寝バックの気持ちいいやり方のコツ!後ろから攻められ中イキする体位【快感スタイル】


正常位や後背位(一般的なバック)に比べると、少し影の薄い「寝バック」。

試したことがある方は多いでしょうが、毎回するかと言われるとそうでもない…というのが、実情かもしれませんね。

ですがこの寝バックが、実は男性、女性ともに高い快感を得られる体位だということはご存知だったでしょうか?

特に女性には、「中イキしやすい体位」として、ひそかに人気なんです!男性にとっては膣の締め付けも強く感じ「中出ししやすい体位」でもあります。

女性の中にも好きな人が多い寝バックを、たまにしかやらないなんてもったいない!この記事では寝バックについて、気持ちいい理由や挿入するときのコツ、注意点などを詳しく説明しています。ぜひ最後まで読んで、パートナーと気持ちよくなってくださいね。

寝バックとは、どんな体位?

寝バックとは、後ろから挿入する「後背位」の一種です。四十八手では「敷き小股」と呼ばれ、うつぶせに寝た状態の女性の上から、男性が覆いかぶさるようにして挿入します。

脚を軽く開いた女性のお尻と太ももの間に、脚を開いた男性がまたがるような形で馬乗りになり、挿入してから女性が脚を閉じてピストンするのが一般的。

他の体位と比べて挿入の深さは若干浅くなりますが、脚を閉じることで強い締め付けを感じられる体位です。

挿入する角度によっては、女性の性感帯のひとつである「Gスポット」や「ポルチオ」を刺激することも可能になります。

女性にとっては中イキしやすく、男性にとっては他の体位とはまた違った快感を得られる、男女ともに人気の体位です。

寝バックが気持ちいい理由(メリット)

寝バックをする際に、男女それぞれの視点から見たメリットを挙げてみました。もちろん個人差はありますが、寝バックは男女ともにメリットの多い体位になっています。


寝バックが気持ちい理由

男性側の寝バックをするメリット

男性側から見た寝バックのメリットは、

  • 強い締め付け感、ざらざら感
  • 体に負担がかかりにくい
  • 密着感がある
  • 征服感がある
  • 女性のお尻のエロい感触が楽しめる

このような点です。

寝バックの大きな特徴は、女性がイったときのような強い締め付け感
先端部分が、女性の膣内天井部分にあたりますので、ざらざらとした感触が楽しめることもメリットです。

刺激が強い反面、女性が動きにくいという特徴がありますので、射精のコントロールをしやすい体位でもあります。

意図しない射精を防ぐためには、ストロークをゆっくりにして調整しましょう。

また、他の体位に比べて、膝や腰にかかる負担が少なく、比較的長い時間、楽に続けられるという特徴も。
女性をペニスで中イキさせる時には長時間の挿入が不可欠ですから、そういう意味でも、体に負担がかからないのはかなりのメリットですよね。

うつぶせになった女性に体を添わせれば、お互いの感触が伝わる穏やかな体位になり、男性が上半身を立てれば、女性を見下ろすサディスティックな体位になりますので、変化をつけやすいのもポイントでしょう。

さらに、女性のお尻を眺めながら突きあげる、スパンキングなどでお尻を刺激するなどしながら、ペニスにはお尻や太ももの柔らかな感触を感じることができますので、お尻フェチの男性にはぴったりの体位になっています。

女性側の寝バックをするメリット

  • 中イキしやすい
  • 体に負担がかかりにくい
  • 密着感がある
  • 同時に胸や背中を刺激することができる

女性側の寝バックをするメリットは、以上のようなものになります。

寝バックは中イキしやすいのが最大の特徴。
中イキはクリトリスへの刺激と違い、下半身全体に深く大きな快感を得られますが、コツをつかむまでは難しいものです。

寝バックをするときは後ろから、女性のお腹に向かって挿入することになりますので、Gスポットを刺激しやすく、また、脚を閉じた状態は力が入れやすいため、さらにイキやすくすることができます。

また、寝バック中の女性は基本的にうつぶせで寝ている状態ですので、体に負担がかかりにくいというメリットも。

男性が体を前に倒せば、後ろからぎゅっと抱きしめられるような密着感や安心感がありながら、胸や背中を刺激することも可能です。

セックスで愛情を感じたい女性から、二点責めや三点責めが好きな女性まで、体勢に合わせて雰囲気を変えられる汎用性の高い体位と言えそうですね!

寝バックでの挿入のコツとやり方


寝バックが気持ちい理由
 

では、実際に寝バックをするときのコツとやり方を見てみましょう。

寝バックにはいろいろなバリエーションがありますが、今回は最もベーシックな「脚を閉じた状態の女性に覆いかぶさって挿入する」寝バックのやり方をご紹介します。

①女性は脚を軽く開いて、ベッドにうつ伏せの状態になる

このときの脚の角度は30~45度くらいと言われますが、セックスをしている最中には、そんなことを考える余裕がないときもあります。男性が間に入りやすい程度に軽く開く、という感覚で良いでしょう。

②男性が女性のお尻と太ももの間に馬乗りのような状態でまたがる

体重を女性にかけすぎないように、膝や手をベッドについて、なるべく自分で支えるようにするのがポイントです。

③そのまま挿入する

挿入しにくい場合は、女性のお腹の下に枕やクッションなどを入れて高さを調整すると、挿入しやすく、さらに抜けにくくなります。

慣れないときは、アナルに入れないように注意してください。

④男性が体をやや前に倒した状態でピストンする

最初から激しくしすぎると、女性が痛がることやペニスが抜けてしまうことがありますので、最初はゆっくり、様子を見ながら徐々に激しく動かすようにしましょう。

寝バックは浅めの挿入になりやすい体位ですが、男性のサイズや角度、女性の膣の位置などによっては、深く入ってしまうこともあります。

特に初めてするときは女性の様子をよく観察して、痛がったり辛そうにしたりするようなら、ゆっくり動いたり、違う体位にしたりするのが良いですね。

寝バックへの流れとバリエーション


寝バックでイキやすくする方法の画像
いくら寝バックが人気の体位と言っても、実際にセックスをするときは、最初から最後まで寝バックしかしないということはありません。

直前の体位によっては、寝バックへの流れがスムーズにいかず、女性を冷めさせてしまうことも。

では、どの体位から寝バックに移行すれば、すんなりと進めることができるのでしょうか?

寝バックをするときにおすすめの流れや、好みの体勢を探す上で重要な寝バックのバリエーションについてまとめました。

スムーズに寝バックに移行するには

寝バックをするときは、女性を四つん這いにして後ろから挿入する「後背位」(バック)になった後、そこから崩していくのがスムーズ。

後背位から女性が体を前に倒し、男性が軽く体重をかけるような形でうつぶせにして、そこから脚を閉じさせてまたがり、寝バックにするのが一般的です。

後背位からの流れに飽きたら、側位からの寝バックもおすすめ。

女性が横向きになり、男性が上になったほうの足を持ち上げて挿入すれば「松葉崩し」と呼ばれる側位になります。

ここから女性をうつぶせの状態にしつつ足を閉じさせ、男性がまたがれば、寝バックの体勢に。
女性の脚の下から男性の脚を抜いてまたがるという動作になりますが、慣れればスムーズにできるようになるでしょう。

反対に寝バックから体位を変えるときは、男性が女性の脚の間に入り、腰を引くような形で後ろに下がれば、後背位にすることができます。

いつも同じ手順で体位を変えていると飽きてしまいますので、マンネリを防ぐためにも、いろいろな体位からの寝バックを試して、自分のやりやすい流れを探してみるのが良いでしょう。

寝バックのバリエーション

女性にまたがる体勢になる寝バックは、なかなかバリエーションをつけにくい体位のように思われがちですが、そんなことはありません。

男性側の上半身の角度や動き方によって、違う刺激を女性に与えることも可能です。

男女ともに人気が高いのは、うつぶせに寝た女性のお尻と太ももの間に男性がまたがり、上半身を起こした状態でピストンする方法です。
寝バックと聞くと、これを想像する人が多いかもしれません。

この体勢ではペニスを比較的奥まで挿入することができますので、フィニッシュや、女性のGスポットを責めたい時にも向いています。

早漏ぎみの男性におすすめなのが、上半身を女性に密着させた状態でピストンする方法。

あまり激しい動きはできませんが、お互いの体の温かさや圧迫感からくる快感を得ることができます。
挿入しながら女性の胸や首筋を愛撫することもできますので、休憩や射精のコントロール時に適しているでしょう。

また、寝バックのバリエーションには、うつぶせに寝た状態の女性が脚を広げ、男性がその間から足を閉じた状態でペニスを挿入し、女性に密着しながらピストンする方法もあります。

男性が脚を開いてまたがる寝バックに比べて、挿入は深くなりますが、内部の圧迫感は少なく、また、激しい動きにも適していません。
「寝バックの密着感は好きだが、もっと締め付けがゆるいほうが良い」
というときや、早漏ぎみの男性なら、試してほしい体位です。

上半身の角度や挿入する位置を変えながら、より気持ちいい部分を探してみるのが良いでしょう。

寝バックでイク方法(オーガズム)

寝バックでフィニッシュしたいときは、以下のような点に気をつけると、オーガズムを得やすくなります。
男性、女性それぞれの視点でまとめてみました。

男性が寝バックでイキやすくなる方法

寝バックのポイントは「圧迫感」
ぎゅっと締め付けられるような感覚がポイントになります。

女性の脚はしっかり閉じさせ、男性が自分の太ももで女性の太ももをぎゅっと締めるようにすると、ペニスの付け根部分への締め付け感がさらにアップします。

激しく動かしたいときや、征服感を得たいときは上半身を床と垂直に。
反対に女性の体の感触を楽しみながら挿入するのが興奮する場合は、床と並行にするようにして女性に密着して行うなど、自分の好みに合わせて体勢を変えて行うのも、イキやすくなるコツです。

女性が寝バックでイキやすくなる方法

寝バックで女性を中イキさせるポイントは「Gスポット」を的確に刺激すること。
Gスポットは、膣口から指を第二関節まで入れてお腹側に曲げたあたり、恥骨の裏側のざらざらした部分にあります。


寝バックでイキやすくする方法の画像
出典:ラブコスメ
 

まず挿入したら、ペニスの角度が下向きになるように体の角度を調整して、女性のお腹側に先端が当たるようにして刺激しましょう。
このときに激しくすると、特に中イキに慣れていない女性は痛がることも多いですので、最初はゆっくりめに動かすようにします。

Gスポットの位置は人によって違いますので、少しずつ位置をずらしながら刺激して、女性の反応を観察するのが重要です。

とはいえ、なかなか反応だけで見極めるのは難しいですから、よく分からなければ「どこが気持ちいい?」と聞きながら、当てる場所を変えていくのもいいでしょう。

Gスポットを見つけたら、あとはそこをひたすら突くだけですが、この時注意するのは、女性から要望があるまでは強さや速さを変えないことです。

Gスポットはクリトリスと違い、強い刺激より、同じ刺激を淡々と続けるほうがイキやすくなる傾向があります。

もちろん、女性のオーガズムが近くなって、スピード感を求めるようになったら、激しくしても大丈夫。
Gスポットを刺激しながら、余裕があれば胸やお尻、クリトリスへの愛撫を加えることで、快感をさらに増幅させることができます。

また、寝バックでは膣の最奥の性感帯である「ポルチオ」を刺激することも可能です。挿入の際に先端が膣の奥に当たる感覚があれば、そこを優しくリズミカルに刺激してみましょう。

ポルチオでのオーガズムは女性が得られる中でも最大級と言われていますので、うまくいけば、過去最高の快感を味わうことができるかもしれません。

ですが、ポルチオへの刺激は男性の角度やサイズ、女性の膣の位置によっては難しくなることもあります。

Gスポットへの刺激なら、サイズに自信がない男性にもやりやすくなっていますので、せっかく寝バックをするならぜひ試してみましょう!

寝バックする際の注意点(痛いなど)


寝バックする際の注意点
寝バックをする際に注意しなければならないのは、

  • 体を密着させた状態で激しくすると抜ける場合がある
  • ちならが出てしまうかもしれない
  • 男性の自由度が少ないため、不意の生中出しには注意が必要
  • アナルへ挿入しないように気をつける必要がある

という四点。

寝バックは挿入が浅い体位ですので、特にサイズに自信のない男性は、ゆっくり行うのが良いでしょう。

ちならはバックで出やすいものですが、寝バックでも同様になります。注意のしようがありませんが、心の準備だけでもしておいた方がいいですね。

男性は寝バックのままフィニッシュを迎えると、体勢の自由度が低いためにゴムなしだと中出しされる可能性が高まるので注意が必要になります。

また、寝バックでは間違ってアナルに挿入してしまうことも多くなります。

激しくピストンしている時にペニスがアナルに入ると、未開発の女性には非常に痛いものです。
抜けそうだと思ったら動きを抑えたり、枕やクッションを女性の腰の下に敷いたりして、アナルに入れてしまわないように最大限の注意が必要です。

挿入の方法を工夫したり体勢を少し変えながら試したりしても、うまく入らない、すぐに抜けてしまう、気持ちよくないなどはどの体位でもあります。

どうしても難しい場合は、「自分とパートナーにはこの体位は合わない」と割り切って、二人で気持ち良くなれる体位を探すようにしましょう。

寝バックのまとめ

男性には強い締め付け感があり、女性は中イキしやすいのが、寝バックの最大の特徴。

激しくすればフィニッシュに、ストロークをゆっくりにすれば調整にも使え、さらに姿勢を変えることで征服欲を満たすことも、密着して愛情たっぷりにすることも可能という、まさに万能な体位です。

メインで使う体位にはならないかもしれませんが、マスターしておけばセックスの幅がぐっと広がることは間違いありません。ぜひ今日から、試してみてくださいね!

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介