セカンドバージンが心配?久しぶりのセックスで思いっきり楽しむ方法【快感スタイル】

久しぶりのエッチに緊張している様子の女性

目次

パートナーとお別れしてから時間が経ち、気がついたら、セックスをしばらくの間していなかった。そんなとき、不意にラブロマンスのチャンスがやってきたら、誰だって不安になりますよね。ラブコスメが独自に行なったアンケート調査『久しぶりのセックスで困ったことはありませんか?』というアンケートでは、57.2%の女性が「ある」と答える結果となりました。

セカンドバージン_アンケートキャプチャ
出典:ラブコスメ

「久しぶりのセックスに緊張しすぎてしまう」「排卵日を忘れてしまっていた」「慣れなくて恥ずかしさが優ってしまう」などの意見があげられ、多くの人が久しぶりのセックスにはアレヤコレヤと戸惑ったり、緊張のあまり、ちょっと恥ずかしい失敗もしてしまっているようでした。

今回の記事では、これらのなかなか人には相談しづらい、久しぶりのセックスについての悩みを解決して、「セカンドバージン」でも思いっきりセックスを楽しんで気持ちよくなる方法についてお話ししていこうかと思います。

セカンドバージンとは?期間の定義はない?

セカンドバージンとは何か考えている女性

そもそもセカンドバージンとはいったいなんでしょうか。もともとは、アメリカで「性交渉の経験はあるけれど、結婚までに2度と性交渉を持たない』という誓いを立てる、いわゆる純潔運動を指す言葉。

それが転じて、「久しぶりにセックスをすること」として使われることが多くなりました。人生で初めて性交渉をもつことを「ロストバージン」と言いますが、セカンドバージンは一般的に、前回のセックスから随分間が空いてしまって、処女=バージンの時のような緊張感と不安を抱くことをさします。

膣が硬くなるのは本当?

どれくらの期間が明けば「セカンドバージン」というかは、かなり個人差があります。一ヶ月空いただけで「もう随分長いことセックスしてないな」と思う人もいるし、一年くらい空いても平気な人もいます。

久しぶりのセックスでは、膣が硬くなっていた、という人がいますが、これは医学的には少し考えにくいかもしれません。スポーツを急にしなくなったり、何らかの事情で車椅子生活になったなどで、筋肉が急速に落ちてしまう現象を「廃用性退縮(はいようせいたいしゅく)」と言いますが、膣を使わない=セックスしていないからと言って退縮が起こるわけではありません

ただ、久しぶりに異性に自分の性器をみられたり触れられたりすることで極度の緊張を感じて、ぎゅっと力を込めてしまうことで、挿入しづらくなったり濡れにくくなって痛みを感じたり、「膣が硬くなった」と思ってしまう場合もあるようです。

POINT

「膣が固くなる」は、医学的には考えにくいこと。緊張を感じて力を入れてしまうことがそのように感じる理由と考えられます。

久しぶりのエッチでこんなハプニング!トラブル!女性みんなの失敗事例

「セカンドバージン」や「干物女」という言葉が流行ったことがありました。恋愛やセックスを長期間していない女性を指す言葉です。

このような言葉が生まれ、流行ってしまうぐらい、長らくセックスをしていない、女性は多いのでしょうか。今回のテーマでは女性を対象に、「久しぶりのセックスで困ったことはありますか?」と質問。自由回答コメントでは、具体的にどんなことで困ったのか、あるいはどんなハプニングが起こったのかを尋ねてみました。

セカンドバージン_アンケートキャプチャ2
出典:ラブコスメ

今回の総回答者数は131名。そのうち、「ある」と回答した方は75名で57.3%、「ない」は56名で42.7%でした。「ある」が過半数以上と考えると、久しぶりすぎることが何らかの問題を起こすことは珍しくないようです。回答はいくつかのパターンに分けることができましたので、特に目立ったものをご紹介します。

緊張した!恥ずかしかった!

まずは、「久しぶりすぎて緊張してしまった!」というハプニングです。恥ずかしかった、という意見も同じパターンとして考えていいでしょう。緊張するだけならいいのですが、緊張のあまり「濡れなかった」という方も。

他に「緊張してマグロ状態になってしまった(笑)」「緊張して逆にその気になれなかった」「相手はあまり気にしていないと思うけど、久しぶりだとなんとなく気恥ずかしい」とのコメントもありました。

準備不足!

あまりにも期間が空いてしまったため、つい女としての準備を怠ってしまったという意見も。「誘いに乗ったはいいけれど、ムダ毛処理をしていなかった。だから暗くしてもらいました」「急な展開だったので、勝負下着じゃなかった」「ワキとアソコの毛の処理。特にアソコはジャングルで気が気じゃなかった」など。それまでがご無沙汰だと気を抜きがちになってしまいますが、チャンスはいつやってくるかわかりません。気をつけたいものです。

痛かった!出血した!

一番多かったコメントは「久しぶりすぎて痛かった」「血が出てしまった」というものです。中には、痛すぎて挿入できなかったというハプニングも…。「挿入時に痛くて痛くて、辛かった」「5年ぶりにしたときに出血した。相手に処女?と聞かれてしまった」「久しぶりで私のアソコが狭くなっていて、彼のものが入らなかった」など。

長く時間を空けると、膣周りの筋肉が硬くなってうまく開かなくなってしまうことがあります。もともと小さかったり開きにくい自覚がある方は、セックスすることが事前にわかっていた場合は、バイブなどで先に馴らしておくのもひとつの対策かもしれません。

時間が空けば体がそのことを忘れかけてしまうのは、セックスだけでなく何にでもあること。久しぶりにセックスをする予感があるときには、事前にできるだけ感覚を思い出すために、アダルトビデオを見たりオナニーをしたりして、「復習」しておくといいでしょう。

もちろん、ボディケアや下着の準備も忘れずに!

セカンドバージンで困ることの解決法

では、久しぶりのセックスで困ってしまうことの具体的な解決法についてお話ししていこうと思います。ほとんどの場合、セカンドバージンで困ることは「極度に緊張している」ことによって起こります。濡れない、痛い、挿入しにくいなどがその代表例です。

「濡れない」時の解決法

セカンドバージンで濡れないことに不安な様子の女性

では、濡れなかった場合はどうしたらいいでしょうか。まずは焦らないことです。焦れば焦るほど余計に無駄な緊張が高まり、濡れにくくなってしまいます。どうしても濡れない場合は、まずは無理に性器に触れたりセックスを継続しようとせず、愛撫しあったりキスしあったりして、スローセックスを楽しむことです。まずは緊張を解きほぐすように、相手と会話や、言葉責めなどを楽しむのも良いでしょう。

それでもなかなか緊張がほぐれない場合は、ローションや潤滑クリームを使ってみてください。潤滑剤を使って「あれ、痛くない」と思うことで、逆に安心して自然と濡れてきたりするものです。
何よりも、焦らずに、潤滑剤をうまく活用しながらゆっくりと時間をかけてセックスを楽しむことが一番です。

「挿入で痛みを感じる」時の解決法

いざ久しぶりの挿入で、痛みを感じてしまった、というのも、久しぶりのセックスを経験された方でよく聞く悩みです。前は大丈夫だったのに、なぜ痛みが生じてしまうかというと、これは、十分に膣の中が濡れていないからです。

女性の体は、性的興奮を感じると膣内から天然の潤滑液が分泌されて、それが「濡れる」という現象です。これは、男性器を受け入れやすくするための体の反応なのですが、緊張していて濡れなければ、狭い膣内に男性器が挿入されると、当然ながら摩擦で痛みが発生してしまいます。

前述の通り、ローションなどの潤滑剤を使ってみるのが一番ですが、それでも痛みが解消しない場合は、無理に挿入を試みないことです。無理して痛みを我慢することで、膣内が傷ついてしまい、細菌感染を起こしたりしてしまうこともあります。

セックスは、互いの愛情を確認しあったり、スキンシップによってより濃厚なコミュニケーションをとることができる素晴らしい方法です。「挿入しなければならない」という固定観念を捨てて、挿入しなくても、お互いを愛撫しあって、ゆっくりと時間をかけてスキンシップを取り合うことを楽しんでみてはいかがでしょうか。

挿入に頼るのではなく、優しく手を使って男性をオーガズムに導いてあげながら、次回以降のセックスで徐々に挿入の段階に導いてあげるのも、セカンドバージンの楽しみ方ともいえるでしょう。

LCハーバルローション
アロエの保湿感&ハチミツで潤いプラス♪マッサージにも使えてラブ度アップ!
潤い不足の潤滑ゼリーとしても、2人で楽しむためにもおすすめのLCオリジナルの自然派ラブローション。
イク感覚を探りあうため、ラブタイムが長くなってもラブローションを使ったマッサージのしあいっこで乾かないで楽しむことができます。
LCハーバルローションの詳細はこちら
ラブコスメ リュイール ホット
女性の敏感な部分にゆっくりなじませてマッサージするベッド専用のコスメです。
ベッドで肝心なときの潤い不足など、セックス中の不快感が気になる人にオススメ。
燃え上がるような情熱的なラブタイムを楽しめますよ。
ラブコスメ リュイール ホットの詳細はこちら

セカンドバージンに関する悩み まとめ

男性に抱き寄せられ笑顔の女性

セカンドバージンを楽しむには、「挿入しなければならない」「前と同じようなやり方でセックスしなければならない」という既成概念を捨てることです。

挿入しなくても、前よりも時間をかけてゆっくりと愛し合うことで、より深い快感や愛情を感じることができるのもセカンドバージンの魅力のひとつです。ゆっくり時間をかけることで、きっと素晴らしいセックスを心から楽しむことができることでしょう。焦らずに、ぜひ楽しんでみてくださいね。


刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
案5_1200_628_movie3Pink_all


人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • フェラのテクニック
    フェラのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほしい...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介

  • 20201113夜のお道具箱