女性がセックスで濡れない原因は?アソコが乾く原因に産後や生理前は関係する? 【快感スタイル】

濡れないことで悩んでいる様子の女性

目次
最先端のラブグッズで「もはやセックス」の快感!
さくらの恋猫:ボイス連動ラブグッズ

「さくらの恋猫」は業界初のボイス・動画連動型のラブグッズ。

エッチなボイスや、女性向けのアダルト動画の内容に合わせて、自動で振動!全く意図しない動きをするから、まるで一人エッチではないような気分が味わえます!

妄想と現実が限りなく近接した「もはやセックス」な新感覚のオナニー体験してみませんか?


セックスで濡れなかったり、途中で乾くのが気になっているという女性は多いようです。その原因には体調だけでなく体内の水分量やパートナーのテクニック精神的な問題薬の副作用などさまざまなものが考えられます。

「生理前でセックスしたいのに濡れない」「産後のせいか濡れない」など、時期によってはホルモンのバランスから濡れにくい状態になることもあります。女性にとって濡れない状態は心身共に辛い場合が多く、悩んでしまう人もいるでしょう。

ですが、愛液の分泌量は生活習慣やパートナーとの関係、セックスのやり方などを見直すことで改善できることがあります。ローションを使ってスムーズにセックスをする方法や、濡れないときに役立つおすすめのローションもご紹介しています。

濡れない原因と対策を知って、彼と気持ちいいセックスを目指しましょう!

いつもよりセックスで濡れない時の原因とは?

濡れない理由についてスマホで調べている女性

ラブコスメが行った「いつもより『濡れない』と感じる日はありますか?」というアンケートには、78%を超える女性が「はい」と答えています。

このアンケートから、多くの女性が濡れにくい経験をしていること、同じ女性でも日によって「濡れにくい」「濡れやすい」があるということが分かります。では、どうしてセックス中に濡れないという現象が起きてしまうのでしょうか。

女性が濡れるメカニズムについて、ラブコスメ「セクシャルヘルスケア講座」の「濡れる・濡れにくい・濡れすぎ」という以下の動画にて分かりやすく解説しています。
濡れるメカニズムについてより詳しく知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

ここからは、セックスで濡れない原因について見ていきましょう。

疲れやストレス、冷え性などの体調不良

愛液の量には「テストステロン」「エストロゲン」「オキシトシン」といった性欲を増加させるホルモンが深く関わっています。ところが

  • 疲れ
  • ストレス
  • 睡眠不足

などの体調不良がある場合、これらのホルモンが減少し性的な興奮度が下がることで濡れにくくなります

また、ストレス過多や疲労時は交感神経が優位になり、血圧が高くなります。愛液は女性器が充血することで分泌されますが、高血圧によって血のめぐりが悪くなると量が減る傾向があります。

体が温まって血流が良くなると汗をかくようなイメージだと、分かりやすいでしょう。

体が冷えているときも同じように血行が悪くなり、さらにエストロゲンの分泌量も少なくなることで愛液が減少しやすくなります。

水分不足

愛液の成分中、多くを占めるのが水分です。そのため体内の水分量が足りなくなることは愛液不足につながります

  • 普段から水分を摂る量が少ない
  • 利尿作用のある食品や薬を摂取している
  • もともとトイレに行く回数が多い
  • たくさん汗をかく

などに心当たりがある人は、体の水分が不足ぎみになっていることが原因で濡れにくくなっている可能性があります。

空腹や満腹時

過度な空腹や満腹も性欲を減退させますので、濡れにくくなることがあります。

性欲と食欲をコントロールする神経は体内のごく近い場所にありますので、満腹のときは性欲を感じにくくなります

では空腹であればいいのかといえば、そういうわけでもありません。食欲は生命にかかわる欲求ですので性欲よりも思考に上りやすいという特徴があり、お腹がすいて仕方がないときもセックスに集中しにくくなります。

空腹時にはお腹が鳴る可能性もありますので、中にはそれが気になって濡れなくなる人もいるでしょう。

閉経後や更年期でホルモンバランスが崩れやすく濡れない

愛液の分泌は、体内のさまざまなホルモンが微妙なバランスを維持することで行われています。そのため、

閉経後

更年期

などのホルモンバランスが乱れやすい時期は、濡れにくくなってしまうことがあります。

なかでも閉経後や更年期は、愛液不足や膣の萎縮が原因でセックス時に痛いと感じる「性交痛」が起きやすくなります。痛みのせいでさらに濡れにくくなるという悪循環も起こりやすいといえるでしょう。

薬の副作用

風邪薬や花粉症・鼻炎薬などに使われる抗ヒスタミン剤や抗うつ薬・ぜんそく薬などに使われる抗コリン薬などの一部の薬には、粘膜を乾燥させる働きがあります。

この効果が「過剰に出てしまう涙や鼻水を減らすことができる」など役に立つ場合もあれば「のどや目が渇きやすくなる」といった副作用となってしまう場合もあります。

粘膜が乾燥するということは膣も乾きやすくなるということですので、必然的に膣液の分泌量減少につながります

パートナーのテクニック不足

前戯が足りずに濡れないのか考えている女性

パートナーのテクニックが不足している場合や自分に合わないやり方をしている場合も、濡れにくくなったり途中で乾いてしまったりすることがあります。

愛液を分泌させるホルモンであるオキシトシンが働きはじめるまでは、ある程度の時間と精神的な満足感が必要です。そのため前戯(前儀)が不足している場合や女性が満足できていない場合は、なかなか濡れないことが多くなります。

また愛液は、

  • バルトリン腺液
  • スキーン腺液
  • 膣液
  • 子宮頚管液

など、女性器のさまざまな部分から分泌される液体が混ざったものです。

バルトリン腺液とスキーン腺液は膣の入り口付近から分泌される愛液は、比較的早い段階から出てくることでペニスの挿入を助けますさらっとしてやや乾きやすいのが特徴です。

膣液は膣壁、子宮頚管液は膣の奥から分泌されますが、こちらはとろみがあり乾きにくいものの分泌までに時間がかかるという特徴があります。

そのため前戯に時間をかけずに挿入した場合は膣液や子宮頚管液の分泌が足りず、痛みが出たり途中で乾いてしまったりといった可能性が高くなるでしょう。

反対に、遅漏の男性など挿入の時間が長くなりすぎる場合も女性が飽きてしまい、途中で乾いてしまうことがあります

セックスを楽しめていない

愛液の量は、女性が興奮しているかどうかにもある程度左右されます

  • セックスに慣れていない
  • セックスをすることに罪悪感がある
  • 緊張してしまう
  • セックスに対して恐怖感がある
  • 集中できない
  • マンネリしている

などのように、セックスを心から楽しめていないときに濡れにくいと感じる人もいるでしょう。

また「なかなか挿入できなかった」など愛液が少ないことによるトラブルを経験すると、次もまた同じようになるのではという気持ちがプレッシャーになってしまう場合があります。

こうなると、濡れないことが気がかりでさらにセックスに夢中になれないという悪循環になってしまう可能性も考えられます。

アレルギーや病気

特に思い当たるふしがないのになぜか愛液が足りないという場合は、アレルギーや病気が原因の場合もあります。性器の周辺や膣内部に症状が出た場合には乾燥や肌荒れが起こり、膣液の分泌が妨げられることがあるからです。

アレルギーの要因になりえるのは、

  • コンドームのラテックス
  • 石鹸や洗剤などの化学物質
  • 下着の素材

などが主なものですが、思いもよらない物質が原因となっていることもあります。また膣に炎症が起こる病気では、性交痛が気になって濡れないという人もいるでしょう。気になることがある場合には一度病院を受診するようにしましょう

生理前なのに濡れない・濡れにくいのはなぜ?

生理周期と濡れないことの関係性について考えている様子の女性

ここまで濡れない原因になっていると考えられることを紹介してきました。
ここからは、女性の体質ならではの部分でもある「生理前」「産後」に濡れない原因について詳しく紹介していきます。

「生理前にはセックスがしたくなるのに、なぜか濡れない」という女性もいますが、それはどうしてなのでしょうか。

まず、成熟した女性の愛液量は生理周期によって大きく変化します

愛液の分泌量はエストロゲンの量に比例しますので、ピークとなるのは生理開始日から2週間ほど後の排卵日です。

排卵日が終わるとエストロゲン量はゆるやかに減少していきます。最も少なくなるのは生理の直後で、そこからまた排卵日に向けて増加していくことになります。

そのため、ホルモンの分泌量だけを考えると生理前はやや濡れにくい時期にあたると言えます。

とはいえ、女性がセックスをしたいと考えるのはホルモンのせいだけではありません。ホルモンバランスの乱れから起こる体調不良やイライラ感を軽減したい、不安定な気持ちをしずめたいなど、生理前だからこそ彼とつながる時間が欲しいという人も多いでしょう。

そのため、精神的にはセックスを求めていても体がなかなかついてこないという現象が起きていると考えられます。

産後に濡れないのは体質が変わったから?

産後に濡れないことについて悩んでいる様子の女性

それまでは問題なかったのに、産後のセックスで濡れなくなってしまったという女性も多いものです。

出産後の女性の体は、育児を最優先する脳のシステムで動いています

例えば産後に多く分泌される「プロラクチン」は母乳を作るために欠かせないホルモンですが、同時に性的興奮を抑える働きがあります。性交後の男性が急激に性欲を失う「賢者タイム」の原因もこのプロラクチンです。

産後は性欲ホルモンであるエストロゲンの分泌も減少しますので、育児を優先させるためにセックスに没頭しにくい体になるといえるでしょう。

また、会陰切開や出産時の記憶が原因でセックスが怖くなったという人も。「もうセックスしても大丈夫だろうか」「痛みが出るのではないか」と不安になることで濡れなくなる可能性があります。

出産が女性に与える影響は大きく、出産前と同様のセックスができるようになるまでは数ヶ月から数年の時間がかかります。ですがこれは体質そのものが変わってしまったわけではなく、多くの場合は一時的なものです。

産後は無理をするとセックスが嫌いになってしまったり、パートナーとの関係が悪くなってしまったりというトラブルも起こりがちです。相手と相談しながら、焦らずに対処していきましょう

女性が濡れにくい時や乾いてしまう時の対策方法

ラブグッズやローションで濡れるようにならないかを考えている様子の女性

前述の「いつもより『濡れない』と感じる日はありますか?」というアンケートにて「『濡れない』と感じる日はどのように対処しますか?」という設問では、以下のような回答が寄せられました。

  • ラブグッズで対処
  • 自分から積極的に気持ちいいところを伝えて気持ち良くしてもらう
  • えっちな気分になるように妄想する。私は感じてるんだと暗示をする
  • 気持ちに反して濡れにくい時はローションを使います

上記のような「バイブを使ってもらう」「感じる場所を触ってもらう」「妄想する」「ローションを使う」などは、たくさんの女性が試している効果の期待できる対策方法だと言えるでしょう。

このほかにも、濡れにくいときや途中で乾いてしまうときの以下のような対処方法があります。挑戦しやすいものから試してみて、自分に合う方法を見つけるのがおすすめです。

生活習慣を変える

セックスで濡れにくいときは、普段の生活習慣を変えることで濡れやすい体を目指すことができます。その際に特に気をつけておきたいポイントは以下のようなものです。

水分を摂る

愛液の量を増やす基本は水分をしっかり摂取することです。セックス中は汗をかくなど体からの水分放出量が多くなりますので、行為の前に水分を十分に摂っておきましょう

それでも効果がないと感じる場合は、慢性的な水分不足の可能性があります。日ごろから水や麦茶などの体に優しい飲み物で潤いのある体にしておくことが重要です。

疲れやストレスをためない

疲れがたまっているときやストレスが多いときは、規則正しい生活やバランスの良い食事を心がけたり、趣味や遊びでストレス解消をしたりすることで愛液の分泌量が変わります

ストレスや疲れは愛液量の減少だけでなく、さまざまな体調不良を引き起こす原因にもなりかねません。完全になくすことは難しいかもしれませんが、なるべく減らすようにするのが良いでしょう。

お風呂や食事で体を温める

男性に比べて脂肪の多い女性の体は冷えやすく、血行が悪くなりがちです。日ごろから体を温めることで、濡れやすい体の基礎作りをすることができます。

冷えの改善に有効なのは、ゆっくりお風呂に入ることです。シャワーだけでなく浴槽に浸かってリラックスすることは、ストレス解消にもなります。

温かい食べ物や飲み物を積極的に摂ることも、冷えの改善につながります。夏場もエアコンによる冷えを防ぐため足腰を温めたり、冷たい飲食物の摂りすぎを避けたりといった工夫をするのがおすすめです。

衣類は締め付けないものにする

体に跡が残るような締め付けの強い衣類や下着を長時間つけていると血行が悪くなり、愛液の分泌量に影響が出る場合があります。

フィット感の強い衣類を着用する際はなるべく短時間にとどめると、ある程度軽減することが可能です。

下着は自分に合ったサイズを選び、休日はノンワイヤーなどの補正のきつすぎないもの、夜はナイトブラなど体に負担のかかりにくいものを着けるようにすると良いでしょう。

膣トレをする

膣トレは女性器の血行を促進し、愛液の分泌をアップさせるだけでなく、

  • 感度が良くなる
  • 男性に与える快感が増す
  • 尿漏れの防止、改善

などの効果が期待できます。

最も簡単な膣トレは、「ケーゲル体操」という骨盤底筋を鍛える方法です。

①背筋を伸ばして椅子に座り、足を肩幅に開く
②体を楽にした状態で肛門と膣を締めながら引き上げる
③リズミカルに5回締める
④締めた状態を3秒保ってから緩める動きを5回繰り返す

という流れで行います。締めるときには「お腹を動かさない」、「お腹に力を入れない」という二点に気をつけることで効果的に骨盤底筋を鍛えられます。

膣トレ用のラブグッズもありますので、そちらを使ってみても良いでしょう。
下記のさくらの恋猫NUKUNUKUはアプリと連動して刺激を味わうこともできます
膣トレに限らず、一人エッチでも使える優秀アイテムです。
おすすめの商品は下記です。

さくらの恋猫NUKUNUKU
膣トレってどうすればいいの?と悩んでいる女性にピッタリ!
NUKUNUKUならスマホとボイスが連動して、振動の合図に合わせて膣トレが簡単にできます! 一人エッチしながら楽しく肌の引き締めを体験できる『さくらの恋猫 NUKUNUKU』。 キュッと引き締めて深い快感を堪能する…膣トレ&感度磨きアイテム!
さくらの恋猫NUKUNUKUの詳細はこちら

さらに、膣トレについて詳しく知りたい方には下記の動画も参考におすすめです。ぜひチェックしてください!

リラックスした状態でセックスを楽しむ

男女がお風呂で一緒にリラックスをしている様子

まだ彼とのセックスに慣れていない女性や精神的な原因から没頭できない女性の場合は、リラックスした状態で行為をするだけでも濡れるようになることがあります。

  • 好きな香りのアロマを使う
  • セックス前にマッサージをしてもらう
  • ゆっくりお風呂に入る

など、ゆったりした気持ちでセックスできる環境を作ることが重要です。声が外に漏れないか、部屋が明るすぎないか、室温は快適かなどの基本的な問題も忘れずにチェックしておきましょう。

不安感や恐怖感、羞恥心などは時間をかけることで解消できる場合もあります。例えば性交経験が少ない女性は、信頼できるパートナーとのセックスを重ねることで徐々に愛液量が増える人もいます。

どの場合も、パートナーと話し合いながら焦らずゆっくりと進めていくことで安心感が生まれ、濡れるようになる可能性が期待できます。

精神的な原因から愛液量が足りなくなっている女性は、濡れないことがプレッシャーになりやすくなります。「また濡れなかったらどうしよう」と考えてますます濡れなくなる人は多いものです。

リラックスした状態で、なるべく気持ちいいセックスをしようと考えるのが解決の近道になるでしょう。

興奮するシチュエーションやプレイを探す

アンケートの回答でも見られたように、多くの女性が実践しているのが興奮度を高めるシチュエーションやプレイをする方法です。

セックスがマンネリしてきている、パートナーのテクニックに不満があるなどの場合は、肉体的・精神的に興奮できるセックスをすることで濡れやすくなるだけでなく、途中で乾いてしまったときに潤いを取り戻すこともできます

自分の好きなプレイを探すときは

  • セックスの場所や時間を変える
  • 普段と違う体位を試してみる
  • ローターやバイブなどのラブグッズを使う
  • 軽い言葉責めや拘束プレイでソフトSMに挑戦する

など、いつもはしないことや初めてすることをためしてみる方法がおすすめです。場所や体位などのわずかな違いでも新鮮に感じられ、濡れやすくなるでしょう。

変化をつけるのが難しいときは、数週間程度セックスやオナニーをしない禁欲期間を作ると簡単に興奮を高めることができます。

パートナーとの関係性を見直す

オナニーでは濡れるのにセックスではなぜか濡れないというときは、パートナーとの関係性が問題になっていることも考えられます。

相手への愛情が冷めている場合だけでなく特定の相手とセックスを続けている場合も、ときめきや興奮が減少して濡れなくなるという女性は多いものです。

この場合はセックスの内容を普段と違ったものにしてマンネリ解消をはかるのも有効ですが、セックスだけにこだわらず、

  • デートの内容を充実させる
  • 会話を増やす
  • スキンシップの機会をもつ
  • 一定期間離れてみる

など、相手への愛情を高めることも愛液量の増加につながるでしょう。

体に負担のかかりにくいセックスにする

ホルモンの分泌を利用して、体に優しいセックス方法に変えることもおすすめです。濡れにくい状態でのセックスは辛いものですが、以下のような点に注意することで比較的スムーズに行うことができるでしょう。

セックスは排卵日の前後にする

女性の濡れやすさは精神と肉体の両面に影響されるものですが、濡れやすい日や興奮しやすい日が分かっていれば、その日を選んでする方法があります

個人差はありますが、前述のとおり女性が最も濡れやすく興奮しやすい体になっているのは、排卵日の前後です。このため、「セックスは排卵日付近にする」もしくは「濡れにくい生理前後を避ける」などの工夫をすることで楽にできる場合があります。

ただし排卵日の前後は妊娠しやすい時期ですので、妊娠を望まない場合はしっかり避妊をするように気をつけましょう。

挿入にこだわらず愛撫をメインにする

キスやハグで挿入なしのエッチを楽しむ男女

「必ず挿入する」という固定観念をなくすことも解決策の一つです。セックスのメインは愛撫だと考えて、普段より前戯に時間をかけることから始めましょう。

愛液量にかかわるオキシトシンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、ハグやキスでも分泌されて多幸感が得られるという特徴があります。

愛撫を丁寧に行うことで濡れやすく乾きにくくなるだけでなく、お互いに抱きしめあったり相手の体の感触を楽しんだりすることで精神的な満足感が大きくなります

愛撫をしているうちに濡れてきた場合は挿入してもいいですし、そうでなければクンニリングスやフェラチオなどでオーガズムに達しても構いません。お互いが満足していれば愛撫だけで終わっても良いでしょう。

必要に応じて動かない、ゆっくり動く

愛液が少ない状態でのピストンは、摩擦による痛みが出ることが多くなります。その後のセックスにも影響しますので、挿入している間は痛みが出ないような注意が必要です。

挿入した直後や乾いてきたと感じるときは、しばらく動かずに乳首やクリトリスなどの性感帯へ愛撫を続けます。愛液量が増えてスムーズに動くようになってからゆっくりと出し入れすることで、膣へのダメージを最小限に抑えられるでしょう。

ローションを使う

上記の方法を試しても愛液量が気になるという場合は、ローションを使う方法があります。ローションを使うことには、痛みを軽減させたり滑りを良くして快感が増したりといったメリットがあります。

濡れにくい場合のローションの使い方は

  • クリトリスや膣周辺に塗って愛撫する
  • ペニスに塗って挿入する
  • 膣口や内部に少量塗っておく

などがあります。

前戯中に性感帯に塗って愛撫をすると、普段と違った刺激を味わうことができます。これによって快感を得られるだけでなく、プレイに変化をつけることも可能です。愛撫後にそのまま挿入してセックスすることもできるでしょう。

愛液だけでの挿入が難しい場合は、ローションをペニスの先端に塗る方法が適しています。

彼にローションを使いたいと言いにくい人は、挿入の前にあらかじめ膣の入り口や内部にごく少量だけ塗っておくこともできますが、できれば「濡れにくい体質なのでローションを使いたい」と正直に言っておくのがおすすめです。

ローションを女性器に塗ったあとは、セックス後に洗浄が必要です。外陰部はデリケートゾーン用のボディソープを使用します。膣内にローションを入れた際は少量なら水洗い、ある程度の量であれば使い捨てのビデでしっかり洗浄するようにしましょう。

濡れないときにおすすめのローションは?

愛液不足が気になるときに使いやすい、おすすめのローションをご紹介します。それぞれ使いやすい方法がありますので、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

ラブコスメ リュイール ホット

「ラブコスメ リュイール ホット」は部分マッサージ用のローションです。敏感な部分に塗ってゆっくりと撫でるだけで、ほんのり温かな気持ちよさを感じることができます。

ラブコスメ リュイール ホット
「塗ったところをマッサージするとじんわり温かくなって、なんだか感じてくる…」お互い気持ちよく感じられるラブコスメ。 ダミアナという言葉はラテン語で『媚薬』を意味するとも言われています。古くから男女の夜のやる気のハーブとしても活用されていました 。女性の敏感な部分にゆっくりなじませてマッサージ…。自然な潤いを感じ、気持ちを開放してくれる魅力を持っています。
ラブコスメ リュイール ホットの詳細はこちら

詳しい使い方はこちらの漫画でも分かりやすく紹介されています。

心も感じて、また恋が始まる〜本当にあったリュイール物語〜表紙

★無料の漫画を読む★

出産や育児で忙しく、大好きな夫とのセックスではなかなか濡れずに痛みが出るのが悩み…。そんな主人公が見つけたのが「リュイール ホット」です。

試してみるといつもと違うほてりと快感が襲い、夫とのセックスでは以前よりも濡れて乱れてしまいます

「ラブコスメ リュイール ホット」なら、この主人公のようなときめく体験ができるかもしれません。

LCハーバルローション

「LCハーバルローション」は、肌に優しいウォーターベースの万能ローション。ピンポイント愛撫や広範囲のマッサージ、挿入補助などさまざまな用途に利用することができます。

さらりとした触感でべたつかず、水だけで落としやすいのも嬉しいポイントです。

LCハーバルローション
アロエの保湿感&ハチミツで潤いプラス♪マッサージにも使えてラブ度アップ!
潤い不足の潤滑ゼリーとしても、2人で楽しむためにもおすすめのLCオリジナルの自然派ラブローション。
イク感覚を探りあうため、ラブタイムが長くなってもラブローションを使ったマッサージのしあいっこで乾かないで楽しむことができます。
LCハーバルローションの詳細はこちら

ラブスライド

ローションの中でも「滑り」に特化した潤滑ローションが「ラブスライド」です。独特のスルッと滑る感触で、ピストン時の摩擦による痛みや不快感を軽減してくれます。

保湿成分を配合していますので、乾きやすい女性にもぴったりです。

ラブスライド
スルスルと滑る感覚が人気のジェルタイプの潤滑ローション。愛撫に利用するだけでなく男性の感じる部分に塗って挿入することで、スムーズな動きをサポートしてくれます。
ラブスライドの詳細はこちら

ひとりで悩まず、濡れない原因と解決方法を探しましょう!

濡れないことについてのまとめ:男性が後ろから女性にキスしている様子

なかなか濡れないことが気になっている女性は多いものです。「自分はおかしいのではないか」「このままだと彼に嫌われるかも」と悩んでしまうこともあるでしょう。

自分が濡れない原因を知り、適切な解決策をとることで改善できるケースもたくさんあります。パートナーと話し合いながらご紹介した解決方法を試したうえで、どうしても気になるときは婦人科に相談してみるのがおすすめです。

今夜、気持ち良くなれる情報をお届け♪

LC編集部の紹介画像

今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集


さくらの恋猫紹介

  • 夜のお道具箱バナー