中イキできない…女性が中でいけない原因とは?解決方法も紹介【快感スタイル】

中イキ アイキャッチ

目次

オナニーでもセックスでも、エッチなことをするからにはイクことがゴールと考えている方は多いようです。しかし、そんな中で意外と多くの女性が「中でいけない」というのはなぜなのでしょうか。

男性はセックスのときにしっかり射精しているのに、女性だけ中イキできないというのは何だか不公平に感じてしまう方もいるかと思います。

中イキできない原因にはさまざまなものが考えられます。性感帯が開発されていないなど準備不足の場合もあれば、解決に時間がかかる心身の問題である場合も。それらの原因がいくつも折り重なっている場合もあるでしょう。中イキしたいなら、原因を特定して1つずつ解決していく必要があります

中イキをしたい…経験したことがない女性は59%

中イキしたことがあるかについてのグラフ

参照:「中イキ」を経験したことはありますか?/ラブリサーチ

中イキとは、さまざまなオーガズムの中でも膣内を刺激されてイクことをいいます。クリトリス(体の外側)でイクことは外イキといいます。

ラブリサーチの調査によると、中イキを経験したことがない女性は全体の59%にもなるそうです。

もしかしたら「外でいけるならそれで良いじゃない」と思う方がいるかもしれませんが、実は外イキよりも中イキのほうがずっと気持ちいいと言われています

ラブリサーチの調査でも、中イキを経験したことがある女性たちによる「クリトリスとは全然違う」「体の奥から気持ちよくなる感じ」「中イキじゃないと満足できない」などの声が多く見られます

日々のセックスやオナニーで外イキだけで満足せず、中イキができるようになれば性生活はより豊かになることでしょう。

中イキができない原因とは?解決方法はある?

彼とのセックスで気持ちよさそうな表情の女性

なぜ女性の半数以上が中イキできないのでしょうか? 一概に「これだ」と断定することはできません。さまざまな原因が考えられますし、複数の原因が重なっている場合もあるからです。

以下では、考えられる女性が中イキできない理由をご紹介しています。対策法も併せて記載しているので、「もしかしてこれが原因かな?」というものがあれば参考にしてください。

膣内の性感帯が開発されていないことで中イキの感覚が分からない

セックスやオナニーなど、そもそもの性経験が少ない人が最初に疑いたい原因は「性感帯が開発されていない」ということです。

女性の体には胸や性器などのさまざまな性感帯がありますが、必ずしも触ればすぐに気持ちよくなれるというわけではありません。じっくり刺激を与えることで、「ここを触られると気持ちいい」ということをあらかじめ脳や体に覚え込ませておく必要があります。これを、「性感帯を開発する」と言います。

特に中イキするために必要な膣内の性感帯は、クリトリスなどと比較すると開発が難しく時間がかかります。

まずは膣内にどんな性感帯があって、どう触ると気持ちいいのかということを知る必要があるでしょう。

膣内の性感帯を開発するならまずはひとりエッチで

性感帯を開発して気持ちよくなるまでには時間がかかります。「ここは気持ちいいのか?」「どう触るのがいいのか?」など試行錯誤しながら刺激することが望ましいため、パートナーとのセックスの時間だけで開発するのは難しいかもしれません

膣内の性感帯の開発に取り組むなら、ひとりエッチのときに行うのがおすすめです。

普段のオナニーと同じようにエッチな気分を盛り上げてから、膣内の性感帯を探して刺激してみましょう。具体的にどのような性感帯、開発方法、があるかについて詳しくご説明します

「Gスポット」は中イキしたい女性なら開発必須の性感帯

横になって自分の体を触っている女性

膣内の性感帯の中でも特に意識したいのは「Gスポット」と呼ばれる部位です。
Gスポットは膣の入り口から2~3cm奥のお腹側にある、ザラザラした部分のこと。手のひらを上にして指を入れると、指を折り曲げたところにちょうどGスポットがあるはずです

Gスポットの位置についてのイラスト

Gスポットについては、以下の動画でも詳しくご説明しています。

位置の関係上、Gスポットはセックスするときに男性器とこすれて気持ちよくなりやすい部分ですので、積極的に開発していきたいですね。

ただし、女性のオナニーだと指が届きにくい場合もあります。「本当にこの場所で合ってる?」など不安なときは、バイブなどのラブグッズで試したほうがより簡単にGスポットを刺激できるでしょう。

Gスポットの刺激についてさらに詳しく知りたい方は下記のSNS投稿も参考にしてください!

「ポルチオ」も中イキにおすすめ

Gスポットと並んでもう1つ中イキのために開発しておきたい膣内の性感帯が「ポルチオ」です。

ポルチオは膣の1番奥、膣と子宮の境界部分のことを言います。Gスポットと同じかそれ以上に気持ちいいと言われており、開発した状態で刺激されたら連続でイッてしまうような激しいエッチも夢ではありません。

ただし膣の1番奥にあることから、女性の指ではほとんど届かず、セックスのときもパートナーの男性器のサイズによっては刺激できないことがあります。

ポルチオ性感を楽しむためには、バイブやディルドなどのラブグッズを1本持っておいたほうが良いかもしれません

膣イキのためにはクリトリスへの刺激も必要不可欠

クリトリスでオナニーをしている様子の女性

「中イキしたい」と思ったとき、つい躍起になって膣内ばかり刺激してしまいがち……ということも。

中イキするためには、クリトリスの性感も大切です。クリトリスをたっぷり刺激して性感を高めることができたら、その後に挿入したときも中イキしやすいです。

ラブグッズを使ったクリトリスと膣内の開発方法

膣内の性感帯を早く開発したい方におすすめなのは、膣とクリトリスを同時に刺激すること。中イキできなくてもクリトリスではいける(外イキできる)方が大半なのでクリイキの快感にイク感覚を引っ張ってもらおうという考え方です。

しかし、自分の指で膣内とクリトリスを同時に刺激するのは意外と大変です。どちらか片方がおろそかになりやすいですし、そもそも指でGスポットやポルチオなどを刺激すること自体が難しいものです。

そこで、中イキの練習をするときはラブグッズを使うのもおすすめです。

ローターや電マなどさまざまなラブグッズがありますが、特に使いたいのがクリバイブ付きの挿入タイプのバイブ。二股に分かれており膣内とクリトリスを同時に責めてくれるため、開発にピッタリです。

以下ではそんなクリバイブ付きバイブのおすすめ商品を2つご紹介します。

スカイビーンズ
女性スタッフが考え抜いたデザインで、初心者の方にも安心のサイズ感。
女性のGスポットを感じられるように、ピンポイントで先端に当たる設計にしました。自分自身が気持ちいいと感じる、スポット開発に役立ちます。
そして注目なのが、クリバイブ。クリトリスに当たる面を大きくしているので、感じてきてからバイブがズレても必ずフィットします!クリトリス部分の刺激は、ONとOFFをお好みで選べます。
スカイビーンズの詳細はこちら

マリンビーンズ
Gスポットをピンポイントで刺激するとがった形状のヘッド部分に、クリトリスへの快感を逃さない大きめのクリバイブ!さらに本体とクリバイブだけでなく、ヘッド部分にまで搭載されたモーターでの奥への振動を直接感じることができるます。今までとは違った快感を味わってみてはいかがですか?
マリンビーンズの詳細はこちら

クリバイブが付いていることも大切ですが、先端が湾曲しているのもポイントです。この形が膣内の性感帯であるGスポットにぴったり収まって、中イキの快感を教え込んでくれるのです。

使うコツは、クリバイブを動かしてクリトリスをしっかり気持ちよくさせること。クリトリスでイク寸前まで高めてからGスポットへの刺激を強めると、中の気持ちよさを感じ取れるようになります。

クリバイブにはシリコンのイボイボが付いているため、そのままだと痛い方はローションでしっかり濡らしてから使いましょう。

また、そもそも「クリトリスが気持ちよくない」という方は次の動画を参考にしてみてください。

前戯がない・短い=イク準備ができていない

男性に後ろから抱きしめられて前戯をされている女性

女性の体は、前戯などでしっかり性感を高めてからでないといけないようになっています。一方で男性の体はその傾向が弱く、そのせいか前戯をあまりしてくれないという人も……。

ラブリサーチのアンケート調査では、女性全体の59%が中イキできていないと答えていました。しかし対象を「日々のセックスで前戯が短いと思っている女性」に限定すると、中イキできていない方の割合は75.5%に増えるという結果も出ています。

中イキするためには、前戯もしっかりしてもらう必要があります。そのためには、パートナーにお願いするしかありません。

「前戯に30分はかけて欲しい」
「おっぱいやアソコだけじゃなくて、もっと全身を触って欲しい」

など。しかし、男性の中には、お願いを聞いてくれない人もいるかもしれません。そんなときに女性はどうすれば良いのでしょうか?

先のアンケートで前戯が短くても中イキできている女性たちは、「相手に頼らない」と答えています。

自分で積極的に腰を動かして気持ちいいところに当てる

挿入中などに自分でクリトリスをいじる

セックスの前にオナニーで性感を高めておく

など。もちろんパートナーが時間をかけて丁寧に前戯を行ってくれるのなら、それに越したことはありません。ただしそれができないときのために、このような自分で何とかする方法も1つの選択肢として覚えておきたいですね。

自分に合った体位でないと中イキできないことも

中イキするためには、最初にGスポットやポルチオなど膣内の性感帯を開発する必要があります。しかしこれらの性感帯を開発していても、正常位やバック、騎乗位などの体位が自分に合っていないだけで中イキできないことがあります

性感帯の開発具合、女性器の位置などから、自分に合った体位を見つけていきましょう。

膣の位置を表す上付き・下付きとは?

女性器は人によってその位置が微妙に違っています。その区分として使われている言葉が「上付き・下付き」というものです。

上付きとは膣の入り口がお腹側に近いこと下付きとは膣の入り口がお尻側に近いことを指します。厳密な定義ではありませんが、大まかには膣からお尻の穴までの距離が4cm以上あれば上付き、そうでなければ下付きと言えるでしょう。

膣の位置が違うと、男性器を挿入するときの角度も違いますから、しっかり奥まで挿入できるか、性感帯にしっかり当たるかなど気持ちよさに関わる部分も変わっていくことになります。

上付き・下付きに合った中イキしやすい体位の種類

正常位でセックスをしている様子の男女

自分の膣が上付きか下付きかを把握した上で、より気持ちいい体位を見付けていきましょう。

例えば、正常位は男性が上から覆い被さる体勢であることから、膣が上付きの女性におすすめの体位。反対に下付きだと、男性器で下からすくい上げるように挿入しなければならず、奥までしっかり入らない場合があります。

同じような考え方で、バックや寝バックなどは下付きの女性におすすめの体位です。女性はお尻を後ろに突き出した体勢を取りますから、膣の位置がお尻に近いほうが真横から挿入しやすいのです。

このように上付き・下付きごとに気持ちよくなりやすい体位を区分けしてみると、大まかには次のようになります。

上付きの女性におすすめの体位

正常位、対面座位、騎乗位、側位

下付きの女性におすすめの体位

バック、寝バック、立位、背面座位、屈曲位

ただしこれはあくまで1つの目安です。「下付きだけど自分がリードできる騎乗位が好き」「上付きでもバックで思いっきり突かれたい」という好みの問題もあります。実際にいろいろ試してみて、自分が気持ちいい体位を見つけてください。

中でいけないのは心の準備ができていないせい?

男性とセックスする前に緊張の表情を浮かべている女性

女性のオーガズムには精神的なコンディションも大きく関わってきます。イクことに対して恐怖心や羞恥心などを抱いていると、自然とブレーキをかけてしまい中でいけないことも。

クリトリスよりも難易度が高い膣イキでは、その傾向も強くなるでしょう。

オーガズムを迎えるための心の準備として、まずはイクことに対する恐怖心や羞恥心などを取り除きましょう

イクのが怖いならひとりエッチで練習すると良いですし、イクのをパートナーに見られるのが恥ずかしいなら「恥ずかしいのを見られても大丈夫」と思えるだけの信頼関係を築くことが大切です。

それに併せて、安心して中イキに専念できるように次のような準備をします。

ラブホテルや鍵付きの自室など、他人に邪魔されない空間を確保する

あらかじめお手洗いを済ませておく

日常のやるべきことを済ませておく

このような準備は、オナニー・セックスのどちらでも重要なことです。「喘ぎ声を誰かに聞かれたらどうしよう……」「イッたときに漏らしちゃったら……」「この後仕事しなきゃ……」などの余計なノイズが起きないようにしておくだけで、多くの方が思っている以上に中イキしやすくなります。

膣が潤っていないと中イキも難しい……

物理的に膣が濡れていなければ、何を挿入しても摩擦で痛くて気持ちよくありません

膣の濡れやすさには個人差がありますが、性感を開発しておく、前戯をするなどでできるだけ濡らしておきたいところ。

自力で膣が濡れないという時は、ラブグッズに頼るのも手です。

代表的なのはラブローションを膣に塗る・注入することですが、「ベタベタしすぎる」「ベッドが汚れる」などの理由で使いたくないという方もいます。

そんな方におすすめなアイテムを紹介します。

ラブコスメ リュイール ホット
「塗ったところをマッサージするとじんわり温かくなって、なんだか感じてくる…」お互い気持ちよく感じられるラブコスメ。 ダミアナという言葉はラテン語で『媚薬』を意味するとも言われています。古くから男女の夜のやる気のハーブとしても活用されていました 。女性の敏感な部分にゆっくりなじませてマッサージ…。自然な潤いを感じ、気持ちを開放してくれる魅力を持っています。
ラブコスメ リュイール ホットの詳細はこちら

ラブコスメ リュイール ホットは一般的なローションと違って、膣の潤い不足を解消する「代替愛液」専用に作られたコスメです。

  • 有効成分が膣に染みこんで愛液の量を増やしてくれる
  • グリセリン配合の温感タイプだから、使用時の不快感はなし
  • ベタベタしない自然な質感だから、パートナーにバレずに使える
  • あずき程度の使用量でOK、小さな容器だから持ち運びも簡単

などさまざまな魅力があるため、潤い不足にお悩みの方は1つ持っておいて損はありません。

中イキできない原因・対策法のまとめ

男性と笑顔で見つめあっている様子の女性

意外と大部分の女性ができていない中イキ。その原因として、開発不足や体に合っていない体位、準備不足などさまざまなものが考えられます

中イキできると、日々のオナニーやセックスがますます気持ちよく楽しいものになります。「外イキだけで十分」なんて思わず、ぜひとも中イキにチャレンジしみてください。

また、最後にオーガズムについて詳しく解説している動画をご紹介します。
ここまで紹介してきた「中イキ」だけでなく、クリトリスでイク「外イキ」についても解説しているので、気になる方は動画も参考にしてください。

刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
さくらの恋猫GIFバナー

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • フェラのテクニック
    フェラのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほしい...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介

  • 20201113夜のお道具箱