屈曲位で中イキセックス!深山(みやま)本手とも呼ばれる体位を画像で解説【快感スタイル】

目次
無料でエッチな女性向け動画が観れる「快感スタイル」
快感スタイル動画PR枠


屈曲位(くっきょくい)は、女性がエビのよう体を丸めるセックスの体位です。上に伸ばした足を男性の肩に置いて、深く挿入するという独特の体勢をとります。48手では深山本手(みやまほんて)または深山と呼ばれ、古来より親しまれてきました

屈曲位には、奥まで挿入できるため感じやすいというメリットがあります。さらに、中イキしやすいともいわれていて魅力的です。ただしその一方で、女性が体に痛みや負担を感じやすいというデメリットもあります。

この記事では屈曲位のやり方やバリエーションについて、分かりやすい画像や図と合わせてご紹介します。新たな快感を彼と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

屈曲位(深山本手)とはどんなの体位?画像で解説

屈曲位とは、体を丸めた状態の女性に男性が前屈みの体勢で挿入する体位です。正常位に似ている体勢ですが、女性がエビのように足を上げて体を丸くすることが特徴的。屈曲位について、分かりやすい画像と一緒にご紹介します。

屈曲位はアクロバティックな体位

屈曲位(深山本手の体位)をしている男女の画像

屈曲位では、女性が足を抱えるようにして体を折り曲げ、性器が上部に来るように向けます。さらに、男性が前屈みになって覆いかぶさるように挿入して、女性の足を肩に乗せる図になることが特徴です。

屈曲位は正常位のバリエーションのひとつでもありますが、正常位に比べるとアクロバティックな体勢です。見た目にインパクトがあるだけではなく、女性器やアナルが丸見えになるため男性が興奮します。アダルトビデオなどでもよく登場するので、好きな体位に挙げる男性も多いほどです。

女性としては少し恥ずかしいポーズかもしれませんが、体の密着度が高いため一緒にエッチなことをしているという一体感があります。心も体もひとつになれるような、ラブラブなSEXを味わうことができるのは、お互いの様子を見つめ合える屈曲位ならではの魅力です。

古今東西で親しまれてきた体位

屈曲位はハードなエロ動画等でよく出るため、最近になって作られた体位のようなイメージがあるかもしれません。しかし、実は屈曲位は日本で古くから親しまれてきています。さまざまな体位を集めた「48手」でも、この体位が登場しているほどです。

48手では「深山本手(みやまほんて)」という名称で紹介されています。深山とは、人里から遠く離れた奥深い山のことです。通常の体位では届かないほど、男性が奥深くまで挿入できる体位ということで、このように名付けられたものと考えられます。

西洋の古い絵画でも、アクロバティックな屈曲位でのセックスが描かれています。このことからも古今東西あらゆる文化で人々を魅了してきた、すばらしい体位であることが分かります。それでは、いったいなぜ屈曲位はそれほど魅力的なのでしょうか。

続いては屈曲位のメリットについて紹介します。

屈曲位でセックスするメリットは?中イキできる?

屈曲位でエッチをすると、ペニスを奥まで挿入することができます。その結果、中イキしやすくなることが最大のメリットです。さらに、密着度が高くなるため興奮しやすい、男性に拘束されるような感覚を味わえるなど、さまざまな利点があります。

奥まで挿入できるため感じやすい

屈曲位では膣の部分が上向きになり、のしかかるように男性が挿入します。そのため、より深いところまでペニスが入り、他の体位より感じやすいことが最大のメリットです。その結果として「Gスポット」や「ポルチオ(子宮頸部)」といった最も敏感なところが強く刺激されます。

ポルチオにペニスが押しつけられる感覚は、通常のポジションではなかなか味わえません。屈曲位では、恥骨部分が密着するため、まるでバイブを使ったときのように、男性の動きが奥深くまで伝わります。今までにない快感の連鎖で、中イキしやすくなることも魅力です。

中イキを体験することができる

中イキは、Gスポットもしくはポルチオが刺激されることで得られる、特別なオーガズムです。しかし、中イキはそう簡単にできるものではないため、多くの女性が憧れています。そんな憧れの中イキも、屈曲位なら初心者の方でも味わうことが可能です。

膣の奥深くでオーガズムを感じるためには、筋肉を適度に緊張させることが大切です。屈曲位では、女性が体を丸めて足を伸ばすという体勢をとりますので、腹筋や下半身の筋肉に力を入れやすくなります。体の筋肉の動かし方のコツをつかみやすいため、中イキ開発にもピッタリな体位です。

Gスポットやポルチオとはどこの部分なのかや、刺激する方法について、下記の動画やSNSの投稿でも紹介しているのでぜひ参考にしてください。

一種の拘束状態を味わえる

男性が覆いかぶさってきてドキドキしている様子の女性

屈曲位でのセックスでは、女性は足を上げて男性に覆いかぶさられていますので、自由に動くことができません。いわば一種に拘束プレイのような状態になりますが、身体的な自由を男性に縛られているという感覚が、女性を興奮させるようです。

本当に愛している男性に強く襲われてみたいという願望は、誰にでも少しはあるのではないでしょうか。SMのようなプレイは抵抗感があって、なかなかやりづらいことも。屈曲位なら軽く拘束されて襲われるような感覚を、気軽に味わうことができます

体の密着度が高い

屈曲位では、上半身の密着度は正常位ほど高いものではありませんが、男性の肩に足を乗せたり覆いかぶさられたりします。そのため、お互いの皮膚の温もりや息づかいなどを身近に感じる一体感で、一緒に興奮を高めることができます。

さらに、性器のまわりは非常に強く密着していますので、快感を高めるのには効果的です。体をくっつけるセックスには、血流が良くなって性器のまわりが充血して、性感帯をより敏感にする作用があります。奥深い挿入と体の密着の合わせ技による、鋭い快感も魅力のひとつです。

視姦や羞恥で興奮できる

視姦(しかん)とは、相手の恥ずかしいところを見て羞恥心をあおり、性的な快感を高めることです。相手もその羞恥心で興奮するという、軽いSMのようなプレイになります。屈曲位は、そういった視姦や羞恥の欲求を満たして、お互いに気持ちよくなれる体位です。

屈曲位は、大切なところがすべて露出するという、女性にとっては恥ずかしいポーズをとります。女性は羞恥心で感度が高まりますので、Sな男性とMな女性のカップルにはぴったりのポジションです。

お互いの顔を見ながらエッチできる

屈曲位と同じように奥まで入る体位として有名なバックの体位では、男性の姿がまったく見えないため、不安や寂しさを感じることもあるかもしれません。屈曲位は向かい合って行う体位なので、セックスのときにお互いの顔が見えると、一緒にエッチなことをしているという連帯感からも、安心感を得ることができます

さらに、安らぎを感じられるセックスでは、オキシトシンという幸せホルモンが分泌されます。屈曲位はバックのような快感と同時に、幸福感をもたらしてくれる体位といえるでしょう。お互いの姿を見つめるエッチで、カップルの愛をより深めることができます。

画像でわかる屈曲位でのセックスのやり方

屈曲位には様々なメリットがあることが分かりました。実際に屈曲位でセックスをするためには、正しいやり方を確認しておく必要があります。

特に、腰をしっかり浮かせることや足の開き方を調整することが、中イキしやすくなるコツです。ここからは、屈曲位の方法やコツを画像や図で詳しく解説します。

屈曲位の基本は正常位から始まる

正常位をしている男女

屈曲位はややアクロバティックな体勢で、慣れていないと抵抗感もあります。そのため、初心者の方がいきなりやろうとしても上手くいきません。まずは通常通りに仰向けに寝る正常位のポーズから、屈曲位に移行するのがおすすめです。

正常位で盛り上がってきたら、前屈みになっている男性が体を起こし女性の足を持ち上げて肩に乗せます。このとき、女性の身長によっては足が肩まで届かなかったり余ったりするかもしれません。いずれの場合でも、男性が足をしっかり上半身に引き寄せることで対処ができます。

腰とお尻をしっかり浮かせる

屈曲位の体勢は単純なものですが、腰をエビのように丸めるときは注意が必要です。お尻だけ浮かせてしまうと、せっかくの屈曲位も奥まで挿入するのが難しくなります。お尻と一緒に腰もしっかり持ち上げるようにしましょう。

このとき、体があまり柔らかくない場合はどうしても腰を丸めにくいですが、無理に体を折り曲げようとすると腰を痛めてしまいます。女性の力だけでは難しいので、しっかりとパートナーに体を支えてもらうようにすることが大切です。

また、女性が足を持ち上げたときに、お互いの性器の位置がズレていると深く挿入できませんので、適切な高さに合わるのがコツです。女性側から調整するのは難しいですので、パートナーに確認して体を動かしてもらいます。

恥骨を意識して腰を動かすことが大切

恥骨部分をおさえている女性

中イキを実現するためには、恥骨同士を離さずに密着させることが大切です。男性が動くときの振動が膣内に伝わりやすくなると同時に、お互いの性器まわりの血流が促進されて、感度と快感が増すからです。特に、恥骨を中心とした円運動は、痛みを軽減しながら快感を高める秘訣

男性にこの動きを集中的にしてもらうと、ピストン運動をしなくても女性が非常に強い快感を得られます。屈曲位で痛みを感じやすい場合は特におすすめ。男性側の意識が大切なテクニックですが、女性の方でもペニスに押しつけるような感じで、腰を動かしてみると効果的です。

屈曲位から正常位に戻るのもおすすめ

最初に正常位から屈曲位へ移行するのが、この体位でのセックスを行いやすくするためのコツと紹介しました。正常位と屈曲位はポジションがよく似ていて、基本的に足を上げるかどうかの違いしかないからです。言い換えれば、両方の体位を上手に活用すると、エッチを盛り上げることができるということになります。

ひとつの体位だけを繰り返していると、セックスの刺激に慣れてマンネリ化してしまうことがあります。そのため、正常位で盛り上がってきたら屈曲位に移行して、一時的なクールダウンのためにまた正常位に戻るなど、2つの体位を組み合わせてみる方法もおすすめです

足や腹筋に力を入れて中イキを目指す

屈曲位のセックスに限らず、女性が中イキするためには、全身の筋肉を緊張させることが必要です。慣れている女性は力を抜いた状態でもオーガズムを感じられますが、初心者の方ほど力を入れないと達することができません。屈曲位は筋肉に力を入れやすい体位ですので、セックス中に意識するとイキやすくなります。

足を緊張させると骨盤底筋群の筋肉に力が入りますので、絶頂に達しやすくなります。屈曲位では足を上げるため、自然と足ピンオナニーに近い状態で筋肉を簡単に緊張させることが可能です。腹筋の動きも、オーガズムに達するための大切な要素になります。

お腹に力を入れることで、骨盤まわりの筋肉が緊張します。こうして膣を動かすと男性にも刺激が伝わるため、お互いの快感を高めるのにも効果的です。腹筋に力を入れる感覚がよく分からない場合は、腰を曲げることを意識すると、腹筋が自然に動いて絶頂が近づきます。

さらに気持ちよく!屈曲位のバリエーションとは?

屈曲位には多彩なバリエーションがあります。体勢や足の開き方の調整で刺激を変えたり上半身を愛撫し合ってお互いの興奮を高めたり、さまざまな方法で快感を味わうことが可能です。屈曲位の動き方を工夫して、彼と一緒にオーガズムを迎えましょう。

足の開き具合で刺激を調整する

屈曲位は基本的に男性が動きますので、女性が積極的に何かをすることは少ないように見えます。実は屈曲位では女性側が足の開き具合を調整してみると、膣が締まる感覚が大きく変わります。上手にコントロールすることで、男性を気持ちよくできるはずです。

例えば、足を左右に開くと膣がリラックスして、逆に閉じると締め付けることができます。男性の肩に足を乗せているため、あまり大きく動くことはできませんが、それでも意外な刺激を与えることが可能です。女性が得られる快感も多彩になりますので、絶頂に達しやすくなります。

男性が覆いかぶさるように女性の上に乗る

男性は女性の足を支えながら、少しだけ寄りかかるようにするのが通常の屈曲位の体勢です。さらに男性が大きく覆いかぶさるようにすると、体の密着度が高くなります。膣圧も高まりますので、より強い快感を味わうことが可能です。

ただし、女性側に体重が掛かるため、苦しくなってしまうことがあります。そのときは、男性に手を突いて自分で体重を支えてもらうようにするのが、負荷を軽減するコツです。通常の屈曲位の合間にこの動作を取り入れると、ダイナミックなセックスになります。

膝を曲げて挿入の刺激を変えてみる

達磨返し(屈曲位)の体位をしている男女

通常の屈曲位では、女性の足を男性の肩に乗せるようにします。そこに少しアレンジを加えるだけで、全く違う刺激と快感に早変わり。やり方はいたって簡単で、男性が女性の足を持ち上げた後に、左右の足をひとまとめにして膝を曲げ、その足を女性の胸の方に倒すだけです。

このポジションは「達磨返し」とも呼ばれエロビデオ等でよく登場しますので、男性が好きな体位といわれています。性器の位置や角度が今までの屈曲位とは変わりますので、まったく違った刺激を味わえます。この体位は女性の羞恥心がさらに強まりますので、Mっ気の強い女性には最適です。

男性に足を揺らしてもらうと快感が強まる

男性の動きで女性の体が揺れると、膣内に刺激が伝わりやすくなります。それを応用して、男性が女性の足を揺らしてみるのも効果的です。そのために、まずは通常の屈曲位から男性が上半身を起こして、女性に覆いかぶさらないようにします。

男性は腰を動かしてピストン運動しながら、女性の足をつかんで前後左右に揺らします。このとき、女性の足は閉じていても開いていても構いません。足を広げる方が感じやすい場合は、足が閉じないようにします。閉じる方が良い場合は、足が外に開かないように力を入れることが大切です。

屈曲位は、腰を大きく曲げる必要があるため、体が硬い女性は体勢を維持するのが難しいことも。その一方で、この足を揺らすバリエーションでは、それほど体を丸めなくても鋭い快感を味わえます。体への負担をあまり気にせず楽しめるのが、この体位の魅力です。

屈曲位はアナルセックスにも活用できる

屈曲位では女性が足を大きく開きますので、デリケートゾーンがすべて露わになります。肛門と直腸の角度が緩やかになって、お尻が大きく広がることが特徴です。アナルにペニスを挿入しやすくなりますので、アナルセックスに向いているとも考えられています。

また、ローションを塗りやすい体勢ですので、痛くないようにケアしてもらいやすく、顔を見ながらエッチできるため安心感が増すのも大きなポイント。屈曲位独特の特性を活かして、膣への挿入からアナルセックスへ移行するのも非常に刺激的です。

さらに、屈曲位はデリケートゾーンが見えやすく体の前面が向き合っていますので、彼に性感帯を愛撫してもらいやすい体勢です。膣・クリトリス・アナルの3点セットを一度に責めることができるため、最高の快感を満喫できます。

お互いに愛撫しながらエッチする

男性と抱き合っている女性

お互いに向かい合ってエッチをするのが屈曲位。表情を確認し合えるため、愛撫には最適な体位です。膣奥への振動と一緒に、膣やクリトリスといった性感帯を刺激してもらえます。外と中の両側から同時に責められることで、至高の快感を味わうことが可能です。

首筋や乳首など上半身の性感帯は、通常の屈曲位ではなかなか愛撫できません。しかし、先ほどご紹介した深く覆いかぶさったり膝を曲げたりするバリエーションを使うと、上半身も積極的に愛撫できます。このとき、女性も男性の体に触れてあげるのがコツです。

男性にはペニス以外にもさまざまな性感帯があります。特に、首筋やお腹まわり、背中や太ももの付け根などは、男性自身も知らない意外なポイントです。お互いに愛撫し合うことで、一緒にオーガズムへ近づくことができます。

屈曲位での注意点

屈曲位について考えている様子の女性

屈曲位にはさまざまなメリットやバリエーションがありますが、同時にいくつかの注意点もあります。特に、挿入の深さや体への負担など、痛みに関するデメリットについては、あらかじめ確認しておくことが大切です。動き方や体勢を少し変えるだけで、改善することができます。

奥まで挿入されると女性が痛みを感じることがある

屈曲位は膣の深くまで挿入できる体位です。その反面、今まで届かなかったところまで入りますので、痛みを感じてしまうことがあります。特に、ポルチオがあまり開発されていない女性は、快感どころではなくなりますので注意が必要です。

膣奥への刺激に慣れていない場合は、男性にゆっくり動いてもらうように伝えることが大切。先ほどご紹介しましたように、無理にピストン運動をしなくても、恥骨を離さないようにした円運動を意識すれば、むしろ通常よりも強い快感を得られます。

体位の取り方次第でも、膣奥への刺激を抑えることができます。女性があまり腰を反らさず、男性に覆いかぶさらないようにしてもらうと、挿入の深さの緩和が可能です。屈曲位は体勢の取り方次第で刺激もさまざまですので、彼と一緒にいろいろ試してみましょう。

男女ともに体への負担が大きい

屈曲位では女性が体を大きく丸めますが、この体勢は腰に大きな負担がかかります。そのため、腰痛があったり体が硬かったりする女性は、決して無理をしないようにご注意ください。腰に問題がなくても、屈曲位は長時間続けない方が無難です。

また、女性が膝を曲げて男性がのしかかる体位では、女性に体重が掛かることも問題です。男性が動くたびに強い衝撃が伝わりますので、女性が股関節や鼠径部を痛めてしまうことがあります。あまり無理をしないようにすることが大切です。

男性側にとっても、屈曲位は体への負担が大きいことがあります常に女性の足を肩に乗せるため、男性が肩こりになることも。また、屈曲位は腰を動かしやすい体勢ですので、ついつい激しく動いてしまいがちです。女性の痛みはもちろんのこと、男性も腰を痛める可能性があります

男性の体重がかかって苦しいことがある

男性の体重がかかることで苦しくなりやすいことも、屈曲位で注意が必要な点です。正常位でもつらいことはありますが、屈曲位では深い角度がつきますので、圧迫感はさらに強くなります。

圧迫感が好きでない女性にとっては、男性に覆いかぶさられると不快に感じてしまうかもしれません。そういう場合は、男性に上体を起こしてもらって、負荷を軽減してもらうようにしましょう。

屈曲位のまとめ

微笑みながら抱き合っている男女

屈曲位のやり方やバリエーションについてご紹介しました。深い角度がついて奥まで挿入できるため、中イキしやすくなるという魅力的な体位です。足の位置や動かし方によっても、さまざまな刺激を楽しむことができます。

正常位からエビ反りになるだけで楽しめる手軽な体位ですが、その反面体に負荷が大きかったり痛みを感じたりすることがあるのがデメリット。お互いの状態をよく確認しながらエッチするのがコツです。屈曲位で最高のオーガズムを迎えましょう。

最後に、以下の動画では、セックス中の体位や、おすすめの組み合わせについて解説しています。屈曲位以外の体位にも挑戦してみたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。



エルラブ体位特集

さくらの恋猫で「もはやセックス」体験!
快感スタイルPR枠_さくらの恋猫

「さくらの恋猫」は業界初のボイス・動画連動型のラブグッズ。
エッチなボイスや、女性向けのアダルト動画の内容に合わせて、自動で振動!全く意図しない動きをするから、まるで一人エッチではないような気分が味わえます!

一人エッチの時に、なかなか官能の世界に入り込めないときに使うと、とっておきのひとりエッチが出来るはず!妄想と現実が限りなく近接した「もはやセックス」な新感覚のオナニー体験してみませんか?


今、人気・注目のタグ

人気のコラムカテゴリ

  • オーガズム(イク)
    今までにないオーガズム(イク)体験をしてみたい!最高に気持ち良い体験がしたい!そんな願望が...
  • おすすめAV情報
    おすすめAV情報コラムでエッチな動画や人気男優情報をお勉強! こんなシチュエーションのAV...
  • オナニー(ひとりえっち)
    オナニー(ひとりえっち)コラムで女性向けのやり方や種類をお勉強! ラブグッズを使うことによ...
  • セックスのテクニック
    セックスのテクニックを身につけて、男性を虜にして気持ち良くさせたい!彼に気持ち良くしてほし...

もっとみたいエッチなコンテンツ特集



さくらの恋猫紹介