立ちバックの気持ちいいやり方!セックスの体位で身長差がある場合のコツ【快感スタイル】


立ちバックが苦手だと感じている女性の割合は40%程度というアンケート結果があります。
好きだと答えた女性の方が多かったものの、半数近くが好きではないと答えたことになります。

この結果を見て、「自分も立ちバックは苦手…」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

立った状態の女性に男性が後ろから挿入すると聞くと簡単そうに感じます。でも実際にやってみると、女性にとっては、「疲れる」「抜けやすい」といったデメリットがある立ちバック。

お互いの身長差、性器のサイズや位置などによっては、挿入することすら難しいという場合もあります。

ですが、

  • 何かを握って安定感を高める
  • 姿勢を前に倒す
  • 身長差がある場合はヒールを履く

などのコツを知っていれば、今より簡単に、気持ちいい立ちバックをすることが可能になります。
立ちバックは男女ともに興奮度が高く、特に女性にとっては「中イキ」や複数責めなどで肉体的な快感も得やすい体位。安全な場所と体勢で行うことにだけ注意すれば、ベッド以外でも情熱的なセックスができマンネリ化を防げるというメリットもあります。

ぜひ立ちバックをマスターして、いつものセックスをもっと刺激的にしてみてくださいね!

立ちバックとはどんな体位?


立ちバックの画像
出典:ラブコスメ
立ちバックとは、男性、女性ともに立った状態で、女性の背面から男性がペニスを挿入する体位のことです。

「背面立位」とも呼ばれ、女性が背中を向けた状態で行う「後背位」と、立ったままで行う「立位」を合わせた形。男性にとっては、支配欲を満たすことで興奮でき、女性にとっては中イキを狙えるのが特徴的な体位です。

江戸時代に作られたとされる性交体位のまとめ、通称「四十八手」でも、「後櫓(うしろやぐら)」として紹介されているくらいですので、当時から人気だったのかもしれませんね。

また、立ったままで挿入するということは、ベッド以外の場所でもできるということ。普段と違ったシチュエーションでセックスをすることは、男女ともに興奮度が高く、マンネリ防止にもなります。

やり方だけを聞くと簡単そうな立ちバックですが、二人の身長差や、男性のサイズ、女性の膣の位置などによってはうまくいかないことも。お互いにコツをつかむまでは少し時間がかかる可能性がある体位です。

立ちバックのメリットと気持ちいい理由

立ちバックには男性、女性ともにメリットや気持ちいい理由がたくさん!

男性側のメリットは主に征服感、視覚・聴覚的にも刺激が強く興奮できるというもの。締め付け感があって快感を得やすく、場所を選ばない体位でもあります。

女性にとってのメリットは、中イキしやすく、複数責めでも快感を得やすい点。支配されている感覚や激しく求められる感覚が好きという人も多いのが特徴です。

以下で詳しく見ていきましょう。

男性側の立ちバックのメリット

男性側の立ちバックのメリットは、

  • 征服感がある
  • お尻や背中のラインを視覚でも楽しめる
  • お尻に当たる音で興奮する
  • ぎゅっと締め付けられる感覚
  • 場所を選ばない

という点が挙げられます。

最大のポイントは征服感

立ちバックなどで男性が女性を後ろから責めている姿は、女性は基本受け身になります。男性が「女性を一方的に気持ちよくさせ、服従させている」という感覚を得やすくなっています。

Sっ気のある人はもちろんのこと、そうでなくても雰囲気に興奮する男性は非常に多いようです。

また、立ちバックで挿入している最中は、うなじや背中、お尻など、女性の体のラインをじっくり眺めることができます。突いたときのパンパンという音も響きますので、特にお尻フェチの人には、視覚・聴覚の両方を刺激してくれる体位でもあります。

立ちバックでは、女性が脚を閉じたり、つま先立ちになったりすることもありますが、その際に太ももやお尻に力が入って、膣の締め付けが強くなることも。男性にとっては、ペニスをぎゅっとつかまれるような強い快感が得られます。

さらに、横になる必要がない立ちバックは、ベッドがない場所でもできるという特徴があります。したいときにその場でできることや、手軽に普段と違うシチュエーションを作れることもメリットになるでしょう。

女性側の立ちバックのメリット


女性の立ちバックのメリット
女性にとっての立ちバックのメリットは、

  • 中イキしやすくなる
  • 複数責めが可能
  • 支配されている、求められている感覚で精神的に興奮する
  • マンネリしにくい

主にこのようになっています。

立ちバックはやり方によっては性感帯であるGスポットや最奥のポルチオを刺激しやすく、中イキしやすいのが最大のメリット。

さらに、挿入中は男性の手が空きますので、胸やクリトリスを同時責めしてもらうことも可能で、中イキに慣れていない女性でも、快感を得やすい状態にすることができます。

男性側には征服感のある立ちバックですが、反対に女性側には「支配されている」という感覚が生まれやすくなるという特徴があります。これは、「パートナーに一方的に責められて、気持ちよくなっている状況に興奮する」というM気質の女性にはぴったりの体位。

好きな男性が相手なら、多少強引にされたり激しく求められたりすることを嬉しいと感じる女性も多いものです。

「ベッドに行くまで待てないほど、あなたとセックスがしたくてたまらない!」と愛する男性に思わせている状況に興奮する女性はたくさんいるでしょう。

このように立ちバックという体位は、ベッドに限らず、リビング・キッチン・洗面所・お風呂などさまざまな場所で行うことができますので、マンネリ防止になるという大きなメリットもあります。

立ちバックが苦手な理由とデメリット、その解消方法は?

立ちバックの際の注意点
立ちバックで気持ちよくなれない主な理由やデメリットは、無理な姿勢や立ちっぱなしで疲れる、抜けやすいといった点。ですが、これらのデメリットは、突くスピードを遅くしたり、体を支える場所を作ったり、軽く前傾姿勢になったりといった工夫で軽減することも可能です!

以下にデメリットと解消方法をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

立ちバックが苦手な理由とデメリット

立ちバックが気持ちよくないと苦手に感じる女性の理由は、
「自分の体を支えるので気が散るし、疲れる」
「長くされると腰も痛くて辛い」
「すぐに抜けちゃうから気持ちよくない」
このようなものが多いようです。

立っている状態で腰に衝撃が加わりますので、それを受け止める足腰にはかなりの負担がかかります。

でも転んではいけないし、抜けないようにしようとすると脚が疲れるし、壁に手をつけば腕が疲れるし…。とても気持ちよくなるどころじゃない、というのが本音だという女性もたくさんいるんですね。

さらに、立ちバックはやや難易度の高い体位。お互いの身長、性器のサイズや位置、姿勢、慣れなどによって、入れにくかったり抜けやすかったりといった事態も起こりがちです。特に途中で何度も抜けてしまっては、セックスも醒めてしまいがちになります。どちらが悪いというわけでなくても、苦手だと思ってしまうのは当たり前かもしれません。

このことから、女性が感じる立ちバックの主なデメリットは、

  • 体勢が辛い、疲れる
  • 抜けやすい

ということになります。

立ちバックのデメリットは体の安定と前傾姿勢で解消!

立ちバックで体への負担を軽くするためには、まず体を支える場所を確保しましょう。

壁に手をついて行うイメージが強い立ちバックですが、実は壁で体を支えるのはそれほど安定感がありません。階段なら手すり、キッチンや洗面所ならシンクのふち、リビングならソファの背もたれなど、つかむことができるもののほうが安定しますので、いくらか楽になります。

また、抜けやすいことが気になるとお尻をぐっと突き出す姿勢になりがち。腰を痛めやすい女性にはダメージが大きくなるのが難点ですよね。そんなときは、お尻だけを突き出すのではなく、上半身全体を前に倒すようにして挿入するのが良いでしょう。

ピストン中に抜けやすい場合にも、この前傾姿勢は有効です。男性がやや後ろに立って、女性が体を前に倒すようにすると、抜けにくくなりますのでおすすめです。

忘れてはいけないポイントは、男性にピストンするスピードを調整してもらうこと。立ちバックで女性が気持ちよくなるためには緩やかな動きも重要ですし、あまりに激しく動かされると疲労感は大きくなり、抜けやすくもなります。

「激しくされても気持ちよくない…」という場合は、ゆっくりしてもらうように伝えてみましょう。

身長差のある立ちバックのコツ(突き方)

立ちバックがスムーズにできるのは男女の身長差が10㎝以内程度と言われていますが、それを超える場合は、姿勢や突き方の工夫が必要になってきます。

まずは背が高い方が脚を大きく開き、背が低いほうが脚を閉じるようにするのが基本。これだけでもある程度は調整が可能です。

女性のほうが背が低い場合は、女性がベッドやソファに膝立ちで乗り、男性が床に立った状態で挿入するやり方もあります。女性の足元が不安定になることと、体を支える場所がないことで、体勢が不安定になるのがデメリットだと言えます。

男性が前に腰を突き出すようにすると倒れやすくなりますので、女性の腰をしっかり支えて、上に突き上げるようなイメージでピストンするのが良いでしょう。

室内では難しいこともありますが、厚底やヒールの高い靴で身長差を少なくする方法もおすすめです。
女性が裸に靴だけを履いている状態はとてもセクシーですので、取り入れられそうなときは試してみるのがおすすめですよ!

反対に男性のほうが背が低い場合は、女性が脚を大きく開き、膝を軽く曲げて男性に合わせるようにします。この時、体は前傾姿勢にして、壁や手すりなどを使って腕で支えるようにすると、足への負担が少なく、抜けにくくなる効果もあります。

身長差がある立ちバックのときは、どうしても挿入しづらく、抜けやすくなってしまいますので、激しく突かず、ゆっくりとした動きでお互いの気持ちを高めあうのがコツです。

立ちバックでイク方法(潮吹き)!Gスポット刺激がおすすめ

女性が立ちバックでイクなら、Gスポットへの刺激を狙うのがおすすめ。Gスポットは女性のお腹側、入り口から近いところにありますので、立ちバックで突きやすいという特徴があります。

まずは挿入したら、おへその下5センチ程度に当てるような感覚で突きながら、Gスポットを探します。

女性の上半身が床と垂直になっているときは前方向に、女性が前傾姿勢の場合は下方向に向けてすると、とらえやすいかもしれません。

Gスポットの位置は人によって違いますので、姿勢や当てる位置を少しずつ変えながら、気持ちいいと感じる場所を見つけましょう。


Gスポットの場所
出典:ラブコスメ
Gスポットが見つかったらその部分を突くだけなのですが、中イキに慣れていない女性は、強く刺激すると痛いと感じることも多いもの。ペースは速くせず、淡々とした強さとスピードでペニスの先をGスポットに当て続けることで、イキやすくなります。

さらに気持ちよさをアップするなら、取り入れたいのが複数責めです。挿入しながら、男性に乳首やクリトリスを愛撫してもらうことで、快感がさらに高まり、イクだけでなく潮吹きができることも!

精神的な興奮も重要ですので、窓際や鏡の前などの、より恥ずかしいシチュエーションでする、後ろから軽い言葉責めをしてもらうなど、気分を上げる工夫でさらにイキやすくなるでしょう。

立ちバックをする際の注意点

立ちバックをする際に絶対に注意したいポイントは、安定した体勢と安全が確保できる場所でするということです。立ちバックは場所を選ばず、いろいろなところでできるのがメリット。

ですが、足元が不安定なベッドの上や滑りやすいお風呂場などでするときは、転んだり倒れたりといった危険性があります。料理中に台所で襲われて…そんなシチュエーションプレイの場合は、火の始末や包丁の位置に気をつけるようにしましょう。

また、立ちバックに限りませんが、屋外や窓際のように人に見られるような場所でセックスをするのは、公然わいせつなどの罪になってしまったり、盗撮されたりといった可能性もあります。

興奮しているときは余裕がないかもしれませんし、見られるかもしれないスリルが好きな人も多いのかも知れません。

立ちバックの注意点は、リスクがない安全な場所を選び、無理のない体勢で行うことに尽きます。

立ちバックで中イキとマンネリ防止を同時にかなえる!

苦手な女性も多い立ちバックですが、中イキが狙えることや普段と違う場所で楽しめるなど、メリットもたくさん!M気質の女性に限らず、男性から求められることが嬉しいと感じるなら、ぴったりの体位です。

もちろん、女性から「ここで入れてほしい!」と立ちバックをおねだりされるのも、男性にとってはたまらないもの。刺激的に男性を誘いたいときには、取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

いつものセックスに立ちバックをプラスして、気持ちよさアップとマンネリ防止をはかりましょう!

この動画を見た方にはこちらの記事もオススメ

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介