手コキフェラのやり方は?男性が気持ちいいテクニックを画像で紹介【快感スタイル】

目次
無料でエッチな女性向け動画が観れる「快感スタイル」
快感スタイル動画PR枠

「前戯で手コキやフェラチオをしているけど、パートナーをもっと満足させたい……」そんなときにぜひとも取り入れたい、セックスのテクニックが「手コキフェラ」です。

名前のとおり手コキとフェラチオを組み合わせたもので、人によっては「何だか難しそう…」と感じるかもしれません。実は手コキフェラは、少ない労力で男性に強い快感を与えることができて、亀頭攻めや睾丸舐めなどバリエーションも豊富と、メリットがたくさんあるプレイでもあります。

ローションなどアダルトグッズの力を借りれば難易度も下がるため、ぜひとも挑戦してみたいところです。この記事では初めての方でも安心して手コキフェラができるように、基本的なやり方や注意点のほかにも、応用テクニックを画像付きで紹介していきます。

そもそも手コキフェラとは?

手コキフェラとは、手コキとフェラチオを同時に行うことです。つまり男性器を手でしごきながら、口や舌を使って愛撫することを言います。

普通の手コキやフェラチオなどと比較しても快感が大きく、何より見た目が過激であることから、アダルトビデオ(AV)などの前戯で行われることがよくあります。

手コキフェラをセックスに取り入れる4つのメリット

「手と口を一緒に動かすなんて大変そう……」

手コキフェラについてこう思う女性は多いかもしれません。しかし実は、手コキやフェラチオを単独で行うよりも、簡単に男性を満足させられる場合があります。

挑戦しないのはもったいないといえるでしょう。手コキフェラはどのような点が魅力なのか、男性・女性両側の視点から手コキフェラのメリットについて見ていきましょう。

手と口、2種類の刺激で何倍も気持ちいい


「相手がイカなくて筋肉痛になるまで手コキすることに……」
「フェラをしすぎて顎が痛くなった……」

こんな経験がある女性は少なくありません。一生懸命愛撫しているのに、どうして男性はイッてくれないのでしょうか?

その原因の1つに、単調な攻めをしてしまっているというものがあります。性感帯というのは、同じ刺激をずっと与えられ続けると次第に慣れてしまうものです。

手コキフェラなら、手と口2種類の刺激を同時に与えることができます。複数の刺激を与えられると1つ1つが慣れにくくなり、2倍どころか何倍も強い快感を得ることができるのです。

物理的・視覚的な興奮でより射精しやすい

男性が射精するために重要なのは、物理的な気持ち良さだけではありません。精神的にどれだけ興奮しているかも大切で、この点は女性のオーガズムと同じです。

元々フェラチオは視覚的に過激であり、男性に「すごくエッチなことをされている」と思わせやすいプレイです。しかし一方で、口や舌による愛撫は圧力が弱く、ぎゅっと握れる手コキのほうが物理的に気持ちいいというデメリットもありました。

つまり手コキフェラとは、手コキの物理的な気持ちよさとフェラチオの視覚的な過激さを両立させたプレイだと言えるわけですね。

女性にとっては意外と疲れにくく楽にできる

ここまでご紹介してきた2つのメリットは、主に男性にとって嬉しいものでした。それでは女性にとってのメリットは何でしょうか?

それは「手コキフェラは楽」ということ。一見すると手と口を同時に動かさなければならないため大変そうに思われるかもしれませんが、上で挙げたメリットから優しい刺激でも男性を十分に満足させられるため、女性が激しく動く必要がありません。

今まで「手コキで筋肉痛に……」「フェラで顎が痛くなった……」と悩んだことがある女性こそチャレンジしてほしいプレイです。

テクニック次第で豊富なバリエーションがある

これは男女双方にとってのメリットですが、手コキフェラはバリエーションが非常に豊富なプレイです。
そのバリエーションをかけ算式に増やせるという点もポイント。手と口の動かし方をそれぞれ2パターンずつ知っていれば、上手に使い分けることで2×2=4パターンの手コキフェラができることに。3種類ずつなら3×3=9パターンです。

攻めのレパートリーが増えれば、男性はもっといろいろな快感を楽しむことができますし、女性も「次はこれを試してみよう」などセックスの楽しみを増やすことにもつながります。

具体的にどのようなバリエーションがあるかは「様々な手コキの動きを試してみよう」で紹介します。

【基本編】初心者でもできる手コキフェラのやり方

それでは、実際に手コキフェラのやり方について見ていきましょう。

基本的な方法はとても簡単、男性器を手でしごきながら口や舌で愛撫するだけです。基本的には手で陰茎(サオ)を、口で亀頭(先っぽ)を愛撫するとやりやすいでしょう。

実際にやってみると「これで良いのかな?」と戸惑うはず。姿勢は? 手の動かし方は? 口の動きは? など、細かい部分を紹介します。

姿勢は女性が動きやすい状態で

女性がメインに動くプレイですので、女性が動きやすい体勢を取りましょう。基本姿勢は、男性には脚を開いた状態で仰向けに寝てもらって、女性がその両脚の間に座るという状態です。

様々な手コキの動きを試してみよう

手コキの基本的な動きは、竿(陰茎)を握って上下にしごくというものです。これが最も射精させやすい動きですが、一方で男性がオナニーのときにもしている動きであり、慣れやすい(飽きやすい)というデメリットもあります。下記は、男性器の部位についてのイラストです。

この後の解説で紹介するので、まずは男性器の部位の名称を確認してくださいね!

まずは、より気持ちよくなるフェラチオをするために、手コキの動きでさまざまな攻め方を試してみましょう。

逆手でペニスを握るイラスト

手コキの動きでのポイント

  • 順手ではなく逆手で握る。
  • 人差し指と中指で陰茎を挟んでしごく。
  • 指先で陰茎をくすぐる。
  • 親指と人差し指(または中指)で輪を作ってカリ(くびれた部分)をなぞる。

フェラチオでは亀頭攻めがおすすめ

フェラチオは口や舌の動きを変えることで、さまざまな攻め方ができるため手コキと同じようにいろいろ試してみると良いでしょう。

ただし手コキフェラの場合だと陰茎を愛撫している手と干渉してしまうことから、フェラチオの役割は主に亀頭攻めになります。

基本は舌で裏筋を舐めること。裏筋は亀頭の裏側の部分のことで、フェラをされると男性器の中でも特に気持ちいい部分の1つになります。

その他、簡単にできる攻め方としては次のようなものがあります。

フェラのイラスト

フェラの動きでのポイント

  • 口に含んで唇や上顎、頬の裏などで摩擦する
  • 舌先でくすぐるように舐める
  • 亀頭やカリを一周するようになぞる(ローリングフェラ)
  • 頬をすぼめて思いっきり吸う(バキュームフェラ)

ここまで紹介した手コキフェラの参考にもなる基本的な動きはSNSでも投稿されているので、ぜひ参考にしてください!

手コキフェラで「痛い」「イケない」を避けるための注意点

男性器は男性の体の中でも特にデリケートな部分で、攻め方を間違えると痛かったりイケなかったりすることがあります。

これは手コキフェラでも同じこと。それを防ぐために、刺激の強さやテンポなどの注意点があります。

最初は優しい刺激で痛みを避けること


男性器の感度は人によって違います。特に亀頭は敏感な部位で、人によっては気持ちいいを通り越して痛みを感じてしまうこともあります。

手コキフェラは自然と亀頭攻めを行うことになりますから、最初は優しい刺激で様子を見ながら、徐々に強くしていくようにしましょう。

イケないときこそ焦らしを意識する

女性でも、いきなりクリトリスをガシガシ強く触られたらイケないという方が多いはず。最初は優しく触って焦らすことで、徐々に性感を高めていくものです。

これは手コキフェラでも同じことです。特に陰茎を握って上下にしごくという動きは射精させやすい動きですが、女性に言い換えればクリトリスをひたすら強くこすられるようなものです。

指先や舌先だけで攻める、口に含んだまま動かさないなど、焦らすことを意識してみましょう。一見遠回りに思える行動ですが、結果的に男性器を敏感にさせて射精させやすくします。

射精の直前は単調な刺激がおすすめ

ここまで「単調だと慣れてしまう」とお話してきましたが、射精の直前に限っては別の話。実はイキそうなときにあれこれと刺激を変えてしまうと、快感に集中できずイキにくくなってしまうのです。
(これは女性のオーガズムでも同じ傾向にあります)

射精の直前は一定のリズムで攻めるのが吉。これは手コキやフェラチオをしているAVでも同じような特徴が見られます。

つまり最初はいろいろな攻め方で男性器の感度を高めていき、最後は一定のリズムで攻めて射精を促すという流れが理想だということですね。

【応用編】画像で解説!手コキフェラの気持ちいい上級テクニック

手コキフェラは奥が深く、テクニック次第でもっと濃密なプレイも可能です。男性により深い快感を与える、ドキッとさせるなど、そんな応用テクニックを画像付きでご紹介していきます。

手コキをしていない片方の手を有効に使おう

ここまでご紹介してきた手コキフェラは、1つの手と口(舌)で愛撫するものでした。

つまりもう片方の手が残っているということ。この残った手を上手に使うことで、さらに攻めのバリエーションを広げることができます。

両手で男性器を攻める

雑巾を絞るように回転をかけたり、睾丸を攻めたりなど、手コキのバリエーションがさらに広がります。

乳首や太もも、アナル(お尻)などを攻める

パートナーに敏感な部位があったらぜひとも試したいですね。ただしアナルなどは苦手な男性もいるため、相手の好みをよく理解した上で行ってください。

腰をガッシリホールドして離さない

気持ちよくなると腰を引いてしまう男性もいます。そこで空いた手を使ってホールドしながら攻め続けると、ちょっぴりSっ気のある手コキフェラになります。

手と口の位置を変化させよう(睾丸舐め手コキなど)


基本の手コキフェラは、手コキで陰茎を、フェラチオで亀頭を攻めるものでした。この位置取りに固執する必要はなく、次のようなバリエーションも存在します。

手で亀頭を攻めながら舌や口で陰茎を攻める

特に亀頭への刺激が強くなるため、唾液などで十分に濡らした上で行いたいところです。

睾丸を舐めながら手コキする

睾丸攻めには好き嫌いがありますが、好きな人には堪らないプレイになるでしょう。

視線や表情も重要なテクニック

「手コキフェラ」と聞くと手と口にばかり意識が向いてしまいがちですが、それを行っている女性の顔というのも男性を興奮させる武器になります。

手コキフェラをしながら男性の顔を見つめ続ければ、相手はドキドキすること間違いなし!
Sっ気のある男性が相手なら少し涙を浮かべてみたり、反対にMっ気がある男性なら意地悪そうにしてみたり、相手によって表情も意識していきたいですね。

過激な体勢で相手を興奮させよう

女性が手コキやフェラチオをしやすい姿勢を取ることが理想ですが、ちょっぴり変化を加えることで相手を視覚的に興奮させることができます。

男性が立って、女性がその前で膝立ちになる

女性がひざまずく姿勢になることから、Sっ気のある男性に対して効果的です。

男性がベッドの上に座って、女性がベッドの上で四つん這いになる

男性器が低い位置にあるため、女性は自然とお尻を後ろに突き出すことになります。これもSっ気のある男性に対して有効です。

女性が男性の顔の上にまたがる(シックスナインの体勢)

お互いに相手の性器をアップで見ることになるため、非常に興奮度の高いプレイになります。そのまま男性に自分の性器を舐めてもらう(クンニ)のも良いでしょう。

射精した後でも「お掃除フェラ」で手コキフェラテクニックが使える!?

「手コキフェラは相手をイカせるためのもの」と考える方が多いかもしれませんが、実はイッた後に行うプレイもあります。

それがいわゆるお掃除フェラというもの。射精した男性器を、お掃除するように口で舐め取ります。手コキフェラでやる場合は、精液を搾り出すように陰茎をしごきながらフェラチオをすると効果的です。
また射精直後の亀頭は非常に敏感になっているという点もポイント。優しく舐めれば「尽くしてくれている」という献身性を伝えられますし、反対にあえて激しく攻めればMな男性に対して非常に効くでしょう。

手コキフェラが難しい……そんな女性にはラブローションがおすすめ!

手コキフェラができれば男性を満足させるのも簡単になりますが、やはり「手と口を同時に動かすのが難しい」「力加減がよく分からない」という方もいます。

そのような方の場合、アダルトグッズを使うのもおすすめです。
アダルトグッズにもオナホールやラブサプリなどさまざまな種類がありますが、手コキフェラと特に相性が良いのはローション

摩擦を減らすことで痛みを減らし快感を上げる効果があります。

ここで、手コキフェラにおすすめのローションをご紹介します。

ラブシロップ(メープル&ナッツ)
『ラブタイムが物足りない』『もっと楽しく感じあいたい』『思いっきり舐めたい、舐められたい』など。2人の興奮を高め、新しい気持ち良さを見つけたいときにも活躍します。バッグに入るサイズですので、ラブホテルやお泊まり先に持参して、非日常的なひとときを体験するのも、素敵です。
食べられるラブローション『ラブシロップ』。独特なトロトロ感でパートナーと一緒に、新しい快感を取り入れてみませんか?
ラブシロップの詳細はこちら

食べられるローション「ラブシロップ」です。食品原料で作られており口に含んでも無害なローション。メープルナッツの味がついているため、男性器や精液の臭い・味が気になる方でも楽しく手コキフェラができることでしょう。

手コキフェラは意外と簡単?充実したセックスを目指して挑戦を!


手コキフェラは手コキとフェラチオの魅力をいいとこ取りしたようなプレイです。

「手コキやフェラだけでも難しいのに……」と思っている方でも、実際にやってみると意外と簡単に男性を射精させられるかもしれません。バリエーションも豊富で、身に付ければ身に付けるほどパートナーとより充実した時間が過ごせるようになれます。

ローションなどのアダルトグッズも活用して、ぜひともチャレンジしてみましょう。

【番外編】フェラチオの参考動画を紹介

最後に、フェラチオをする際に参考になる動画を紹介します。こちらは手コキフェラの解説動画ではありませんが、セクシャルヘルスケア講座でフェラの仕方を詳しく紹介している動画と棒状のアイスクリームを使ってフェラチオのやり方を学べるという、ユニークで分かりやすい動画です。
手コキフェラの時に、フェラのやり方をぜひ参考にして彼に気持ちいいフェラチオをしてあげてください。


初めての方向け!基本のフェラテク練習動画

フェラの基本的なテクニックである「舌を上下に動かす方法」や、「亀頭のくわえ方」「ペニスの吸い込み方」など、手コキフェラの際に亀頭を刺激するフェラでも参考になるテクニックが紹介されています。

慣れてきた方向け!実践に役立つフェラテク練習動画

基本の動きを抑えたら、もう少し動きをつけたテクニックをみていきましょう。
この動画では「ペニスの包み込みならがの咥え方」から「タマを触っての複合技」「小刻みな舌の使い方」「サオの部分の舐め回し方」「タマへの愛撫の方法」などのテクニックを紹介しています。

変化をつけたい方向け!フェラテク練習動画

続いては、ラブシロップなどのアイテムを加えてのアイスの食べ方をご紹介。トロトロになった状態での舌の動かし方がエッチで参考になります。

テクニックを磨きたい方向け!フェラテク練習動画

「口内での舌の絡ませ方」「ペニスに唾を垂らして、男性を興奮させる方法」「下から舐め上げるやり方」「手を使ったフェラのテクニック」「サオ部分の舌を使っての舐め方」をご紹介。基本はわかっているからテクニックが知りたい!という方はこちらからチェックしましょう。

より高度なテクニックを磨きたい方向け!フェラテク練習動画

フェラチオ上級者に向けた「ディープスロート」などの高度なテクニックをご紹介。一段上のフェラを身に着けたい方は参考にしてください!

達人になりたい方向け!フェラテク練習動画

フェラのことならお任せという上級者には、組み合わせの技や細かなテクニックをご紹介しています。
舐めたり吸うだけでなく、指でのタッチの仕方にも注目です。

SNSではフェラや手コキに関する知識や情報を紹介中!

ラブコスメの公式アカウントでは、セックスの時に使えるフェラの知識や情報を紹介中!ぜひチェックしてください。

さくらの恋猫で「もはやセックス」体験!
快感スタイルPR枠_さくらの恋猫

「さくらの恋猫」は業界初のボイス・動画連動型のラブグッズ。
エッチなボイスや、女性向けのアダルト動画の内容に合わせて、自動で振動!全く意図しない動きをするから、まるで一人エッチではないような気分が味わえます!

一人エッチの時に、なかなか官能の世界に入り込めないときに使うと、とっておきのひとりエッチが出来るはず!妄想と現実が限りなく近接した「もはやセックス」な新感覚のオナニー体験してみませんか?

今、人気・注目のタグ

今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集



さくらの恋猫紹介