【あなたはどっち】膣タイプ診断であなたにぴったりのセックス体位がわかる!?

上付き下付き膣タイプでピッタリのセックス体位がわかる

目次

膣タイプってなに?

個人差はありますが、女性の膣タイプは、上付きタイプか下付きタイプに分かれます。

上付きや下付きとは、膣が体のどのあたりにあるかによって診断されます。

仰向けになったときに膣がお腹側にあれば「上付き」。反対に膣がお尻に近いところにあれば「下付き」です。

上付きと下付きは明確に決まっているわけではありませんが、肛門から膣口までの長さによって大まかに分けることができます。

肛門から膣口までの平均距離は2~4cmで、一般には「肛門から膣口までの長さが3~4cm以上の場合が上付き、それ以下であれば下付き」とされています。

自分がどちらのタイプなのかをチェックすることで、向き・不向きな体位がわかります。

上付き・下付きは年齢や姿勢によって変わる

上付きや下付きは、体形や骨格などによって決まります

~40代は、上付きが75%

傾向として幼い頃は上付きの人が多く、年齢を重ねて筋肉や脂肪がついたり骨盤が女性らしく成長したりすることで、下付きになっていきます。

40代~は、上付きと下付きの割合がほぼ同じになる

年齢が進むと、たるみや筋肉の衰えなどから、お尻の位置が下がり、それに伴って膣の位置が上がります。そのため40代以降では上付きと下付きの割合がほぼ同じになると言われています。

また、骨盤によっても膣の位置に変化が出ます。腰が前に出る骨盤後傾の人は上付きになりやすく、反対に反り腰と言われる骨盤前傾の人は下付きになりやすくなります

このように上付きや下付きは体のつくりの問題であり、同じ人であっても変化するものです。どちらがいい・悪いということではないと理解しておいてください。

膣タイプの診断方法

陰裂(股間の割れ目)診断する方法

上付き下付きを割れ目で区別する方法
下着を脱いだ状態で、股間が映るサイズの鏡の前にまっすぐ立ちます。割れ目がしっかり見えれば、上付き。恥丘だけで割れ目があまり見えない場合は、下付きです。

膣に触って診断する方法

足をそろえて立ったまま指をクリトリスに当て、割れ目に沿ってまっすぐ奥に滑らせていきます。膣口に指が当たったときに上半身が前かがみになっていたり、腕をめいっぱい伸ばした状態になっていたりしたら下付きの可能性が高くなります

※腕の長さや体形などによっても変わることがあります。

長さを測って診断する方法

膣口から肛門までの長さで上付き下付き区別する方法
下着を取った状態で鏡の前で足を開き、定規やメジャーで膣口から肛門までの距離を測ります。4cmより長ければ上付き、短ければ下付きです。

上付きタイプにおすすめの体位

正常位

正常位がわかるイラスト

上付きタイプは、軽く足を上げるだけで膣口が上に向くので、挿入しやすく奥まで入れることができます

 

対面座位

対面座位がわかるイラスト

上付きの女性が男性の腰にまたがると、膣口とペニスの根元が近くなるので、挿入位置が深く、激しく動いても抜けにくくなります。

騎乗位

騎乗位がわかるイラスト
 

男性と女性の上半身の角度が90度くらいの状態ではそれほど大きな違いはありませんが、女性が体を倒して男性に密着する場合は上付きのほうが抜けにくくなります。

特に「ハグをしながら騎乗位で挿入したい」「騎乗位で動きながら男性の恥骨にクリトリスを擦りつけるのが好き」といった場合は上付きの女性の方が適しているでしょう。

騎乗位について詳しく知りたい方にオススメ

側位

背面側位がわかるイラスト

上付きの女性でなければできないと言ってもいいほど、下付きの人にとって難易度が高いのが側位です。

側位は激しく動かすと抜けやすくなりますが、上付きの女性であれば膣口とクリトリスが近くにありますので控えめな動きでも快感を得やすいです。

側位について詳しく知りたい方にオススメ

下付きタイプにおすすめの体位

後背位(バック)

寝バックの体位がわかるイラスト
挿入がしやすく、奥まで入るため下付きの女性にとても適した体位です。

寝バックや、ロールスロイスなどの体位も下付きの人なら比較的簡単にすることができます。

背面座位

下付きの女性が挿入した場合はちょうど男性の腰から太ももに体重がかかりますので、深い挿入ができます

激しく動いても抜けにくいので、自分の気持ちいい場所を探しながらピストンすることでイキやすくなる体位でもあるでしょう。

背面立位(立ちバック)

立ちバックがわかる画像

膣口がお尻側にあることで、体や足を伸ばしていても後ろから挿入できるのが下付きの女性の特徴です。これは上付きの女性には難しく、下付きの人にぴったりの体位です。

背面立位(立ちバック)について詳しく知りたい方にオススメ

屈曲位

「正常位は好きだけどちょっと違和感がある…」という下付きの人に適しているのが屈曲位です。正常位から女性が足をさらに高く上げて行うため恥ずかしいと感じる人もいるかもしれませんが、Mを堪能したい時におすすめです。Gスポットへの刺激がしやすくなるため、中イキにもおすすめです。

上付き下付きを理解してもっと気持ちいいセックスを目指そう!

普段のセックスで痛みや快感不足などの不満があるときは、さまざまな理由があるものです。もちろん、上付きや下付きもそのひとつ。自分に合ったセックスの方法を知ることでさらに気持ちよくなった、痛みが軽くなったという場合もあるでしょう。

女性の体は同じように見えてひとりひとり違うものです。どんなやり方が自分の体に合っているかを理解して、セックスをさらに楽しいものにしていきましょう。


刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
さくらの恋猫GIFバナー

今、人気・注目のタグ

今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • masturbation
    ひとりエッチ(オナニー)のやり方や種類、豆知識をご紹介!素敵な「わたし時間」を過ごすために...
  • Sex toys and porn
    女性におすすめAV・ラブグッズ情報。実際に体験したレポートなども更新中♡
  • Tips and advice
    お手テクやフェラなど、彼を気持ちよくさせるためのテクニックをお届け。もっと彼の可愛い表情を...

さくらの恋猫紹介