バイブオナニーのやり方は?気持ちいい方法で潮吹き絶頂体験【快感スタイル】


バイブオナニーでは、自分が感じるスポットさえ見つけられれば、何度もイクことができます。

オナニーは指オンリー、という女性も多いかもしれません。オナニー用バイブを使えば、指やセックスでは不可能な気持ちいい電動バイブレーションの刺激で、セックスとは異なる高い快感を得ることが可能です。

また指オナニーではなかなか「いけない」女性にもおすすめです。

バイブオナニーには、外イキができるクリトリスへの直接的な刺激から、バイブ本来の目的である中イキを目指す膣内や、さらにGスポットへの連続刺激などさまざまなバリエーションがあります。さらに上級者向けにはポルチオをターゲットとした奧イキでオナニー連続オーガズムを得る方法も。

バイブはどうやって選べばいい?バイブオナニーのメリット・デメリットは?など詳しく解説していきます。また、バイブがテーマのおすすめ動画もご紹介!

オナニー用バイブで感度もMAX!絶頂を何度も味わうことができるはずです!

バイブオナニーとは?


バイブオナニーの画僧
出展:ラブコスメ
 

バイブオナニーとは、ペニスや指の代わりに膣に挿入したり、クリトリスを刺激したりして快感を得るアダルトグッズ「電動バイブレーター」を使ったオナニーの事です。

ディルドと呼ばれる男性器のかたちをした女性用オナニーグッズがありますが、バイブはそれに振動機能が付いたものです。

スマホのマナーモードの振動を3倍にしたくらいの刺激があり、微細な電動刺激が、指オナニーやセックスでは得られない快感につながります。

「セックスとバイブオナニーは別物の刺激で、パートナーとのセックスと別腹!」と断言する女性もいます。

バイブオナニーの具体的なやり方

オナニー中の女性の画像
具体的なバイブオナニーのやり方をご紹介しましょう。まずは挿入せずに焦らして性感を高めてみましょう。またクリトリスや膣を同時に攻めることでバイブオナニーでしか得られない快感もあります。バイブを固定すれば、さらにオナニーのバリエーションを楽しむこともできます。

パートナーとは楽しめないような体位で連続イキに挑戦することもバイブオナニーならではの楽しみ方です。

バイブを性器に当てて快感を得る、徹底的に焦らす

まずは、挿入せずにクリトリスを攻めてみましょう。バイブが当たるか当たらないか、ギリギリのところで敏感になっているクリトリスを刺激します。

手でクリトリスを刺激する以上に、振動でどんどん感じていきます。敏感な部位なので、刺激を与えすぎてもよくないのですが、バイブレーションの動きは、手ではできないもの。そのままクリイキしそうになりますが、我慢して焦らしてみましょう。どんどん性器が濡れてくるはずです。

膣に挿入してオナニーをする

ここに至れば、あとはバイブを膣に挿入し、手で動かしたり、バイブスイッチを入れたりして膣内で思いっきり感じてください。

「二股タイプ」のバイブならばクリトリスも同時に刺激できるはずです。膣とクリトリスをバイブで刺激しつつ、もう片方の手で乳首を愛撫すれば、性感帯三所攻めになり、セックスではできない快楽を得ることができます。

バイブを固定してオナニーする

ペニスのように射精して萎えることが無いのがバイブのメリットです。

例えば、どこかに括り付け、固定したうえで騎乗位や立ちバックなども楽しむことができます。男性とするときは、男性も動いてしまいますが、バイブならば固定されたままです。

「射精することも萎えることもない振動する固定されたペニス」を使えば、セックスとは違うピンポイントに感じる快楽を得られます。恥ずかしいことも、ためらうこともありません。

いろいろな体位、恥ずかしい格好でバイブオナニーしてみる

騎乗位だけではなく、パートナーとのセックスでできないような恥ずかしい体位、いやらしい体位も、バイブを使ってやってみましょう。

思い切りバイブで膣内をかき混ぜてみる、スイッチを切らず、連続オーガズムに挑戦する、鏡に性器を写しながらいやらしくバイブを上下させる…、パートナーがいてはできないこともバイブであれば大丈夫です。何度もイってください。

オナニーが別名「セルフプレジャー」と呼ばれる意味も、バイブオナニーで実感できると思います。

バイブオナニーで絶頂するためのポイント

オナニー中の女性の画像

バイブオナニーは何度でもイケるのが特徴です。クリトリスは強弱をつけた振動で外イキを何度も繰り返す事ができます。膣内やGスポットでは気持ちいい挿入角度を探して中イキを目指します。さらにポルチオにはバイブの長さを活かして圧迫する事で奥イキを実感できるようになります。

各段階で絶頂するポイントを解説していきます。それぞれの段階で絶頂を迎えられるようにできれば、さらにバイブオナニーを楽しむことができます。

クリトリスを刺激してまずは外イキ!

「外イキ」とは、挿入せず、クリトリスや陰唇への刺激でオーガズムを迎えることです。女性が一番イキやすいのはこの外イキだと言われています。

バイブの振動は、種類によっては複数の振動を発生させることができます。クリトリスが一番感じる振動を、当てる⇒当てない⇒当てる⇒当てない、バイブがクリトリスに触れるか触れないか、強弱をつけて、焦らして、どんどん高まっていきましょう。

濡れてもうイキたいと思ったら、バイブを当て続けて、オーガズムが爆発するのを待ち、達してください。これが外イキで、1回だけではなく2回、3回と繰り返していただいても構いません。

バイブの本領発揮!セックスではなかなかできない中イキに挑戦

「中イキ」とは、膣内にある「Gスポット」が感じて得られるオーガズムです。セックスの場合、男性は簡単に果てますが、女性はなかなか膣でオーガズムに達することがありません。Gスポットを男性が見つけて、ペニスで刺激するのが大変だからです。

Gスポットはクリトリスのようにわかりやすいものではなく、みなさんの膣の形や大きさによって変わります。人によって違いうGスポットをペニスで刺激するのはかなり難しいのですが、バイブならばそれが比較的容易です。

膣内に指やバイブを挿入して、Gスポットを探してみてください。一度Gスポットを探すことができれば、ここをバイブで徹底的に刺激していきます。自分では攻めきれないところは、電動スイッチを入れて、機械の力で休まず刺激していきます。


Gスポットの図解
出典:ラブコスメ
角度を変えてみて、さらに感じるかどうかを確認してみてもいいでしょう。何度もイクことができれば、中イキを自由自在に楽しむことができるようになります。

なお、Gスポットの過程で、「潮吹き」と呼ばれる尿のようなものが噴き出す現象を味わえるかもしれません。男性向けAVでは男優が、女優の膣を手で刺激し、潮吹きさせるシーンが定番です。

中イキの快楽は、女性に与えられた特権であり、それを享受しないのはもったいないです。バイブを使って中イキをぜひ実感してください。

奥イキをして幸せに包まれながら何度も果ててみよう

中イキは膣内のGスポットの刺激で得られる快感ですが、さらに「奥イキ」と呼ばれるオーガズムがあります。

奥イキは、膣の奥、子宮口近くにある「ポルチオ性感帯」と呼ばれるところを刺激して得られる快感です。女性が最も感じる場所とも言われていて、外イキや中イキのように直接的な快楽を伴うオーガズムというよりも、何か幸福感、多幸感を伴うオーガズムになります。


バイブ オナニー01の画像
出典:ラブコスメ
バイブを膣奥に挿入して、少しずつ刺激をしてきましょう。指が届かない場所にあり、セックスの場合は荒々しくペニスに突かれる場所ですが、バイブならばゆっくり優しく押せるはずです。最初はあまり感じないかもしれませんが、バイブを奥まで挿入した状態を保ちつつ、優しく圧迫を続けるのがポイントです。

オーガズムで絶頂に達するというより、奥イキの場合は生命の温かさ、懐の深さに包まれつつ、母体に守られるようなエクスタシーです。心の安らぎを得ながら、時に失神するような幸せを感じることになります。

オナニー用バイブの種類と選び方

オナニーに使うバイブはどのようなものが良いのでしょうか。各種アダルトショップ店に様々なバイブがあります。初心者向けのストレートタイプをはじめ、中上級者向けにはクリトリスと膣を同時に刺激できる二股タイプがあります。奥イキを楽しむためには長さのあるタイプを選ぶと良いでしょう。

バイブはそれぞれに特性がありますので、自分の好みに合わせて選ぶようにしましょう。

ストレートタイプ


バイブ オナニー02の画像
出典:ラブコスメ

ペニスの形をしたスタンダードなタイプです。カリの形など本物のペニスそっくりなものもあれば、単に円筒状でフィット感を重視しているものもあります。初心者はまずこのタイプを買って、実際に様々な角度から挿入する練習をしてみてもいいでしょう。


ブルースカイフィッシュ
可愛いくてシンプルな形と、上下ピストン振動の動きが個性的な、ほぐし系バイブ『ブルースカイフィッシュ』。ソフトな触り心地と、まるでドルフィンキックのような上下運動でデリケートゾーンをほぐし、中での快感をサポート。ほぐしと快感をいっぺんに取り入れるバイブです。弱から強への振動と上下に動く構造(上下ピストンの刺激)で、デリケートゾーン全体をほぐし、心穏やかな気持ちに導きます。
ブルースカイフィッシュの詳細はこちら

二股タイプ


バイブ オナニー03の画像
出典:ラブコスメ

膣に挿入する部分の根元から、サボテンのようにクリトリスを刺激する子機が分かれているタイプです。挿入の快感を味わいながら、クリトリスも刺激するという、実際のセックスでは味わえない快感を得ることができます。上級者向けで、使いこなすには慣れが必要ですが、使い方をマスターしてしまえば、バイブオナニーだからこその快楽を味わうことができます。外イキ、中イキ両方これで実感できるはずです。


マリンビーンズ
Gスポットをピンポイントで刺激するとがった形状のヘッド部分に、クリトリスへの快感を逃さない大きめのクリバイブ!さらに本体とクリバイブだけでなく、ヘッド部分にまで搭載されたモーターでの奥への振動を直接感じることができるます。今までとは違った快感を味わってみてはいかがですか?
マリンビーンズの詳細はこちら

パールタイプ

ペニスの「竿」に粒々があるバイブです。コンドームにも粒々があるタイプがありますが、バイブならばよりくっきり膣壁に刺激を与えられます。電動で回転するので、膣内をぐしゃぐしゃにかき混ぜられるようなすごい快感になります。

これでイクことに慣れてしまうと、もうセックスよりバイブオナニーでいい、となってしまいかねない危険なアイテムです。

長さもさまざま

バイブは12、13㎝の男性のペニスと同サイズのものから、30㎝近くある超「巨根」タイプまで様々です。あまり大きなものに慣れてしまうと、パートナーとのセックスに満足できなくなるかもしれません。

奥イキのためには、ポルチオを刺激できる長さのある(しかしあまり太くない)タイプを選ぶとよいでしょう。

バイブオナニーのメリット

取り回しが良く、電動バイブレーション機能があるのがバイブの特徴です。それを最大に活用したバイブオナニーのメリットをご紹介します。

自分の好きなスタイルでオナニーできる

相手がいるセックスとは違い、好きな体位、好きな姿勢でオナニーができます。バイブは手に持って使うことが多いのですが、壁や取っ手に括り付けることもでき、バリエーション豊富な挿入スタイルが味わえます。

何度も果てしなくイケる

本当のペニスは射精すればしばらく使えなくなりますが、バイブならば女性の方が好きなだけイクことが可能です。もう、精根尽き果てるまでがんばってみてください。

電動の刺激はセックスでは味わえない

電動バイブレーションは、実際のペニスの刺激とは違うもので、パートナーとのセックスでは得られない快感を味わうことができます。

バイブオナニーのデメリット

一方、デメリットもあるので注意しましょう。主に使用音や保管についての注意点になりますので、どれも少し気をつければ解消できます。

電動のモーター音でバレる!?

バイブ使用中、特に電動モーターを回しているときは、音が聞こえてしまいます。喘ぎをセーブしていても、モーター音でバレてしまうと気まずいですよね。音が気になる場合はシーツをかけて防音しましょう。

隠し場所に困る

バイブをしまい忘れて家族やパートナーに見つかってしまうと、とても決まずいです。保管場所を忘れない・出しっ放しにしないように注意しましょう。

清潔にしないと感染症のリスクあり

バイブを使う際は、滅菌や殺菌などをしてコンドームをかぶせて使うのがベターです。性器に触れるものですから、雑菌が付くと思わぬ感染症(膣カンジタなど)にかかってしまうリスクがあります。ラブグッズ用コンドームも販売されていますので、そのようなアイテムを使用するのもオススメです。

LCグッドバリューコンドーム(グッズ用)
ラブグッズ用コンドームを使うとき、買ってもすぐなくなったり、ラブグッズにコンドームをかぶせているときに、上手くいかなくて2個使ったりして『こんなコトなら、たくさん買っておけば良かった!』と思うこと、ありませんか?
それに同じコンドームでも、できるなら『可愛い』モノのほうがうれしいですよね♪
1箱に36個も入っているから『コンドームはいつもまとめ買いする』という方にもオススメします♪ラブグッズを使ったひとりエッチを思いっきり楽しみたいときや、コンドームの数を気にせず、感じたいとき、ぜひ一度お試しください!
LCグッドバリューコンドーム(グッズ用)の詳細はこちら

使用後は丸洗いして清潔に保管しましょう。上手に使って楽しいバイブオナニーライフを実現しましょう。

最後にバイブオナニーにオススメの女性向け動画をご紹介

最後に「快感スタイル」に掲載されている動画の中からオススメのものを2つ紹介します。

「もうやめて」手で、オモチャでクリトリスを弄られ…止まらない快感に身体が反応!!


バイブで体がどんどん反応していきます。止まらない快楽の渦の虜になる女優さん、みなさんも同じ快感を味わえます!

「こんな快感知らない…!」 オモチャでクリと中を両方刺激され続け、我慢できず潮吹きセックス


外イキと中イキ、それぞれがどういう感じなのか、2か所同時に攻めることができるバイブが本領発揮した様子をこの動画で堪能できます。

「バイブでオナニーなんて…」と最初は思っていたみなさん、せっかく敏感な体を持っているのですから、気持ち良くならないともったいないですよ!ぜひ一度バイブを手に取っていただいて、SEX感度も向上するバイブオナニーライフを実現してください。

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介