ポリネシアンセックスで最高のオーガズム体験!漫画・動画でやり方や体位を紹介!【快感スタイル】

目次
無料でエッチな女性向け動画が観れる「快感スタイル」
快感スタイル動画PR枠

ポリネシアンセックスは、ポリネシア地方に古くから伝わるセックス方法のことです。スローセックスとは異なり、ポリネシアンセックスには

準備を含め5日間という長い時間がかかる

手順などのルールが決められている

といった特徴があります。

ポリネシアンセックスには、肉体と精神の両面からほかのセックスのやり方とは違う満足感が得られるというメリットがあり、マンネリを防いだりセックスレスを解消したりといった効果が期待できます。
失敗する可能性があることや時間がかかること、避妊がしづらいなどのデメリットもありますが、お互いの愛情を感じあいたいカップルや負担感の少ないセックスを好む人、時間があるカップルにはおすすめです。

ポリネシアンセックスの基本的なやり方は、

①1日目はお互いに見つめあう
②2~4日目は性器に触れない愛撫を1時間以上行う
③5日目は愛撫後に挿入し、30分は動かさない

といった手順で行います。行う際の体位は座位や側位をメインにするとやりやすいでしょう。

ここから、ポリネシアンセックスについて分かりやすく解説した動画や体験談、実際の様子がイメージできる漫画のご紹介もしています。彼と一緒にポリネシアンセックスで最高のオーガズムを体験してみましょう!

ポリネシアンセックスとは?

ポリネシアンセックスについての解説動画

古来からポリネシア地方に伝わるセックスの方法として有名なのが「ポリネシアンセックス」です。準備期間を含めて1回のセックスに5日間という長い時間をかけるのが大きな特徴で、精神的・肉体的な満足度が高いことから「究極のセックス」と呼ばれる場合もあります。

ポリネシアンセックスは、オーガズムにこだわらず精神的な快感を重視する、激しく動かず焦らしを取り入れるなどスローセックスとの共通点が多く見られます。ですが1日で完結するスローセックスに対してポリネシアンセックスは時間がかかり、手順が決められているという点が異なっています。

ポリネシアンセックスとは?

ポリネシアンセックスは、太平洋に浮かぶ島々からなるポリネシア地方に古くから伝わるセックスの方法です。アメリカの宗教学者であるジェイムズ・N・パウエルさんの著書「エロスと精気」で紹介され、日本では2002年に五木寛之さんが作品中で取り上げたことで話題となりました。

ポリネシアンセックスの大きな特徴は、「5日間かけて行う」という点です。そう聞くと「5日間もずっとセックスし続けるの?」と思ってしまうかもしれませんが、最初の4日間はいわば準備段階。お互いに焦らしあいながら愛情を高める期間を経て、最後の1日にセックスを行うことになります。

一般的なセックスでも、性感帯を触られる前にたっぷり焦らされたことでいつもより強い快感が得られた経験がある方は多いでしょう。焦らされた後の気持ちよさをさらに発展させて、最高の快感を追求したものがポリネシアンセックスなのです。

ポリネシアンセックスは成功すると他のセックスとは比べ物にならないほどの精神的・肉体的な満足を感じられるということで、究極のセックスと言われることもあります。あまりの気持ちよさに、最終日には男性・女性ともに性器に触れられただけでオーガズムに達してしまう人もいるほどです。

ポリネシアンセックスはスローセックスとは違う?

セックスセラピストのアダム徳永さんが自身の経験から編み出したセックスの方法が「スローセックス」です。

お互いの精神的な満足感やつながりを高める

イクことを重視しない

ゆっくりとした動きで焦らしを取り入れる

このような点はポリネシアンセックスと似ており、混同されることがよくあります。

ですが、推奨テクニックはあるものの守らなければならないルールなどがないスローセックスに対して、ポリネシアンセックスにはルールが存在しています

スローセックスより大幅に時間をかける必要があるのも異なる点でしょう。普段はスローセックスのテクニックを取り入れて、時間が取れるときはポリネシアンセックスに挑戦するなど使い分けをするのが良いかもしれませんね。

ポリネシアンセックスがおすすめな人とは?

ポリネシアンセックスがおすすめなのは、以下のような人です。

いつもと違うセックスでマンネリ解消したい人

お互いの愛情をもっと高めたい人

体に負担のかからないセックス方法を探している人

一緒にいる時間を多く取れるカップル

ポリネシアンセックスには中イキをしやすかったり独特の気持ちよさが得られたりといった肉体面でのメリットのほか、お互いの愛情を強く感じられるという精神的な面でのメリットがあります。今までにない快感や相手との深いつながりを求める人には最適でしょう。

また、激しい動きのないポリネシアンセックスは足腰や腕などに負荷がかかりにくく、体への負担が気になる人でも試しやすいと言えます。もちろん、同居しているなど一緒にいられる時間が取りやすいカップルならぜひ試したいセックス方法です。

ポリネシアンセックスの具体的なやり方を動画で紹介

ではここからは、ポリネシアンセックスのやり方を詳しく見ていきましょう。

ポリネシアンセックスを行う際に押さえておきたいポイントは

①ベッドに入る前に集中しやすい環境を作る
②1日目は相手に触らず見つめあうことで愛情を高める
③2~4日目は性器に触れずハグやキスなどで全身を愛撫する
④5日目の挿入後30分は動かさない
⑤すべての動作をゆっくり優しく行い愛撫に1時間以上かける

といった点です。

最初は基本の方法を何度も行い、やり方や感覚を体で覚えるようにします。慣れてきたらポイントを押さえつつ、細かい部分を自分たちのやりやすいように変更することも可能です。まずは失敗を気にせず、楽な気持ちでポリネシアンセックスに慣れることから始めると良いでしょう。

「興味はあるけど、なんとなく難しそう…」と思ってしまう方はまず動画でやり方や注意点について触れることがおすすめです。
セックススタイリストの佐野あゆみさんがポリネシアンセックスについて解説したこちらの動画でポリネシアンセックスの特徴や簡単なやり方、注意点について楽しく分かりやすくまとめています。
短い動画でポリネシアンセックスの基本がしっかり分かりますので、ぜひチェックして参考にしてみてくださいね。


また、ここからは動画の内容をより詳細・具体的に紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

ポリネシアンセックス【1~5日目】環境を整える

下着姿で携帯を見る女性

ポリネシアンセックスをする際、最初に行うのが日程の調整です。ポリネシアンセックスでは最終日が特に時間がかかりますので、5日目は休みの日に設定して午前中からセックスを開始するのが良いとされています。生理とかぶらない週を選び、休日に合わせていつから始めるかを決めましょう。

次に気をつけておきたいのが、ベッドに入る前に環境や体調をしっかり整えておくことです。

邪魔が入らないようにする

適切な明るさや温度にする

声を出してもいい環境で行う

時間は長めにとる

直前の食事は避ける

といった点に注意しましょう。

行為の最中に邪魔が入らないようにスマホや携帯の電源は落とし、玄関チャイムや目覚ましのアラームなども極力鳴らないようにします。

照明は相手の表情が見える程度にほんのり暗くして、裸でも寒くないような温度調節も必要です。行為中に声が出てしまうこともありますので、特に最終日はできればラブホテルなどを利用するのが良いでしょう。

また、準備期間は愛撫を終えた後にそのまま抱き合って眠ることが推奨されていますので、寝る前に行うのが基本です。

睡眠時間や明日の予定などが気にならないよう時間は想定よりも長めにとり、余裕をもって行うようにします。満腹状態では性欲が落ちるため直前の食事は避け、どうしても食事を摂る場合は軽く済ませるなどの注意もしておくのがベストです。

ポリネシアンセックス【1~4日目】準備期間の過ごし方

顔が隠れた男女

日程を決めて集中しやすい環境を整えたら、いよいよポリネシアンセックスの開始です。

まず1日目は裸になり、向かい合った状態でベッドに横になって相手と見つめあいます。最初は恥ずかしさのあまり照れたり笑ったりしてしまうかもしれませんが、そこをぐっとこらえて30分以上お互いに視線を交わしましょう。

見つめあう間は相手に触ってはいけません。会話はしても構いませんが、ムードのない話題では雰囲気が台無しになってしまいます。相手を褒めて愛情を表現したり「明日はこんなふうに触ってほしい」などのセクシーな会話を楽しんだりするのがおすすめです。

2~4日目は初日と同じように30分見つめあってから愛撫を始めます。この期間は性器に触れず、相手の体の感触や体温を感じながら1時間以上過ごすのがポイントです。通常のセックスに慣れていると「挿入なしで1時間も何をすればいいの?」と思ってしまいがちですが、

キス

ハグ

相手の全身を触ったり舐めたりする

など、普段前戯でしている内容を優しくゆっくりとした動きで行うことが基本です。

愛撫に時間をたっぷりかけることは精神的な満足感を得られるだけでなく、普段は触らない部分に触れることで性感帯の開発にもなります。セックスレス解消として取り入れる場合は愛撫にこだわらず、オイルマッサージなどでリラックス感を高めるのも良いでしょう。

このときどうしても性器に触る・挿入するなどの行為が我慢できない場合は、下着をつけたまま行う方法もあります。準備期間はオナニーも禁止となりますが、お互いに励ましあって乗り越えることで信頼感を高めましょう。

ポリネシアンセックス【5日目】セックス日当日の過ごし方

男性の首に手を回す女性

お互いの心と体を限界まで焦らしたら、いよいよ5日目です。

とはいえすぐに挿入はせず、4日目までと同じように30分間相手を見つめた後1時間以上の愛撫を行います。5日目は性器に触ってもいいとされていますが、挿入での感覚を高めるためにこの段階での性器への刺激は極力控えるのがおすすめです。

ハグやキスでお互いの興奮が高まったら全身への愛撫を続けながらゆっくりと根元まで挿入し、動かさずに30分ほどそのままの状態を楽しみましょう。ペニスが萎えてしまいそうなときは少しずつゆるやかに動かして、硬さを取り戻したら動きを止めることを繰り返します。

30分が経過した後はペニスを動かしたり自由に性器を刺激したりしても構いませんが、ここでも激しい動きは避けるのがポイントです。

①なるべくゆっくりピストンする
②イキそうになったら動きを止めて休憩する

これを40分から1時間ほど続けます。うまくいけばポリネシアンセックスの醍醐味である最高のオーガズムを味わうことができるでしょう。射精後も人によっては快感がしばらく続いたりまたすぐに勃起したりすることがありますので、すぐにペニスを抜かずにそのまま余韻を楽しむのがおすすめです。

体位はどうしたらいい?ポリネシアンセックスにオススメなのは?

ポリネシアンセックスを行う際は自分たちのやりやすい体位で構いませんが、お互いの密着度が高く、体に負担をかけずに続けられる体位が適しています。中でも代表的なものは下記のふたつです。

側位

側位はお互いに横になって行いますので、体への負荷が少なく体位の保持がしやすいという特徴があります。密着度が高く、特に準備期間に取り入れたい体位です。

腰を動かしにくい体勢は挿入後についピストンしたくなってしまう人に適していますが、男性のサイズや女性器の位置によっては抜けやすくなることがあります。

深い挿入ができる座位は男女ともに人気ですが、挿入中のハグやキス愛撫などがしやすくポリネシアンセックスにもぴったりです。

座位

女性が座位に慣れておらず抜き差しが上手くできない場合や男性のペースで動かしたい場合は、座位で30分の挿入を楽しんだ後に正常位に移行して動かすなど体位を変更しても良いでしょう。

ポリネシアンセックスのメリットとデメリット

笑い合う男女

ポリネシアンセックスを実際に試す前にメリットやデメリットを理解しておきましょう。

ポリネシアンセックスのメリットは

ほかの方法とは違った気持ちよさがある

お互いの愛情やつながりを感じられる

マンネリ防止やセックスレスの解消になることもある

といった点です。

反対にデメリットは

常に成功するわけではない

忙しいカップルには挑戦しづらい

コンドームでの避妊が難しい

というものが挙げられます。

ポリネシアンセックスにはメリットが多く、いつもより愛情たっぷりのセックスをしたい人体に負担のかからない方法を探している人彼と一緒にいる時間を多く取れる人には特におすすめです。完璧にはできない場合、自分たちの生活スタイルに合わせてルールを緩めて行うなどの工夫をしても良いでしょう。

では詳しくご説明しましょう!

ポリネシアンセックスのメリット

ポリネシアンセックスは、肉体的・精神的にもメリットの多い方法です。代表的なものを挙げると以下のようになります。

ほかのセックスとは異なる快感が得られる

「普段のセックスとは全く違う感覚だった」という感想もあるほど、独特な気持ちよさを感じることができます。

ゆっくりとした動きはGスポットやポルチオでオーガズムを得るのに適していますが、ポリネシアンセックスで得られる快感は中イキとは違うと感じる人もいますので一概に同じだとは言えないようです。

また男性の射精後には快感が急激に減少しますが、ポリネシアンセックスでは男性でもオーガズムが長時間続く場合があります。

お互いに愛情や気持ちのつながりを感じられる

ポリネシアンセックスでは挿入やオーガズムにこだわらず、相手と見つめあったりハグやキスをしたりといった愛撫が中心となります。

肉体的な快楽よりも精神的な満足感を重視するセックススタイルですので、お互いの愛情やつながりをより感じることができます。

マンネリ防止やセックスレス解消になる

ポリネシアンセックスは一般的なセックスと全く異なる方法で行いますので、マンネリの防止になります。

また激しい動きをせずオーガズムに達する必要もありませんので、疲れや体への負担、プレッシャーなどからセックス頻度が減っている場合はセックスレス解消薬として取り入れることも可能です。

ポリネシアンセックスのデメリット

悩む女性

ポリネシアンセックスにはメリットが非常に多いのですが、ほかのセックス方法と同じようにデメリットもあります。特に生活のスタイルや体調などによっては合わないこともありますので、その場合は手順や内容を少し変えたり無理せず違う方法を試したりして対応するのが良いでしょう。

ルール通りにできない場合や失敗してしまう可能性がある

ポリネシアンセックスには時間的な制約などのルールがいくつかあり、決められた内容に沿って行わなくてはなりません。ですが場合によっては、決められたとおりにできないことや失敗してしまうこともあります。最初から完璧にしようと思わず、楽な気持ちで試してみるのが良いでしょう。

時間がかかる

通常、一度のセックスにかける時間は平均して30分~1時間程度と言われています。

それに対してポリネシアンセックスは開始から4日間は毎日1~2時間ほど、最終日にはまる1日を必要とします。忙しい人や一緒にいる時間のあまり取れないカップルには試しにくいかもしれませんね。

コンドームが使いづらい

ポリネシアンセックスでは、射精後などにペニスが萎えてしまってもそのまま挿入しておくのが基本です。コンドームを使用している最中は射精後にすぐ女性の体内からペニスを出す必要がありますので、ポリネシアンセックスとはやや相性が悪いと言えるでしょう。

彼もハマった?ポリネシアンセックスの体験談(感想)を紹介!

ではここで、実際にポリネシアンセックスを試した女性の体験談をご紹介します。同棲中の彼を誘って5日間試した結果を赤裸々に告白してくれていますので、参考にしてみてくださいね。

ポリネシアンセックスに初挑戦~初日から4日目

ベッドの上で触れ合う男女

彼とは同棲して2年で、お互いに大好きだし仲良しです。とはいえ同棲期間が長くなるほどスキンシップもセックスも減っていき、危機感もありました。そんなときにネットで見つけたのがポリネシアンセックスでした。

それまで自分からエッチに誘うのは苦手だったのですが、思い切って「これ試してみない?」と提案しました。彼も「面白そう」と興味がある様子です。次の週は生理も週末の予定もなかったので、土曜が最終日になるように火曜の夜から試してみることになりました。

見つめあうだけの初日が、いちばん恥ずかしかった気がします。一緒に住んでいてもこんなに長く相手の顔を見ることなんてなかったですし、裸で過ごすことも少なかったので。彼も「何もしないのは照れる」と言っていましたが、30分付き合ってくれました。

2日目は見つめあった後、しばらく感じたことがなかったドキドキがあふれるのが分かりました。マンネリのエッチにはない「次は何をされるんだろう」という期待感で胸がいっぱいで、髪や背中を撫でられたり長いキスをされたりするたびに、溶けそうなほど興奮してしまいました。

3日目と4日目は、昼間からもう夜が待ち遠しくてたまりませんでした。ベッドに入って彼と見つめあうだけで、自分の足の間が濡れているのが分かります。彼も同じだったようで、抱きしめられたときに大きくなったものがお腹に当たるのを感じました。

一度、愛撫中に「入れたい」と言われ気持ちが揺らぎましたが、私が「我慢しなきゃ」と自分に言い聞かせるように断ると「分かってる。大好きだよ」とエッチなキスをしてくれました。

私のためにこんなに我慢してくれるんだ、と感じてとても嬉しかったのを覚えています。4日目までの時間で彼が私を大事に扱ってくれることが実感できて、セックスはしていないけれどこれはこれでいいなと思いました。

いよいよ挿入~5日目

ベッドの上で重なり合う男女

セックス中にお腹が鳴ったりしても嫌だったので、最終日は彼より先に起きてスープで小腹を満たします。彼が起きるのを待ちきれず、先にシャワーを浴びてベッドに戻りました。私はそれほど性欲が強いほうではありませんが、やっとセックスできるんだと感じて緊張のような待ち遠しいような不思議な気持ちでした。

目を覚ました彼が「今すぐしたいからシャワーしなくてもいい?」と言ったのにびっくりしましたが、それほど私としたいんだと思うと嬉しくてすぐに行為に入りました。

初日は照れて笑ってばかりだった私たちですが、この日は人が変わったように「すごくかわいい」、「早く触ってほしいな」、「このあといっぱいするからね」と、エッチな会話を交わします。抱き合ってキスをする間も、彼のものは硬くなっているし私もぐちゃぐちゃに濡れていて、お互いとても興奮していました。

愛撫の1時間があっという間に過ぎ、ついに挿入のときがきました。彼が体を起こし、私がまたがるようにして対面座位になります。「入れたらあとは俺が動くから」と言われていたのでゆっくり挿入しました。

先端が入ってくるのと同時に、背筋に電流が駆け上がったようなぞわっとする感覚が襲ってきます。奥まで入れると膣の中がイク直前のようにひくひく動く感じがして、思わず彼にぎゅっと抱きついてしまいました。彼も「なにこれ、すごい気持ちいい」と言いながら舌を絡めてキスをしてくれます。

途中で彼が萎えてしまわないか気になっていましたがそんなこともなく、30分が過ぎました。彼がゆっくり私を後ろに倒して正常位になります。

最初に奥まで入っていた彼のものが抜けていくときは身震いするほどの快感があり、そのあとにまた奥まで突かれただけで簡単にイッてしまいました。

その後は経験したことのない快感が波のように何度も押し寄せて、何回イッたか分かりません。いつの間にか二人とも寝てしまっていたようで、気がつけば夜でした。一緒に眠っていた彼は、私が起きるとすぐに目を覚まして「すごくかわいかった。またしようね」と言ってくれました。

それ以来、彼はポリネシアンセックスにはまったようで、「次はいつしようか?」と積極的に誘ってくれています。時間はかかりますが、彼からの愛情を感じるのにぴったりのセックス方法だと思いました。

漫画で学ぶ!ポリネシアンセックス

ここまでポリネシアンセックスの手順や体験談をご紹介してきましたが、どんなふうにするのかさらに詳しくイメージしたい方には「120時間分のオーガズム~ポリネシアンセックスって気持ちよすぎる」と題された漫画がおすすめです。

ある日会社で主人公を助けてくれたポリネシア人留学生は、実は離れ離れになっていた幼なじみ。愛情たっぷりのハグとキスに驚く主人公ですが、彼は小さい頃のプロポーズをもとに「今日から僕のお嫁さん」と迫ります。とろける愛撫に主人公は翻弄されて…という内容です。

無料でサンプルもあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

ポリネシアンセックス まとめ

ポリネシアンセックスについてここまで紹介してきましたが、いかがでしたか。
ポリネシアンセックスは究極の焦らしプレイともいえるセックスの方法で、オーガズムを迎えたときにはとてつもない快感が味わえるといいます。
一緒に暮らしている、旅行中など必要な条件もありますが、彼と深くイってみたいという方はぜひ挑戦してみてはどうでしょうか。

最後に、SNSでもこの記事が紹介されています。
ぜひSNSも合わせてチェックしてください!


さくらの恋猫で「もはやセックス」体験!
快感スタイルPR枠_さくらの恋猫

「さくらの恋猫」は業界初のボイス・動画連動型のラブグッズ。
エッチなボイスや、女性向けのアダルト動画の内容に合わせて、自動で振動!全く意図しない動きをするから、まるで一人エッチではないような気分が味わえます!

一人エッチの時に、なかなか官能の世界に入り込めないときに使うと、とっておきのひとりエッチが出来るはず!妄想と現実が限りなく近接した「もはやセックス」な新感覚のオナニー体験してみませんか?

エルラブ漫画:愛撫特集


今、人気・注目のタグ
今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集



さくらの恋猫紹介