脳イキとは?そのやり方は?ボイスやエロ動画を使って脳でオナニーをする方法!【快感スタイル】


脳イキとは?

「脳イキ」とは、『性器に触れずにオーガズムに達すること』です。

え?何も使わずに?そんなことが出来るの?と疑問に思う方も多いと思いますが、手や指、舌や道具を使わない「脳イキ」で快感を得ている女性が最近増えています。

今回はそんな「脳イキ」についてやり方や、コツ、「脳イキ」に向いている女性の特徴や、手助けしてくれるコンテンツをご紹介します。

また、「脳イキ」をはじめとした「脳イキ」にまつわるキーワード(催眠音声、夢イキなど)にもあまり耳なじみが無い方も多いと思いますので、不安や取りつきにくさを少しでも解消するお手伝いが出来るように詳しくご説明します。

脳イキとは?

性感帯開発の画像
脳イキは、好きなパートナーとのSEXを思い出したり、妄想したり、催眠音声を聞いたり、エロ動画を見たり…と、脳を働かせ、聴覚や視覚などから脳を直接刺激してアクメすることを言います。

そんなことが出来るものかと不可解に思うかもしれませんが、本当にすることができれば、感染症や後処理の心配もなく衛生面でも安心ですし、何より手軽に気持ちよくなれます。

「脳イキ」には沢山の魅力とメリットがつまっているのです。

「脳イキ」するとどんな風になるの?

「脳イキ」をマスター出来ると女の子は、

  • 身体を触られただけでイケるようになる
  • 耳元で囁かれるだけでイケるようになる
  • 好きな言葉や声を聴いただけでイケるようになる
  • イッたのを思い出すだけでイケるようになる
  • エッチな夢を見るだけでイケるようになる(これがいわゆる「夢イキ」です)

このようなことが可能になると言われています。

と、いう事は女の子も感度アップし、一人でオナニーする時も、男性とSEXする時も更に気持ちよくなれるということです。

では、実際「脳イキ」している最中はどんな気持ちよさを感じられるのでしょうか?

「空を飛んでいる感じになり、幸せな感じになる」
「頭が真っ白で、何も考えられなくなる」
「ずっとこの感覚が続けば良いと思うほど気持ちいい」
「中イキより深い快感が長く続く感じ」
「慣れたらずっとイキ続けられて気持ちいい」

「脳イキ」を体験した女性が語る脳イキの感覚です。

この話を聞くだけでもとても気持ちいいのが伝わってきて、「脳イキ」してみたい欲求が強くなってくると思います。

「脳イキ」は誰にでも出来るの?

そんな魅力的な「脳イキ」ですが誰にでも出来るのでしょうか?結論から言うと、経験と訓練次第で誰にでも出来る可能性があります!

と言うのも、「脳イキ」でオーガズムに達するにはある程度のオーガズム経験と訓練が必要であり、アクメ出来るようになるまでに結構な時間がかかるからです。

また、「脳イキ」しやすい、「脳イキ」に向いているタイプというものもありますので、そちらを参考にチャレンジしてみる価値は存分にあると言えます。では、どんな女性が「脳イキ」に向いているのでしょうか?

脳イキできる女性はどんな人?

スマホを見る女性
具体的に「脳イキ」に向いている女性の特徴について説明しましょう。

中イキでオーガズム経験者、SEX経験が豊富な人

経験が豊富な方が色んなシチュエーションや快感をイメージしやすいので「脳イキ」には向いていると言えます。「知っている」だけのことですが、その差が「脳イキ」を目指すときには重要になるのです。

また中イキ経験が無いと「脳イキ」でオーガズムを得ることが難しいと言われています。
「脳イキ」は中イキした時の気持ちよさがより深く、長く続く感じだと言われていますので、中イキの経験が無いと、脳もアクメを掴むのが難しいのです。

SEXに意欲的な人、欲求不満気味な人

気持ちよくなりたい!という欲求が強く、追求できるひとが「脳イキ」に向いています。
自分をオーガズムに向かってさらけ出せないと、普通のオナニーより難しい「脳イキ」にはたどり着けないので、性的なことに対して内向的なひとは不向きかもしれません。

想像力、妄想力が豊かな人

自分が頭の中でイメージしたエロスで脳を刺激し「脳イキ」を求めますので、よりリアルに色々イメージ出来るできるひとは向いています。

マンガや映画などの視覚的な情報より、小説や活字が好きな人はイメージをする事に慣れているので、より「脳イキ」がしやすいでしょう。「脳イキ」のトレーニングがうまくいかない人は、妄想力・イメージ力から鍛えるといいかもしれません!

信じやすい、感情移入しやすい人

人から言われたことを信じやすい人や、ドラマや映画などの登場人物に感情移入しやすい人は、暗示にかかりやすい人ですので「脳イキ」の特訓がしやすく、向いているといえます。

通信販売のテレビや広告を見てすぐ購入したくなる人や、あまり先入観にとらわれない人もこのタイプですので当てはまる人はトライしてみるといいと思います。

耳が性感帯、声フェチな人

耳が敏感だとイヤホンの向こうのキス音だけでも感じることが出来ますし、耳からの情報は脳に直結するので余計に「脳イキ」がしやすくなります。

逆に、現実的(リアリスト)な人や、いつも冷静な人は我を忘れて快感に身をゆだねるのが難しくなりますので「脳イキ」には不向きと言えるかもしれません。

経験が足りなかったり、タイプに当てはまらないという人も、後々経験後や、生活環境などの変化から自分自身が変わったと思ったときに思い出してチャレンジしてみるのも大いにアリです!でここで諦めずトライしてみましょう。

脳イキする方法(1人でする場合)

一人で脳イキしたい場合には環境の準備が大切です。リラックス、そして安心できる環境は脳イキには不可欠です。

また初めて一人で脳イキしてみたいる女子は、お助けコンテンツを使うことで簡単にトライできるでしょう。具体的に説明します。

まずは環境づくりから!

「脳イキ」するためには【恥ずかしい】を全て取っ払って【リラックス】しながら、快感を思う存分感じられる環境が大切です。

  • 声を出しても大丈夫な場所
  • 裸になっても大丈夫な温度(意外と気温はリラックスに重要です!)

この二つを気にしながらまず自分がリラックス出来る環境を作りましょう。

また、喉が渇いた時のために補給できるように水分を用意しておいたり、「脳イキ」の特訓に使うお助けコンテンツ(次の項目で詳しく紹介します!)に必要なものを予め近くに用意しておきましょう。

時間を気にしなくてもいい時にトライするというのも大切です。

「後の心配をノーリスクにする準備」が「脳イキ」への道です。

リラックスしながら特訓!

環境が整ったら、リラックスしながら脳が感じる妄想やイメージをしましょう。

彼氏とのSEXだったり、今までのエッチで感じたプレイだったり、これからしてみたい卑猥な事だったり、性的欲求を全面に頭の中で繰り広げます。

特訓と言っても肩ひじを張る必要はありません。「脳イキ」をするためにはリラックスしながら昇り詰めていく事が何より大事なのです。

お助けコンテンツを使って脳イキする

何のオカズやイメージ材料が思いつかない人や、「脳イキ」を目指すのに慣れてない人は、色々なお助けコンテンツもありますので、利用してみるのも一つの手ですしオススメです。

お助けコンテンツ①【脳イキ音声】

言葉攻め系や、愛されている系の「感じる言葉」を声優さんとかのイケボで囁いてくれるのが、「脳イキ音声」です。聞く自分と相対するイケメンボイスは、S彼や年上彼氏などの色んなタイプやシチュエーションで用意されています

「脳イキ音声」は最近話題になっている【ASMR】の一種です。ASMRというのは「自立感覚絶頂反応」のことで、聞くと脳がとろけるような快感を引き起こす現象のことで、まさしく「脳イキ」にもってこいのコンテンツなのです。

内容も、女性が感じやすいように低めで耳当たりの良い声でゆっくり直接脳に快感を語りかけてくれるものばかりなので、聞けばうっとりしながら性的欲求が高まっていきます。

好きなシチュエーションだけでなく、自分が感じてしまう声を探してみるのも「脳イキ」への確かな道のりになるでしょう。

お助けコンテンツ②【催眠系音声】

音声を使った「催眠オナニー」という言葉も最近よく聞くようになってきました。なんだか少し怖いと思ってしまうかもしれませんが、テレビでよく見るような自我を奪ったり体を動かせないようにするものとは少し違うので何も怖いことはありません。

オナニーをする場合、自分で自分に暗示をかける自己催眠は難しいので、より快感を感じるようにするための導入系の音声が「催眠オナニー」には必要になります。

こちらもイケボで優しくどんな風にオナニーをしていけばいいのかを指示してくれる音声になっていますので、リラックスして音声に集中すれば快感を得やすくなるでしょう。


音声が導くままに気持ちよくなれば良いだけです。

イケボで「これからドンドン気持よくなっちゃうよ。」なんて言われたら本当に体や脳がとろけていく感覚にもっていかれること間違いなしです。

お助けコンテンツ③【エロ動画】

音声だけではまだ上手く妄想やイメージが出来ないという人は視覚からエロスを取り入れ、脳を刺激するといいでしょう。動画内で感じている女性と同じプレイや、されていることを自分もされていると想像して頭の中をエロスでいっぱいにしてください。

しかし、目指すのは「脳イキ」なので動画のプレイに誘われて自分で性器を触ってしまわないように注意が必要です。


222
出典:ラブコスメ

このコンテンツはカップルで「脳イキ」トレーニングする時にも有効ですので、パートナーがいる方は二人で試すこともオススメします。

お助けコンテンツ④【脳イキ動画】

しっかりと勉強・研究してやり方をマスターしたいという人には「脳イキ」を題材とした動画を見るのもひとつの手です。

こちらは普通のエロ動画とは違い、専門家が実際に「脳イキ」が出来るように女性にレクチャーしている動画が多いので、「脳イキ」している女性を見て、自分の目指す姿をより明確にイメージすることが出来ます。

こちらに紹介したコンテンツはどれも動画共有サイトに多く上がっており、誰でも試せるものです。コンテンツを利用する際は、イヤホンやヘッドホンを使ってより近くで耳から刺激を吸収すると効果的ですのでお試しください。


脳イキする方法(カップルの場合)と得られるメリット

身体を触り合うカップルの画像
カップルで「脳イキ」する時にも【リラックス】はとても大切です。リラックス出来る環境で、いつもより少し焦らしながらゆっくり性的興奮を高めてみましょう。

最初はディープキスからです。ゆっくり何度もお互いの唇を舐めたり口に含んでみたり、舌を行きかわし唾液を交換させながらスタートします。

ディープキスを十分に堪能したら、パートナーに頭や背中を優しく撫でてもらいましょう。さわさわしながら徐々に興奮度を高めていきます。

また、この時に耳攻めや言葉攻めをしてもらったり、愛を囁いてもらい耳からの情報で脳に快感を与えましょう。パートナーからの聴覚的な刺激・触覚的な刺激で脳もドンドン気持よくなっていくはずです。

エッチの最中に間延びした会話をしてしまうと折角の気持ちよさが薄れてしまうことにもなります。あらかじめパートナーに自分の好きなシチュエーションを伝えておいたり、一緒に選んだAVなどを見るのもオススメです。

「脳イキ」は一度や二度でマスター出来る訳ではないので、今日はなんだか出来ない気がすると感じたらすぐ普通のSEXに切り替えましょう。「脳イキ」まで出来なくても、それまでの行為は無駄ではありません。

パートナーとのコミュニケーションになりますし、試した分確実にイキやすい体作りやセックスでの快感を得られます。次の機会のステップになっていますので、諦めずに何度もトライしてみることが大切です。

また、「脳イキ」をマスター出来ると、

  • パートナーとの愛が深まる
  • マンネリがなくなる
  • パートナーを自分に夢中にさせられる(浮気防止)

といったメリットも沢山あります。

自分自身の快感や、パートナーとの関係に対するメリットと、「脳イキ」で得られることは多く、どれも素敵です。

脳イキのまとめ

「脳イキ」が出来るようになれば性生活の幅も広がり、自分自身やパートナーも満足させられます。

もしマスター出来なくても、間違いなく身体の感度や妄想力は上がりますので、普段のパートナーとのセックスやオナニーも更に気持ちよくなります。

これを機に「脳イキ」にチャレンジして、よりエッチな身体を手に入れてください!

無料で聴ける脳イキボイス

脳イキを体感したいけど何から始めていいかわからない方に、気軽に聴けるボイスコンテンツがオススメ♪
必要なのはイヤホンだけ!まるで催眠をかけられてるようにカレにじっくりと声で…息で…感覚で…身体が敏感になるほど焦らして最高のオーガズムを楽しみたい方はぜひ、無料サンプルボイスがあるので聴いてみてください。


さくらの恋猫バナー 感応時間13の画像
出典:さくらの恋猫

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介