亀頭フェラのやり方とは?亀頭責めの舐め方のコツや体験談をご紹介!

亀頭フェラ

目次

亀頭フェラとは?

ペニスの部位についての画像
出典:ラブコスメ
亀頭フェラとは、男性器の先端周辺にあるすべすべした部分を集中的に舐めるフェラチオのことです。男性の潮吹きが可能なほど敏感な部分だけに、苦手な男性もいるほど、強烈な刺激を与えられると言われています。

基本編:亀頭フェラのやり方

1:最初は舌先でゆっくり舐める

最初は唾液をたっぷり付けながら舌先でゆっくり亀頭を舐めたり、愛情を注ぐようにキスをします。
※亀頭は敏感かつデリケートな部分なので、いきなり強く触ったり舐めたりすると痛みを感じます。

2:竿を手で持って亀頭だけを舐めやすくする

竿を手で持っている様子
 

男性器が勃起したら、亀頭を唾液とカウパー液(我慢汁)でしっかりと濡らし、亀頭だけを舐めやすいように竿をしっかりと手で持ちます。
手指で輪を作ったら、包皮をしっかり下ろして亀頭だけを露出させましょう。このとき指でカリ首まで覆ってしまうと亀頭の先端しか舐めることができないので、カリ首もしっかり露出させてください。

3:尿道周辺や裏筋、カリ首をチロチロと舐める

尿道や裏筋をチロチロと舐めているイラスト

パクッと咥える前に、尿道周辺や裏筋、カリ首を舌先でチロチロと舐めましょう。
舌全体ではなく舌先のみを使って愛おしく焦らすように舐めると興奮を高めることができます。
このとき舌先を尖らせて強く舐めてしまうと快感よりも痛みが上回るので、あくまでも舌の力を抜いて優しく舐めるのがポイントです。

4:亀頭を口に咥えて舐める

亀頭を口に含んでいるイラスト

尿道周辺や裏筋への優しい愛撫が終わったら亀頭フェラの本番です。亀頭をパクリとお口に咥えたら舌全体を使って舐め回しましょう。亀頭の形状に合わせるように舌を付けて唾液を絡めつつ舐めると、彼は悶絶するぐらい気持ちよさを感じます。出来る方は、ペニス全体を咥えて喉奥で亀頭を刺激するのもおすすめです。
歯が当たってしまうと強い痛みになるので、口を大きく開けて舌や頬の粘膜だけを当てるように心掛けましょう。

5:バリエーションを付ける

亀頭を舐め回したあとは、バリエーションをつけて刺激するのがおすすめです。

  • 唾液の量を調整する
  • 尿道や裏筋をピンポイントで責める
  • 竿を手コキしながらする
  • 陰嚢を優しく触りながらする
  • ぐちゅぐちゅと音を出しながら舐める
  • 唇を使ってカリ首を締め付けながら亀頭を舐めたり吸ったり
  • カウパー液を尿道から吸い上げるように口を小さくすぼめて亀頭を吸う

応用編:亀頭フェラのやり方

1:亀頭磨き

口よりも強い刺激を与えられるというのが特徴。
通常のフェラ時に、手の平の真ん中をグリグリと押し付けながら、亀頭を磨くように動かします。手首を支点にして手のひらで円を描くように動かすのが上手にするコツです。

十分に濡れていないと痛みのほうが強くなるので、亀頭または手の平をたっぷり濡らした状態で行いましょう。

LCハーバルローション
アロエの保湿感&ハチミツで潤いプラス♪マッサージにも使えてラブ度アップ!
潤い不足の潤滑ゼリーとしても、2人で楽しむためにもおすすめのLCオリジナルの自然派ラブローション。デリケートな部分に使うものだからこそ、自然派由来のものがおすすめです。
LCハーバルローションの詳細はこちら

2:電マやバイブで亀頭責め

まず痛みが出ないように、たっぷりと亀頭にローションを塗ります。それから、電マやバイブなどのアダルトグッズをペニスの先端から垂直方向に向かって優しく当てます。
集中的に触れる面積を変えたり、押し込む強さを変えたりすることで、彼の興奮度を高めることができます。亀頭以外の場所は触らず、徹底的に亀頭だけを責めましょう。

LCラブデンマ ストロベリーソーダ
可愛いデザインが大人気の女性におすすめの電マ。10パターンの振動と5段階の強さで、自分の好きな動きで快感が磨けます。ひとりエッチやパートナーとのエッチにもピッタリです。
LCラブデンマ ストロベリーソーダの詳細はこちら

3:亀頭責めで男性の潮吹き

亀頭責めを発展させると、男性を潮吹きさせることができます。
ただし、射精したあとの亀頭は触られるのも嫌になるぐらい敏感になっているので、拒否反応がある場合は遠慮しましょう。

1、射精した直後から、ペニスが萎える前に高速で手コキをスタート(尿道に残っている精液を絞り出すイメージで)。
2、再度ペニスが硬直してきた頃合いを見計らって、「亀頭磨き」を行います。
3、亀頭を責め続けることにより、彼のペニスから精子とは違った無色透明の液体が飛び出てきます。これが男性の潮吹きです。
※手コキも亀頭磨きも、出来るだけ高速で行うようにするのがポイントです。途中でスピードを緩めたりフェラに切り替えないように注意してください。

亀頭フェラで彼をメロメロにした体験談

バイブで練習した亀頭フェラで彼氏が悶絶!

ネットで見て、私も彼にやってみたいと思いました。しかし本番で失敗したくなかったので、ペニス型のバイブを使って練習することにしました。

毎日彼の姿をイメージしながら、裏スジやカリなどの性感帯を刺激する方法を覚えました。

バイブは本物とは感触が違いますが、亀頭やカリの大まかな感覚をつかむことはできました。一度に全てを完全に刺激するのではなく、少しずつ焦らしながら責めていくなどのテクを確認して、それを繰り返すことで慣らすのがコツです。

いよいよ彼とのエッチで実践するとき。彼のペニスを口に入れた後、唾液を多くしてクチュクチュといやらしい音を立てると、すぐギンギンに。

いつもと違う私の動きに彼は驚いたようでしたが、固くなっていた亀頭がさらに大きくパンパンになり、ガマン汁もいっぱい出ました。呼吸も荒くなり、こんなに興奮した彼の姿を見るのは初めてです。

練習したことがきちんと活かせたことが分かり、とても嬉しく感じると同時に、私も興奮して濡れてきました。

動作が単調になってしまわないように、抑揚をつけることも意識しました。上下に頭を動かす、舌で舐めまわす、唇を密着させるなどの動作を組み合われるのがコツ。さらに、責めるときに責めて、少し止めるという感じでリズムの付け方も工夫してみました。彼は身をよじるようにして感じていました。

イキそうになりながら我慢する彼の顔を見ながら、上目遣いでフェラを続けると、勢いよく射精しました。いつもより多めに出たので私もビックリしました。

エッチが終わった後、彼が「すごく良かった」と言ってくれたので嬉しかったです。次もまた彼に亀頭フェラをしてあげたいです。

初めての亀頭責めでSな彼が悶えまくり!

彼とのエッチをもっと盛り上げるための方法を探していたら、亀頭責めのテクニックが見つかりました。亀頭責めをすると、男性が最も感じやすい性感帯を最大限に刺激することができるようです。

さっそく彼にやってみたくなったので、ローションを準備して実践しました。

前戯が始まると、まずパンツの上から亀頭を触ってみました。いきなり生で亀頭に触れるよりも、焦らす方がより感じやすいようです。

ソフトタッチで優しく撫でるところから、裏スジやカリに触れるまで、じっくりと焦らしてみました。私の前戯がいつもと違うので、彼は興奮したようです。彼の荒い鼻息を感じました。

パンツがガマン汁でぐっしょり濡れたのを見て、亀頭責めの前戯がうまくできたことが分かりました。それからパンツを脱がして、ローションを亀頭全体にたっぷりと塗りたくりました。彼の息が荒くなるのを見て興奮し、私もだんだん濡れてきました。

指を使って亀頭をつかむように優しくつかんで、揉みほぐすようにゆっくり指を動かしてみました。いきなり強くやるのではなく、指の位置やスピードを変えながらリズム良くやるのがコツのようです。

このとき、親指が自然と裏スジに、他の部分がカリに当たり、クチュクチュといやらしい音を立てて同時に刺激できました。

裏スジとカリは男性の性感帯のなかで最も敏感な部分のようです。Sな彼のMっ気も見ることができたので、とても良い経験になりました。彼もまた亀頭責めをしてほしいみたいです。。

亀頭フェラの注意点

亀頭が敏感な人にとっては痛みを感じることも

亀頭フェラは刺激が強い前戯テクニックですので、彼が敏感な場合は注意が必要です。あまり早くイッてしまうようであれば、舐める速度や強さを下げて、まずは亀頭を慣らすことから始めましょう。彼の様子を見ながらやることがコツです。

特に、仮性包茎の男性にフェラをするときは、極度に感じやすいことがあります。仮性包茎は平常時に亀頭が包皮で覆われているため、外部からの刺激に繊細です。慣れないうちに舐めると痛がることもありますので、丁寧にやることが大切です。

亀頭を清潔にしてから行う

仮性包茎の男性に亀頭フェラをするときは、衛生面に注意して行うことが大切です。女性が喉に炎症を起こしたり性感染症にかかったりする恐れがありますので、必ず亀頭を清潔にしてから、フェラをしましょう。

臭いや汚れが気になっても言いづらいという場合は、お風呂で綺麗に洗い合いっこするなど、工夫しながら清潔にしましょう。

刺激に慣らしすぎない

やり方によっては、亀頭フェラは挿入後のSEXよりも強い刺激がペニスに伝わります。そのため、あまり慣れすぎると本番のエッチでなかなかイケなくなったり、萎えてしまったりすることも。

挿入を一番に楽しみたい場合、亀頭フェラは時々するようにして楽しんでみてください。

亀頭に歯を当てない

フェラをするときに歯が亀頭に当たると、快感よりも痛みの方が強くなってしまいます。歯を亀頭に当てないためには、唇を絡ませるように意識するとやりやすくなります。濡れた唇が当たると亀頭への刺激も増しますので、一石二鳥です。

慣れていないとどうしても当たることがありますので、気になるときはペニス型のバイブなどのグッズで練習してみましょう。コツをつかんでから実践すると、より安全に彼を気持ちよくしてあげることができます。

人気のコラムカテゴリ

  • masturbation
    ひとりエッチ(オナニー)のやり方や種類、豆知識をご紹介!素敵な「わたし時間」を過ごすために...
  • Sex toys and porn
    女性におすすめAV・ラブグッズ情報。実際に体験したレポートなども更新中♡
  • Tips and advice
    お手テクやフェラなど、彼を気持ちよくさせるためのテクニックをお届け。もっと彼の可愛い表情を...

さくらの恋猫紹介