スワッピングとは?女性のリアル体験談や、エッチ漫画でその実態をこっそりお勉強【快感スタイル】

スワッピングがどんなセックスか気になっている女性

目次
スワッピングとは2組以上のカップルがパートナーを交換してセックスをする行為を指します。カップル単位で参加するのが基本になりますので、グループセックスの中でも特殊性の高いプレイと言えます。

スワッピングは普段と違った環境で行うため、非日常の興奮を味わえたり、マンネリを防止したりといったメリットがあり、違う相手とのセックスを通してパートナーに対する愛情を確認できる人もいますしかし、性病や相手からの金銭要求などのトラブルに遭う場合や犯罪行為になる可能性もあります。

また、浮気をされるなどパートナー間の問題になるリスクもあるためデメリットもあるといえるでしょう。

スワッピングを実際に体験したいときの相手の探し方には、ハプニングバーやスワッピングパーティーなどを利用する方法のほか、TwitterなどのSNSや出会い系サイト、スワッピング相手募集掲示板で探す方法もあります。

この記事では、さらにスワッピングについて詳しく知りたい方のために、スワッピングを題材にしたおすすめのエロ漫画や体験談も紹介しています。

スワッピングとは?

他の男性に迫られて興奮している女性

スワッピングは別のカップルとパートナーを取り換えて行う性行為のことです。

もともと英語の「スワップ」「交換する」という意味で、経済用語やデジタル用語として利用されることもあります。

アダルト用語としてのスワッピングは、日本語では「夫婦交換」「夫婦交歓」「夫婦交際」などと言われています。

「夫婦」という単語が入ることで既婚カップルがするものという意味合いが強くなっていますが、実際には未婚のカップルや同性カップルが行う場合も相手を交換する要素があればスワッピングになります。

複数でのセックスには他にも乱交や3Pなどがありますが、スワッピングと違って必ずしもカップルで参加する必要はありませんのでその点が異なるといえるでしょう。

スワッピングのメリットとデメリット

スワッピングの注意点を調べている女性

刺激的なセックスができるスワッピングですが、マンネリ防止以外のメリットや、トラブルや犯罪などの考えられるデメリットについて詳しくみていきましょう。

スワッピングのメリット

「アダルトビデオの中だけのもの」、「一部の特殊な人たちがするもの」などアブノーマルな印象を持たれがちなスワッピングですが、このようなメリットがあります。

① 非日常のセックスが楽しめる

スワッピング中は、パートナー公認で浮気をするのと同時に、浮気もさせるという一般的ではあまりない状況になります。

      • パートナーのセックス相手に対する嫉妬心
      • パートナーに対する背徳感
      • 見る、見られることに対する興奮
      • 決まった相手がいる人が自分とセックスしていることに対する優越感

など、パートナーとの一対一のセックスにはない、さまざまな感情が呼び起こされるでしょう。

また、アダルトビデオや成人向けコミックでは、愛する人が他人とのセックスで快感を得ている状況に主人公が興奮するという「寝取られ(NTR)」ジャンルが人気です。スワッピングではそれに近い経験ができますので、寝取り・寝取られといった現実にはあまりないシチュエーションを体験することも可能になります。

いずれにせよ、普段のセックスでは味わえない非日常の感覚を味わえることがスワッピングの大きなメリットです。

② マンネリが解消できる

どんなカップルでも長く付き合えばマンネリになってしまうのは当然のこと。相手を異性として見られなくなってきた場合やセックスがルーティン化してきたときなど、新しい刺激が欲しいときにもスワッピングが有効です。

スワッピングは通常のセックスと違い、パートナーを客観的に見ることができます。思いもよらないプレイで快感を得ているところや、可愛らしい部分、かっこいい部分が見えたりすることもあるでしょう。相手の新たな一面を知ることで刺激になり、マンネリを解消することができるという良さがあります。

③ お互いの愛情や重要性を確認できる

スワッピング体験をした人の感想で多いのが「相手に対する愛情を確認した」「パートナーの大事さが改めて分かった」というものです。

隣にいるのが当たり前になっている相手であっても、別な相手とセックスしているところを見ることによって「誰かに取られたくない」という気持ちをかき立てられます。パートナー以外の相手と交流することでパートナーの良さを再確認できることもあるでしょう。スワッピングという秘密を共有することで「こんなプレイができるのはこの人だけ」という特別感を得られるという人もいます。

スワッピングのデメリット

スワッピングにはメリットだけでなくデメリットもあります。想定できるデメリットは以下のようなものです。

① 予期せぬ状況や危険な状況になることがある

スワッピングを行った場合、相手によっては

    • 望まないプレイを無理やりさせられる
    • 性感染症などの病気をうつされる
    • 妊娠する
    • 無断で写真や動画を撮られる
    • 金銭を要求される

といったトラブルになることがあります。相手の個人情報が分からなければそのまま泣き寝入りさせられてしまう可能性が高くなりますので、十分に注意が必要です。相手を選ぶ際は特に慎重に行い、信頼できる相手とだけ行為に入ることやコンドームは必ずつけること、気の進まないプレイを要求された場合ははっきり断ることなどを心がけましょう。

② 場合によっては犯罪になる可能性がある

不特定多数の人に見られる状態で性器を露出したりわいせつな行為をしたりすることは、公然わいせつ罪にあたる可能性があります。2組でのスワッピングは微妙なところですが、インターネットなどで相手を募集している場合は「不特定」5~6人以上になると「多数」と見られ、逮捕されてしまうことも十分考えられます。

さらに自分が行為をしていなくても、まわりで公然わいせつ罪にあたる行為がされていた場合は加担したと見なされてしまう可能性もあります。

③ パートナーと気持ちが離れるリスクがある

スワッピングは嫉妬や不安といった感情を増幅させる行為ですが、それが高じるとパートナーとの信頼関係が崩れてしまうこともあります。自分の知らないところで、パートナーがスワッピング相手と浮気をしてしまう可能性もあるでしょう。

信頼できる相手とだけ行為に入ることやコンドームをつけることで危険な状況になるデメリットを軽減することができますが、リスクのあるプレイだということは認識しておいた方が良いでしょう。

スワッピングを実際に体験したい!相手探しはどのように行う?

スワッピングの相手を探している女性

スワッピングを実際に体験したいときは、SNSや出会い系サイト、スワッピング相手を募集する掲示板などのネット環境を利用して探す方法のほか、ハプニングバーやスワッピングパーティで探すこともできます。詳しくみていきましょう。

スワッピング相手を探す

スワッピング相手の探し方はいろいろありますが、

    • TwitterなどのSNS
    • 出会い系サイト
    • スワッピング相手募集の掲示板

といったネットを利用して探す方法のほか、

    • ハプニングバーに行く
    • スワッピングパーティーに参加する

などの方法があります。

ネットを使って相手を探す

ネットを使った方法では、相手を手軽に探せるのが利点です。TwitterなどのSNSでは「#スワッピング」「#他人棒」といったハッシュタグで探せば、スワッピングの相手募集やスワッピングパーティの開催予定などの情報が見つかるでしょう。出会い系サイトでも、サイト内の掲示板やつぶやき欄でスワッピング相手を募集している人がいることがあります。

なるべく手間をかけずにスワッピング相手を探したい時に便利なのが、スワッピング相手を募集する掲示板です。カップルの情報や希望するプレイなどが明記してあることが多く、希望に近い相手を比較的簡単に見つけることができます。

ネットで探す場合は相手がどんな人か分かりにくく、何かあったときに自己責任になってしまうことがほとんどです。そのため、ある程度スワッピングに慣れてきてから利用するのが良いでしょう。また、トラブルを避けるためになるべく相手とコミュニケーションをとって、信頼できると感じた人とだけプレイするのがおすすめです。

ハプニングバーやスワッピングパーティーで探す

ハプニングバーでは初回に身分証明書の提示が必要となるところがほとんどです。トラブルの際に相手の身元を明らかにできる点や、店員さんに相談したり守ってもらったりできる点などから、安全度は比較的高い方法です。

店内でカップルに声をかけて、相手が了承すればプレイルームに移動してスワッピングを開始することになりますが、それまでに相手がバーの中でどういう態度をとっているかを観察できるのも安心材料になるでしょう。

スワッピングパーティに参加したいときは、スワッピングサークルに入ったり主催者にコンタクトを取ったりする必要があります。この場合もサークルや主催者が信頼できるかどうかが重要です。どんな人が主催しているのか、ネットの評判はどうかなどをよく確認した上で、不安があれば別なものを探すのがおすすめです。

スワッピングを行う場所はどんなところがいいか

スワッピングをする際は、犯罪になってしまうのを避ける意味でも、ホテルなどの人目につかないところで行います。2カップルなら、4人で利用できるラブホテルやシティホテルがおすすめです。野外や車の中などの人から見られる可能性がある場所は避けたほうが良いでしょう。

ハプニングバーやスワッピングパーティーなどで出会ったとのスワッピングなら、プレイルームと呼ばれるハプニングバーの個室もおすすめです。人が行き来するホールなどでセックスやそれに類する行為をすると犯罪になってしまう場合がありますので、行為は必ず部屋に入ってから行いましょう。

女性が実際に体験したスワッピング体験談紹介

男性にやきもちを焼かれて嬉しそうな女性

ここまでスワッピングについて説明してきましたが、どんな流れでどんなふうに行うのかは体験した人から実際の様子を聞いてみるのが一番です。

    • ハプニングバーで
    • 友人との夫婦交換セックスで
    • 掲示板でスワッピング相手を募集して

この3つのシチュエーションで、スワッピングを体験した女性の体験談をご紹介します。スワッピングの独特な雰囲気を味わってみてくださいね。

ハプニングバー(ハプバー)でのスワッピング体験談

 

「怖いところじゃないから大丈夫だよ。気が乗らなかったら見るだけとか飲んでるだけでもいいし」

もともとスワッピングが好きだと言っていた彼からそんなふうにハプニングバーに誘われた時は、不安と興味が半々という感じでした。

彼がどうしてもと言うので、嫌だったらすぐに帰るからね!と言って、次のデートのときに彼行きつけのハプニングバーに連れて行ってもらいました。ここでスワッピングをしているとは思えないような普通のバーで、逆にびっくりしました。

入り口で会員登録を済ませて彼とカウンターでお酒を飲んでいると、彼の隣に知り合いらしい男性が座って話しはじめました。

私の隣には男性が連れていた女の子が座って「ハプバー初めてですか?」と笑顔で話しかけてくれます。女の子と話していると彼が「せっかくだしルーム行こうか」と言って、男性カップルと一緒にプレイルーム(個室)に入ることになりました。

男性と彼はあらかじめ打ち合わせをしていたようで、室内に入るとすぐに男性が私を抱きしめてキスをしてきました。楽しそうに女の子に触っている彼にちょっと嫉妬はしましたが、私も女の子とキスをしたり男性から脚の間を触られたりしてどんどん気持ちよくなっていきます。

それまで彼以外の男の人とのセックスは数人としか経験がなかったのですが、男性はとても上手で、愛撫だけでとろとろにされてしまいました。

やる前は、嫉妬して途中で嫌になるかな?と思っていましたが、始まってみるとそこまでではありませんでした。女の子が私に気を使って彼に「彼女の顔見て。感じてるのすごいかわいいよ」とか「彼女あんなに濡らして気持ちよさそう。このままうちの彼に取られちゃうかもよ?」とか話しかけているのが聞こえたせいもあるかもしれません。見られている興奮で、結局中イキまでしてしまいました。

後から彼に「ハプバー初めてだったのに俺以外であんなに感じてた」とやきもちをやかれましたが、それも含めてとても楽しかったです。

夫婦交換でのスワッピング体験談

 

スワッピングのきっかけは、友人夫妻と一緒に旅行をしたときに酔っぱらった友人の旦那さんが私を褒めたことです。「お前の奥さんは肌がきれいでそそられる」と。

それを聞いた夫も「そっちこそきれいな奥さんでうらやましい」と答え、冗談のように「なら今日だけ夫婦交換しようか」という流れになりました。

酒宴が進むにつれて友人が「奥さんだからこんなことしてもいいよね」と夫の頬にキスをしました。それを見た友人の旦那さんが「じゃあ俺も」と隣に座った私の首筋にキスをします。あとはお互い相手に見せつけるように抱き合ったりディープキスをしたり、行為がエスカレートしていきました。

そのうち友人の旦那さんが「もう我慢できないから布団借りるよ」と言い出しました。夫が「じゃあ俺たちはこっちね」と応じると、旦那さんは私の手を引いて隣室へ連れて行きます。照明はつけたまま、ふすまも開けたままなのでお互いにしていることは丸見えです。

浴衣をすべて脱がされ、キスをしながら乳首やクリトリスを愛撫されてつい声が出てしまいました。向こうでも同じように友人が甘い声を上げています。挿入されるときは少しだけ抵抗感がありましたが、それ以上に、愛する夫が友人とセックスしているのを見ながら別な人に抱かれる感覚に興奮してしまいました。

セックス後は気まずくなるかと思いましたが、夫とは普段通りで友人たちとも変わらず仲良しです。スワッピングをしたのはその一度だけですが、機会があればまたしてみたいと思っています。

掲示板で見つけた相手とのスワッピング体験談

 

私たち夫婦はスワッピングが好きで、何度かしたことがあります。相手はいつも夫がスワッピングの掲示板で探してきてくれていますが、気をつけて選んでいるようで怖い思いをしたことはありません。

そのときの相手は車で1時間くらいのところに住んでいるご夫婦でした。先に夫が1週間ほどメールのやり取りをしていたので文面を見せてもらい、私が信頼できそうだと感じたので電話で話して、写真を送りあったのちに会うという流れです。

相手のご夫婦とはいつもホテルのレストランで食事をしてから、気が合うようなら宿泊という形にしています。優しそうなご夫婦で好印象でしたので、泊まりのお誘いもすんなりOKしました。

その日は部屋のお風呂が広かったので、入浴は夫婦でしました。別な人とするために夫とお風呂に入るというシチュエーションに興奮するので、私は好きです。お風呂から出てベッドに向かうと、先にお風呂を済ませていた相手の旦那さまがベッドの中で待っていてくれました。

奥さまはリビングのほうにいらっしゃいましたので、夫はそちらで楽しんでいるようでした。旦那さまは手慣れた様子で私のランジェリーを脱がせて、「綺麗な人で嬉しい」、「あまり我慢できないと思います」と笑いながら胸にキスをしてくれます。

全身を愛撫されながらペニスを撫でていると、隣のベッドで夫と奥さまが行為を始めました。

すぐ横には夫のペニスで絶頂を迎えようとしている女性がいる状態です。そんな中で私は夫に対して(もっと見てほしい)(もっと興奮してほしい)と思いながらセックスを続けました。

夫も同じことを考えているようで、奥さまを気持ちよくさせながらずっとこちらへ視線を向けているのが分かりました。

異常に見えるかもしれませんが、スワッピングをするといつも夫への愛が深まるのを感じます。こんな状況を共有できるのはこの人だけだという特別感があるのかもしれません。いずれにしろ私たち夫婦には、スワッピングはなくてはならないものになっています。

スワッピングについて分かる!ドキドキエッチ漫画を紹介!

漫画でスワッピングを疑似体験したい女性

「スワッピングに興味はあるけれど、夫や彼にそんなことは言えない…」、「体験してみたいけれどちょっと怖い…」。そんなときには、スワッピングを取り上げたエッチな漫画で疑似体験をしてみましょう!

大好きな旦那さまとスワッピングの間で悩んでしまう乙女心を描いたのが「愛があってもスワッピン●なんてできません!」です。

大学の先生・誠志郎さんに猛アタックスの末、ついに結婚した愛生。いつも優しい誠志郎さんですが、ある日突然グループセックス好きを告白されて困惑してしまいます。果たして愛生はスワッピングに挑戦してしまうのでしょうか…?

「交換発情プレイ」は、大好きな彼氏のミキオに「エッチがマンネリすぎて燃えない」と言われてしまったいちごのストーリーです。ミキオのマンネリ打開策はなんとスワッピング。いちごは躊躇しながらも、経験したことのない快感に溺れていってしまいます。

どちらもまるで自分がその場にいるような気持ちになれるエロ漫画です。ぜひ読んでドキドキしてくださいね。

スワッピングで彼と刺激的なエッチを楽しもう!

仲良く抱き合っている男女

スワッピングで最も重要なのは、相手がどういう人なのかしっかり確認してから行うということです。

嫌な思いをしたり危険な目にあったりしないようにというだけでなく、パートナーやスワッピング相手のカップルの言葉やしぐさひとつで楽しくもなり、つまらなくもなります。自分たちカップルと相性のいいカップルを見つけられるかどうかが重要になると言えるでしょう。

スワッピングにはリスクもありますが、ほかのセックスにはない独特の雰囲気を楽しめるプレイでもあります。最初は抵抗感があったけれど一度試したらハマってしまったという人もいますので、少しでも興味があればまずは試してみるのが良いかもしれませんね。


刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
さくらの恋猫GIFバナー

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • フェラのテクニック
    フェラのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほしい...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介

ラブグッズ診断