『駅弁』は気持ちいいの?もっと感じるやり方の逆駅弁などセックス体位のコツ【快感スタイル】


駅弁はパートナーとのセックスで「試してみたい!」とされる体位の一つです。アクロバティックな体位ですので、ちょっとだけ難易度は高いかもしれません。

男性にかかる体力的な負担など、注意する点はありますがパートナーの男らしさを感じられる刺激的な体位です。女性にとって視覚的な刺激を受けることもできますし、マンネリ化は避けて普段のエッチに刺激が欲しい方にはぜひトライして欲しい体位です。

向き合ったままパートナーに抱きかかえられますので、肌の触れ合いからの密着感で女の子は喜びを感じることができるでしょう。

また体位の特徴としては、深い挿入感を得られますので、「奥まで彼を感じたい」という一体感を求めることができます。

男女ともに深い挿入感が得られるのが駅弁のメリットですが、騎乗位や対面立位から移行していく必要があるなど、コツを知らないといきなりの実践が難しい体位でもあります。初心者が知識なく試すと思わぬ怪我をする可能性も。

ここでは、「駅弁」という体位について解説していきます。是非マスターしていつもと違う刺激的なセックスに挑戦してみてくださいね!

駅弁とは?どんな体位?

駅弁の体位の説明画像

駅弁は、男性が女性の体を向かい合った状態で持ち上げて、ペニスを挿入して激しく突いたり動き回ったりする体位のことです。性交体位のまとめ、「四十八手」では「櫓立ち」と呼ばれていましたので、実は昔からある体位です。

また、駅弁は対面立位という体位の一形態でもあります。男性は女性と向かい合って抱っこして、女性は男性に両手でしがみつき、その体勢のままで挿入されます。

女性は両脚とも地面から浮いてしまうので、男性には相当の筋力、腕力、体力が求められる体位です。女性を持ち上げられない男性も少なくありませんので、女性の体重や男性の筋力等が噛み合わないとできない難易度の高い体位の一つです。

「逆駅弁」というさらに難易度が高い体位もあります。女性が男性を抱きかかえた状態で挿入するのですが、これは「体格的な条件」が限られたカップルだけしか挑戦できません。

駅弁は男性の体力的負担が大きい体位ですので、女の子も事前にしっかりパートナーと研究してから試す事をおすすめします。

駅弁の体位のメリットは?気持ちいい理由は?

派手でパフォーマンス重視に見える駅弁ですが、実は男女ともに得られるメリットも多く、気持ちいい理由がたくさんあります!

駅弁が気持ちいい本当の理由は何でしょうか?
それは、

  • 普通のセックスでは行わないアクロバティックな体勢得られる深い挿入感と女性が感じる満足感
  • 挿入したまま歩き回るという非日常的なセックスをしている興奮

この二点によるところが大きくなります。視覚的にも気分的にもとても興奮できる駅弁のメリットを詳しく見ていきましょう。

深い挿入感、密着感が味わえることで女性は満足感を得られる

駅弁の体位のメリット

駅弁の状態でペニスを挿入すると、女性自身の体の重みで膣の奥深くまでペニスが入っていきます。

男性は女性を抱きかかえている状態ですから、結合部は常に密着しています。さらに通常のピストン運動のように自由にペニスを抜いたり挿したりすることが難しく、基本的には挿入しながら動き回ることでクリトリスと膣の奥に刺激を与えていきます。

女性は常に男性にしがみついているので、下半身だけではなく上半身も常に男性とハグしているような密着感が味わえます!

駅弁は男女ともにすさまじい挿入感で興奮度の高いセックスの体位ですが、挿入を継続させるコツと、それを可能にする体力や筋力が必要です。

男性の総合力が試されるセックス体位といえますが、その分女の子が得られる快感はとても大きくなります。

非日常的な官能的な状態に興奮してしまう

鏡の前でプレイすると、膣にペニスが挿入されている様が丸見えになります。抱えられて責められている姿も普段のセックスでは目にする事はありません。

向かい合っているので、お互いに感じる声や表情もよくわかりますね。

このような理由で、精神的に感じることができる「非日常感」は他の体位では味わえないものです!

直接的なセックスの挿入による気持ちよさだけではなく、非日常的で官能的な姿勢で結合することで、精神的に高まっていく気持ちよさも駅弁の大きな魅力だと言えます。

駅弁の挿入のコツとやり方

駅弁は男性側に相当な体力が必要になりますが、上手に行うためにはちょっとしたコツがあります。女性も相手の動きに合わせてあげられると、よりスムーズに駅弁を楽しむ事ができます。

コツ

抱えてから挿入ではなく、挿入してから抱える

最初から駅弁の姿勢でセックスをはじめるのは難しいことです。男性は女性を全身で抱えていますし、女性は両腕で男性にしがみついています。この状態で、膣にペニスを器用に挿入するのはある程度の慣れが必要になります。はじめはかなり難しく、ペニスが恥骨に当たるなど、男女ともにダメージを受ける可能性もあります。

まずは別の体位で結合し、その後駅弁の体位に持っていくのがスムーズでな流れです。別の体位から駅弁への移行については後ほど詳しく解説しています。

動き回る事による挿入感を味わってみましょう

アダルトビデオなどでは、抱えられた女性を「ゆっさゆっさ」と上下に動かして、激しくピストンしている駅弁のシーンがありますよね?しかし、実際には何十キロもある女の子の体を両手の力だけで器用に動かせる男性はそう多くありません。

普通の男性は、女性を抱えたままの状態で長時間ピストンし続ける事はできません。また女の子もこの体勢のまま騎乗位のように主体的に上下に身体を動かすのは難しいことです。

駅弁は、抱えたままの状態で歩き回ることで、膣の奥に刺激を与える事もできます。抱えられたまま歩き回ることで全身に行きわたる振動と、非日常的な体位をしているという精神的興奮の両輪を感じてみましょう。

性器の触れ合いだけのセックスというよりも、膣の奥でペニスを味わい、目や耳から相手の声や表情を感じるという、まさに5感で楽しむセックスが駅弁の楽しみ方のコツです。

フィニッシュはそのまま!?それとも…

対面立位や背面立位であれば、ピストンをしながら射精することができますが、駅弁は上述のようにあまりピストンができない体位です。いくら体力があるパートナーでも、自分がイク前に疲れ果ててしまいます。

駅弁でイケなかった場合は、ベッドに倒れ込み正常位や騎乗位に体位を変えてからフィニッシュまで持っていくことが多くなります。

パートナーが疲れているように感じたら、女性の方からベッドに誘導してあげるとよいでしょう。その後の体位が騎乗位であれば、今までのお返しとばかりに女性が主体的に動いて疲れたパートナーを気持ちよくさせてあげられます。

駅弁への流れとバリエーション!騎乗位や立位から

駅弁のやり方にはいくつか流れがあります。以下の3つのバリエーションのいずれかなら、スムーズに駅弁に移行する事ができますよ!ご紹介しましょう。

騎乗位から駅弁への説明画像

流れ1:騎乗位から駅弁へ

騎乗位で男性にまたがって挿入している状態から、男性が身体を起こして、まずは対面座位の体位になります。そこから男性が女性を抱え上げて立ち上がります。

そのとき、女性は抱きかかえられやすいように、しっかりと男性に身体を密着させることがコツになります。

さらに、首と首をしっかり合わせる事で、駅弁の姿勢に安定感が生まれ、力も入りやすくなりますので是非ためしてみてくださいね。

流れ2:対面立位から駅弁へ

対面立位から駅弁へ移行する方法もあります。まず、男女が向かい合い、女性が片足を上げて、男性が立った状態で対面座位でペニスを挿入します。挿入している状態で、男性がもう片方の女性の足を抱え上げて、駅弁の姿勢に持っていきます。

女性がバランスを崩しやすく、上手にもう一方の足を上げないと、足が変な方向に曲がってしまい捻ってしまうこともありますので気をつけてくださいね。

対面立位は力が三点(男性の両脚、女性の片脚)に分散していますが、駅弁になるときに力がニ点(男性の両脚)に移行するので、男性への負荷が一気に大きくなります。

ベッドの上など、不安定な場所で行わないようにしましょう。

流れ3:体力のない男性や初心者カップルにおすすめ「対面座位から駅弁へ」

男性が椅子に座り、その上から女性がまたがり、まず対面座位で挿入します。その時に、女性は男性の首にしっかり手を回してます。男性はそのまま立ち上がると、簡単に駅弁の体位になることができます。

立ち上げるための運動量が少なくて、姿勢の安定感も高いやり方ですので、不慣れなカップルはまずは椅子をつかった駅弁への移行に挑戦してみましょう!

番外編:正常位から女性が男性を抱える逆駅弁とは?

駅弁は男性が女性を抱きかかえるだけではなく、その逆、「逆駅弁」として女性が男性を抱えるように持っていくことも可能です。

女性の方が男性より体型的に大きなカップル、かつ女性にかなりの力がないとできない体位ですが、実演しているカップルもいらっしゃいます。

通常の駅弁のように、ペニスが膣を突き上げる形ではなく、抱えられた男性のペニスが上から膣に挿さる形になる体位です。ある程度ペニスが長い男性でないと、いくら女性に筋力があっても難しいかもしれません。

流れとしては

  • 正常位で挿入した後、女性が男性を抱えて起き上がる
  • 男性が片脚を上げて対面立位している状態で、女性が男性のもう1方の脚を持ち上げる

など、相当ハードでアクロバティックな動きが必要になります。

普通のカップルではできない体位ですが、女性の身長がかなり高く筋力もある場合に試す事ができます。

駅弁の注意点!不注意な怪我やを避けて避妊にも気を使いましょう

アクロバティックで密着感が気持ちいい駅弁ですが、いくつか注意が必要なポイントがあります。

  • 不安定な姿勢の体位なので男女ともに怪我には注意が必要
  • 膣外射精が難しいのでコンドームは必須

以下で詳しく解説していきましょう。

男女とも怪我には最大の注意が必要な体位です

女性が力みすぎると、恥骨(結合部)にダメージを受けてしまうこともありますし、上半身を傷つけてしまうこともあります。

不安定な場所での駅弁は、思わぬ倒れ方をする可能性がありますので危険です。必ず安定感のある足元のしっかりした場所で行ってください。

駅弁は男性に体力があり、男性主導でなければできない体位です。また女性も協力してうまくタイミングを合わせないと、パートナーだけに負担がかかりすぎてしまうことになります。

逆にうまくいけば、二人の波長はぴったりで、抱きかかえる男らしさ、逞しさやペニスの挿入感などを通して、絆をより深めていくことができる新鮮な体位です。

ただし怪我には注意してトライすることが大切です。

駅弁は膣外射精が難しいのでコンドーム必須です

コンドームの画像
出典:ラブコスメ

男性はペニスを挿入したまま女性を完全に抱きかかえています。その状態で射精まで高まってしまった時には注意が必要です。

駅弁をしながらフィニッシュ時にペニスを膣から抜くのはかなり難しいからです。

膣とペニスの結合部は支点になっていますので、それを抜くのはかなりの力が要りますし、射精寸前ではパートナー側もコントロールも難しくなります。

つまり、駅弁から別の体位に移行しないと、高い確率で膣内射精でフィニッシュとなってしまいます。避妊を確実にしておきたい場合はコンドームを装着するようにしましょう。

駅弁のまとめ

駅弁というとっても刺激的な体位について解説しました。まだまだ実践するカップルは少ない、アクロバティックなセックスの体位です。二人で協力することが不可欠で、また、特に男性は体力と筋力を使いまうので、相当疲れてしまいます。

しかし、女性から「駅弁で入れて欲しい!」とおねだりされるのは、男性にとってはパートナーとして信頼感を感じられ、嬉しい事でもあります。

セックスがマンネリ気味のカップルには特におすすめの体位ですので、これまでにない興奮や快感を得られます。試してみる価値は大いにあるのが、駅弁という体位の特徴でしょう。

やり方にはコツがいりますが、この解説を読んで、是非ともパートナーと実践してみてくださいね。

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介