側位の体位で気持ちいいセックス!寝そべって挿入するやり方【快感スタイル】

側位の体位で気持ちいいセックスをするカップル

目次
側位とは、男女の両方が寝転んだ状態で行うセックス体位のひとつで、四十八手では「窓の月」と呼ばれている体位です。「横バック」とも呼ばれ、知名度はそれほど低くはありませんが実際に試したことのない女性も多いかもしれません。

しかし、側位には

  • Gスポットに当たりやすいなど普段の体位とは違う刺激がある
  • 乳首やクリトリスへの複数責めを楽しめる
  • 男女ともに足腰への負担が少ない
  • 挿入時間が調整できる

といったメリットが多くあり、密着度の高さから愛情を感じやすい体位でもあります。最も大きなデメリットは抜けやすいという点ですが、お互いの体をすこし離すことである程度解消が可能です。

側位の中でも基本となる「後側位」は、横向きに寝た女性の背中に男性が添い寝をするように密着し、挿入後に動かすという流れで行われます。複数責め言葉責めと併用することで気持ちよさや興奮度をアップさせれば、ペニスや膣内への刺激が弱いというデメリットもカバーできるでしょう。

前側位・後側位それぞれで片足を上げるというバリエーションもありますので、マンネリ防止にも効果的です。

スローセックスを試したいときにもぴったりな側位は密着感や精神的な満足感が大きく、彼からの愛情を感じたいときにおすすめです。

側位とはどんなセックスの体位?

側位をしている男女のイラスト

側位は男女ともに横になった状態で挿入する体位のことで、「側臥位(そくがい)」「横バック」とも呼ばれています。

実際に行う場合は横になった女性の後ろから男性が挿入する「後側位」が一般的で、単に側位と言ったときにはこの後側位を指す場合が多くなります。

「江戸四十八手」という江戸時代に作られたとされるセックスの体位集でのネーミングは「窓の月」。ふたりで窓の外の月を見ながらする、という意味が込められた風流な体位でもあります。その名前のとおり、体を密着させながらスローセックスを楽しむことができる体位です。

後側位に限らず基本的に側位は挿入が浅く、刺激の少ない体位とされています。中には四十八手で言う「菊一文字(仰向けになった男性に大きく開脚した女性が挿入する)」のようなハードなものもありますが、フィニッシュ向けというよりはゆったりと愛情を深めあえる体位だと言えるでしょう。

側位が女性にとって気持ちいい体位の理由

先ほど、側位は挿入が浅く刺激が少ないと説明しましたが、実はその挿入の浅さがGスポットを刺激するのにちょうどよいのです。ですから、これまで中イキ(膣イキ)を経験したことがないという女性にとって、側位はGスポットを開発するのに向いている体位と言えますよ!

側位で中イキが開発できる?

Gスポットの開発を目的に側位を行う場合、男性は挿入中できる限り女性のお腹側を刺激してあげましょう。位置は個人差がありますが、大体膣口から4~5cm程度の場所にあります。最初はなかなか見つかりにくいですが、少し位置をずらしながら根気よく探してあげてくださいね。

また、女性はできる限り動かないのがポイントです。動いてしまうとペニスが抜けてしまい、快感が弱まってしまう可能性がありますよ。特に側位の基本である「後側位」は男性主体の体位ですので、パートナーのことを信用して身体を預けるようにしましょう。

側位の5つのメリット!複数責め可能・負担が少ないなど

男性の上にまたがる女性

側位の主なメリットは、普段と違う場所への刺激や、複数責めを楽しめること、体への負担が少なく長時間挿入していられることです。体を密着させた状態で挿入する体位ですので、お互いの体温を感じあったり愛撫をしあったりすることでより愛情を感じられるという良さもあります。以下では側位のメリットを詳しく確認します。

メリット1.Gスポットを刺激しやすい体位

側位では体を密着させて足を伸ばした状態で挿入しますので、正常位とも後背位とも異なる位置にペニスが当たることになります。特に後側位はGスポットを刺激しやすい体位ですので中イキを狙うときにもおすすめです。

メリット2.乳首やクリトリスへの愛撫がしやすい

挿入中に男性の手が空く側位は複数責めにも適した体位です。挿入しながら乳首クリトリスを責めてもらう、もしくは自分で触ることで快感をさらにアップさせることができ、中イキも狙いやすくなります。

メリット3.体への負担が少ない

寝たままの状態で行う側位は、男性・女性ともに体への負荷が少なくなります。激しいセックスで疲れやすい足腰や腕に負担をかけずに快感を得ることが可能です。

メリット4.スローセックスが楽しめる

刺激がマイルドで長時間続けやすいのが側位の大きな特徴。男性が早漏の場合やスローセックスを楽しみたい場合にはぴったりの体位です。またGスポットでイクためには淡々とした刺激を長時間続けることが重要ですので、中イキの練習にも使えるでしょう。

メリット5.お互いに愛情を確認できる

側位は添い寝をした状態から挿入しますので、密着度が高く、お互いの体温を感じあえる体位です。

抱きしめられながら繋がる感覚を味わったりお互いに愛撫をしたりすることも可能ですので、気持ちよさとともに愛情を確認しやすいという特徴があります。

側位の3つデメリット!抜けやすい・刺激が弱いなど

男女ともにメリットの多い側位ですが、いくつかデメリットも存在します。たとえば、激しく動くと抜けやすくなる点や、肉体的な刺激だけでなく視覚的な刺激がやや少ない点、後側位では顔が見えないという点も挙げられます。そこでこれらのデメリットも詳しく確認しましょう。

なお、これらのデメリットは改善できる場合もありますので、実際に行う際には後述の「気持ちいい側位を行うコツと失敗を防ぐポイント」なども参考にしてみてくださいね。

デメリット1.腰が振りにくく抜けやすい

基本的に側位は相手と体を並行にして行う体位ですので、他の体位と比べて挿入中に抜けやすくなってしまうというデメリットがあります。特に体を密着させた状態では少しの動きでも抜ける可能性が高くなりますので、お互いに注意しながら行う必要があるでしょう。

デメリット2.激しく動けないので刺激が弱い

側位はスピード感のある動きがしにくく無理に激しく行うと抜けてしまうことから、強い気持ちよさを得ることが難しい体位です。さらに密着しているため相手の体を見ることで得られる興奮が少なく、特に視覚的な刺激を重視する男性には好まれないこともあります。

デメリット3.顔が見えない、キスができない

特に後側位でデメリットになるのが「顔が見えない」という部分です。同じバックからの挿入でも体をひねることができる後背位に対して、密着した状態の後側位では顔を見たりキスをしたりといった行為がしにくくなります。相手の状況を確認したりセックス中にキスをしたりしたい人には物足りない体位と言えるかもしれません。

気持ちいい側位のやり方と失敗を防ぐポイント

側位の気持ちいい側位をするためのコツやデメリット解消のためのポイントを確認していきましょう。側位をさらに気持ちよくするためのコツや失敗しにくくするポイントは

  • 複数責めをしてもらう
  • 心細さを感じにくい工夫をする
  • 抜けやすい場合や激しくしたい場合は体を離す

といった点です。ペニスの出し入れそのもので快感を得ることよりも、複数責めを取り入れたり精神的な満足度を高めたりすることで気持ちよくなれる体位と言えるでしょう。

積極的に複数責めをしてもらう

男性に後ろから抱きしめられている女性
気持ちいい側位のコツは、積極的に複数責めをしてもらうこと。

乳首やクリトリスを刺激してもらったり、背中にキスをしてもらったりすることで快感を高めることができます。男性が女性より身長が高い場合は女性の首の下から腕を回して片手で乳首、もう片方の手でもう一方の乳首かクリトリスを責める「三点責め」も可能です。

ローターやデンマで責めてもらう

側位の時に、ローターや電マなどのラブグッズで乳首やクリトリスを責めてもらうのもおすすめです。ただし、二人ともベッドに横になった体勢のままだと彼の位置から性感帯が見えにくいです。そのため、男性が上半身を起こせるよう調整し、その状態で責めてもらいましょう。
また、横になった状態で責めてもらう場合は、女性が上手にリードするのがポイント。彼の手を自分の性感帯へ誘導したり、「そこが気持ちいい…」など声を掛けたりするといいでしょう。

言葉責めをしてもらう

後側位で顔が見えないことを心細く感じる場合は、軽く言葉責めをしてもらうなど興奮度を上げる工夫をするのも良いでしょう。ただし、中には寡黙な男性もいて、なかなか言葉責めをしてくれない人もいます。そのような場合は、女性から男性に声をかけるのがおすすめ。少しエッチですが、彼に「いっぱい濡れてる…?」などと質問を投げかければ返事はもらえるでしょう。

男性は下から突き上げるように!

側位で気をつけたいのはペニスの抜けを防ぐことですが、そのためにはあまり激しい動きはせず、下から突き上げるように動かすのがポイントです。

「どうしても激しくなってしまう…」
「激しくしているつもりはないけど抜けやすい…」

という場合は挿入したまま上半身を離すようにします。
たとえば後側位なら、女性がやや前かがみになってお尻を突き出すような姿勢を取ると良いでしょう。密着感はなくなりますが、奥まで挿入しやすく抜けにくくなります。

側位のあとはたっぷり愛情を確かめ合おう

側位のあとは正常位でたっぷりキスをしてもらうなど、全体を通してバランスを取るようにするのがおすすめです。また、もし深くまで挿入して欲しいなら「松葉崩し」などの体位に移行するのも良いですよ。この松葉崩しは、男性が女性の片足を持ち上げ、もう片足の上にまたがるようにして挿入する体位です。挿入が深いためポルチオなどを刺激してもらうこともできます。

気持ちいいセックス体位、側位のバリエーション

側位にはバリエーションがいくつかありますが、その中でもチャレンジしやすいのが以下の4つの体位です。いろいろな体位を試すことはマンネリ防止にもなりますし、自分に合ったものを見つけやすくなります。積極的に彼に提案して試してみましょう。

前側位

前側位をしている男女

男女ともに横になり、向かい合った状態で挿入します。
挿入しづらく抜けやすいのが難点ですが、お互いに抱き合ったり愛撫しあったりといった愛情表現をすることで精神的な満足感を得やすい体位でもあります。挿入時に女性が片足を軽く上げることで挿入しやすくなります。

片足上げ前側位

片足上げ前側位をしている男女

男女が横になり向き合った状態で、女性が片足を高く上げて挿入する体位です。
女性にとっては足が疲れるというデメリットがありますが、前側位より挿入しやすく抜けにくくなります。男性が片足を女性の足の間に入れれば正常位と側位の中間のような体位になり、さらにバリエーションを広げることも可能です。

後側位

後側位をしている男女

ベーシックな後側位は横になって背中を向けた女性に男性が挿入する体位ですので、後背位から移行するのがスムーズでしょう。添い寝をしている状態からセックスにつなげるのにはぴったりの体位で、ゆったり楽しみたい休日のモーニングセックスにもおすすめです。

片足上げ後側位

片足上げ後側位をしている男女

男性に背中を向けて横になった女性の片足を上げ、同じく横になった男性が挿入します。片足上げ前側位と同様に男性の片足を女性の足の間に入れてピストンすることもできますが、女性の膣の位置や男性のサイズによっては難しい場合があります。

側位(背面側位)のやり方を動画でチェック

それでは側位(背面側位)の解説動画を確認しながら、具体的な流れ・ポイントなどを確認しましょう。また、動画の流れ・ポイントに関しては文章でも説明しています。

  • 1.横になった女性の背中側に、男性が包み込むように寝そべる
  • 2.女性は男性が挿入しやすいよう、上側の足の膝を曲げて胸の位置まで上げる
  • 3.男性は挿入しやすい位置に調整して、下斜め上に向かって挿入する
  • 4.男性は女性の上側の足を持ちながら、ピストン運動を始める
  • 5.ピストン運動中の男性は、腰だけを動かすイメージで行うようにする

側位のやり方をSNSでチェック

側位のSNS投稿もチェックしましょう。側位のやり方と、バリエーションが一目でわかるイラストが参考になります。
SNSの情報もぜひ見てみてください。

側位のバリエーション、窓の月(後側位)のやり方を動画でチェック

側位のバリエーションの一つである「窓の月」。一般的な側位との大きな違いは、窓の月では男性の上側の足を女性の両足で挟むことです。また、やや後背位(バック)のような体勢になります。窓の月のやり方を動画「歌って踊る!新48手~窓の月やってみた」で確認しましょう。

  • 1.女性は寝転んだ状態で、彼に背を向けるように横になる
  • 2.男性も寝転んだ状態で、女性のほうを向いておく
  • 3.男性は自分の上側の足を女性の両足の間に移動させつつ挿入する
  • 4.女性が上げた足をゆっくりと下ろせば窓の月が完成する

窓の月では女性が男性の手を取り、乳首やクリトリスなど触って欲しい場所に誘導するのがおすすめです。また、ピストン時は女性も彼の腰の動きに合わせて一緒に動くのがポイントになります。密着度が高い体勢をキープすることで、女性は感じやすくてイキやすくなりますのでぜひ試してみてください。

側位でのセックス中の動きをエッチ動画でチェック

セックスでの側位を動画でチェックしてみましょう。

様々な体位でセックスをするカップル。騎乗位からバックへと移行し、一度抜いてから側位へと体位を繋げています。そして、片足上げ後側位を楽しんでから正常位という流れになっています。 男性の胸への愛撫のやり方や腰の動かし方、体位の繋げ方などをチェックして、実際のセックスで参考にしてみてください。

誘導バナー

さくらの恋猫

側位で彼と愛情たっぷりのセックスを楽しもう

側位は基本的にスローセックスに適した体位。フィニッシュに使えるような強い刺激こそないものの、密着感や精神的な満足感が得やすいという特徴があります。彼にぎゅっと抱きしめられながらずっとつながっていたい…、そんなときにはぴったりです。

Gスポットを刺激しやすいこともあり、複数責め言葉責めを上手に取り入れることで肉体的に気持ちいい体位だと感じる女性も多くなります。敏感な部分を彼に刺激してもらうだけでなく、自分で触りながらの痴女プレイもとっても刺激的ですのでおすすめです。

マンネリ防止だけでなく愛情も深まる側位で、彼やパートナーとのセックスをより楽しいものにしましょう。


エルラブ体位特集
刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
案5_1200_628_movie3Pink_all

今、人気・注目のタグ
今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • フェラのテクニック
    フェラのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほしい...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介

  • 20201113夜のお道具箱