性感帯の開発方法!乳首や耳、女性器(gスポット・クリトリス・ポルチオ)で感じる【快感スタイル】


女性の体には数多くの「性感帯」が存在します。この性感帯は、セックスやオナニーで刺激を与えることによって開発され、感度が磨かれていき、気持ちよくなっていきます。

オナニーなどで自分で簡単に開発できるクリトリスや乳首のような性感帯もあれば、ポルチオのように女性によっては指で届きにくい場所にあり、セックスを通して開発していく部位もあります。また、耳などは音による刺激が開発のポイントにもなります。

性感帯の具体的な開発方法はそれぞれ部位によって異なります。またアナルのように生理的に「合う合わない」と感じるポイントも存在します。

大切なのは、女性自身が自分の性感帯について知って、「もっと気持ちよくなりたい!」そんな前向きな気持ちで感度開発に取り組むことです。それがパートナーとのより楽しいセックスライフを生み出してくれます。

女性の性感帯とは?開発されるとどうなる?

性感帯の開発画像

「性感帯」とは、刺激されれば気持ちよいと感じ、うまく刺激が与えられればオーガズムに達することができる身体の部位です。メジャーな性感帯にはクリトリス・Gスポット・膣などがありますが、最近はポルチオ・Uスポットなどのあまり有名ではない性感帯も注目されています。

セックスの時に、手で触られたり、ペニスを挿入すれば気持ちよくても「イったことはない」という女性は、性感帯の開発が十分ではないといえます。

基本的に女性は外陰部、および膣を愛撫されることにより気持ちいいとは感じますが、性感帯として開発されていないと、気持ちいいだけでオーガズムに達することはできない場合があります。

開発されていない性感帯は、最初は触っていても、思っていたよりも気持ちよく感じないかもしれませんが、しっかり開発されると、刺激によっては簡単にオーガズムに達することができるようになります。

一度オーガズムを覚えたらポルチオ性感帯など、上級者向けの性感帯も開発してみましょう!「中イキ」や「連続オーガズム」はポルチオ開発で得られるハイレベルなものです。

クリトリス以外の性感帯である膣内は、開発そのもに時間はかかりますが、深いオーガズムを知ることによってパートナーとのセックスがより楽しく、気持ちいいものになります。

クリトリス・Uスポット・アナルの性感帯の開発方法

性感帯の開発画像

膣外の性感帯は比較的触れやすく、オナニーでも女性が1人で開発しやすいのが特徴です。クリトリス・Uスポット・アナルの性感帯はローション等を用いることでスムーズに開発できますので、入門編としてオススメです。具体的な開発方法やポイントは以下のようになります。

誰でもできる!クリトリスの開発方法

クリトリスは陰核とよばれる部分で、大陰茎を開き小陰茎を開いた根本にあります。小さな突起が見えるので誰でも知っている性感帯です。神経が集中しているため、明確で強烈な快感を得られます。

セックスで感度を高めるためのクリトリス開発の手順を紹介します。1番から順に試してみて、痛かったり刺激に耐えられなくなったらそこで一旦終わりにします。後日また1番から再開する事で、徐々に開発を進めていきます。

1)クリトリスを皮越しに「の」の字を描くように撫でる
2)クリ皮を剥いてトントンと優しくタッチする
3)皮を剥いた状態で「の」の字に撫でる
4)数本の指を使ってコスってイかせる

注意点としては、慣れないうちは強く触ってしまうと痛みを伴う場合があります。濡れてないまま手順を進めるのはNGです。

1人でも実戦可能、お手軽なUスポットの開発とは

Uスポットは、クリトリスに近い性感帯ですが、クリトリスは含まず、外陰茎の上半分をぐるりと半周するあたりを指します。狭い範囲ですが、男性の尿道海綿体の快感と同じ気持ちよさが感じられる性感帯で、女性の「中イキ」を誘発することができる部分です。


性感帯 開発08の画像
出典:ラブコスメ
 

Uスポットの開発には「圧迫と振動刺激」が効果的です。指の腹を使ってUスポットを指で優しく押し込みながら、プルプルと振動させるイメージです。初めはランダムな指の動きで様子をみながら、「あ、この触り方が気持ちいいかも」という感覚があればその指の動きを繰り返し続けます。

乾いた状態で触ってしまうとジンジンと痛みますので、クリトリスなど感じやすい部分を刺激して湿り気を持たせたり、ローションを使ってから刺激するとよいでしょう。圧迫と振動の微弱な刺激を長く続けることがより強い快感へと変化します。

ペニスを挿入したときに触れる部分でもあるので、開発しておくとセックスで「中イキ」が可能になります!気持ちの良いセックスを目指すためにはぜひ積極的に開発したい部分になります。

アナルの開発には個人差があるため要注意

アナルは当然肛門、お尻の穴を指します。アダルトビデオなどでもアナルは性感帯として扱われますが、実際のところ向き・不向きがある性感帯でもあります。アナルに触れられると、悪寒を伴うようなゾクゾクした感覚に襲われます。

その感覚を受け入れることができ、膣が濡れてくるようであればアナル開発に向いています。逆に嫌悪感で性欲が減退してしまうような場合は無理に行うことはありません。


性感帯 開発10の画像
出典:ラブコスメ
 

開発の方法としては、まずは優しく触り始めることです。ただアナルはいくら触っても濡れることありませんので、ローション等を用いて、少しずつ広げていきます。粘土で小さな穴を大きくしていくように、外周をぐるぐると優しく刺激し続けます。

慣れないうちは指一本程度を挿入し、慣れてくれば指の本数を増やします。三本程度入るようであればローターなど振動で刺激を当たるもので内部を刺激してみましょう。

アナルだけでオーガズムに達することは簡単ではありません。まず最初はクリトリスなどの性感帯を同時に刺激し、その状態でオーガズムを目指すよう試みてください。

慣れてくれば徐々にクリトリスの快感が、まるでアナルで感じているような感覚になってきます。そこまで行くと、アナルでオーガズムに達することができるでしょう。

アナルは時間をかけて開発することが大切です。

そもそもは性感帯ではなく排泄器官なので、膣よりも時間がかかるのは当然です。長い目で頑張りましょう。

Gスポット・Tスポット・AGスポットの開発方法

性感帯の開発画像

Gスポット・Tスポット・AGスポットは膣内の深く激しい快感を偉ることができる性感帯です。知識がない人でも膣内をある程度刺激すれば気持ちよくなるのですが、それだけではオーガズムに達することはできません。

それぞれ刺激する部位や方法も異なり、得られる快感やオーガズムの深さも異なります。

よく知られているGスポットもしっかりとした知識がないと開発できない性感帯です。さらにTスポットやAGスポットは初めて目にする言葉かも知れません。

気持ちよくなる各性感帯それぞれの刺激と反応を理解して、ゆっくりと開発していきましょう。

開発は難しくても感度は高い!Tスポットの開発方法とは?

TスポットはGスポットよりやや手前にある性感帯です。まず膣の浅い位置からの開発になりますが、かなり見つけにくい位置にありますのでコツが必要です。

まず女性の左足を上にして、左足が体幹に対し90°の状態になるよう曲げます。

その状態から指を挿入し、恥骨に沿って平行に挿入すると、膣壁にぶつかります。そこが「Tスポット」と呼ばれる性感帯です。開発されていない女性は感じにくいので、少しずつ慣らしていく必要があります。

最初は優しく触るように刺激すれば、女性はじわりと温かみを感じます。それがTスポットを触れられた感覚です。それを感じることができればやや刺激を強めます。

圧迫・摩擦・振動という刺激を与え続けてみましょう。

Gスポットは尿意を感じますが、Tスポットではありません。またTスポットの特徴としては、すぐにオーガズムに達することはほとんどありません。

徐々に刺激を体で覚え続ければ、オーガズムに達することができるようになります。そもそも時間をかけて開発していく性感帯ですので、まずは感じることから始めてみてください。

なお、Tスポットという呼び名はスローセックスでおなじみ、アダム徳永氏が名付けたことから、Aスポット、という別の呼称もあるようです。

知名度抜群!Gスポットを開発するにはリズムが大切!

Gスポットはクリトリスに次いで知名度の高い性感帯です。女性でもほとんどの方が耳にしたことがあるでしょう。

Gスポットは膣の入り口から4-5㎝付近の恥骨側にあるといわれています。ただし、個人差があるので、感覚を頼りに探し当てる必要があります。


性感帯 開発クリトリスの画像
出典:ラブコスメ
 

ややざらつきを感じることができる部分ですので、優しく触りながら膣内を探るとオナニーでも見つけることができます。

Gスポットの開発は、性感帯の開発の中でも容易です。ただしアダルトビデオの影響から勘違いをしている男性が多いため、注意が必要です。

アダルトビデオでは、膣内に挿入した指を90°くらいに折り曲げ、膣内から掻き出すような手つきで激しく音を立てて刺激していますが、これは現実ではNGな方法です。

作品としての盛り上がりを保つために工夫された方法ですので、痛みを感じるので絶対にやめましょう。

現実でのGスポットの開発は、優しくたたくように刺激するのが正解です。トントンと優しくリズミカルな刺激を与え続けることが大事です。

クリトリスのように敏感な性感帯ではないので、探り当てるまで根気よく刺激しなければなりません。同時にクリトリスを刺激したりすることで、より感じやすくなります。

リズムよく刺激し続けると、やがてGスポットあたりに熱を感じ、オーガズムに達することができます。

この時に潮をふいてしまう人もいます。個人差はありますが、Gスポットは開発によってオーガズムに達することができる性感帯です。一度その快感を知れば、セックスの気持ちよさが格段に変わるので、トライしてみましょう。

Gスポットのさらに奥!マル秘性感帯AGスポットの開発とは?

AGスポットは知名度の低い性感帯ですが、Gスポットの奥に似た感覚を得ることができる性感帯として存在しています。

スローセックスで有名なアダム徳永氏が発見した性感帯で、Gスポットよりも感じやすいという特徴があります。ただしGスポットより奥にあるため、性経験の浅い若い女性はやや感じにくいという一面もあるようです。

感じ取ることができればどんどん感度は強くなりますが、Gスポットよりも鈍い性感帯でもあります。

AGスポットの開発方法はGスポットとほとんど変わりません。位置がやや違うので、Gスポットより奥を刺激しますが、強く擦るのではなく、リズムよく圧迫刺激を与え続ける、という点では同じです。

開発することができれば、ペニスによる刺激でもかなりの快感を得ることができるようになるため、Gスポット以上に刺激的な性感帯となります。


性感帯 開発の画像07
出典:ラブコスメ

ポルチオで最大級の快感を得るにはゆっくりと時間をかけて!

ポルチオは膣内の奥、子宮口の膣側の壁をさします。「快感が持続する性感帯」「何度もオーガズムを感じる性感帯」ともいわれ、最高の快感を得ることができる性感帯です。

ただし開発には非常に時間がかかることでも有名です。いきなりポルチオに触れても最初は何も感じないでしょう。触られているなぁと感じても、決してそれは快感ではなく、感覚にしか過ぎない場合がほとんどです。

それを快感へと変えていくためには、他の性感帯の快感と同時に刺激することが必要です。

ポルチオは下腹部あたりにあるので、そのあたりをグッと圧迫しながら、クリトリスでのオーガズムを経験したり、膣内から指でポルチオを直接刺激しながらクリトリスを刺激すること感度を高めることができます。

女性によってはそもそもポルチオ性感帯が存在しないケースもあります。

また一定以上の時間をかけて開発を行う必要がある部分です。じっくり開発していくことを心がけましょう。

バストの性感帯である「乳首」と「スペンス乳腺」の開発方法

バスト自体も立派な性感帯ですが、膣内外の性感帯ほど敏感な部分ではありません。乳首・スペンス乳腺などの鋭敏な性感帯を開発する事で、バスト全体の感度を上げる事ができます

乳首だけでもイける!その開発

乳首は立派な性感帯ですので、その刺激だけでもオーガズムに達することが可能です。オナニーでも意識的に乳首を触るようにすることでより大きな快感が期待できます。

つつく・つまむという行為が開発の基本となり、乳頭に集中した神経細胞を刺激によって強化する事で感度が上がります。さらにクリトリスなど敏感な部分との同時刺激によって感覚誤認を起こし、乳首そのもので感じているような気分する事ができます。

胸のGスポット?!スペンス乳腺を開発しよう


性感帯 開発10の画像
出典:ラブコスメ
 

スペンス乳腺は、おっぱいの脂肪とボディの境目の、脇から下にかけてのラインの事を言います。普段は触られるとくすぐったいと感じる部分ですが、開発が進むと一瞬で全身に鳥肌が立つような快感に喘ぐようになります。

わかりやすい突起などがない肌部分になりますので、基本的にはフェザータッチや舌先でチロチロと刺激してもらう事で徐々に敏感になっていきます。くすぐったさを気持ちいいと感じるようになるまで、ゆっくり時間をかけて開発していきましょう。

耳や背中も立派な性感帯

性感帯の開発画像

「耳が弱い」という女性や、背中をつつくと「キャッ」と飛び上がる女性がいます。これは性感帯として立派に開発されている状態です。今そうなっていない女性でも、息の吹きかけ・フェザータッチ・舌先でなぞるというようなスキンシップの延長で徐々に開発されていきます。

どちらも他の性感帯と合わせ技で刺激する事ができますので、背中を愛撫しながら耳元でささやいたり息を吹きかけると更に効果的です。

女性の性感帯を開発するために大切なポイントとは?

性感帯の開発には、まず開発される本人の積極的な気持ち、そして開発するパートナーの心の余裕が大切です。お互いの意識の持ち方で開発の速さや効果は大きく異なります。

成功の秘訣は、開発側の心の余裕

開発側のテクニックとしては、まず焦らないこと、そして優しく、ということを心がけておくことです。性感帯の開発に最も大切なのは、まず精神的なリラックス状態を作り出すことです。

緊張状態では感覚が鈍くなってしまい、快感を得ることが難しくなってしまいます。

部屋の雰囲気から声のかけ方、実際の触り方に至るまで、パートナーのリラックス状態を作ることを心がけ、優しく、焦らずに行うことでより効果を得られやすくなります。

知識も大切ですが、お互いを思いやることを忘れず、常に気持ちよく・楽しいセックスを意識してあげましょう。

積極的な気持ちが大切!女性側の準備とは?

性感帯を開発される側の女性の準備に必要なものは、

  •  リラックスした状態を作れるようにしておくこと
  •  気持ちよくなろうと積極的に意識を持っておくこと

この二点がキーポイントとなります。

「性感帯の開発」とは、もともと感度としては高くない部分の感覚を感じ取り、快感を得てオーガズムに達することが目的です。同じ快感でもクリトリスとGスポットでは異なります。

またGスポットは感覚としてとして捉えにくいものです。開発によって感度を高める必要がある性感帯だということです。その快感をしっかりキャッチしようという女性の心の準備ももちろん必要となります。

「こんなの本当に気持ちよくなるの?」、「あまり何も感じない…」

そんな後ろ向きな感情は捨てて、まず「気持ちいい気がする!」という積極的に快感を得るスタンスで臨んでみてはいかがでしょうか?

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介