対面立位を極めてどこでもセックス!立ったまま挿入する立位のコツも紹介【快感スタイル】

目次
無料でエッチな女性向け動画が観れる「快感スタイル」
快感スタイル動画PR枠

対面立位は、男性と女性が立ったまま向かい合った状態で行うセックス体位です。海外のドラマや映画では激しいラブシーンによく使われている体位ですので、「見たことある!」と思う方も多いかもしれませんね。

対面立位は、同じ立位である「背面立位(立ちバック)」に比べて挿入や動きにコツがいりますので、やや上級者向けになります。段差や靴などを利用して身長差を減らしたり、女性の体を安定させやすい工夫をしたりするなど、ポイントを押さえることでよりスムーズに行うことができます。

ベッド以外の場所でもセックスができバリエーションも豊富ですので、マンネリ防止に役立つのが大きなメリットです。お互いに顔を見ながらキスをしたりギュッと抱きしめあったりすることも可能で、精神的な満足感を得やすい体位でもあります。

実際にどんなふうに行うのか、対面立位でどんな快感が得られるのか、詳しく知りたい方には画像や体験談のご紹介もしていますのでぜひチェックしてみてくださいね。

対面体位とはどんな体位?

対面立位をしている男女のイラスト

対面立位は、セックス時に男性と女性が向かい合って立ったまま挿入する体位のこと。男女両方が立った状態で結合する「立位」のうちのひとつになります。

立位には、大きく分けると「対面立位」と「背面立位」の2種類があります。背面立位は「立ちバック」とも呼ばれ、比較的行われやすい体位です。「対面立位はやったことがないけれど、背面立位は試したことがある」という方も多いかもしれませんね。

対面立位は背面立位に比べるとピストンがしにくく、特に男女の身長差がある場合や、男性のサイズ、女性の膣の位置によっては挿入の難易度も高くなる体位。ですが、相手との密着度が高く、ハグやキスをしながらのプレイでお互いの愛情を実感しやすい体位でもあります。

立っておこなう体位のためベッドが必要ないという特徴もありますので、いつもと違う場所で乱れるパートナーを見たいという方にもおすすめです。

対面立位にはさまざまなバリエーションがありますので、いろいろな体勢を試して自分に合ったものを見つけるのが良いでしょう。

具体的なやり方とコツをご紹介しましょう。

対面立位の方法とコツとは

対面立位

実際に対面立位を行うときの簡単な流れは、

1.行う場所が安全かどうかの確認
2.キスやハグ、上半身への愛撫で興奮度を高める
3.女性は足を開き、男性は下から斜め前に向けて挿入
4.女性が足を閉じてペニスを抜き差しする

このようになります。

うまくいかないときは、滑りにくい安定した場所で行う、女性の足を片方だけ上げる、女性の背中を壁につけて行うなど、女性の体のバランスを保つことを意識すると成功しやすくなりますので試してみてくださいね。

対面立位の具体的なやり方とスムーズな流れ

向かい合って抱き合っている男女

まずその場所が安全かどうかを確認することから始めます。対面立位は滑りやすいお風呂場や、柔らかいベッドの上は向かない体位になります。転んでケガをすることのないよう十分に注意しましょう。

対面立位はすぐに挿入したくなったときに利用しやすいように感じますが、上手に行うポイントは女性が興奮して濡れている状態を維持することです。挿入前にキスやハグ、上半身への愛撫でお互いの気持ちをしっかり高めておくことで、その後の流れがスムーズになります。

挿入する際は、女性が立った状態で足を開き、腰を軽く前に突き出すようにします。男性は女性の腰を押さえながら、膣の下から斜め前に向けて挿入するイメージで行うと入りやすくなります。奥まで入ったら女性は足を閉じ、男性はピストンを開始します。

男性と女性に身長差がある場合は、低いほうが背伸びをしながら、高いほうが軽く腰を落とした姿勢を取るのが基本。背が低い女性の場合、靴を履いてもよい環境であればヒールを履くのもおすすめです。

反対に女性のほうが男性よりかなり身長が高い場合は階段などの段差を利用する方法もありますが、挿入の難易度がかなり高くなります。できたとしてもお互いにきつい体勢になりますので、あまり長時間は行わずに他の体位に移行するのが良いでしょう。

対面立位のコツ!場所選びと女性の体勢の安定がポイント

対面立位をしている男女

対面立位をやりやすくするコツは、

  • 男性が足を踏ん張りやすい場所で行うこと
  • 女性が背中を壁にして行うこと

この2点です。

対面立位は、基本的に女性が男性に体重を預けるような形で行います。このため、できるだけ女性の体勢を安定させることで、途中で抜けてしまったりバランスを崩してしまったりといったトラブルを減らすことができます。

まずポイントになるのが、不安定な場所や滑りやすい場所は避けて男性が足に力を入れやすい場所で行うこと。女性の体重を支えやすく、ピストン運動もしやすくなります。

また、女性が壁に背中をつけた状態で行うことで、男性の負荷を分散させ転んでしまう危険も防止できます。強引にセックスを迫られているような感覚を得ることもできますので、S男性やM女性には精神的に興奮するというメリットもあるでしょう。

対面立位のバリエーションはとても豊富

男女ともに立った状態で挿入する対面立位ですが、実はとてもバリエーションが豊富な体位でもあります。

主な対面立位の派生体位は、

  • 対面片足上げ立位
  • Y字片足上げ対面立位
  • 駅弁
  • 対面両足上げ立位
  • 腰吊位
  • テーブル屈曲立位
  • 背面立位

などです。基本の対面立位から片足を上げるのが「対面片足上げ立位」「Y字片足上げ対面立位」、両足を上げると「駅弁」「対面両足上げ立位」になります。

「腰吊位」「テーブル屈曲立位」は女性が前後どちらかに体を曲げた状態で男性が立ち、「背面立位」は男女が立った状態で女性の後ろから挿入する体位です。

オーソドックスなものからアクロバティックなものまでさまざまですが、挿入の角度や位置が変わることで、新たな快感を得ることが可能になります。詳しく説明しましょう。

対面片足上げ立位・Y字片足上げ対面立位

対面片足上げ立位をしている男女

四十八手では「鯉の滝登り」「立ち鼎(たちかなえ)」などと呼ばれているのが対面片足上げ立位です。男性と女性が向かい合い、女性が片足を上げて、男性が上げた足を手で支えながら挿入する方法になります。

対面立位の中では比較的挿入しやすく動きやすいという特徴があり、結合部分が見えることで興奮度も高い体位。対面立位に慣れていない場合は、まずこれに挑戦するのがおすすめです。

対面片足上げ立位の状態から、女性が上げた足をピンと伸ばし、Y字バランスの状態にして挿入するのがY字片足上げ対面立位です。伸ばした足は男性に支えてもらうか、女性が自分で支えます。股関節の柔らかさが必要ですので、女性の体が硬い場合は難しいかもしれません。

駅弁・対面両足上げ立位

対面両足上げ立位をしている男女

男性が女性の膝またはお尻を抱えて持ち上げた状態で結合する体位が「駅弁」で、四十八手では「櫓立ち(やぐらだち)」と呼ばれます。駅弁は女性が男性の腕に足を絡めた状態で行いますが、同じように男性が女性を抱えて、女性が男性の腰や下半身に足を絡めると「対面両足上げ立位」になります。

どちらもAVなどではよく見られますが、男性は腕で女性の全体重を支えなければなりませんし、女性も男性にしがみついて挿入位置がずれないようにしておく必要がありますので、練習や慣れが必要な体位です。

腰吊位(こしつりい)

腰吊位をしている男女

「腰吊位」は、ブリッジをするように後ろにのけぞった女性に、立った状態の男性が挿入する体位です。女性は腕か頭に体重のほとんどがかかることになり、男性も女性が転ばないように支えなければなりませんので、男女ともに辛い体勢になります。

慣れないうちは、ベッドやソファなどの段差に女性が頭や腕を乗せて行うと良いでしょう。難しい体位ですが、その分、できたときの達成感もひとしおです!

テーブル屈曲立位

テーブル屈曲立位をしている男女

女性がエビのように体を曲げた状態で行う体位を「屈曲位」と言いますが、屈曲位と立位を合わせると「テーブル屈曲立位」になります。テーブルや机などの上に寝たまま足を上げた状態の女性に、立っている男性が挿入する体位です。ペニスを奥まで挿入することができ、男女ともに体への負担が少なくなりますので、快感を得やすいのが特徴です。

挿入時のコツは、テーブルの端から女性のお尻がすこしはみ出るようにすること。また、硬い机の上で行うときは背中やお尻が痛くなりますので、クッションなどを敷いてカバーするのがおすすめです。

背面立位(立ちバック)

立ちバックをしている男女

対面立位と同じく男女ともに立った状態で、女性が男性に背中を向けて行うのが「背面立位(立ちバック)」。四十八手では「後ろ櫓(うしろやぐら)」と呼ばれています。

男女ともに興奮度が高く、中イキもしやすいと言われる体位ですが、対面立位と同じく、男性のサイズや身長差などによっては行うのが難しくなります。

対面立位のメリット・デメリット

対面立位の最大のメリットは、場所を選ばずにセックスができることです!

ベッドまで待てないほど強く求められるのは嬉しいと感じる女性も多いでしょうし、いつもはしない場所でのセックスはマンネリ防止にもなります。

窓際や玄関など、他の人に見られるかもしれないというシチュエーションに興奮してしまうかもしれませんね。

対面立位は他の体位と比べて可動範囲が広く、体勢を少し変えるだけでさまざまなバリエーションを試すことができる点も快感アップにつながります。

ベーシックな対面立位の状態では挿入が浅くなります。刺激は強くなり過ぎませんので、早漏の男性にもおすすめです。

挿入が浅いということは「抜けやすくなる可能性が高い」というデメリットにもなりますので、その点は注意が必要になります。男女の身長差が大きい場合には難しい体位でもありますので、そこもデメリットと言えそうですね。

ここまで対面立位について詳しく解説してきましたが、実際にどうするのか知りたい!と思われた方も多いでしょう。そんな時には、対面立位をしている画像や、試したときの体験談を聞いてみるのがおすすめです。

対面立位でセックスをしているとき、どのように気持ちよくなるのかがよく分かる体験談をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

女性が体験した対面立位の体験談をご紹介!

ここでは、実際にプライベートSEXで対面立位を体験した方のエピソードをご紹介しましょう。さまざまなシチュエーションでの体験、ドキドキしてくるものがありますね!

窓から見られそうなスリルと複数責めに興奮!私の対面立位体験談1

男女が向かい合って見つめている様子

その日は付き合った記念日で、ディナー後に彼が予約してくれたホテルでお泊まりでした。お部屋は12階で、カーテンを開けると右側には夜景、左側には向かいのホテルが見えています。窓の外を眺めていると、ぱちんと電気が消されて部屋の中は月明かりだけになりました。

後ろを振り向くと、近寄ってきた彼が私を抱きしめて優しくキスをしてくれました。服を脱がせながら耳や首すじ、肩、胸とゆっくりキスを続けていきます。最初はくすぐったいよーなんて笑っていた私も、唇が乳首に触れた瞬間に思わず甘い声が出てしまいました。

いつの間にか裸にされ、乳首を舐めながらクリトリスを指で擦られて、喘ぎ声が止まらない私。「エッチなことしてるの、向こうの部屋から見えちゃうね」という彼の言葉にドキッとしたのもあって、あっという間にイッてしまいました。

そんな私を見て彼も入れたくなったようで、すぐに服を脱いで、片手で私の腰を押さえながら入れてきました。立ったままのセックスは初めてだったので、このままするの!?とびっくりしたのを覚えています。私は彼よりかなり背が低いのですが、このときはハイヒールを履いていたのと普段より濡れていたので、するっと入りました。

「見られるのが興奮するの?いつもより濡れてる」と意地悪な声で言われながら両方の乳首を指で刺激され、下からゆっくり突き上げられる合間にキスをされます。足を軽く開いて腰を前に出すようにすると彼のあそこの付け根がクリトリスに当たるのが分かって、腰が勝手に動いていました。

乳首とクリトリスと膣内を同時に刺激され、窓に背中を向けているとはいえ、誰かに見られるかもしれない恥ずかしさと気持ちよさで、これ以上ないほど興奮しています。「もうだめ、イキそう」と言うと、彼も「じゃあ一緒にイこう」と、キスをしながら腰を動かして、一緒にイッてくれました。

力が抜けてその場にへたりこんだ私をベッドまで連れて行ってくれ、ハグをしながら「すごくかわいかった。気持ちよかったよ」と言ってくれたのがとても嬉しかったです。対面立位は初めてでしたが、はまってしまいそうです。

洗面所で鏡を見ながら…私の対面立位体験談2

脱衣所で男女が手を絡ませている様子

私も彼も仕事で疲れていることが多いので、デートはいつもラブホテルでまったりです。

つい先日も、ラブホの大きいお風呂に浸かりながら、お互いにマッサージしたり、会えない間にあったことを話したりしていました。

なんとなく会話が途切れたときに彼が、おいで、って言うので、近寄って抱きついたらキスしてくれました。

バスタブの中で彼の膝に乗って(対面座位のような感じです)、エッチなキスを続けていると、彼のアソコが大きくなってきたので、私のアソコを当てるようにしてイタズラしてみたり。その時は私もすごく濡れていて、お湯の中でもヌルヌルしているのが分かるくらいでした。

入れていい?って聞かれましたが、お風呂の中では嫌だったので、ここじゃダメ、と答えたら、じゃあ後で、と彼が先に浴室から出ました。

シャワーで体を流してから脱衣所に出ると、彼がタオルで私の髪と体をわしゃわしゃ拭いてくれます。普段はそういうことはしないので、どうしたんだろうと思っていたら、そのまま脱衣所の壁に私を押し付けるようにしてキスしてきました。

いつもは優しいセックスをする彼ですが、そのときは強引で、何も言わずに洗面台に私の右足をかけさせました

片方の乳首を舐めながらもう片方の乳首を手でいじって、空いている手でクリトリスを触ってきます。キスだけで感じてしまっていた私のアソコは、すぐにくちゅくちゅ音を出しはじめました

明るい脱衣所で、右側には洗面台の鏡があります。足を大きく開いて、ツンと立った乳首とぐちゃぐちゃのアソコを彼にいじられて、気持ちよさそうにとろけた顔をしている自分を見ていると、すごくエッチな気分になりました。

溶けそうな快感に足がふらふらしてきたところで、彼が私の中に入ってきます。片足を上げた状態なので、彼のものがいつもより奥に当たるのがよく分かりました

腰を押さえて中をリズミカルに擦られるだけでも十分気持ちよかったのですが、自分で触ってるところが見たい、と言われたので、片手で乳首を触りながらもう片方の手でクリトリスを刺激します。いつもはなかなかイケないのですが、この日は興奮していたのか、すぐにイッてしまいました。

ずっと立ちっぱなしで疲れたのと(途中、抜けそうになったので背伸びもしていました)、彼が私をイカせることに集中していてイケなかったと言うので、その後はベッドに移動してもう1回。されているときに横目でチラチラ鏡を見ていたのは彼にもばれていたようで、後から、エッチだなーってからかわれましたが、とても興奮したし、気持ちよかったです。

積極的にマンネリ防止と興奮度アップを狙おう、対面立位のまとめ!

対面立位にはどこでもセックスができるというメリットがあり、バリエーションも豊富ですので、いつもと気分を変えたいときや、最近セックスがマンネリだと感じているときにはぴったり。

ベッドまで我慢できずにその場で入れられてしまう…という、海外の映画やドラマにありがちなシチュエーションには、いつも以上に興奮してしまうかもしれませんね。

慣れない人には刺激的に感じる体位ですが、愛撫だけでなく、お互いに見つめあったり、ハグやキスをしたりすることもできますので、精神的な満足感を得たい女性にもおすすめです。

対面立位を上手に取り入れて、いつものセックスをさらに気持ちよく進化させましょう!

エルラブ体位特集
さくらの恋猫で「もはやセックス」体験!
快感スタイルPR枠_さくらの恋猫

「さくらの恋猫」は業界初のボイス・動画連動型のラブグッズ。
エッチなボイスや、女性向けのアダルト動画の内容に合わせて、自動で振動!全く意図しない動きをするから、まるで一人エッチではないような気分が味わえます!

一人エッチの時に、なかなか官能の世界に入り込めないときに使うと、とっておきのひとりエッチが出来るはず!妄想と現実が限りなく近接した「もはやセックス」な新感覚のオナニー体験してみませんか?

今、人気・注目のタグ

今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集



さくらの恋猫紹介