コンドームの付け方間違ってるかも?正しい使い方を動画でチェック!【快感スタイル】

コンドームの正しいつけ方

目次
「膣トレ漫画」公開中
膣トレ漫画公開中

コンドームは、妊娠や性感染症を防ぐために、男性側に装着する避妊具です。望まない妊娠や恐ろしい性感染症は、誰でも避けたいもの。セックスを安全に楽しむために、コンドームを必ず使用するように心掛けましょう。

しかし、男性が自分で付けようとしなかったり、装着時の待ち時間で女性が興ざめしてムードが壊れたり、コンドームには厄介な点もあります。そこで、プレイの一環として女性がコンドームを付けてあげると、セックスが安全になるだけではなく男性も興奮して一石二鳥です。

エッチなムードで彼を興奮させたいときは、口でコンドームを付けてあげるのがオススメ。前戯の流れから自然につけることができますし、彼女のエロい姿に彼もメロメロになり、コンドームをつける時間が素敵なラブタイムになるかもしれませんよ。

今回はコンドームの正しい付け方や注意点について、分かりやすい動画と合わせて解説します。ぜひチェックして、彼と一緒に安全なセックスライフを楽しんでくださいね。

なぜコンドームは必要なの?生エッチのリスクについて

男女ともにコンドームを付けずに行う生のエッチのほうが好きな人は多いです。この理由は生のエッチのほうが強い快感が得られるからですが、その気持ちよさの裏側にはさまざまな危険が潜んでいます。特に避けたいのは望まない妊娠や性感染症ではないでしょうか。

リスク1.望まない妊娠

生エッチでも外出し(膣外射精)をすれば妊娠しないと思っている人は多いです。しかし、射精前のガマン汁(カウパー汁)にも精子が含まれているので、たとえ外出しをしても妊娠するリスクがあります。それに抜くタイミングを間違えれば、精液が膣内に出てしまうこともあります。

また、一般的に着床しにくい(精子と卵子が出会いにくい)と言われている「安全日」もアテにならないので要注意です。生理周期はストレスなどで簡単にずれてしまいますし、精子の寿命は3~5日程度と言われているため安全日だと思っていても妊娠する可能性はあります。

リスク2.性感染症

梅毒・淋病・クラミジア・エイズなどの性感染症(STD)は、性行為に伴う粘膜同士の濃厚な接触で感染します。症状の現れ方は病気によって異なり無症状もあるのですが、女性の場合は膣の不快感、おりものの異常などが多いです。また、性感染症が不妊の原因になる可能性もあります。

ほかにも性感染症の中にはクラミジア・淋病・梅毒のように、フェラチオなどのオーラルセックス(口腔性交)で感染する病気もあります。コンドームを装着して行うフェラ(ゴムフェラ)は一般的に避けられていますが、オーラルセックスでの性感染症を予防するためには必須です。

間違えてませんか?コンドームの付け方

コンドームには正しい付け方がありますが、実は「多くの人が間違った使い方をしている」と言う統計結果も出ています。特に日本人男性には包茎(仮性包茎)が多く、これが原因で正しく付けられていないこともあるようです。そこでペニスの状態別に間違った付け方を確認します。

仮性包茎に多い間違い

仮性包茎とは非勃起時に包皮を被っているペニスのことで、日本人の約7割が該当すると言われています。そんな仮性包茎に多いコンドームの間違った付け方は、亀頭(ペニスの先っぽ)だけに付けると言うもの。主な原因は、ペニスの包皮が多いため根元まで下げることができないことです。セックス中にゴムが取れる可能性が高く、避妊に失敗するリスクもあります。

真性包茎に多い間違い

真性包茎とは勃起してもペニスが包皮を被っている状態のことで、成人男性の中にも数パーセントいるそうです。真性包茎に多い間違ったコンドームの使い方は、無理やり包皮を剥こうとすること。しかし、真性包茎の場合は包皮と亀頭が癒着しているため、無理に剥こうとすると傷みや出血につながることもあります。真性包茎の場合は、包皮の上からの装着が基本です。

動画で学ぶコンドームの正しい付け方

パソコンを見ている女性

コンドームを正しく装着できれば、妊娠や性感染症のリスクを限りなくゼロに近づけることができます。そこで次の動画を見ながら正しいコンドームの付け方を学んでおきましょう。

動画の要点をまとめると以下のとおりになります。

  • 1.仮性包茎の方は、皮を根元までむいてから付けましょう。(毛を巻き込まないように注意)
  • 2.空気が入らないよう、コンドームの先端(精液だまり)をおさえておきます。
  • 3.コンドームをペニスに乗せたら、素早く根元まで下ろします。
  • 4.根元まで下ろしたら、一度包皮を中に入れるためにゴムを先端のほうに動かします。
  • 5.改めてコンドームを根元まで下ろしてください。

こんな時にもコンドームは必要!

「コンドームは挿入の時にだけ使うもの」と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、挿入する時だけでなく、ラブグッズを使う時、フェラをする時、素股プレイを行う時、アナルセックスを行う時にもコンドームは必要になります。それぞれの理由と装着方法をご紹介します。

ラブグッズ(バイブやディルドなど)を使う時

彼とのラブタイムや一人エッチを楽しむために、ローター・バイブ・ディルドなどのラブグッズを使う人は多いかと思います。これらは膣内への挿入もできますが、その際にはコンドームを使うほうが良いです。この理由はラブグッズに付いた雑菌から膣を守る必要があるからです。また、ゴムを使ったほうが、後片付けが楽になる、機械の故障を防げるなどのメリットがあります。

ラブグッズへのコンドームの付け方は、基本的にはペニスに付ける方法と同じです。挿入する側の先端にコンドームを当てて、スルスルと被せていきましょう。また、もしディルドを使っているなら、彼に付けるのを意識して「お口でしてあげる」のもアリです。その場合はあらかじめウェットティッシュなどでディルドを拭いておき、衛生面に気をつけつつ行うようにしてください。

オーラルセックスを行う時

前戯のタイミングで彼のペニスを咥える「フェラチオ」をしてあげる女性は多いでしょう。しかし、先述のとおりフェラチオでも喉に細菌・ウイルスが感染し、性感染症を起こることがあります。そのため、フェラチオをする際は生フェラではなく「ゴムフェラ」をするほうが良いです。

ゴムフェラを行う場合は、女性が手やお口で彼のペニスにコンドームを付けてあげるのがおすすめです。付け方のポイントは精液だまりを唇に咥えて、亀頭部に裏面(男性側)を押し当てます。そのままペニスを咥えるようにして、コンドームを根元まで下ろしていきます。また、ゴムフェラは生フェラより感じにくいので、プレイ中は手コキも行うほうが良いでしょう。

ラブシロップ(メープル&ナッツ)
オーラルの臭いや味が苦手で楽しむことができない方のために、美味しく楽しくラブタイムを楽しめます。味は、懐かしいホットケーキの上に甘く垂れる『メープル風味』。ラブタイムが盛り上がると同時に、愛撫も熱くなります。この『ラブシロップ』をパートナーの体に垂らすと…。ぬるぬるな感触だから、体全体でいつも以上に「気持ちイイ」を感じてしまうかも!?
ラブシロップ(メープル&ナッツ)の詳細はこちら

素股プレイを行う時

素股プレイとは、ペニスを女性の太ももやお尻に当てて行う疑似挿入です。素股は本来挿入を伴わないため、妊娠のリスクは低いと言われています。しかし、ペニスと膣が近づく以上、妊娠のリスクがないとは言えません。特に素股と似たプレイである「マンズリ」になってしまうとさらに妊娠のリスクは高くなるため、妊娠を望まない場合はコンドームの装着が必須となります。

素股プレイを行う時のコンドームを付けるタイミングは、十分愛撫をして彼のペニスを立たせてからがおすすめです。また、素股プレイは男性に奉仕してあげるプレイですので、女性がコンドームを付けてあげると良いムードをキープできますよ。なお、素股プレイの詳しいやり方については別ページにまとめています。こちらもあわせてご覧ください。

アナルセックスを行う時

アナルセックスとは、彼のペニスをお尻に挿入するプレイのことです。膣に挿入しないため妊娠のリスクはゼロですが、性感染症などの病気が起こる可能性はあります。また、性感染症でなくてもお尻にペニスを挿入しますので、男性には尿道炎・膀胱炎などの尿路感染症のリスクがあります。これらの病気を防ぐためにも、アナルセックスを行う際はコンドームを使いましょう。

アナルセックスの場合は、男性が自らコンドームを装着してくれることが多いです。そのため、正しく装着できているかをチェックするだけで良いでしょう。万が一、正しく装着できていなければ、優しく直してあげてくださいね。なお、アナルセックスのやり方についても別ページにまとめていますので、合わせてご覧いただければと思います。

「生エッチ」になりがちなシチュエーションに注意

コンドームの着用が大切だと理解していても、イチャイチャした流れで生エッチになってしまった…なんてこともあるかもしれません。
普段は協力的な男性でも、その場の流れで生エッチになりがちなシチュエーションも存在します。
エッチなムードを壊したくない気持ちも分かりますが、必ずパートナーにコンドームの着用をお願いしましょう

とはいえ、できる限り事前に対策できると嬉しいですよね。ここでは生エッチになりがちなシチュエーションと、対策案をご紹介します。

お風呂場でのセックス

「流れで生エッチになりやすいシチュエーション」と聞いて一番最初に思いつくのがお風呂セックスです。
「一緒に入浴しよう」という話からお風呂場に向かう人が多いと思います。
そこからイチャイチャしているうちに性的興奮が高まり、愛撫やオーラルプレイだけでは我慢できなくなる可能性も。

ベッドに移るには一度バスタオルで身体を拭かねばならず、せっかく盛り上がった興奮が冷めてしまいます。
そういった状況で、なかにはお風呂場での生エッチに至るカップルも多いのではないでしょうか。 

この場合は「のぼせてきちゃった」と、彼に言ってみましょう。のぼせていなくても、そこは嘘も方便です。
ベットで彼にクールダウンしてもらいながら、徐々にイチャイチャしてゆけば甘いムードも再開するかもしれません。

モーニングセックス

モーニングセックスは半分寝ぼけた状態で行なわれるといえるでしょう。前の晩にセックスをしている場合は、肉体的にもけだるく頭がボーッとしている事も。
その状態で、手探りでコンドームを探すまでの気が回らず生エッチに至る可能性も考えられます。

この時の為に、手の届きやすいところにコンドームを置いておきましょう。
恥ずかしい場合には「寝起きもイチャイチャしたいから、もしかしたらのために…」と可愛く提案してみるのがオススメです。

生理中セックス

中には「生理中は妊娠しないから生エッチOK」という考え方の男性もいるので注意が必要です。
セックスの刺激によって一定だったはずの排卵タイミングが早まる場合もあり、
精子は約3日間生き続けるので妊娠の可能性はゼロとは言い切れません。

また、女性の性感染症は生理中にセックスをすると感染する可能性が高いと言われています。特に生理中の身体はデリケートなので、普段と同じセックス内容でも性器が傷つきそこから感染する場合も。

生理中のセックは様々なリスクがあり、特に女性の身体を考慮する必要があることを相手にしっかりと伝えることが大切です。

上記のことから、生理中はできるだけ挿入せず可能な範囲でラブタイムを充実させることがオススメです。
素股(すまた)やフェラチオなど、挿入せずに彼に気持ちよくなってもらう方法もたくさんあります。

下記記事で詳しいやり方を紹介しているので、是非ご覧ください。

コンドーム装着時の10個の注意点

実はコンドームは正しい方法で装着していないと、1割ほどの確率で妊娠してしまうと言われています。他にも装着時やピストン時に痛みがあったり、雰囲気が台無しになったりすることもあります。そこでコンドームを装着する際の注意点をまとめて確認していきます。

注意点1.爪で傷をつけない

コンドームを注意して開封しているイラスト

コンドームは傷がつくとすぐに破れてしまいます。知らない間に引っかくことがあるので、できるだけ爪が触れないようにしましょう。コンドームを袋から出すときや空気を抜くときは、特に注意して扱うことが大切です。

注意点2.表と裏に気を付ける

コンドームには表と裏があります。逆向きに装着しようとするとリングが根元に下りないため、正しく装着できません。最近のコンドームには表裏がわかるように袋に文字が書かれているものがありますが、書き方が統一されていないため注意しましょう。

  • 女性側(オモテ):膣に触れる側。外側とも言えます
  • 男性側(ウラ):ペニスに触れる側。内側とも言えます

ほとんどの場合、精液だまりなどの先端部分が飛び出していますので、それを基準に確認すると良いでしょう。男性側(精液だまりが飛び出していないほう)を彼氏のペニスに向けて付けるようにしてください。なお、表裏を間違って付けたものを、裏返して付け直すのは止めてください。一度亀頭に触れた時点で、精子が付着している可能性があります。

注意点3.包皮を根元までむく

亀頭に皮が余った状態でコンドームをつけると、挿入後にズレて精液が漏れる恐れがあります。彼氏が仮性包茎の場合は、包皮を根元までむいてからコンドームを装着しましょう。ただし、真性包茎やカントン包茎で包皮をむくと痛がる場合は、そのままコンドームを付けるようにします。

注意点4.陰毛を巻き付けない

コンドームに陰毛が巻き付くと男性側が痛いだけではなく、コンドームに負荷がかかって破れやすくなります。ペニス下部の陰嚢まわりの陰毛は特にからみやすいため、包皮と一緒に陰毛も根元のほうに集めます。彼氏が毛深い場合は、短く切り揃えてあげるといいでしょう。

注意点5.空気を抜く

コンドームをねじり空気を抜いているイラスト

コンドームを装着する前に、必ずコンドーム先端の「精液だまり」の空気を抜きましょう。精液だまりに空気が残っていると、挿入後の圧力で精液だまりが裂けてしまいます。空気を抜くときは、指の腹で精液だまりをつまむようにして、決して爪で押さないように注意が必要です。

注意点6.使用期限に気を付ける

コンドームには使用期限があります。期限切れのコンドームは、劣化していてすぐに破れる可能性があるため危険です。パッケージの側面に記載されている使用期限を必ずチェックして、期限が切れているものは使わないようにしましょう。

注意点7.使用済みコンドームを再利用しない

一度使ったコンドームは絶対に再利用してはいけません。どれだけ入念に洗っても、精液や細菌、ウイルスを除去することはできないからです。一度射精が起きたら、その都度新しいものに取り換えるようにしてください。

注意点8.二枚重ねにしない

コンドームの避妊効果を高めたいからといって、二枚重ねにしてはいけません。重ねたコンドームは、それぞれが摩擦し合うことで破れてしまいます。安全性を高める最も効果的な方法は、一枚のコンドームを正しく使用することです。

注意点9.コンドームは油分に弱い

コンドームにハンドクリームやベビーオイルなどの油分を含むクリームを塗ってはいけません。コンドームは油分に弱い素材で作られていて、油が付くと破れやすくなるからです。滑りを良くしたいときは、セックス専用の安全なローションを使ってください。

注意点10.合わないコンドームを無理に付けない

コンドームを女性が用意したときは、彼氏のペニスと合わないことがあります。大きすぎるコンドームの場合、行為中に外れてしまう可能性が高いです。また、小さいサイズを無理に付けようとすると彼氏が痛がるだけではなく、行為中に破れてしまう危険性があるからです。

コンドームの付け方まとめ

微笑んで見つめあっている男女

コンドームによる避妊や性感染症予防を確実にするためには、正しい方法で使用することが大切です。今回ご紹介した付け方や注意点を、動画と一緒にしっかり学んでおきましょう。
また、最後におすすめのコンドームを紹介します。

ラブミルフィーユ ホットタイム(マカロン風コンドーム)の詳細はこちら
見た目も可愛く女性でも持ちやすいデザインがポイントです。お菓子を味わうかのようにコンドームを持つことも楽しみましょう!ホットゼリー付きであたたかさを感じられるのでリラックスしてラブタイムを過ごせます。
詳細はこちらから

口でつける方法はなかなか慣れないかもしれませんが、とにかく愛をもって丁寧に装着してあげると、彼氏も喜んでくれますよ。コンドームの使い方をマスターして、彼とのセックスライフを安全に楽しみましょう!

刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
動画コンテンツさくらの恋猫

今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • フェラのテクニック
    フェラのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほしい...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集


さくらの恋猫紹介