徐々に距離が近づき、キス、そしてセックスと続いていくリアルで臨場感あふれる雰囲気が楽しめます。

キスをする前の、女性側のキスを求めるような表情や視線がチェックできるのもポイント。ふとした瞬間から男性にキスしてほしいと伝えるためのテクニックも学ぶことができます。キスをしているときの女性側の表情はとても官能的でエロティック。キスが始まってからも相手が興奮するような表情をキープしているため、キス中の顔に悩んでいる女性は必見です。

さらに、キスで大切な唇の使い方も非常にセクシー。まるで海外ドラマのような見栄えも質も良い、上級のキステクニックが見られます。

誘導バナー

キスがこんなに気持ちいいなんて…!気持ちが昂る激しいキスに強くカレを求めて…

一方でこちらは、二組のカップルの2本立て。最初のカップルは初めに激しさはなく、お互いにソフトタッチを繰り返すような軽めのキスからスタートしていきます。そして、キスがどんどんと激しさを増していくと二人の興奮度もアップ。キスのテクニックだけでムードを高めていく、お手本のようなキスシーンを堪能することができます

  • キスで彼を誘ってみたい
  • キスだけで興奮度を上げてみたい
  • 盛り上がるキスの仕方を知りたい

という方におすすめしたい作品です。

誘導バナー

彼を感じさせるディープキスのテクニックやコツ

彼をドキドキさせたいと考えている女性

ディープキスでは唇や舌の動きが重要となりますが、それ以外にもちょっとしたテクニックでパートナーを気持ちよくさせるコツがあります。それぞれのテクニックの使い方とポイントについて見ていきましょう。

キスの途中で吐息や声を出してみる

吐息や音など、耳から聞こえる音を使うのもムードを高めるテクニックの一つ。タイミングとしては息継ぎの瞬間がおすすめです。特に激しく舌を絡ませるディープキスでは、息を吸うタイミングが多く、自然と吐息も漏れやすくなります。

無理に声を出そうとするのではなく「んん」「ふっ」「あ…」というように、控えめな声を漏らしてみるのがポイント。相手に聞かせるというよりも、行為に没頭するような意識で出してみると、パートナーの興奮も高めさせることができます。あくまで自然な感じで出すように意識しましょう。

甘噛みや吸いつきの強弱をつける

力加減の強弱は、初めは難しいものですが慣れていくとパートナーの好みも分かり、舌への吸い付きや唇での甘噛みも自在にコントロールできるようになります。

力加減のコントロールでは、マンネリさせないことがキスの興奮をキープするための大切なポイント。一定のリズムで単調になってしまわないよう、強さを変化させながら愛撫を楽しんでいきましょう。

舌の使い方や舐め方で変化をつける

舌は、舌先だけでフェザータッチしたり、舌全体で思い切り舐め上げたりと、さまざまな使い方が可能なパーツです。舐め方に変化を付けると予測のつかない快感に相手のボルテージもアップします。

また、思いがけない性感帯を見つけられるのも舌の特徴。いろんなディープキスを試しながら、自分と相手の色んな場所を探り合ってみるのも、ディープキスをより楽しむためのポイントです。

彼へボディタッチを忘れずに

ディープキスに一生懸命になっていると、意外と手や身体など他の部分が疎かになってしまいがち。せっかくキスで快感を得ているのなら、手や身体も使って相手の身体全体も愛撫していくのがおすすめです。

とはいっても、そんなに難しい愛撫をする必要はありません。キスから意識を外さない程度に、頭や顔を撫でたり敏感なポイントを愛撫したりしながら、身体全体の感度をアップさせていきましょう。

キスしながら上目遣いで彼を見る

実はキス中の表情も、パートナーの興奮をあおる絶好のポイント。下から見上げるようにして相手の顔を伺ってみると、上目遣いで甘えるような表情を見せることができます。激しいキスに移る前に使いたい、効果的なテクニックです。

あえて焦らすように

いきなり激しさを増すキスも興奮するものですが、あえてじっくりと焦らしながらキスするのも上級者のキステクニック。その際にはすぐに舌を入れたりせず、唇を舐めたり舌同士を合わせたりしながら濃厚なディープキスへの期待を高めていきましょう。合わせて身体を撫でたり触れ合わせたりしてみるのも有効です。

ディープキスで性病の心配は?注意する点や唇のケアについて

お互いの唾液も混ざり合うような濃厚なディープキスは愛が確かめ合える素敵な行為ですが、やわらかくデリケートな口内や舌を使う際には十分な注意が必要です。

口のケアにあまり自信がないときには、専用のラブグッズを使用するのも効果的。ここでは、ディープキスで気になる注意点とキス専用のラブグッズについて紹介していきます。

ディープキスでの注意点

ディープキスではよく性感染症の心配が相談されることがありますが、基本的にキスで性感染症がうつるといった可能性はほとんどないといわれています。相手の性器を口で愛撫するオーラルセックスとなると話は別ですが、お互いの口同士を近づけるディープキスではむしろ細菌の交換が発生して免疫力が上がるという結果もあるほどです。

一方、歯が当たりやすいディープキスでは相手や自分の口内に傷が付かないよう注意する必要があります。口内に傷ができてしまうと雑菌が入ってしまったり、化膿してしまったりする恐れもありますので、キスをする際にはあくまでデリケートな場所であることを意識して優しく行うようにしましょう。

キス専用タブレット・キス専用美容液

最近では、キスに向けた専用のラブグッズも登場。吐息を一瞬で爽やかにしてくれるキス専用タブレットや、キスしたくなるような唇を作るキス専用美容液などが人気を集めています。

ペロペロ ラブリーミント

こちらはキスしたくなる甘酸っぱい吐息を作るキス専用タブレット。ストロベリー、クランベリー、ビルベリーの果汁とミントでできた爽やかな香りが特徴で、ニオイの気になる食事の後にそのままキスできる美味しい口臭ケアができます。

ペロペロ ラブリーミント
キスの時も、普段の吐息も甘くて爽やかな女性って魅力的ですよね。また、リフレッシュしたいときや間食の置き換えにもオススメです。ベリー系のフレーバーで、さらにスッキリとした清涼感もあります。

普段の吐息ケアに一粒。大切な人に合う前に一粒。パートナーにさりげなく渡すのも良いですね。これからは、キスも、キスの時の吐息も美味しくして、彼との熱いキスを楽しみましょう!
ペロペロ ラブリーミントの詳細はこちら

ヌレヌレ・マスカットキッス

こちらはパートナーが思わずキスしたくなるような、プルプルの唇を作ってくれるキス専用美容液。まるでマスカットのような印象的な香りが、相手の興奮を誘います。フレーバーも豊富で、ベリーやローズ、フルーツティーなど数種類から好きな香りを選べるのも人気のポイントです。

ヌレヌレ・マスカットキッス
ひと塗りで思わず食べたくなるような唇を作る美容液です。印象的な香りとぷっくりと濡れたような魅力的な唇を作ってくれるのがうれしいアイテム。男性がキスしたいと思う唇をあらゆる角度から研究して作ったので、彼にドキドキしてもらうにはピッタリです。
ヌレヌレ・マスカットキッス

下記動画でも商品紹介をしているので、是非チェックしてみてください♪

キス専用美容液「ヌレヌレ」紹介漫画

ラブコスメでは、ヌレヌレを使った女性の無料漫画「彼が喜ぶ唇のヒミツ(本当にあったキス物語)」を公開。「ヌレヌレ」が届いたときのラッピング状態や商品の質感について、漫画を通して詳しく紹介していています。

下記のツイートではディープキスのやり方について詳しく紹介しています。舌の動きなども参考になるのでぜひチェックしてみてください!

【番外編】タイミングも重要!ディープキスは何回目のデートからOK?

ここまで紹介をしてきたパートナーとの距離を縮めてくれるディープキスは、二人の関係がステップアップする大切なタイミング。しかしより官能的なキスになるだけあって、「どのタイミングでトライしていいのか分からない…」と悩む女性も多いかもしれません。

女性を対象に、「最初のキスのタイミング」についてアンケート調査を実施。すると異性への考え方や求めているシチュエーションによってタイミングが異なることが分かりました。それぞれの回答ごとの特徴を見ていきましょう。

ディープキスアンケート回答キャプチャ
出典:ラブリサーチ

最初にキスする理想的なタイミングは?

ディープキスのタイミングをスマホで調べている女性

「付き合って初めてのキス、理想のタイミングは?」という内容でパートナーとのファーストキスにおける理想的なタイミングを調査したところ、最も多かったのは「初デートの時」で約42%。およそ半数の人が初めてのデートでキスまで進んでも良いと考えていることが分かりました。

その後「三回目のデートの時」が約33%「告白と同時」が約15%、「その他」が約10%と続き、約8割が初デートか三回目のデートかで分かれる結果となっています。

さらに「それはなぜですか?またその他の方は、理想のシチュエーションを教えてください。」という質問には、どのタイミングを選んだかで理想としているシチュエーションや関係性が明らかに。これからどのように付き合っていきたいかによって、初めてキスをする理想のタイミングは分かれていくようです。

「初デートの時」にキスをしたい理由

初デートを選んだ理由では、以下のような回答が見られました。

  • やっぱり初デートは期待して、準備して望むので。
  • あまり遅いと魅力がないのかな?と不安になるし、告白のタイミングでは、キス云々よりも考える時間が欲しいので。
  • 付き合ってすぐは早いし、告白して気持ちが一緒になって手を繋いでるだけでも精一杯なので、1回目以降が無難かと。
  • やっぱり、初デートでドキドキしてるときに、してほしいかな。
  • 告白されてすぐされたことも、なかなかしてもらえなかったこともありますが、初デートの時が一番ドキドキした気がします!

このように初デートを選んだ理由には、キスに向けて準備ができるという点や一番ドキドキしているタイミングだからという点が挙げられています。

また、告白と同時だと早すぎるけれど、三回目のデート以降だと遅すぎるという意見も。がっつき過ぎず不安にもならないタイミングが、初デートをベストとする大きな理由のようです。

「三回目のデートの時」にキスをしたい理由

一方、三回目のデートを選んだ理由では以下のような回答が見られました。

  • 付き合ってすぐはなかなか勇気出ないです。
  • 初めてのデートだと次のデートの時にぎこちなくなりそうだから。
  • 付き合って少しは待ってほしいから。大切にしてくれてると感じたい。
  • 早いとそういうのが目的なのかと心配になるから。

ここでは、初めてのデートでキスをしたくない理由について述べている意見が多く見られました。三回目のデートをベストタイミングとして選ぶ人には、初めてのデートは相手をよりよく知る機会として楽しみたいと考えている女性が多いようです。

「告白と同時」にキスをしたい理由

では最も早いタイミングとされる、告白と同時を選んだのにはどんな理由が考えられるでしょうか。告白と同時を選んだ理由で見られた回答は以下の通りです。

  • 求めていたものを即座に得たいから。
  • 付き合ってからならいつでもアリです。・両想いってのが分かって1番幸せな時だから。
  • 『好き』と言われてから急にチュッってされるとドキッってします。

告白と同時をベストタイミングとした意見では、キスによって付き合った事実を再確認できるという理由が多く見られました。また両想いになったからにはすぐに恋人らしいことをしたい、という肉食的な意見も。いずれにしてもキスのタイミング自体を特に強く重視しないという女性が多いようです。

「その他」のタイミングでキスをしたい理由

最後にその他を選んだ女性の意見もチェックしておきましょう。

  • 付き合って1ヶ月以上経ってからどちらかの家でしたい。
  • まだこちらの気持ちが整っていない時にされるのは絶対に嫌です…。3度目のデートあたりで告白してもらって、そこからまた何度かデートしてやっとキス、ぐらいがいいかな。
  • いつでも良い。
  • 10代だったら1ヶ月とか2ヶ月後くらいかなと思うし、20代なら3回目くらい?30代40代は告白と同時がいい!

こちらではいつでも良いとする意見と、じっくりと一緒にいる時間を育んでからが良いとする意見に見事に分かれる結果となりました。

また、年齢によってベストタイミングが異なるという意見も。若い時ほど時間をかけて、年齢を重ねてきたら早くなっていく方が良い、と考える人も少なくないようです。

ディープキスする理想的なタイミングは?

ではより濃厚な絡みとなるディープキスのベストタイミングはどうなるでしょうか。ラブコスメでは、「【ディープキス】何回目のデートからOK?中村愛さんの回答は!?」というタイトルで座談会形式の動画を配信。ディープキスをする理想的なタイミングについて男女四人が話し合っています。

「一回目のデートからディープキスはOKか」という質問では男女で意見が分かれる結果に。欲望に忠実な男性と、段階を踏んで大事にされたい女性の違いが明らかとなりました。

質問の答えとしては「ディープキスは2~3回目のデートでOK」。最初のキスは初回のデートが理想でもディープキスとなるとある程度関係性を作ってから進みたいと考える女性が多いようです。

キスで幸せになれる!?ディープキスのまとめ

ディープキスをしようとしている男女

ディープキスの魅力は、通常のキスよりもつながりが深く特別感を味わえる点。特にセックス前のディープキスはマンネリ防止やステップアップにも活躍してくれる上、愛情を感じて満足度を高めてくれる効果も期待できます。

また、こちらのツイートではキスのいろんなことが分かりますので、参考にご覧ください。

キスで相性がわかる!?

キスで幸せに!6つのいいこと

時間をかけて相手と気持ちを高め合えるディープキスは、最高のラブタイムには欠かせないポイントです。気持ちいいディープキスを極めて、パートナーとの幸せなひと時を思う存分楽しみましょう。


刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
さくらの恋猫GIFバナー



今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • フェラのテクニック
    フェラのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほしい...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介

  • 20201113夜のお道具箱