足ピンオナニーをするとイキにくくなるの?

3

目次

足ピン(脚ピン)オナニーを知っていますか?イクという感覚を覚えるためにはとても有効なオナニー方法である反面、「足ピンオナニーを続けると他の方法ではイケなくなる」という意見を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

足ピンオナニーとは?

足ピンオナニーとは、この両足をピンとまっすぐに伸ばした姿勢でするオナニーのことを言います。

女性のオーガズムは太ももやお尻の筋肉を上手に使うのがポイントとなるため、まだイクことに慣れていない女性にとっては、足ピンオナニーは「まずはイクための第一歩」として有効だと言われています。

そもそも足ピンでイキやすい理由とは?

足ピンオナニーでイキやすい理由は、筋緊張を上手く使えるからという要素が大きいでしょう。

女性のオーガズムは、男性に比べて、内股やお尻の筋肉をうまく使うことで、より到達しやすくなります。そのため、オーガズムに必要な筋肉を鍛えたり、よりオーガズムに達しやすいような筋緊張が得られる体勢をとることで、オーガズムを感じやすくなります。

足ピン(脚ピン)オナニーの正しいやり方

1.足を伸ばす

ベッドにあおむけの姿勢で横になり、両足をやや閉じ気味にまっすぐ伸ばします。

2.快感に合わせて力を入れる

クリトリスやGスポットなどの性感帯を刺激しながら、快感の高まりにあわせて太ももやお尻に力をいれます。お尻の穴をキュッと締めるイメージを持つと分かりやすいでしょう。

3.つま先をピンと伸ばす

オーガズムに到達しそうになったら、つま先をピンと伸ばすようにしてさらに下半身に力をくわえていきます。個人差はありますが、イク直前は一瞬呼吸を止めるという方も多いです。

いきなりオーガズムを目指そうとはせず、「この姿勢のほうがリラックスできる」「ここに力を入れると気持ちよくなる」など自分の体と対話するつもりで試してみて下さいね。

足ピン(脚ピン)するとイキにくくなるの?

「足ピンオナニー」と検索すると、足ピンオナニーをおすすめしない、足ピンオナニーは危険であるなどの情報が多く見受けられます。

確かに、セックスでは足を曲げたり開脚したりしていることがほとんどなので、足ピンが癖づいているとセックス中にイキにくくなってしまうと言われています。しかし、足ピンはオーガズムを得やすい体勢であるため、オーガズムをあまり経験したことがない方が「イクための第一歩」として取り入れるのは有効だと言えるでしょう。

足ピン(脚ピン)以外でもイクためのコツ

コツ1.中イキを覚えよう

まずは、足ピンオナニー以外の方法でイクことを覚えましょう。特に、中イキを覚えることは足ピンをやめる近道になりやすいです。というのもクリイキ(外イキ)だと足ピンになりやすいので、Gスポットやポルチオ性感帯といった膣内にある性感帯を開発して、中イキできるようなることがおすすめです。

性感帯開発には、ラブグッズを使ったオナニーがおすすめです。ラブグッズは性感帯開発に向いているので、足ピンをせずともオーガズムを迎えられるほどに性感帯を磨く練習ができます。

コツ2.イクときだけ足ピンをやめてみよう

オーガズムに達する少し前から下半身をリラックスして足ピンをしない心の準備をしておきましょう。

足を曲げたり開いたりして、いつもと違う姿勢でオーガズムを迎えます。これを繰り返すことで足ピンでも別の姿勢でもオーガズムに達することができるようになるでしょう。

コツ3.オナニー中の姿勢を工夫してみよう

ベッドで仰向けになり一人エッチをするのが癖になっていると、どうしても足ピンオナニーになりがちです。そこで、四つん這いやM字開脚、あぐらなどオナニー中の姿勢を変えてみましょう。

最後に

足ピンに限らずオーガズムを経験してみたい方には、膣トレもおすすめです。

膣トレグッズについても、詳細は下の画像をクリック!

 

人気のコラムカテゴリ

  • masturbation
    ひとりエッチ(オナニー)のやり方や種類、豆知識をご紹介!素敵な「わたし時間」を過ごすために...
  • Reviews
    ラブグッズやひとりエッチ・ラブタイムでのテクニックなどの実体験レポートコラム記事特集♡
  • Sex life
    セックスライフに役立つ情報から豆知識まで♡
  • Sex toys and porn
    女性におすすめAV・ラブグッズ情報。実際に体験したレポートなども更新中♡

さくらの恋猫紹介