女性の本気汁とは?愛液や潮吹きとの違いって?セックスやオナニーで出す方法【快感スタイル】

本気汁とは何か考えている女性

目次

女性は性的に興奮すると膣から「本気汁(バルトリン腺液)」を出します。エッチのときによく「濡れている」という表現を使うことがありますが、この大部分は本気汁によるものです。

無意識のうちに出るものですからあまり見向きされませんが、実は本気汁には日々のオナニーやセックスをより良いものにするための重要な役割・メリットがありました。

そこで「そもそも本気汁とは何なのか?」「成分や粘度は?」「愛液や潮吹きなどとの違いは?」など、本気汁にまつわるさまざまな情報をお届けします

また女性の中には本気汁の量が少なく、膣があまり濡れないことに悩んでいる方もいます。そのような方に向けて、オナニーで本気汁の量を増やすための方法についてもご紹介していきます。

本気汁とは?

本気汁が出る仕組みについて知りたい女性

本気汁とは「本気で興奮した時に出る愛液」の略語で、女性が性的興奮を感じた時に膣から漏れる体液の俗称です。正式名称は「バルトリン腺液」と言い、膣の入り口の左右に1つずつあるバルトリン腺から分泌されます。このバルトリン腺は男性でいうスキーン腺ですので、女性の本気汁は男性で言うところの「我慢汁(スキーン腺液)」と言えます。

本気汁の特徴

本気汁は無色透明のトロトロした粘液体ですが、エッチの時には指や男性器、ラブグッズなどさまざまなものでかき混ぜられることから、空気を含んで白く濁って見えることがあります

また成分はほとんど水分で無臭ではありますが、アルカリ性のため人によって独特の味がします。(本来、膣は酸性でやや酸っぱい味がします。)

本気汁と愛液・潮吹き・オリモノとの違いと見分け方

本気汁に似た言葉として「愛液」「潮吹き」「オリモノ」などがあります。何となく同じものとして扱われがちですが、実はこれらはすべて違うものです。以下にそれぞれの分泌液の正体をまとめておきます。また、それぞれの分泌液と本気汁の違いを詳しく確認しておきましょう。

本気汁と愛液との違い

愛液(ラブジュース)とは、エッチで興奮した時に膣から出る膣分泌液の総称です。本来はトロトロとした透明な粘液体ですが、指や男性器などでかき混ぜられることで白く濁ることもあります。また、無味無臭の液体ですが、体調などにより味などが変わると言われています。

愛液と本気汁はエッチ中に分泌されるものですので同じものだと思うかもしれませんが、愛液にはバルトリン腺液・スキーン腺液・子宮頚管粘液などさまざまな分泌液が含まれます。そのため、愛液の一部に本気汁(バルトリン腺液)が含まれていると考えると分かりやすいでしょう。

本気汁と潮吹きとの違い

潮吹きの正体には諸説ありますが、一般的には尿道から排出される「尿(おしっこ)」と同じものだと考えられています。ただし、尿失禁とは異なる現象として区別されています。また、中には膣壁の上側にあるスキーン腺から分泌される「スキーン腺液」という説もあります。

潮吹きの潮と本気汁の違いは明白で、分泌される器官も分泌物も全く異なります。そのため、潮と本気汁は別物であると思っておいて良いでしょう。

本気汁とおりものとの違い

オリモノとは子宮内膜や子宮頚部などから分泌される体液の総称です。性的興奮とは関係なく平常時(非セックス時)に分泌される体液で、主に膣内の潤いを保ったり、細菌の侵入を防いだりする働きがあります。また、排卵期には精子を受け入れやすくするという役割も持っています。

オリモノと本気汁の違いも明白で、分泌される器官と分泌物が全く異なります。また、分泌されるタイミングも違っています。そのため、オリモノと本気汁も違うものだと覚えておきましょう。

本気汁とおりものとの違い

本気汁と他の体液の違いについて考えている女性

オナニーやセックスなどをしているとき、女性は無意識のうちに本気汁を出しています。しかし実際にはどのようなタイミングや状況で分泌されるのでしょうか。本気汁の役割や分泌のメカニズムについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

本気汁の役割

本気汁の役割は大まかに言うと「子作りをスムーズに行うため」で、具体的には次の2つが挙げられます。

  • 男性器をスムーズに挿入できるようにするため
  • 精子を生きたまま子宮に届けるため

一般的に、セックスのときは愛撫などで膣を十分に濡らした後に男性器を挿入します。これは本気汁を潤滑剤のように使っているためです。濡れていない状態で挿入すると擦れて痛いですし、膣を傷付けてしまうこともあります。

また膣内は通常、乳酸菌などの成分によって酸性に保たれています。これは膣内に入り込んできた雑菌などを殺菌するための仕組みなのですが、同時に子どもを作るために必要な精子も殺してしまうことに……。

膣内の成分によって精子が死んでしまうことを防ぐのも、本気汁の役割です。本気汁はアルカリ性の液体で膣内を中和することができ、精子を生きたまま子宮に届けられるようになります。妊活している女性にとっては非常に大切な役割です。

なお、これら2つの役割については、男性器が射精の前に分泌する「我慢汁」も同じ機能を持っているとされています。

本気汁が出るタイミング

本気汁が多く分泌されるタイミングは、一般的には女性が性的に興奮した時です。女性自身が「濡れている」と感じているなら、本気汁が出ていると言って良いでしょう。

「性的に興奮したとき」と言うとオナニーやセックスのときばかりを思い浮かべがちですが、実際のところは必ずしもそうとは限りません。例えば、エッチな妄想をしている時、男性と手をつないだりキスしたりしている時などでも本気汁が出る場合があります。

本気汁の量

本気汁の分泌量には個人差があり、人によって出やすい・出にくいがあります。多い人だとちょっとエッチな妄想をするだけで滴るぐらい出てしまうことがありますし、少ない人だとオナニーやセックスの最中でもまったく濡れないことがあります。

また、本気汁の分泌量にはその時の体調なども関係します。本気汁が極端に少ないとセックスで支障を来すこともありますが、生活習慣や精神状態が関係していることも多く改善できる場合もあると言います。

本気汁が多いことのメリット・デメリット

本気汁の役割やメリットデメリットが気になる女性

続いては本気汁が多く分泌されるメリット・デメリットを紹介します。なお、基本的に本気汁は愛液の一種ですので、愛液が多く分泌されるメリットとデメリットとほとんど同じです。それでは本気汁のメリット・デメリットを確認していきましょう。

本気汁のメリット:本気で感じているという合図になる

本気汁が多いと、彼が喜んでくれる可能性が高くなります。多くの男性は「濡れている=感じている」と思っていますので、本気汁が多くて濡れているだけで「今、女性は感じている」と男性は考えるでしょう。また、膣が濡れれば、女性も「今気持ち良いのかも…」と気づくことができます。このように本気汁には、女性の快感度合いを表すようなサインの役目があります。

本気汁のメリット:自分で感じてくれている、と彼が喜ぶ

ほとんどの男性は、セックスで感じてくれない女性よりも、しっかりと感じてくれる女性のほうが好きです。自分の行為で気持ちよくなってくれることがうれしいですし、女性を満足させられるだけのテクニックを持っているという自尊心も満たされます

本気汁のメリット:お互いに気持ちいい

本気汁などの愛液には潤滑剤としての役割がありますので、本気汁が多ければ男性も女性もセックス中に動きやすくなります。また、ピストンなどの刺激が快感として伝わりやすくもなります。そのため、本気汁にはお互いに気持ちよくなれるというメリットがあると言えます。

本気汁のデメリット:シーツや下着を汚してしまう

本気汁が多いと、例えばセックス中にシーツや下着を汚してしまうこともあります。シーツの汚れが気になるなら、ベッドにバスタオルを敷く、お風呂場やラブホテルでエッチをするなどの対策はすると良いでしょう。また、下着に関しては、替えの下着などを用意しておきましょう。

本気汁のデメリット:ペニスが抜けやすくなる

本気汁の量が多いと、今度は抜けやすくなってしまうことがあります。例えば正常位や騎乗位などは深くまで挿入できるためあまり問題になりませんが、側位や寝バックなどは挿入が浅いため抜けやすいことがあるようです。できれば深くまで挿入できる体位にすると良いでしょう。

本気汁が出やすくなる方法

エッチの時に本気汁(愛液)がしっかり分泌されるようになれば、感度も上がりますしパートナーの男性も喜びます。そこで本気汁の分泌量を増やすために以下のような方法を試してみましょう。なお、本気汁の分泌量には体質なども関係しますので無理をせずに行いましょう。

リラックス出来る環境を作る

リラックスしてオナニーをする女性

本気汁の分泌量を増やしたいなら、できるだけリラックスするのがポイントです。緊張していたり、不安やストレスを抱えていたりすると本気汁が出にくくなります。リラックスするためには環境面を整えるのが重要で、例えば、家族のいない場所で行う他の用事を先に済ませておくなどがあります。他にもアロマを焚いたり、音楽を流したりするなどもあります。

時間をかけて心身を興奮させる

環境面を整えたら、じっくりと時間をかけて興奮を高めていきましょう。オナニーの時でも、セックスの時でも丁寧に乳首やクリトリスなどを責めて快感を高めるのが重要です。また、セックスで彼がすぐに挿入したがるなら、ラブグッズを使う、ソフトSMを取り入れるなど愛撫のパターンを増やして前戯に時間をかけると良いでしょう。

ラブグッズを試してみる

よりオナニーやセックスで気持ち良くなりたいなら、ラブグッズを試してみましょう。定番のラブグッズにはローター・バイブ・電マなどがあります。それぞれ特徴が異なりますので、違った快感を楽しむことができます。また、セックス中にラブグッズを使ってもらえば、前戯の時間を長くすることも可能です。サイズや機能も様々ですので、興味があるものから試してみましょう。

濡れにくい場合は体質改善を

上記のようなことを試しても、体質などによっては濡れにくいこともあります。体質の改善にはさまざまなことが含まれますが、基本的には栄養をしっかり摂る、夜にしっかり寝る、ストレスをため込まないなどが重要です。これらに気を付けることで女性ホルモンのバランスが整うと言います。不規則な生活を送っている方は、少しだけ生活習慣に気を付けてみましょう。

「濡れにくい」ことにお悩みの方におすすめの記事を紹介

本気汁のまとめ

本気汁について理解したことで男性とさらに仲を深めている様子の女性

本気汁は性的に興奮したときに分泌される粘液体で、エッチをより気持ちよくする、妊活をサポートする、男性が喜ぶなどさまざまなメリットがあります。

普通であればエッチをしているときに自然と分泌されているものですが、人によっては量が少ないことも。そのような女性はぜひとも改善して、日々の性生活をより良いものにしていきましょう。


刺激的なひとりエッチを楽しみたい!
さくらの恋猫GIFバナー



今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • フェラのテクニック
    フェラのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほしい...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集

さくらの恋猫紹介